テレビ紹介情報

「日曜ビッグバラエティ」で紹介された情報

「日曜ビッグバラエティ 〜そこまでやる!?日本のスゴイ家〜」 2013年5月5日(日)放送内容「日曜ビッグバラエティ 〜スターの故郷へ突撃訪問 笑いと涙の仰天ペアレンツ〜」 2013年5月26日(日)放送内容

「日曜ビッグバラエティ」 2013年5月19日(日)放送内容

(オープニング)

こんな田舎に行列が…家族でガンバル人情食堂

「日曜ビッグバラエティ」で紹介されたレストラン・飲食店

石川梨華が群馬桐生市のうどん屋「ふる川」を訪ねた。石川は行列に2時間並び、ようやく入店した。

「海老天もりひもかわ」を注文、もかわとは桐生名産の幅広うどんで、食した石川は「もちもちしてのどごしがいい」と話した。ランチタイムは午後2時で受付終了だが午後4時まで店内は満席。店主の聡さんを筆頭に古川さん一家で切り盛りしている。

 (そば、うどん、居酒屋)

「日曜ビッグバラエティ」で紹介されたレストラン・飲食店

石川梨華が群馬桐生市のうどん屋「ふる川」を訪ねた。石川は行列に2時間並び、ようやく入店した。

「海老天もりひもかわ」を注文、もかわとは桐生名産の幅広うどんで、食した石川は「もちもちしてのどごしがいい」と話した。ランチタイムは午後2時で受付終了だが午後4時まで店内は満席。店主の聡さんを筆頭に古川さん一家で切り盛りしている。

 (そば、うどん、居酒屋)

「日曜ビッグバラエティ」で紹介されたグルメ情報

海老天もりひもかわ

石川梨華が群馬桐生市のうどん屋「ふる川」を訪ねた。石川は行列に2時間並び、ようやく入店した。

「海老天もりひもかわ」を注文、もかわとは桐生名産の幅広うどんで、食した石川は「もちもちしてのどごしがいい」と話した。ランチタイムは午後2時で受付終了だが午後4時まで店内は満席。店主の聡さんを筆頭に古川さん一家で切り盛りしている。


「日曜ビッグバラエティ」で紹介されたレストラン・飲食店

ひもかわは早くたくさん食べるために幅広になったと言われ、一般的な幅は3〜4センチ。ふる川の古川育夫さんはその数倍の幅12センチの麺を考案した。開業当初は出前中心の地元の人向けに営業していたが、県外にもひもかわを広めるため7年前に現在の食堂形式の店を開店させた。薄くてコシのある今の麺になったのは5年前のこと。育夫さんは”家族と一緒ではやりにくい”ことから、別店「麺処ふる川」を1人で経営している。

 (そば、うどん、居酒屋)

「日曜ビッグバラエティ」で紹介されたグルメ情報

ひもかわ

ひもかわは早くたくさん食べるために幅広になったと言われ、一般的な幅は3〜4センチ。ふる川の古川育夫さんはその数倍の幅12センチの麺を考案した。開業当初は出前中心の地元の人向けに営業していたが、県外にもひもかわを広めるため7年前に現在の食堂形式の店を開店させた。薄くてコシのある今の麺になったのは5年前のこと。育夫さんは”家族と一緒ではやりにくい”ことから、別店「麺処ふる川」を1人で経営している。


「日曜ビッグバラエティ」で紹介されたレストラン・飲食店

ひもかわは早くたくさん食べるために幅広になったと言われ、一般的な幅は3〜4センチ。ふる川の古川育夫さんはその数倍の幅12センチの麺を考案した。開業当初は出前中心の地元の人向けに営業していたが、県外にもひもかわを広めるため7年前に現在の食堂形式の店を開店させた。薄くてコシのある今の麺になったのは5年前のこと。育夫さんは”家族と一緒ではやりにくい”ことから、別店「麺処ふる川」を1人で経営している。

 (そば、うどん、居酒屋)

「日曜ビッグバラエティ」で紹介されたレストラン・飲食店

茨城つくば市のガトー・プーリアでは1時間半で1000個が完売するエクレアがあるという。


こんな田舎に行列が…家族でガンバル人情食堂

「日曜ビッグバラエティ」で紹介されたグルメ情報

チーズズコット

茨城つくば市のガトー・プーリアでは「つくばエクレア」を求めた行列ができる。社長の中野照成さんは「サクサク感と裏に貼ってあるパイにこだわった」と話した。開店から1時間半で1000本のエクレアが完売、一方同じく看板商品である「チーズズコット」にも行列が。つくばエクレアは1本105円で、妻の恵美子さんは「利益がほとんどなく家計は火の車」と話すが昭成さんは今後も値上げしないという。


「日曜ビッグバラエティ」で紹介されたグルメ情報

つくばエクレア

茨城つくば市のガトー・プーリアでは「つくばエクレア」を求めた行列ができる。社長の中野照成さんは「サクサク感と裏に貼ってあるパイにこだわった」と話した。開店から1時間半で1000本のエクレアが完売、一方同じく看板商品である「チーズズコット」にも行列が。つくばエクレアは1本105円で、妻の恵美子さんは「利益がほとんどなく家計は火の車」と話すが昭成さんは今後も値上げしないという。


「日曜ビッグバラエティ」で紹介されたレストラン・飲食店

茨城つくば市のガトー・プーリアでは「つくばエクレア」を求めた行列ができる。社長の中野照成さんは「サクサク感と裏に貼ってあるパイにこだわった」と話した。開店から1時間半で1000本のエクレアが完売、一方同じく看板商品である「チーズズコット」にも行列が。つくばエクレアは1本105円で、妻の恵美子さんは「利益がほとんどなく家計は火の車」と話すが昭成さんは今後も値上げしないという。


「日曜ビッグバラエティ」で紹介されたレストラン・飲食店

レッド吉田が福島喜多方市の行列店を訪ねた。朝8時には行列ができ、すでに食べ終わった人もいた。

 (ラーメン、かつ丼・かつ重)

こんな田舎に行列が…家族でガンバル人情食堂

「日曜ビッグバラエティ」で紹介されたレストラン・飲食店

福島喜多方市のラーメン店「まこと食堂」をレッド吉田が訪問、まこと食堂は朝7時半開店だが8時にはすでに満席。喜多方では朝ラーメンが当たり前で、早起き野球の人々が出勤前に食べる文化が元々あったという。レッドは中華そばを食べ「しっかりしてあっさり」と話した。

 (ラーメン、かつ丼・かつ重)

「日曜ビッグバラエティ」で紹介されたグルメ情報

中華そば

福島喜多方市のラーメン店「まこと食堂」をレッド吉田が訪問、まこと食堂は朝7時半開店だが8時にはすでに満席。喜多方では朝ラーメンが当たり前で、早起き野球の人々が出勤前に食べる文化が元々あったという。レッドは中華そばを食べ「しっかりしてあっさり」と話した。


「日曜ビッグバラエティ」で紹介されたレストラン・飲食店

休日のお昼時には店の外に120人が並ぶ。まこと食堂は店主・佐藤リカさんの祖母、ウメさんが初代で昭和22年創業。二代目・初男さんの時代である昭和62年には喜多方ラーメンブームが到来。三代目・一彌さんのときには喜多方を代表する店となった。リカさんは主婦もこなす2足のわらじで、ある日朝7時半に店につくと仙台の父・一彌さんが仕込みをしていた。

 (ラーメン、かつ丼・かつ重)

こんな田舎に行列が…家族でガンバル人情食堂

「日曜ビッグバラエティ」で紹介されたレストラン・飲食店

喜多方の行列ラーメン店「まこと食堂」を取材。朝の主婦業が忙しい店主・佐藤リカさんの代わりに取り仕切るのは先代の父・一彌さん。一彌さんは「(自分は)すぐ口に出してしまうからリカがきっとやりづらい」と手を出さないことにしているという。

 (ラーメン、かつ丼・かつ重)

静岡浅間通り商店街

福田彩乃が、静岡市浅間通り商店街の菓子店「どらやきの河内屋」を訪問。店外には「手作りどら焼き」を求める行列が。16年前から1個110円で売っているというどら焼きを食べた福田は「焼きたて出来立ての生地と冷たい餡がマッチ」と話した。行列を生み出す秘伝の隠し味を、このあと紹介する。


「日曜ビッグバラエティ」で紹介されたレストラン・飲食店

福田彩乃が、静岡市浅間通り商店街の菓子店「どらやきの河内屋」を訪問。店外には「手作りどら焼き」を求める行列が。16年前から1個110円で売っているというどら焼きを食べた福田は「焼きたて出来立ての生地と冷たい餡がマッチ」と話した。行列を生み出す秘伝の隠し味を、このあと紹介する。

 (和菓子、どら焼き)

「日曜ビッグバラエティ」で紹介されたグルメ情報

どら焼き

福田彩乃が、静岡市浅間通り商店街の菓子店「どらやきの河内屋」を訪問。店外には「手作りどら焼き」を求める行列が。16年前から1個110円で売っているというどら焼きを食べた福田は「焼きたて出来立ての生地と冷たい餡がマッチ」と話した。行列を生み出す秘伝の隠し味を、このあと紹介する。


こんな田舎に行列が…家族でガンバル人情食堂

「日曜ビッグバラエティ」で紹介されたグルメ情報

どら焼き

静岡市「河内屋」のどら焼きの隠し味はピーナッツオイル。主人の森廣良さんは「とても香りが良くなる。手作りなのはうちくらい」と話した。さらにもうひとつ、粉ミルクも隠し味だという。販売は1日3回で、焼きあがりを見計らって行列ができ、合計600個焼きあげる。焼いている間、お客様の話し相手は妻の美千代さんが担当、一方毎日昼食を作るのは廣良さんだという。

廣良さんは深夜2時からあんこ作りに励む。少しでも焦げると使いものにならないため深夜から早朝までつきっきりで、最後に水あめをいれて仕上げる。


「日曜ビッグバラエティ」で紹介されたレストラン・飲食店

静岡市「河内屋」のどら焼きの隠し味はピーナッツオイル。主人の森廣良さんは「とても香りが良くなる。手作りなのはうちくらい」と話した。さらにもうひとつ、粉ミルクも隠し味だという。販売は1日3回で、焼きあがりを見計らって行列ができ、合計600個焼きあげる。焼いている間、お客様の話し相手は妻の美千代さんが担当、一方毎日昼食を作るのは廣良さんだという。

廣良さんは深夜2時からあんこ作りに励む。少しでも焦げると使いものにならないため深夜から早朝までつきっきりで、最後に水あめをいれて仕上げる。

 (和菓子、どら焼き)

「日曜ビッグバラエティ」で紹介されたグルメ情報

粉ミルク

静岡市「河内屋」のどら焼きの隠し味はピーナッツオイル。主人の森廣良さんは「とても香りが良くなる。手作りなのはうちくらい」と話した。さらにもうひとつ、粉ミルクも隠し味だという。販売は1日3回で、焼きあがりを見計らって行列ができ、合計600個焼きあげる。焼いている間、お客様の話し相手は妻の美千代さんが担当、一方毎日昼食を作るのは廣良さんだという。

廣良さんは深夜2時からあんこ作りに励む。少しでも焦げると使いものにならないため深夜から早朝までつきっきりで、最後に水あめをいれて仕上げる。


「日曜ビッグバラエティ」で紹介されたグルメ情報

ピーナッツオイル

静岡市「河内屋」のどら焼きの隠し味はピーナッツオイル。主人の森廣良さんは「とても香りが良くなる。手作りなのはうちくらい」と話した。さらにもうひとつ、粉ミルクも隠し味だという。販売は1日3回で、焼きあがりを見計らって行列ができ、合計600個焼きあげる。焼いている間、お客様の話し相手は妻の美千代さんが担当、一方毎日昼食を作るのは廣良さんだという。

廣良さんは深夜2時からあんこ作りに励む。少しでも焦げると使いものにならないため深夜から早朝までつきっきりで、最後に水あめをいれて仕上げる。


「日曜ビッグバラエティ」で紹介されたレストラン・飲食店

静岡市「河内屋」のどら焼きの隠し味はピーナッツオイル。主人の森廣良さんは「とても香りが良くなる。手作りなのはうちくらい」と話した。さらにもうひとつ、粉ミルクも隠し味だという。販売は1日3回で、焼きあがりを見計らって行列ができ、合計600個焼きあげる。焼いている間、お客様の話し相手は妻の美千代さんが担当、一方毎日昼食を作るのは廣良さんだという。

廣良さんは深夜2時からあんこ作りに励む。少しでも焦げると使いものにならないため深夜から早朝までつきっきりで、最後に水あめをいれて仕上げる。

 (和菓子、どら焼き)

「日曜ビッグバラエティ」で紹介されたグルメ情報

どら焼き

静岡市「河内屋」のどら焼きの隠し味はピーナッツオイル。主人の森廣良さんは「とても香りが良くなる。手作りなのはうちくらい」と話した。さらにもうひとつ、粉ミルクも隠し味だという。販売は1日3回で、焼きあがりを見計らって行列ができ、合計600個焼きあげる。焼いている間、お客様の話し相手は妻の美千代さんが担当、一方毎日昼食を作るのは廣良さんだという。

廣良さんは深夜2時からあんこ作りに励む。少しでも焦げると使いものにならないため深夜から早朝までつきっきりで、最後に水あめをいれて仕上げる。


道の駅「三芳村」鄙の里

千葉南房総市の道の駅「鄙の里」内にあるハンバーガー屋「BINGO」を取材。行列を作る人からは「肉が美味しい」「食べごたえがある」といった反応があがった。


「日曜ビッグバラエティ」で紹介されたレストラン・飲食店

千葉南房総市の道の駅「鄙の里」内にあるハンバーガー屋「BINGO」を取材。行列を作る人からは「肉が美味しい」「食べごたえがある」といった反応があがった。

 (ハンバーガー、サンドイッチ)

こんな田舎に行列が…家族でガンバル人情食堂

「日曜ビッグバラエティ」で紹介されたレストラン・飲食店

千葉南房総市「BINGO」では、一番人気で一番小さいサイズのビンゴバーガーでも総重量440グラムというボリュームで、一番大きいスーパービンゴバーガーはハンバーグが2枚重ね。オリジナルのパテは和牛100%180グラム直径16センチ、バンズは地元パン屋さんに特別注文した巨大パンでトマトは3Lサイズと、コストはかかるが店主の星重則さんは「ハンバーガー屋の親父になりたかった」と話した。

重則さんは20代の頃に訪れたアメリカのハンバーガー店に一目惚れ、8年前に夫婦で南房総市に移住しオープンさせた。開店当初は客がいなかったが、その美味しさは口コミで広がり行列店に。しかし原価率50%以上といい「儲からない」と話した。

 (ハンバーガー、サンドイッチ)

「日曜ビッグバラエティ」で紹介されたグルメ情報

ビンゴバーガー

千葉南房総市「BINGO」では、一番人気で一番小さいサイズのビンゴバーガーでも総重量440グラムというボリュームで、一番大きいスーパービンゴバーガーはハンバーグが2枚重ね。オリジナルのパテは和牛100%180グラム直径16センチ、バンズは地元パン屋さんに特別注文した巨大パンでトマトは3Lサイズと、コストはかかるが店主の星重則さんは「ハンバーガー屋の親父になりたかった」と話した。

重則さんは20代の頃に訪れたアメリカのハンバーガー店に一目惚れ、8年前に夫婦で南房総市に移住しオープンさせた。開店当初は客がいなかったが、その美味しさは口コミで広がり行列店に。しかし原価率50%以上といい「儲からない」と話した。


「日曜ビッグバラエティ」で紹介されたグルメ情報

スーパービンゴバーガー

千葉南房総市「BINGO」では、一番人気で一番小さいサイズのビンゴバーガーでも総重量440グラムというボリュームで、一番大きいスーパービンゴバーガーはハンバーグが2枚重ね。オリジナルのパテは和牛100%180グラム直径16センチ、バンズは地元パン屋さんに特別注文した巨大パンでトマトは3Lサイズと、コストはかかるが店主の星重則さんは「ハンバーガー屋の親父になりたかった」と話した。

重則さんは20代の頃に訪れたアメリカのハンバーガー店に一目惚れ、8年前に夫婦で南房総市に移住しオープンさせた。開店当初は客がいなかったが、その美味しさは口コミで広がり行列店に。しかし原価率50%以上といい「儲からない」と話した。


「日曜ビッグバラエティ」で紹介されたレストラン・飲食店

千葉南房総市「BINGO」では、一番人気で一番小さいサイズのビンゴバーガーでも総重量440グラムというボリュームで、一番大きいスーパービンゴバーガーはハンバーグが2枚重ね。オリジナルのパテは和牛100%180グラム直径16センチ、バンズは地元パン屋さんに特別注文した巨大パンでトマトは3Lサイズと、コストはかかるが店主の星重則さんは「ハンバーガー屋の親父になりたかった」と話した。

重則さんは20代の頃に訪れたアメリカのハンバーガー店に一目惚れ、8年前に夫婦で南房総市に移住しオープンさせた。開店当初は客がいなかったが、その美味しさは口コミで広がり行列店に。しかし原価率50%以上といい「儲からない」と話した。

 (ハンバーガー、サンドイッチ)

「日曜ビッグバラエティ」で紹介されたレストラン・飲食店

ドロンズ石本が福島金山町の玉梨とうふ茶屋を訪問。山奥だが、昼時には20人の行列ができる。このあと行列が求める目当てのものを紹介する。

 (レストラン(その他))

こんな田舎に行列が…家族でガンバル人情食堂

「日曜ビッグバラエティ」で紹介されたレストラン・飲食店

ドロンズ石本が福島・金山町の「玉梨とうふ茶屋」を取材。枝豆を使った「幻の青ばと豆腐」などが人気で行列ができる。水は奥会津のものを使用している。また、店内にはサメが展示されている。

 (レストラン(その他))

「日曜ビッグバラエティ」で紹介されたグルメ情報

幻の青ばと 寄せとうふ

ドロンズ石本が福島・金山町の「玉梨とうふ茶屋」を取材。枝豆を使った「幻の青ばと豆腐」などが人気で行列ができる。水は奥会津のものを使用している。また、店内にはサメが展示されている。


「日曜ビッグバラエティ」で紹介されたグルメ情報

玉梨御膳

ドロンズ石本が福島・金山町の「玉梨とうふ茶屋」を取材。枝豆を使った「幻の青ばと豆腐」などが人気で行列ができる。水は奥会津のものを使用している。また、店内にはサメが展示されている。


「日曜ビッグバラエティ」で紹介されたグルメ情報

幻の青ばと豆乳

ドロンズ石本が福島・金山町の「玉梨とうふ茶屋」を取材。枝豆を使った「幻の青ばと豆腐」などが人気で行列ができる。水は奥会津のものを使用している。また、店内にはサメが展示されている。


「日曜ビッグバラエティ」で紹介されたグルメ情報

幻の青ばと雪花菜ドーナッツ

ドロンズ石本が福島・金山町の「玉梨とうふ茶屋」を取材。枝豆を使った「幻の青ばと豆腐」などが人気で行列ができる。水は奥会津のものを使用している。また、店内にはサメが展示されている。


「日曜ビッグバラエティ」で紹介されたグルメ情報

幻の青ばととうふ

ドロンズ石本が福島・金山町の「玉梨とうふ茶屋」を取材。枝豆を使った「幻の青ばと豆腐」などが人気で行列ができる。水は奥会津のものを使用している。また、店内にはサメが展示されている。


「日曜ビッグバラエティ」で紹介されたレストラン・飲食店

「玉梨とうふ茶屋」の店主・佐々木謙一さんには家族がいたが酒やギャンブルで妻とは離婚し娘とも離れた。自暴自棄に陥っていたが母に恩返しがしたいと、「青ばと豆腐」を思いついた。やがて評判が全国へ広がり商売繁盛となり、見守るように母も他界した。今の佐々木さんにとっての家族は従業員。

 (レストラン(その他))

「日曜ビッグバラエティ」で紹介されたグルメ情報

幻の青ばととうふ

「玉梨とうふ茶屋」の店主・佐々木謙一さんには家族がいたが酒やギャンブルで妻とは離婚し娘とも離れた。自暴自棄に陥っていたが母に恩返しがしたいと、「青ばと豆腐」を思いついた。やがて評判が全国へ広がり商売繁盛となり、見守るように母も他界した。今の佐々木さんにとっての家族は従業員。


「日曜ビッグバラエティ」で紹介されたレストラン・飲食店

ラーメン河

奈良・吉野町の「ラーメン河」を取材した。山奥にはたくさんの車やバイクがあり大勢の人が待っている。開店前には予約が殺到してしまうほど。


「日曜ビッグバラエティ」で紹介されたレストラン・飲食店

ラーメン河

ヨネスケが奈良・吉野町の「ラーメン河」を取材した。店を切り盛りしているのは70歳を超える長田夫婦のみ。11時半からわずか2時間半で閉店となる。ラーメンのメニューは「塩ラーメン」だけ。そしてラーメン店にしては珍しい「まぐろ丼」が大評判。ヨネスケが試食した。実は、店主は元寿司屋の板前だった。

ご主人は50歳の時に寿司屋を辞め、田舎へ引越し64歳でラーメン店を開店させた。店はライダーの間で口コミで広がり、あっという間に評判となった。ご主人は50歳から約10年ほどは趣味に明け暮れ貯金をほぼ使い果たしたという。ラーメン店は連日大盛況だが、夫婦は人手を増やす事はないと語る。


「日曜ビッグバラエティ」で紹介されたグルメ情報

塩ラーメン

ヨネスケが奈良・吉野町の「ラーメン河」を取材した。店を切り盛りしているのは70歳を超える長田夫婦のみ。11時半からわずか2時間半で閉店となる。ラーメンのメニューは「塩ラーメン」だけ。そしてラーメン店にしては珍しい「まぐろ丼」が大評判。ヨネスケが試食した。実は、店主は元寿司屋の板前だった。

ご主人は50歳の時に寿司屋を辞め、田舎へ引越し64歳でラーメン店を開店させた。店はライダーの間で口コミで広がり、あっという間に評判となった。ご主人は50歳から約10年ほどは趣味に明け暮れ貯金をほぼ使い果たしたという。ラーメン店は連日大盛況だが、夫婦は人手を増やす事はないと語る。


「日曜ビッグバラエティ」で紹介されたグルメ情報

まぐろ丼

ヨネスケが奈良・吉野町の「ラーメン河」を取材した。店を切り盛りしているのは70歳を超える長田夫婦のみ。11時半からわずか2時間半で閉店となる。ラーメンのメニューは「塩ラーメン」だけ。そしてラーメン店にしては珍しい「まぐろ丼」が大評判。ヨネスケが試食した。実は、店主は元寿司屋の板前だった。

ご主人は50歳の時に寿司屋を辞め、田舎へ引越し64歳でラーメン店を開店させた。店はライダーの間で口コミで広がり、あっという間に評判となった。ご主人は50歳から約10年ほどは趣味に明け暮れ貯金をほぼ使い果たしたという。ラーメン店は連日大盛況だが、夫婦は人手を増やす事はないと語る。


「日曜ビッグバラエティ」で紹介されたレストラン・飲食店

ラーメン河

ヨネスケが奈良・吉野町の「ラーメン河」を取材した。店を切り盛りしているのは70歳を超える長田夫婦のみ。11時半からわずか2時間半で閉店となる。ラーメンのメニューは「塩ラーメン」だけ。そしてラーメン店にしては珍しい「まぐろ丼」が大評判。ヨネスケが試食した。実は、店主は元寿司屋の板前だった。

ご主人は50歳の時に寿司屋を辞め、田舎へ引越し64歳でラーメン店を開店させた。店はライダーの間で口コミで広がり、あっという間に評判となった。ご主人は50歳から約10年ほどは趣味に明け暮れ貯金をほぼ使い果たしたという。ラーメン店は連日大盛況だが、夫婦は人手を増やす事はないと語る。


中村農場

竹内都子が山梨・北杜市の「食事処 中村農場」を取材した。店の外には全国各地から来た車が大量にあった。人気は野菜を一切使わない「甲斐路軍鶏の親子丼」。竹内も試食した。


「日曜ビッグバラエティ」で紹介されたグルメ情報

甲斐路軍鶏の親子丼

竹内都子が山梨・北杜市の「食事処 中村農場」を取材した。店の外には全国各地から来た車が大量にあった。人気は野菜を一切使わない「甲斐路軍鶏の親子丼」。竹内も試食した。


「日曜ビッグバラエティ」で紹介されたグルメ情報

甲斐路軍鶏の親子丼

竹内都子が山梨・北杜市の「中村農場」を取材した。オーナーの中村さんは10年かけて独自に生み出したのが「甲斐路軍鶏」。標高1150mと寒暖の差が美味しい鶏の秘訣だと語る。そして最も重要なのがエサだと語る。中村さん元々は東京でサラリーマンをしていた。

田舎暮らしに憧れた中村さんは結婚して10年後に地元へ帰省し、養鶏所を始めるも当初は全く売れず、両親に食べさせてもらっていた。今でも忙しい中村さん夫婦に変わり息子たちは両親が面倒をみている。店は今では行列が出来るほどの店となり、息子たちも休日には店を手伝っている。


中村農場

竹内都子が山梨・北杜市の「中村農場」を取材した。オーナーの中村さんは10年かけて独自に生み出したのが「甲斐路軍鶏」。標高1150mと寒暖の差が美味しい鶏の秘訣だと語る。そして最も重要なのがエサだと語る。中村さん元々は東京でサラリーマンをしていた。

田舎暮らしに憧れた中村さんは結婚して10年後に地元へ帰省し、養鶏所を始めるも当初は全く売れず、両親に食べさせてもらっていた。今でも忙しい中村さん夫婦に変わり息子たちは両親が面倒をみている。店は今では行列が出来るほどの店となり、息子たちも休日には店を手伝っている。


「日曜ビッグバラエティ」で紹介されたグルメ情報

八ヶ岳卵

竹内都子が山梨・北杜市の「中村農場」を取材した。オーナーの中村さんは10年かけて独自に生み出したのが「甲斐路軍鶏」。標高1150mと寒暖の差が美味しい鶏の秘訣だと語る。そして最も重要なのがエサだと語る。中村さん元々は東京でサラリーマンをしていた。

田舎暮らしに憧れた中村さんは結婚して10年後に地元へ帰省し、養鶏所を始めるも当初は全く売れず、両親に食べさせてもらっていた。今でも忙しい中村さん夫婦に変わり息子たちは両親が面倒をみている。店は今では行列が出来るほどの店となり、息子たちも休日には店を手伝っている。


「日曜ビッグバラエティ」で紹介されたグルメ情報

甲斐路軍鶏

竹内都子が山梨・北杜市の「中村農場」を取材した。オーナーの中村さんは10年かけて独自に生み出したのが「甲斐路軍鶏」。標高1150mと寒暖の差が美味しい鶏の秘訣だと語る。そして最も重要なのがエサだと語る。中村さん元々は東京でサラリーマンをしていた。

田舎暮らしに憧れた中村さんは結婚して10年後に地元へ帰省し、養鶏所を始めるも当初は全く売れず、両親に食べさせてもらっていた。今でも忙しい中村さん夫婦に変わり息子たちは両親が面倒をみている。店は今では行列が出来るほどの店となり、息子たちも休日には店を手伝っている。


中村農場

竹内都子が山梨・北杜市の「中村農場」を取材した。オーナーの中村さんは10年かけて独自に生み出したのが「甲斐路軍鶏」。標高1150mと寒暖の差が美味しい鶏の秘訣だと語る。そして最も重要なのがエサだと語る。中村さん元々は東京でサラリーマンをしていた。

田舎暮らしに憧れた中村さんは結婚して10年後に地元へ帰省し、養鶏所を始めるも当初は全く売れず、両親に食べさせてもらっていた。今でも忙しい中村さん夫婦に変わり息子たちは両親が面倒をみている。店は今では行列が出来るほどの店となり、息子たちも休日には店を手伝っている。


「日曜ビッグバラエティ」で紹介されたレストラン・飲食店

ヨネスケが滋賀・木之本町の「つるやパン」を取材した。店の前には行列ができ、店内に入れば誰もが大量買をする。

 (パン、サンドイッチ、パン・サンドイッチ(その他))

こんな田舎に行列が…家族でガンバル人情食堂

「日曜ビッグバラエティ」で紹介されたレストラン・飲食店

滋賀県長浜市の「つるやパン」で、並んででも買いたかったものは、店の看板商品“サラダパン”。このサラダパンの生みの親は、西村智恵子さん。間には、マヨネーズとたくあんが挟まっていた。

 (パン、サンドイッチ、パン・サンドイッチ(その他))

「日曜ビッグバラエティ」で紹介されたグルメ情報

サラダパン

滋賀県長浜市の「つるやパン」で、並んででも買いたかったものは、店の看板商品“サラダパン”。このサラダパンの生みの親は、西村智恵子さん。間には、マヨネーズとたくあんが挟まっていた。


「日曜ビッグバラエティ」で紹介されたレストラン・飲食店

『つるやパン』の看板商品“サラダパン”は、「腹持ちが良いパンを食べたい」というお客の要望から開発が始まったもの。当初はキャベツとマヨネーズをはさんだものだったが日持ちはしなかったため、代わりに使ったのがたくあんであった。開発当時は1日10個ほどしか売れなかったが、口コミで広がり人気爆発。1日2000個売れる人気パンとなった。明徳寺の住職である秦信映さんは、日曜教室に来ている子どもたちのためにと、30個ほど“サラダパン”を購入していた。子どもたちにも大人気の“サラダパン”であった。

 (パン、サンドイッチ、パン・サンドイッチ(その他))

「日曜ビッグバラエティ」で紹介されたグルメ情報

サラダパン

『つるやパン』の看板商品“サラダパン”は、「腹持ちが良いパンを食べたい」というお客の要望から開発が始まったもの。当初はキャベツとマヨネーズをはさんだものだったが日持ちはしなかったため、代わりに使ったのがたくあんであった。開発当時は1日10個ほどしか売れなかったが、口コミで広がり人気爆発。1日2000個売れる人気パンとなった。明徳寺の住職である秦信映さんは、日曜教室に来ている子どもたちのためにと、30個ほど“サラダパン”を購入していた。子どもたちにも大人気の“サラダパン”であった。


「日曜ビッグバラエティ」で紹介されたグルメ情報

たくあん

『つるやパン』の看板商品“サラダパン”は、「腹持ちが良いパンを食べたい」というお客の要望から開発が始まったもの。当初はキャベツとマヨネーズをはさんだものだったが日持ちはしなかったため、代わりに使ったのがたくあんであった。開発当時は1日10個ほどしか売れなかったが、口コミで広がり人気爆発。1日2000個売れる人気パンとなった。明徳寺の住職である秦信映さんは、日曜教室に来ている子どもたちのためにと、30個ほど“サラダパン”を購入していた。子どもたちにも大人気の“サラダパン”であった。


明徳寺

『つるやパン』の看板商品“サラダパン”は、「腹持ちが良いパンを食べたい」というお客の要望から開発が始まったもの。当初はキャベツとマヨネーズをはさんだものだったが日持ちはしなかったため、代わりに使ったのがたくあんであった。開発当時は1日10個ほどしか売れなかったが、口コミで広がり人気爆発。1日2000個売れる人気パンとなった。明徳寺の住職である秦信映さんは、日曜教室に来ている子どもたちのためにと、30個ほど“サラダパン”を購入していた。子どもたちにも大人気の“サラダパン”であった。


「日曜ビッグバラエティ」で紹介されたレストラン・飲食店

『つるやパン』の看板商品“サラダパン”を、「酒のあて」として購入する大人もいた。西村智恵子さんは“サラダパン”を開発するような人のため、昼食も不思議であった。トマトと味噌汁の具を牛乳で温めたものや、酒カスにきな粉を混ぜたものなどだった。智恵子さんはサラダパン以外にも名物パンを生み出している。魚肉ソーセージを挟んだ“サンドウィッチ”は、サラダパンに次ぐ売り上げだという。智恵子さんの感覚を継いだのが孫の豊弘さんで、“ハムカツチョコ”を自ら考案したが、人気はいまひとつ。豊弘さんが家庭で開いた試食会では、“かまぼこサンド”や“奈良漬けサンド”などが出されたが、智恵子さんの反応はイマイチであった。孫の奮闘はまだまだ続くようだ。

 (パン、サンドイッチ、パン・サンドイッチ(その他))

「日曜ビッグバラエティ」で紹介されたグルメ情報

サンドウィッチ

『つるやパン』の看板商品“サラダパン”を、「酒のあて」として購入する大人もいた。西村智恵子さんは“サラダパン”を開発するような人のため、昼食も不思議であった。トマトと味噌汁の具を牛乳で温めたものや、酒カスにきな粉を混ぜたものなどだった。智恵子さんはサラダパン以外にも名物パンを生み出している。魚肉ソーセージを挟んだ“サンドウィッチ”は、サラダパンに次ぐ売り上げだという。智恵子さんの感覚を継いだのが孫の豊弘さんで、“ハムカツチョコ”を自ら考案したが、人気はいまひとつ。豊弘さんが家庭で開いた試食会では、“かまぼこサンド”や“奈良漬けサンド”などが出されたが、智恵子さんの反応はイマイチであった。孫の奮闘はまだまだ続くようだ。


「日曜ビッグバラエティ」で紹介されたグルメ情報

ハムカツチョコサンド

『つるやパン』の看板商品“サラダパン”を、「酒のあて」として購入する大人もいた。西村智恵子さんは“サラダパン”を開発するような人のため、昼食も不思議であった。トマトと味噌汁の具を牛乳で温めたものや、酒カスにきな粉を混ぜたものなどだった。智恵子さんはサラダパン以外にも名物パンを生み出している。魚肉ソーセージを挟んだ“サンドウィッチ”は、サラダパンに次ぐ売り上げだという。智恵子さんの感覚を継いだのが孫の豊弘さんで、“ハムカツチョコ”を自ら考案したが、人気はいまひとつ。豊弘さんが家庭で開いた試食会では、“かまぼこサンド”や“奈良漬けサンド”などが出されたが、智恵子さんの反応はイマイチであった。孫の奮闘はまだまだ続くようだ。


「日曜ビッグバラエティ」で紹介されたグルメ情報

サラダパン

『つるやパン』の看板商品“サラダパン”を、「酒のあて」として購入する大人もいた。西村智恵子さんは“サラダパン”を開発するような人のため、昼食も不思議であった。トマトと味噌汁の具を牛乳で温めたものや、酒カスにきな粉を混ぜたものなどだった。智恵子さんはサラダパン以外にも名物パンを生み出している。魚肉ソーセージを挟んだ“サンドウィッチ”は、サラダパンに次ぐ売り上げだという。智恵子さんの感覚を継いだのが孫の豊弘さんで、“ハムカツチョコ”を自ら考案したが、人気はいまひとつ。豊弘さんが家庭で開いた試食会では、“かまぼこサンド”や“奈良漬けサンド”などが出されたが、智恵子さんの反応はイマイチであった。孫の奮闘はまだまだ続くようだ。


「日曜ビッグバラエティ」で紹介されたグルメ情報

かまぼこサンド

『つるやパン』の看板商品“サラダパン”を、「酒のあて」として購入する大人もいた。西村智恵子さんは“サラダパン”を開発するような人のため、昼食も不思議であった。トマトと味噌汁の具を牛乳で温めたものや、酒カスにきな粉を混ぜたものなどだった。智恵子さんはサラダパン以外にも名物パンを生み出している。魚肉ソーセージを挟んだ“サンドウィッチ”は、サラダパンに次ぐ売り上げだという。智恵子さんの感覚を継いだのが孫の豊弘さんで、“ハムカツチョコ”を自ら考案したが、人気はいまひとつ。豊弘さんが家庭で開いた試食会では、“かまぼこサンド”や“奈良漬けサンド”などが出されたが、智恵子さんの反応はイマイチであった。孫の奮闘はまだまだ続くようだ。


「日曜ビッグバラエティ」で紹介されたグルメ情報

奈良漬けサンド

『つるやパン』の看板商品“サラダパン”を、「酒のあて」として購入する大人もいた。西村智恵子さんは“サラダパン”を開発するような人のため、昼食も不思議であった。トマトと味噌汁の具を牛乳で温めたものや、酒カスにきな粉を混ぜたものなどだった。智恵子さんはサラダパン以外にも名物パンを生み出している。魚肉ソーセージを挟んだ“サンドウィッチ”は、サラダパンに次ぐ売り上げだという。智恵子さんの感覚を継いだのが孫の豊弘さんで、“ハムカツチョコ”を自ら考案したが、人気はいまひとつ。豊弘さんが家庭で開いた試食会では、“かまぼこサンド”や“奈良漬けサンド”などが出されたが、智恵子さんの反応はイマイチであった。孫の奮闘はまだまだ続くようだ。


「日曜ビッグバラエティ」で紹介されたレストラン・飲食店

静岡県熱川温泉にある『伊豆の味処 錦』へやってきた松本明子。店には長蛇の列が出来ていた。

 (海鮮丼、魚介料理・海鮮料理、天丼・天重)

こんな田舎に行列が…家族でガンバル人情食堂

「日曜ビッグバラエティ」で紹介されたレストラン・飲食店

松本明子が静岡・伊豆の「伊豆の味処錦」を取材した。人気のメニューは「鯵のたたき丼」。松本も試食した。調理場を任されているの女将の息子は毎朝、北川漁港でオアカムロアジを調達している。

昭和55年に女将は夫と寿司と鰻の店を始めたが店はからっきしで3年で廃業。そして昭和61年に借金返済のために今の店を始めた。鯵のたたき丼がヒットし借金を返済しきり夫と離婚し、息子と店を切り盛りしている。しかし、実は女将の長女は亡くなっていた。

 (海鮮丼、魚介料理・海鮮料理、天丼・天重)

「日曜ビッグバラエティ」で紹介されたグルメ情報

鯵のたたき丼

松本明子が静岡・伊豆の「伊豆の味処錦」を取材した。人気のメニューは「鯵のたたき丼」。松本も試食した。調理場を任されているの女将の息子は毎朝、北川漁港でオアカムロアジを調達している。

昭和55年に女将は夫と寿司と鰻の店を始めたが店はからっきしで3年で廃業。そして昭和61年に借金返済のために今の店を始めた。鯵のたたき丼がヒットし借金を返済しきり夫と離婚し、息子と店を切り盛りしている。しかし、実は女将の長女は亡くなっていた。


北川漁港

松本明子が静岡・伊豆の「伊豆の味処錦」を取材した。人気のメニューは「鯵のたたき丼」。松本も試食した。調理場を任されているの女将の息子は毎朝、北川漁港でオアカムロアジを調達している。

昭和55年に女将は夫と寿司と鰻の店を始めたが店はからっきしで3年で廃業。そして昭和61年に借金返済のために今の店を始めた。鯵のたたき丼がヒットし借金を返済しきり夫と離婚し、息子と店を切り盛りしている。しかし、実は女将の長女は亡くなっていた。


「日曜ビッグバラエティ」で紹介されたグルメ情報

オアカムロアジ

松本明子が静岡・伊豆の「伊豆の味処錦」を取材した。人気のメニューは「鯵のたたき丼」。松本も試食した。調理場を任されているの女将の息子は毎朝、北川漁港でオアカムロアジを調達している。

昭和55年に女将は夫と寿司と鰻の店を始めたが店はからっきしで3年で廃業。そして昭和61年に借金返済のために今の店を始めた。鯵のたたき丼がヒットし借金を返済しきり夫と離婚し、息子と店を切り盛りしている。しかし、実は女将の長女は亡くなっていた。


「日曜ビッグバラエティ」で紹介されたレストラン・飲食店

松本明子が静岡・伊豆の「伊豆の味処錦」を取材した。人気のメニューは「鯵のたたき丼」。松本も試食した。調理場を任されているの女将の息子は毎朝、北川漁港でオアカムロアジを調達している。

昭和55年に女将は夫と寿司と鰻の店を始めたが店はからっきしで3年で廃業。そして昭和61年に借金返済のために今の店を始めた。鯵のたたき丼がヒットし借金を返済しきり夫と離婚し、息子と店を切り盛りしている。しかし、実は女将の長女は亡くなっていた。

 (海鮮丼、魚介料理・海鮮料理、天丼・天重)

「日曜ビッグバラエティ」で紹介されたグルメ情報

鯵のたたき丼

松本明子が静岡・伊豆の「伊豆の味処錦」を取材した。人気のメニューは「鯵のたたき丼」。松本も試食した。調理場を任されているの女将の息子は毎朝、北川漁港でオアカムロアジを調達している。

昭和55年に女将は夫と寿司と鰻の店を始めたが店はからっきしで3年で廃業。そして昭和61年に借金返済のために今の店を始めた。鯵のたたき丼がヒットし借金を返済しきり夫と離婚し、息子と店を切り盛りしている。しかし、実は女将の長女は亡くなっていた。


こんな田舎に行列が…家族でガンバル人情食堂

「日曜ビッグバラエティ」で紹介されたレストラン・飲食店

松本明子が静岡・伊豆の「伊豆の味処錦」を取材した。女将の長女が15歳で突如脳腫瘍で10年ほど入退院を繰り返し亡くなった。そんな時に助けてくれたのは長女の親友の児島さん。更に、同級生の小池くんも厨房を任されている。

 (海鮮丼、魚介料理・海鮮料理、天丼・天重)

(エンディング)

(番組宣伝)

「日曜ビッグバラエティ 〜そこまでやる!?日本のスゴイ家〜」 2013年5月5日(日)放送内容「日曜ビッグバラエティ 〜スターの故郷へ突撃訪問 笑いと涙の仰天ペアレンツ〜」 2013年5月26日(日)放送内容

2013年04月 2013年05月 2013年06月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
  • 「日曜ビッグバラエティ」で紹介されたすべての情報
  • 「日曜ビッグバラエティ」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「日曜ビッグバラエティ」で紹介された音楽・CD
  • 「日曜ビッグバラエティ」で紹介された映画・DVD
  • 「日曜ビッグバラエティ」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「日曜ビッグバラエティ」で紹介されたグルメ情報
  • 「日曜ビッグバラエティ」で紹介された料理レシピ
  • 「日曜ビッグバラエティ」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「日曜ビッグバラエティ」で紹介された観光・地域情報
  • 「日曜ビッグバラエティ」で紹介されたイベント情報
  • 「日曜ビッグバラエティ」で紹介された雑学・豆知識