ホーム > テレビ紹介情報 > テレビ朝日 > 報道ステーション
テレビ紹介情報

「報道ステーション」で紹介された情報

「報道ステーション」で紹介されたすべての情報 ( 6247 / 6247 ページ )

シティライトスタジアム

岡山のシティライトスタジアムで行われたファジアーノ岡山×ギラヴァンツ北九州の試合。手拍子や声を出しての応援や、タオルやフラッグなどを振るなどするのは禁止行為となっている。試合は後半にアウェイの北九州が2点リードし、そのまま試合終了。


ギラヴァンツ北九州

岡山のシティライトスタジアムで行われたファジアーノ岡山×ギラヴァンツ北九州の試合。手拍子や声を出しての応援や、タオルやフラッグなどを振るなどするのは禁止行為となっている。試合は後半にアウェイの北九州が2点リードし、そのまま試合終了。


ほっともっとフィールド神戸

ほっともっとフィールド神戸で行われた巨人×ヤクルトの試合、試合直前に降り出した突然の大雨。止むことはなく、中止になってしまった。すると巨人の岸田行倫とヤクルトの宮本丈が出てきて、突然ベースランニング対決をした。観客がいるからこそのファンサービスでわかせてくれた。


阪神甲子園球場

阪神甲子園球場で行われた阪神×DeNAの試合、阪神先発の青柳晃洋は1回に1番の梶谷隆幸に先頭打者ホームランを打たれる。しかしその裏に近本光司が先頭打者ホームラン返しで勝ち越しに成功。さらに4番大山悠輔のホームランでリード。5回降雨コールドと阪神が勝利した。


ナゴヤドーム

ナゴヤドームで行われた中日×広島の試合、中日の大島洋平がセンターへの犠牲フライで同点に追いつき、試合は延長へ。10回ウラにビシエドがサヨナラホームランを放ち、中日が勝利した。


福岡PayPayドーム

福岡PayPyaドームで行われたソフトバンク×楽天の試合、開幕から未だホームランのないソフトバンク・松田宣浩が今シーズン初アーチで先制。その後、延長10回に柳田悠岐がサヨナラホームランを放ち、劇的な幕切れで連敗をストップした。


京セラドーム大阪

京セラドーム大阪で行われたオリックス×日本ハムの試合、オリックス先発の榊原翼は、6回にリードを広げられた。その後9回に6番ロドリゲスが、逆転サヨナラ3ランを放ち、オリックスが勝利した。


ZOZOマリンスタジアム

この日を待ちに待ったファンの大拍手に、谷保さんは鳥肌が立ったとコメントしていた。ZOZOマリンスタジアムで行われたロッテ×西武の試合、西武の山川穂高が6号3ランを放った。ロッテの井上晴哉が逆転3ランを放った。9回、ロッテの守護神・松田が満塁のピンチを迎えフルカウントでの痛恨の押し出しフォアボール。


アビガン

藤田医科大学・土井洋平教授は「今回の治験で有効性があるということも難しいし、有効性がないということもできない」と話した。藤田医科大学などはインフルエンザ治療薬「アビガン」について、ことし3〜5月にかけて、新型コロナウイルスの患者89人に投与する臨床研究を行った。比較的早い時期に薬を投与された患者は熱が早く下がる傾向が見られたものの症例が少なく、偶然結果が出た可能性が否定できない。政府は新型コロナウイルスの治療薬として「アビガン」の5月中の承認を目指していた。


藤田医科大学

藤田医科大学・土井洋平教授は「今回の治験で有効性があるということも難しいし、有効性がないということもできない」と話した。藤田医科大学などはインフルエンザ治療薬「アビガン」について、ことし3〜5月にかけて、新型コロナウイルスの患者89人に投与する臨床研究を行った。比較的早い時期に薬を投与された患者は熱が早く下がる傾向が見られたものの症例が少なく、偶然結果が出た可能性が否定できない。政府は新型コロナウイルスの治療薬として「アビガン」の5月中の承認を目指していた。


2020年06月 2020年07月 
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
  • 「報道ステーション」で紹介されたすべての情報
  • 「報道ステーション」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「報道ステーション」で紹介された音楽・CD
  • 「報道ステーション」で紹介された映画・DVD
  • 「報道ステーション」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「報道ステーション」で紹介されたグルメ情報
  • 「報道ステーション」で紹介された料理レシピ
  • 「報道ステーション」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「報道ステーション」で紹介された観光・地域情報
  • 「報道ステーション」で紹介されたイベント情報
  • 「報道ステーション」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する