テレビ紹介情報

「ソロモン流」で紹介された情報

「ソロモン流 〜賢人:島本麻衣子(ヨガインストラクター)〜」 2012年7月22日(日)放送内容「ソロモン流 〜賢人:北原清(花火師)〜」 2012年8月5日(日)放送内容

「ソロモン流」 2012年7月29日(日)放送内容

『賢人:勝又登(「オー・ミラドー」オーナーシェフ)』
2012年7月29日(日) 21:54〜22:48 テレビ東京
【レギュラー出演】 船越英一郎
【声の出演】 半田雅和 , 魚住りえ
【その他】 丘みつ子 , 勝又登 , 坂井宏行 , 廣川祐司 , 廣川秀明 , 服部幸應 , 片岡護 , 磧本修二 , 脇屋友詞 , 藤巻潤 , 鎧塚俊彦 , 阿部孝雄

(オープニング)

「ソロモン流」で紹介されたホテル・温泉旅館「ソロモン流」で紹介された観光・地域情報

オーベルジュ オー・ミラドー

今宵の賢人は、日本で初めて宿泊施設を備えたレストランを作ったシェフ・料理人・料理関係者さん。


オーベルジュ「オー・ミラドー」オーナーシェフ 勝又登

「ソロモン流」で紹介されたホテル・温泉旅館「ソロモン流」で紹介された観光・地域情報

オーベルジュ オー・ミラドー

箱根にあるオーベルジュ「オー・ミラドー」は日本初の宿泊施設付きのレストラン。芸術的料理を生み出すのは、今宵の賢人・勝又登さん。服部幸應さんは、彼について食材の活かし方に優れていると評価する。このレストランは温泉もあり、芦ノ湖を見ながら朝食も楽しめる。勝又シェフのファンには小泉元総理や俳優等。


「ソロモン流」で紹介されたグルメ情報

夏野菜のバミセリー仕立て海老とからすみパウダーと共に

箱根にあるオーベルジュ「オー・ミラドー」は日本初の宿泊施設付きのレストラン。芸術的料理を生み出すのは、今宵の賢人・勝又登さん。服部幸應さんは、彼について食材の活かし方に優れていると評価する。このレストランは温泉もあり、芦ノ湖を見ながら朝食も楽しめる。勝又シェフのファンには小泉元総理や俳優等。


「ソロモン流」で紹介されたグルメ情報

相模平目のゆっくりロースト シナモン風味 レモンとオニオンのコンフィーを添えて

箱根にあるオーベルジュ「オー・ミラドー」は日本初の宿泊施設付きのレストラン。芸術的料理を生み出すのは、今宵の賢人・勝又登さん。服部幸應さんは、彼について食材の活かし方に優れていると評価する。このレストランは温泉もあり、芦ノ湖を見ながら朝食も楽しめる。勝又シェフのファンには小泉元総理や俳優等。


「ソロモン流」で紹介されたレストラン・飲食店

箱根にあるオーベルジュ「オー・ミラドー」は日本初の宿泊施設付きのレストラン。芸術的料理を生み出すのは、今宵の賢人・勝又登さん。服部幸應さんは、彼について食材の活かし方に優れていると評価する。このレストランは温泉もあり、芦ノ湖を見ながら朝食も楽しめる。勝又シェフのファンには小泉元総理や俳優等。

 (フレンチ、ビストロ、ワインバー)

「ソロモン流」で紹介されたホテル・温泉旅館「ソロモン流」で紹介された観光・地域情報

オーベルジュ オー・ミラドー

オーベルジュ「オー・ミラドー」では、まず勝又シェフが食材をチェック。メニューは食材によって変更。調理をしている勝又さんは、時々天井の鏡で誰が何をしているのかチェックしている。この日のメインは天城軍鶏を使った”天城シャモのコンポジジョン ビーツと茸のエキューム”。厨房には”やるしかない”と書かれた板が貼られている。

勝又さんは「堀江養鶏」の天城軍鶏に惚れ込み開店当初から使用している。他にも下山養魚場の天城あまごや、YSCの富士金華豚等独自に仕入れて、地産地消を行なっている。廣川農園では、勝又さんの要望で栽培する野菜を増やしている。日本独自の食材をフレンチ料理に変えるのが勝又さんの腕。


「ソロモン流」で紹介されたグルメ情報

天城軍鶏

オーベルジュ「オー・ミラドー」では、まず勝又シェフが食材をチェック。メニューは食材によって変更。調理をしている勝又さんは、時々天井の鏡で誰が何をしているのかチェックしている。この日のメインは天城軍鶏を使った”天城シャモのコンポジジョン ビーツと茸のエキューム”。厨房には”やるしかない”と書かれた板が貼られている。

勝又さんは「堀江養鶏」の天城軍鶏に惚れ込み開店当初から使用している。他にも下山養魚場の天城あまごや、YSCの富士金華豚等独自に仕入れて、地産地消を行なっている。廣川農園では、勝又さんの要望で栽培する野菜を増やしている。日本独自の食材をフレンチ料理に変えるのが勝又さんの腕。


「ソロモン流」で紹介されたグルメ情報

天城シャモのコンポジジョン ビーツと茸のエキューム

オーベルジュ「オー・ミラドー」では、まず勝又シェフが食材をチェック。メニューは食材によって変更。調理をしている勝又さんは、時々天井の鏡で誰が何をしているのかチェックしている。この日のメインは天城軍鶏を使った”天城シャモのコンポジジョン ビーツと茸のエキューム”。厨房には”やるしかない”と書かれた板が貼られている。

勝又さんは「堀江養鶏」の天城軍鶏に惚れ込み開店当初から使用している。他にも下山養魚場の天城あまごや、YSCの富士金華豚等独自に仕入れて、地産地消を行なっている。廣川農園では、勝又さんの要望で栽培する野菜を増やしている。日本独自の食材をフレンチ料理に変えるのが勝又さんの腕。


「ソロモン流」で紹介されたグルメ情報

天城軍鶏

オーベルジュ「オー・ミラドー」では、まず勝又シェフが食材をチェック。メニューは食材によって変更。調理をしている勝又さんは、時々天井の鏡で誰が何をしているのかチェックしている。この日のメインは天城軍鶏を使った”天城シャモのコンポジジョン ビーツと茸のエキューム”。厨房には”やるしかない”と書かれた板が貼られている。

勝又さんは「堀江養鶏」の天城軍鶏に惚れ込み開店当初から使用している。他にも下山養魚場の天城あまごや、YSCの富士金華豚等独自に仕入れて、地産地消を行なっている。廣川農園では、勝又さんの要望で栽培する野菜を増やしている。日本独自の食材をフレンチ料理に変えるのが勝又さんの腕。


堀江養鶏

オーベルジュ「オー・ミラドー」では、まず勝又シェフが食材をチェック。メニューは食材によって変更。調理をしている勝又さんは、時々天井の鏡で誰が何をしているのかチェックしている。この日のメインは天城軍鶏を使った”天城シャモのコンポジジョン ビーツと茸のエキューム”。厨房には”やるしかない”と書かれた板が貼られている。

勝又さんは「堀江養鶏」の天城軍鶏に惚れ込み開店当初から使用している。他にも下山養魚場の天城あまごや、YSCの富士金華豚等独自に仕入れて、地産地消を行なっている。廣川農園では、勝又さんの要望で栽培する野菜を増やしている。日本独自の食材をフレンチ料理に変えるのが勝又さんの腕。


下山養魚場

オーベルジュ「オー・ミラドー」では、まず勝又シェフが食材をチェック。メニューは食材によって変更。調理をしている勝又さんは、時々天井の鏡で誰が何をしているのかチェックしている。この日のメインは天城軍鶏を使った”天城シャモのコンポジジョン ビーツと茸のエキューム”。厨房には”やるしかない”と書かれた板が貼られている。

勝又さんは「堀江養鶏」の天城軍鶏に惚れ込み開店当初から使用している。他にも下山養魚場の天城あまごや、YSCの富士金華豚等独自に仕入れて、地産地消を行なっている。廣川農園では、勝又さんの要望で栽培する野菜を増やしている。日本独自の食材をフレンチ料理に変えるのが勝又さんの腕。


「ソロモン流」で紹介されたグルメ情報

天城あまご

オーベルジュ「オー・ミラドー」では、まず勝又シェフが食材をチェック。メニューは食材によって変更。調理をしている勝又さんは、時々天井の鏡で誰が何をしているのかチェックしている。この日のメインは天城軍鶏を使った”天城シャモのコンポジジョン ビーツと茸のエキューム”。厨房には”やるしかない”と書かれた板が貼られている。

勝又さんは「堀江養鶏」の天城軍鶏に惚れ込み開店当初から使用している。他にも下山養魚場の天城あまごや、YSCの富士金華豚等独自に仕入れて、地産地消を行なっている。廣川農園では、勝又さんの要望で栽培する野菜を増やしている。日本独自の食材をフレンチ料理に変えるのが勝又さんの腕。


YSC

オーベルジュ「オー・ミラドー」では、まず勝又シェフが食材をチェック。メニューは食材によって変更。調理をしている勝又さんは、時々天井の鏡で誰が何をしているのかチェックしている。この日のメインは天城軍鶏を使った”天城シャモのコンポジジョン ビーツと茸のエキューム”。厨房には”やるしかない”と書かれた板が貼られている。

勝又さんは「堀江養鶏」の天城軍鶏に惚れ込み開店当初から使用している。他にも下山養魚場の天城あまごや、YSCの富士金華豚等独自に仕入れて、地産地消を行なっている。廣川農園では、勝又さんの要望で栽培する野菜を増やしている。日本独自の食材をフレンチ料理に変えるのが勝又さんの腕。


「ソロモン流」で紹介されたグルメ情報

富士金華豚

オーベルジュ「オー・ミラドー」では、まず勝又シェフが食材をチェック。メニューは食材によって変更。調理をしている勝又さんは、時々天井の鏡で誰が何をしているのかチェックしている。この日のメインは天城軍鶏を使った”天城シャモのコンポジジョン ビーツと茸のエキューム”。厨房には”やるしかない”と書かれた板が貼られている。

勝又さんは「堀江養鶏」の天城軍鶏に惚れ込み開店当初から使用している。他にも下山養魚場の天城あまごや、YSCの富士金華豚等独自に仕入れて、地産地消を行なっている。廣川農園では、勝又さんの要望で栽培する野菜を増やしている。日本独自の食材をフレンチ料理に変えるのが勝又さんの腕。


長谷川農産

オーベルジュ「オー・ミラドー」では、まず勝又シェフが食材をチェック。メニューは食材によって変更。調理をしている勝又さんは、時々天井の鏡で誰が何をしているのかチェックしている。この日のメインは天城軍鶏を使った”天城シャモのコンポジジョン ビーツと茸のエキューム”。厨房には”やるしかない”と書かれた板が貼られている。

勝又さんは「堀江養鶏」の天城軍鶏に惚れ込み開店当初から使用している。他にも下山養魚場の天城あまごや、YSCの富士金華豚等独自に仕入れて、地産地消を行なっている。廣川農園では、勝又さんの要望で栽培する野菜を増やしている。日本独自の食材をフレンチ料理に変えるのが勝又さんの腕。


「ソロモン流」で紹介されたグルメ情報

マッシュルーム

オーベルジュ「オー・ミラドー」では、まず勝又シェフが食材をチェック。メニューは食材によって変更。調理をしている勝又さんは、時々天井の鏡で誰が何をしているのかチェックしている。この日のメインは天城軍鶏を使った”天城シャモのコンポジジョン ビーツと茸のエキューム”。厨房には”やるしかない”と書かれた板が貼られている。

勝又さんは「堀江養鶏」の天城軍鶏に惚れ込み開店当初から使用している。他にも下山養魚場の天城あまごや、YSCの富士金華豚等独自に仕入れて、地産地消を行なっている。廣川農園では、勝又さんの要望で栽培する野菜を増やしている。日本独自の食材をフレンチ料理に変えるのが勝又さんの腕。


廣川農園

オーベルジュ「オー・ミラドー」では、まず勝又シェフが食材をチェック。メニューは食材によって変更。調理をしている勝又さんは、時々天井の鏡で誰が何をしているのかチェックしている。この日のメインは天城軍鶏を使った”天城シャモのコンポジジョン ビーツと茸のエキューム”。厨房には”やるしかない”と書かれた板が貼られている。

勝又さんは「堀江養鶏」の天城軍鶏に惚れ込み開店当初から使用している。他にも下山養魚場の天城あまごや、YSCの富士金華豚等独自に仕入れて、地産地消を行なっている。廣川農園では、勝又さんの要望で栽培する野菜を増やしている。日本独自の食材をフレンチ料理に変えるのが勝又さんの腕。


「ソロモン流」で紹介されたグルメ情報

にんじん

オーベルジュ「オー・ミラドー」では、まず勝又シェフが食材をチェック。メニューは食材によって変更。調理をしている勝又さんは、時々天井の鏡で誰が何をしているのかチェックしている。この日のメインは天城軍鶏を使った”天城シャモのコンポジジョン ビーツと茸のエキューム”。厨房には”やるしかない”と書かれた板が貼られている。

勝又さんは「堀江養鶏」の天城軍鶏に惚れ込み開店当初から使用している。他にも下山養魚場の天城あまごや、YSCの富士金華豚等独自に仕入れて、地産地消を行なっている。廣川農園では、勝又さんの要望で栽培する野菜を増やしている。日本独自の食材をフレンチ料理に変えるのが勝又さんの腕。


「ソロモン流」で紹介されたグルメ情報

赤大根

オーベルジュ「オー・ミラドー」では、まず勝又シェフが食材をチェック。メニューは食材によって変更。調理をしている勝又さんは、時々天井の鏡で誰が何をしているのかチェックしている。この日のメインは天城軍鶏を使った”天城シャモのコンポジジョン ビーツと茸のエキューム”。厨房には”やるしかない”と書かれた板が貼られている。

勝又さんは「堀江養鶏」の天城軍鶏に惚れ込み開店当初から使用している。他にも下山養魚場の天城あまごや、YSCの富士金華豚等独自に仕入れて、地産地消を行なっている。廣川農園では、勝又さんの要望で栽培する野菜を増やしている。日本独自の食材をフレンチ料理に変えるのが勝又さんの腕。


「ソロモン流」で紹介されたホテル・温泉旅館「ソロモン流」で紹介された観光・地域情報

オーベルジュ オー・ミラドー

オーベルジュ「オー・ミラドー」では、まず勝又シェフが食材をチェック。メニューは食材によって変更。調理をしている勝又さんは、時々天井の鏡で誰が何をしているのかチェックしている。この日のメインは天城軍鶏を使った”天城シャモのコンポジジョン ビーツと茸のエキューム”。厨房には”やるしかない”と書かれた板が貼られている。

勝又さんは「堀江養鶏」の天城軍鶏に惚れ込み開店当初から使用している。他にも下山養魚場の天城あまごや、YSCの富士金華豚等独自に仕入れて、地産地消を行なっている。廣川農園では、勝又さんの要望で栽培する野菜を増やしている。日本独自の食材をフレンチ料理に変えるのが勝又さんの腕。


オーベルジュ「オー・ミラドー」オーナーシェフ 勝又登

「ソロモン流」で紹介されたホテル・温泉旅館「ソロモン流」で紹介された観光・地域情報

オーベルジュ オー・ミラドー

勝又さんは地元の食材を使用してフレンチ料理を作る。理由はその土地で採れたものが美味しさのルーツと語る。地産地消の分野でも勝又さんはパイオニア的存在である。女優・丘みつ子さんらも彼の料理のファンである。このレストランではウェディングも行える。


「ソロモン流」で紹介されたグルメ情報

天城下山あまごと 色とりどりの野菜のマーブル仕立て

勝又さんは地元の食材を使用してフレンチ料理を作る。理由はその土地で採れたものが美味しさのルーツと語る。地産地消の分野でも勝又さんはパイオニア的存在である。女優・丘みつ子さんらも彼の料理のファンである。このレストランではウェディングも行える。


名古屋東急ホテル

勝又さんは「東急ホテル」で修行中に出会ったマカロニグラタンに衝撃を覚える。23歳で単身ヨーロッパで修行を重ねた。帰国後、フランス料理の店がほとんど無い中ビストロ・ド・ラ・シテをオープン。その後、六本木に「オー・シザーブル」をオープンさせる等し大成功を收めた。しかし全ての店舗を手放して箱根へ移住しオーベルジュを作った。不安もあったオープンだったが、初日のパーティーへ仲間らが駆けつけてくれて、大事なのは人だと実感した。


「ソロモン流」で紹介されたレストラン・飲食店

勝又さんは「東急ホテル」で修行中に出会ったマカロニグラタンに衝撃を覚える。23歳で単身ヨーロッパで修行を重ねた。帰国後、フランス料理の店がほとんど無い中ビストロ・ド・ラ・シテをオープン。その後、六本木に「オー・シザーブル」をオープンさせる等し大成功を收めた。しかし全ての店舗を手放して箱根へ移住しオーベルジュを作った。不安もあったオープンだったが、初日のパーティーへ仲間らが駆けつけてくれて、大事なのは人だと実感した。

 (フレンチ、ビストロ、ワインバー)

「ソロモン流」で紹介されたレストラン・飲食店

オー・シザーブル

勝又さんは「東急ホテル」で修行中に出会ったマカロニグラタンに衝撃を覚える。23歳で単身ヨーロッパで修行を重ねた。帰国後、フランス料理の店がほとんど無い中ビストロ・ド・ラ・シテをオープン。その後、六本木に「オー・シザーブル」をオープンさせる等し大成功を收めた。しかし全ての店舗を手放して箱根へ移住しオーベルジュを作った。不安もあったオープンだったが、初日のパーティーへ仲間らが駆けつけてくれて、大事なのは人だと実感した。


「ソロモン流」で紹介されたレストラン・飲食店

ル・ムーランド・ムージャン

勝又さんは「東急ホテル」で修行中に出会ったマカロニグラタンに衝撃を覚える。23歳で単身ヨーロッパで修行を重ねた。帰国後、フランス料理の店がほとんど無い中ビストロ・ド・ラ・シテをオープン。その後、六本木に「オー・シザーブル」をオープンさせる等し大成功を收めた。しかし全ての店舗を手放して箱根へ移住しオーベルジュを作った。不安もあったオープンだったが、初日のパーティーへ仲間らが駆けつけてくれて、大事なのは人だと実感した。


「ソロモン流」で紹介されたホテル・温泉旅館「ソロモン流」で紹介された観光・地域情報

オーベルジュ オー・ミラドー

勝又さんは「東急ホテル」で修行中に出会ったマカロニグラタンに衝撃を覚える。23歳で単身ヨーロッパで修行を重ねた。帰国後、フランス料理の店がほとんど無い中ビストロ・ド・ラ・シテをオープン。その後、六本木に「オー・シザーブル」をオープンさせる等し大成功を收めた。しかし全ての店舗を手放して箱根へ移住しオーベルジュを作った。不安もあったオープンだったが、初日のパーティーへ仲間らが駆けつけてくれて、大事なのは人だと実感した。


「ソロモン流」で紹介されたグルメ情報

スープ・ド・ポワソン

勝又さんは「東急ホテル」で修行中に出会ったマカロニグラタンに衝撃を覚える。23歳で単身ヨーロッパで修行を重ねた。帰国後、フランス料理の店がほとんど無い中ビストロ・ド・ラ・シテをオープン。その後、六本木に「オー・シザーブル」をオープンさせる等し大成功を收めた。しかし全ての店舗を手放して箱根へ移住しオーベルジュを作った。不安もあったオープンだったが、初日のパーティーへ仲間らが駆けつけてくれて、大事なのは人だと実感した。


オーベルジュ「オー・ミラドー」オーナーシェフ 勝又登

「ソロモン流」で紹介されたレストラン・飲食店

ミスター・スタンプス・ワインガーデン

船越英一郎は勝又さんとソムリエ・磧本修二が試合人の「ミスター・スタンプス・ワインガーデン」で待ち合わせた。ワインを引き立たせる料理「エスカルゴのパイ寄せクリーム煮」等を船越らは食した。磧本氏は勝又さんについて、頑固な人だと話した。勝又さんは仕事について、ハングリーであることが学ぶことであり人の心を打つことだと話した。


「ソロモン流」で紹介されたグルメ情報

ポメリー ブリュット・ロワイヤル

船越英一郎は勝又さんとソムリエ・磧本修二が試合人の「ミスター・スタンプス・ワインガーデン」で待ち合わせた。ワインを引き立たせる料理「エスカルゴのパイ寄せクリーム煮」等を船越らは食した。磧本氏は勝又さんについて、頑固な人だと話した。勝又さんは仕事について、ハングリーであることが学ぶことであり人の心を打つことだと話した。


「ソロモン流」で紹介されたグルメ情報

エスカルゴのパイ寄せクリーム煮

船越英一郎は勝又さんとソムリエ・磧本修二が試合人の「ミスター・スタンプス・ワインガーデン」で待ち合わせた。ワインを引き立たせる料理「エスカルゴのパイ寄せクリーム煮」等を船越らは食した。磧本氏は勝又さんについて、頑固な人だと話した。勝又さんは仕事について、ハングリーであることが学ぶことであり人の心を打つことだと話した。


「ソロモン流」で紹介されたグルメ情報

シャプティエ シャトーヌフ・デュ・パプ

船越英一郎は勝又さんとソムリエ・磧本修二が試合人の「ミスター・スタンプス・ワインガーデン」で待ち合わせた。ワインを引き立たせる料理「エスカルゴのパイ寄せクリーム煮」等を船越らは食した。磧本氏は勝又さんについて、頑固な人だと話した。勝又さんは仕事について、ハングリーであることが学ぶことであり人の心を打つことだと話した。


「ソロモン流」で紹介されたグルメ情報

蒸し煮した牛テール 赤ワインソース

船越英一郎は勝又さんとソムリエ・磧本修二が試合人の「ミスター・スタンプス・ワインガーデン」で待ち合わせた。ワインを引き立たせる料理「エスカルゴのパイ寄せクリーム煮」等を船越らは食した。磧本氏は勝又さんについて、頑固な人だと話した。勝又さんは仕事について、ハングリーであることが学ぶことであり人の心を打つことだと話した。


「ソロモン流」で紹介されたレストラン・飲食店

勝又さんの熱海にあるゲストハウスへお邪魔した。勝又さんはいつも愛犬のメイと一緒に休日を過ごす。行きつけの店は「竹やぶ 箱根店」。勝又さんは「せいろそば」を食べた。店主の阿部さんは箱根に店を持つ理由について、勝又さんがいるから安心してこの場所でやっていけると話した。

 (そば、うどん、和食(その他))

「ソロモン流」で紹介されたグルメ情報

せいろそば

勝又さんの熱海にあるゲストハウスへお邪魔した。勝又さんはいつも愛犬のメイと一緒に休日を過ごす。行きつけの店は「竹やぶ 箱根店」。勝又さんは「せいろそば」を食べた。店主の阿部さんは箱根に店を持つ理由について、勝又さんがいるから安心してこの場所でやっていけると話した。


「ソロモン流」で紹介されたイベント情報

バラの騎士と女神の晩餐会

勝又さんは「バラの騎士と女神の晩餐会」を開催するにあたりメインディッシュを担当することになった。この収益は東日本大震災の義援金に当てられる。参加シェフには、料理人・料理関係者、料理人・料理関係者、料理人・料理関係者等がいる。


オーベルジュ「オー・ミラドー」オーナーシェフ 勝又登

ザ・キャピトルホテル東急

豪華晩餐会当日、7人のシェフの中で1番乗りしたのはメイン料理担当の勝又シェフ。初対面のスタッフに、まずは料理のイメージを伝える。子羊の背肉の表面を焼き、そこに炒めた野菜をたっぷりとのせ、休ませながら2時間かけてゆっくり加熱し、野菜の旨味を肉に染み込ませる。ちょうどその頃、他のシェフも続々会場入りした。

そして午後6時、会場と同時に来場者が押し寄せた。イタリアンの片岡シェフの一皿は魚介の煮込みソーススパゲティ。中華の脇屋シェフによる渾身の作は鮑ご飯。いよいよ賢人の出番。厨房全体が一つとなり完成させた「ローズの衣をまとった仔羊のロースト」は、まさに今回のメインに相応しい一品。異なるジャンルのシェフたちの競演は、賢人にも他のシェフにも最高の仕事となったようだった。


「ソロモン流」で紹介されたグルメ情報

スパゲティーラグーディマーレ〜バラの風味いっぱいの海の幸煮込みソース〜

豪華晩餐会当日、7人のシェフの中で1番乗りしたのはメイン料理担当の勝又シェフ。初対面のスタッフに、まずは料理のイメージを伝える。子羊の背肉の表面を焼き、そこに炒めた野菜をたっぷりとのせ、休ませながら2時間かけてゆっくり加熱し、野菜の旨味を肉に染み込ませる。ちょうどその頃、他のシェフも続々会場入りした。

そして午後6時、会場と同時に来場者が押し寄せた。イタリアンの片岡シェフの一皿は魚介の煮込みソーススパゲティ。中華の脇屋シェフによる渾身の作は鮑ご飯。いよいよ賢人の出番。厨房全体が一つとなり完成させた「ローズの衣をまとった仔羊のロースト」は、まさに今回のメインに相応しい一品。異なるジャンルのシェフたちの競演は、賢人にも他のシェフにも最高の仕事となったようだった。


「ソロモン流」で紹介されたグルメ情報

鮑と鮑ごはんの岩塩包み焼き ブルガリアンローズのお楽しみ!

豪華晩餐会当日、7人のシェフの中で1番乗りしたのはメイン料理担当の勝又シェフ。初対面のスタッフに、まずは料理のイメージを伝える。子羊の背肉の表面を焼き、そこに炒めた野菜をたっぷりとのせ、休ませながら2時間かけてゆっくり加熱し、野菜の旨味を肉に染み込ませる。ちょうどその頃、他のシェフも続々会場入りした。

そして午後6時、会場と同時に来場者が押し寄せた。イタリアンの片岡シェフの一皿は魚介の煮込みソーススパゲティ。中華の脇屋シェフによる渾身の作は鮑ご飯。いよいよ賢人の出番。厨房全体が一つとなり完成させた「ローズの衣をまとった仔羊のロースト」は、まさに今回のメインに相応しい一品。異なるジャンルのシェフたちの競演は、賢人にも他のシェフにも最高の仕事となったようだった。


「ソロモン流」で紹介されたグルメ情報

ローズの衣をまとった仔羊のロースト

豪華晩餐会当日、7人のシェフの中で1番乗りしたのはメイン料理担当の勝又シェフ。初対面のスタッフに、まずは料理のイメージを伝える。子羊の背肉の表面を焼き、そこに炒めた野菜をたっぷりとのせ、休ませながら2時間かけてゆっくり加熱し、野菜の旨味を肉に染み込ませる。ちょうどその頃、他のシェフも続々会場入りした。

そして午後6時、会場と同時に来場者が押し寄せた。イタリアンの片岡シェフの一皿は魚介の煮込みソーススパゲティ。中華の脇屋シェフによる渾身の作は鮑ご飯。いよいよ賢人の出番。厨房全体が一つとなり完成させた「ローズの衣をまとった仔羊のロースト」は、まさに今回のメインに相応しい一品。異なるジャンルのシェフたちの競演は、賢人にも他のシェフにも最高の仕事となったようだった。


オーベルジュ「オー・ミラドー」オーナーシェフ 勝又登

クラブ・パルロン

現在、小田原や箱根で働く料理人の会で支部長を務める賢人は、様々なイベントを企画し、箱根を一層盛り上げようと尽力している。巨匠と呼ばれてなお、未だ立ち止まることのない賢人。その理由を尋ねると、「技術は果てしない」との思いを明かしてくれた。


(エンディング)

(番組宣伝)

「ソロモン流 〜賢人:島本麻衣子(ヨガインストラクター)〜」 2012年7月22日(日)放送内容「ソロモン流 〜賢人:北原清(花火師)〜」 2012年8月5日(日)放送内容

2012年06月 2012年07月 2012年08月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
  • 「ソロモン流」で紹介されたすべての情報
  • 「ソロモン流」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「ソロモン流」で紹介された音楽・CD
  • 「ソロモン流」で紹介された映画・DVD
  • 「ソロモン流」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「ソロモン流」で紹介されたグルメ情報
  • 「ソロモン流」で紹介された料理レシピ
  • 「ソロモン流」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「ソロモン流」で紹介された観光・地域情報
  • 「ソロモン流」で紹介されたイベント情報
  • 「ソロモン流」で紹介された雑学・豆知識

  • ※「価格com テレビ紹介情報」は株式会社ワイヤーアクションが提供するTV放送ログを掲載しています。