テレビ紹介情報

「ガイアの夜明け」で紹介された情報

「ガイアの夜明け」2012年9月25日(火)放送内容「ガイアの夜明け 〜芸術祭参加作品 【中国 農村少女とトヨタの10年】〜」 2012年10月6日(土)放送内容

「ガイアの夜明け」 2012年10月2日(火)放送内容

2012年10月2日(火) 22:00〜22:54 テレビ東京
【レギュラー出演】 江口洋介
【声の出演】 蟹江敬三
【その他】 クラウス・ファルシグ , 上田博敏 , 住野和彦 , 坪井正夫 , 坪井真吾 , 太刀川英輔 , 奥敏郎 , 尾道隆 , 玉木新雌 , 秋山昌也 , 高橋潤

(オープニング)

タイガー アメリカ村店

7月21日大阪にデンマーク雑貨チェーンTIGERがオープンした。トイレブラシやキッチンタイマーなど日用品でほとんどが500円以下だった。商品の入荷が追いつかず8月中旬から臨時休業した。国内に4カ所倉庫を確保し9月18日に再オープンに向けた準備が行われた。クラウス・ファルシグ社長は想像していなかったと話した。

9月22日に再オープンした。整理券が配られるほど人気で、あるお客さんは1万円以上買っていた。クラウス社長はなぜ日本人はいっぱい買うのかと話した。


トイレブラシ フラワー

7月21日大阪にデンマーク雑貨チェーンTIGERがオープンした。トイレブラシやキッチンタイマーなど日用品でほとんどが500円以下だった。商品の入荷が追いつかず8月中旬から臨時休業した。国内に4カ所倉庫を確保し9月18日に再オープンに向けた準備が行われた。クラウス・ファルシグ社長は想像していなかったと話した。

9月22日に再オープンした。整理券が配られるほど人気で、あるお客さんは1万円以上買っていた。クラウス社長はなぜ日本人はいっぱい買うのかと話した。


キッチンタイマー

7月21日大阪にデンマーク雑貨チェーンTIGERがオープンした。トイレブラシやキッチンタイマーなど日用品でほとんどが500円以下だった。商品の入荷が追いつかず8月中旬から臨時休業した。国内に4カ所倉庫を確保し9月18日に再オープンに向けた準備が行われた。クラウス・ファルシグ社長は想像していなかったと話した。

9月22日に再オープンした。整理券が配られるほど人気で、あるお客さんは1万円以上買っていた。クラウス社長はなぜ日本人はいっぱい買うのかと話した。


ユニクロ

33歳の女性会社員は休日にB-company 青山店を訪れた。この日はクッションカバーなど5点を購入した。自宅に戻るとすぐに部屋に飾った。ファッションにはあまりお金をかけずユニクロより安いブランドだと話した。


B-COMPANY 青山店

33歳の女性会社員は休日にB-company 青山店を訪れた。この日はクッションカバーなど5点を購入した。自宅に戻るとすぐに部屋に飾った。ファッションにはあまりお金をかけずユニクロより安いブランドだと話した。


クッションカバー

33歳の女性会社員は休日にB-company 青山店を訪れた。この日はクッションカバーなど5点を購入した。自宅に戻るとすぐに部屋に飾った。ファッションにはあまりお金をかけずユニクロより安いブランドだと話した。


雑貨がニッポンを変える…

大丸東京店

江口洋介は、雑貨はこまごまとした日用品を意味すると話した。百貨店なども雑貨に力を入れていて、大丸東京店では改装して雑貨売り場を増やしていた。


渋谷ヒカリエ

渋谷ヒカリエの地下3階から5階のShinQsには1日約6万人が訪れる。人気の秘密は雑貨だった。約70店舗が雑貨を扱っている。雑貨売り場の責任者高橋潤さんはどこから見て回ろうかと言ってもらえる売り場にしたいと話した。

高橋潤さんは渋谷ヒカリエのエスカレーター周りに雑貨店を配置した。ある若い女性は飽きないと話した。最もこだわったのは5階でフロアすべてが雑貨店だった。特に人気のAYANOKOJIは和雑貨を扱っていた。

京都の秀和がま口製作所ではかつておみやげ用のがま口を作っていたが、現在は和雑貨店に仕入れる物を作っている。ヒカリエに出店後生産量は5割増になり、職人を10人増やしたという。その他一般人はありがたいと話した。8月31日売り場を1から作り直していた。


渋谷ヒカリエShinQs

渋谷ヒカリエの地下3階から5階のShinQsには1日約6万人が訪れる。人気の秘密は雑貨だった。約70店舗が雑貨を扱っている。雑貨売り場の責任者高橋潤さんはどこから見て回ろうかと言ってもらえる売り場にしたいと話した。

高橋潤さんは渋谷ヒカリエのエスカレーター周りに雑貨店を配置した。ある若い女性は飽きないと話した。最もこだわったのは5階でフロアすべてが雑貨店だった。特に人気のAYANOKOJIは和雑貨を扱っていた。

京都の秀和がま口製作所ではかつておみやげ用のがま口を作っていたが、現在は和雑貨店に仕入れる物を作っている。ヒカリエに出店後生産量は5割増になり、職人を10人増やしたという。その他一般人はありがたいと話した。8月31日売り場を1から作り直していた。


渋谷ヒカリエ

渋谷ヒカリエの地下3階から5階のShinQsには1日約6万人が訪れる。人気の秘密は雑貨だった。約70店舗が雑貨を扱っている。雑貨売り場の責任者高橋潤さんはどこから見て回ろうかと言ってもらえる売り場にしたいと話した。

高橋潤さんは渋谷ヒカリエのエスカレーター周りに雑貨店を配置した。ある若い女性は飽きないと話した。最もこだわったのは5階でフロアすべてが雑貨店だった。特に人気のAYANOKOJIは和雑貨を扱っていた。

京都の秀和がま口製作所ではかつておみやげ用のがま口を作っていたが、現在は和雑貨店に仕入れる物を作っている。ヒカリエに出店後生産量は5割増になり、職人を10人増やしたという。その他一般人はありがたいと話した。8月31日売り場を1から作り直していた。


AYANOKOJI

渋谷ヒカリエの地下3階から5階のShinQsには1日約6万人が訪れる。人気の秘密は雑貨だった。約70店舗が雑貨を扱っている。雑貨売り場の責任者高橋潤さんはどこから見て回ろうかと言ってもらえる売り場にしたいと話した。

高橋潤さんは渋谷ヒカリエのエスカレーター周りに雑貨店を配置した。ある若い女性は飽きないと話した。最もこだわったのは5階でフロアすべてが雑貨店だった。特に人気のAYANOKOJIは和雑貨を扱っていた。

京都の秀和がま口製作所ではかつておみやげ用のがま口を作っていたが、現在は和雑貨店に仕入れる物を作っている。ヒカリエに出店後生産量は5割増になり、職人を10人増やしたという。その他一般人はありがたいと話した。8月31日売り場を1から作り直していた。


秀和がま口製作所

渋谷ヒカリエの地下3階から5階のShinQsには1日約6万人が訪れる。人気の秘密は雑貨だった。約70店舗が雑貨を扱っている。雑貨売り場の責任者高橋潤さんはどこから見て回ろうかと言ってもらえる売り場にしたいと話した。

高橋潤さんは渋谷ヒカリエのエスカレーター周りに雑貨店を配置した。ある若い女性は飽きないと話した。最もこだわったのは5階でフロアすべてが雑貨店だった。特に人気のAYANOKOJIは和雑貨を扱っていた。

京都の秀和がま口製作所ではかつておみやげ用のがま口を作っていたが、現在は和雑貨店に仕入れる物を作っている。ヒカリエに出店後生産量は5割増になり、職人を10人増やしたという。その他一般人はありがたいと話した。8月31日売り場を1から作り直していた。


雑貨がニッポンを変える…

渋谷ヒカリエ

渋谷ヒカリエでは、雑貨の売上が想像以上に伸びて、ヒカリエ全体の集客にも貢献している。そんな中、雑貨売り場担当の高橋さんは、新たに3坪以下の9店舗が並ぶ売り場の6店舗を入れ替えすることを決定した。高橋さんは、新たなお店として東京都丸の内n出店している雑貨屋を下見し、目玉商品としてストールに注目した。

高橋さんは、このストールが作られている工房がある、兵庫県西脇市を訪れ、製作工程を見学した。この工房は播州織という200年以上の歴史を持つ伝統工芸を受け継いでいる。しかし、播州織のストールの場合1日10枚の生産量で1枚3万円と高額となっている。そこで、新しい全自動の機械を使用し、月に4000本を生産し価格を1万円に抑えて販売することになった。

8月31日のヒカリエ閉店後、高橋さんはお店の入れ替え作業を行い、ストールも棚に並んだ。そしてこのストールは、1か月で200枚以上売れるヒット商品となった。


リヴェタート 丸の内店

渋谷ヒカリエでは、雑貨の売上が想像以上に伸びて、ヒカリエ全体の集客にも貢献している。そんな中、雑貨売り場担当の高橋さんは、新たに3坪以下の9店舗が並ぶ売り場の6店舗を入れ替えすることを決定した。高橋さんは、新たなお店として東京都丸の内n出店している雑貨屋を下見し、目玉商品としてストールに注目した。

高橋さんは、このストールが作られている工房がある、兵庫県西脇市を訪れ、製作工程を見学した。この工房は播州織という200年以上の歴史を持つ伝統工芸を受け継いでいる。しかし、播州織のストールの場合1日10枚の生産量で1枚3万円と高額となっている。そこで、新しい全自動の機械を使用し、月に4000本を生産し価格を1万円に抑えて販売することになった。

8月31日のヒカリエ閉店後、高橋さんはお店の入れ替え作業を行い、ストールも棚に並んだ。そしてこのストールは、1か月で200枚以上売れるヒット商品となった。


ストール

渋谷ヒカリエでは、雑貨の売上が想像以上に伸びて、ヒカリエ全体の集客にも貢献している。そんな中、雑貨売り場担当の高橋さんは、新たに3坪以下の9店舗が並ぶ売り場の6店舗を入れ替えすることを決定した。高橋さんは、新たなお店として東京都丸の内n出店している雑貨屋を下見し、目玉商品としてストールに注目した。

高橋さんは、このストールが作られている工房がある、兵庫県西脇市を訪れ、製作工程を見学した。この工房は播州織という200年以上の歴史を持つ伝統工芸を受け継いでいる。しかし、播州織のストールの場合1日10枚の生産量で1枚3万円と高額となっている。そこで、新しい全自動の機械を使用し、月に4000本を生産し価格を1万円に抑えて販売することになった。

8月31日のヒカリエ閉店後、高橋さんはお店の入れ替え作業を行い、ストールも棚に並んだ。そしてこのストールは、1か月で200枚以上売れるヒット商品となった。


ストール

渋谷ヒカリエでは、雑貨の売上が想像以上に伸びて、ヒカリエ全体の集客にも貢献している。そんな中、雑貨売り場担当の高橋さんは、新たに3坪以下の9店舗が並ぶ売り場の6店舗を入れ替えすることを決定した。高橋さんは、新たなお店として東京都丸の内n出店している雑貨屋を下見し、目玉商品としてストールに注目した。

高橋さんは、このストールが作られている工房がある、兵庫県西脇市を訪れ、製作工程を見学した。この工房は播州織という200年以上の歴史を持つ伝統工芸を受け継いでいる。しかし、播州織のストールの場合1日10枚の生産量で1枚3万円と高額となっている。そこで、新しい全自動の機械を使用し、月に4000本を生産し価格を1万円に抑えて販売することになった。

8月31日のヒカリエ閉店後、高橋さんはお店の入れ替え作業を行い、ストールも棚に並んだ。そしてこのストールは、1か月で200枚以上売れるヒット商品となった。


ストール

渋谷ヒカリエでは、雑貨の売上が想像以上に伸びて、ヒカリエ全体の集客にも貢献している。そんな中、雑貨売り場担当の高橋さんは、新たに3坪以下の9店舗が並ぶ売り場の6店舗を入れ替えすることを決定した。高橋さんは、新たなお店として東京都丸の内n出店している雑貨屋を下見し、目玉商品としてストールに注目した。

高橋さんは、このストールが作られている工房がある、兵庫県西脇市を訪れ、製作工程を見学した。この工房は播州織という200年以上の歴史を持つ伝統工芸を受け継いでいる。しかし、播州織のストールの場合1日10枚の生産量で1枚3万円と高額となっている。そこで、新しい全自動の機械を使用し、月に4000本を生産し価格を1万円に抑えて販売することになった。

8月31日のヒカリエ閉店後、高橋さんはお店の入れ替え作業を行い、ストールも棚に並んだ。そしてこのストールは、1か月で200枚以上売れるヒット商品となった。


渋谷ヒカリエ

渋谷ヒカリエでは、雑貨の売上が想像以上に伸びて、ヒカリエ全体の集客にも貢献している。そんな中、雑貨売り場担当の高橋さんは、新たに3坪以下の9店舗が並ぶ売り場の6店舗を入れ替えすることを決定した。高橋さんは、新たなお店として東京都丸の内n出店している雑貨屋を下見し、目玉商品としてストールに注目した。

高橋さんは、このストールが作られている工房がある、兵庫県西脇市を訪れ、製作工程を見学した。この工房は播州織という200年以上の歴史を持つ伝統工芸を受け継いでいる。しかし、播州織のストールの場合1日10枚の生産量で1枚3万円と高額となっている。そこで、新しい全自動の機械を使用し、月に4000本を生産し価格を1万円に抑えて販売することになった。

8月31日のヒカリエ閉店後、高橋さんはお店の入れ替え作業を行い、ストールも棚に並んだ。そしてこのストールは、1か月で200枚以上売れるヒット商品となった。


ストール

渋谷ヒカリエでは、雑貨の売上が想像以上に伸びて、ヒカリエ全体の集客にも貢献している。そんな中、雑貨売り場担当の高橋さんは、新たに3坪以下の9店舗が並ぶ売り場の6店舗を入れ替えすることを決定した。高橋さんは、新たなお店として東京都丸の内n出店している雑貨屋を下見し、目玉商品としてストールに注目した。

高橋さんは、このストールが作られている工房がある、兵庫県西脇市を訪れ、製作工程を見学した。この工房は播州織という200年以上の歴史を持つ伝統工芸を受け継いでいる。しかし、播州織のストールの場合1日10枚の生産量で1枚3万円と高額となっている。そこで、新しい全自動の機械を使用し、月に4000本を生産し価格を1万円に抑えて販売することになった。

8月31日のヒカリエ閉店後、高橋さんはお店の入れ替え作業を行い、ストールも棚に並んだ。そしてこのストールは、1か月で200枚以上売れるヒット商品となった。


雑貨がニッポンを変える…

鈴木松風堂

9月下旬渋谷ヒカリエの高橋潤さんは京都の鈴木松風堂を訪れた。創業120年で和紙の雑貨を扱っている。売れ筋は筒型の小物入れだった。目を付けたのは食品対応小物入れだった。高橋さんはバレンタインにチョコを入れて売りたいと提案した。住野和彦さんは前向きに検討したいと話した。売上は計画の120%ペースだった。


渋谷ヒカリエ

9月下旬渋谷ヒカリエの高橋潤さんは京都の鈴木松風堂を訪れた。創業120年で和紙の雑貨を扱っている。売れ筋は筒型の小物入れだった。目を付けたのは食品対応小物入れだった。高橋さんはバレンタインにチョコを入れて売りたいと提案した。住野和彦さんは前向きに検討したいと話した。売上は計画の120%ペースだった。


食品対応 小物入れ

9月下旬渋谷ヒカリエの高橋潤さんは京都の鈴木松風堂を訪れた。創業120年で和紙の雑貨を扱っている。売れ筋は筒型の小物入れだった。目を付けたのは食品対応小物入れだった。高橋さんはバレンタインにチョコを入れて売りたいと提案した。住野和彦さんは前向きに検討したいと話した。売上は計画の120%ペースだった。


南部鉄器

江口洋介は日本で作られた和雑貨が人気を集めていると話した。岩手の南部鉄器はポットになり、京都の西陣織はネクタイに、佐賀の有田焼は万年筆になっていた。


坪井工芸

徳島板野町の坪井工芸は仏壇の下請け加工会社で、坪井正夫さんと息子さんが仏壇を作っていた。家具を作っていたが、中国製に押され取引先が倒産し約1500万円の借金を背負った。妻も病気で他界した。最後の望みでマグコンテナという磁石が埋め込まれた小物入れを作った。太刀川英輔さんがデザインした。評価はされるが全く売れなかった。

MSYという会社がマグコンテナに目をつけた。秋山昌也社長が和紙のポーチや木製iPhone用ケースなど約40アイテムを世界20カ国に販売している。マグコンテナを見て可能性を感じたと話した。

8月坪井工芸に秋山昌也社長からマグコンテナの新たな設計図が届いた。1辺の大きさが大きくすることと値下げを要求した。坪井正夫さんは民木工所を訪れ合板と天然木材のスライスを貼り合わせることをお願いしコストダウンに成功した。1週間後マグコンテナの生産が始まった。


マグコンテナ

徳島板野町の坪井工芸は仏壇の下請け加工会社で、坪井正夫さんと息子さんが仏壇を作っていた。家具を作っていたが、中国製に押され取引先が倒産し約1500万円の借金を背負った。妻も病気で他界した。最後の望みでマグコンテナという磁石が埋め込まれた小物入れを作った。太刀川英輔さんがデザインした。評価はされるが全く売れなかった。

MSYという会社がマグコンテナに目をつけた。秋山昌也社長が和紙のポーチや木製iPhone用ケースなど約40アイテムを世界20カ国に販売している。マグコンテナを見て可能性を感じたと話した。

8月坪井工芸に秋山昌也社長からマグコンテナの新たな設計図が届いた。1辺の大きさが大きくすることと値下げを要求した。坪井正夫さんは民木工所を訪れ合板と天然木材のスライスを貼り合わせることをお願いしコストダウンに成功した。1週間後マグコンテナの生産が始まった。


MSY

徳島板野町の坪井工芸は仏壇の下請け加工会社で、坪井正夫さんと息子さんが仏壇を作っていた。家具を作っていたが、中国製に押され取引先が倒産し約1500万円の借金を背負った。妻も病気で他界した。最後の望みでマグコンテナという磁石が埋め込まれた小物入れを作った。太刀川英輔さんがデザインした。評価はされるが全く売れなかった。

MSYという会社がマグコンテナに目をつけた。秋山昌也社長が和紙のポーチや木製iPhone用ケースなど約40アイテムを世界20カ国に販売している。マグコンテナを見て可能性を感じたと話した。

8月坪井工芸に秋山昌也社長からマグコンテナの新たな設計図が届いた。1辺の大きさが大きくすることと値下げを要求した。坪井正夫さんは民木工所を訪れ合板と天然木材のスライスを貼り合わせることをお願いしコストダウンに成功した。1週間後マグコンテナの生産が始まった。


和紙のポーチ

徳島板野町の坪井工芸は仏壇の下請け加工会社で、坪井正夫さんと息子さんが仏壇を作っていた。家具を作っていたが、中国製に押され取引先が倒産し約1500万円の借金を背負った。妻も病気で他界した。最後の望みでマグコンテナという磁石が埋め込まれた小物入れを作った。太刀川英輔さんがデザインした。評価はされるが全く売れなかった。

MSYという会社がマグコンテナに目をつけた。秋山昌也社長が和紙のポーチや木製iPhone用ケースなど約40アイテムを世界20カ国に販売している。マグコンテナを見て可能性を感じたと話した。

8月坪井工芸に秋山昌也社長からマグコンテナの新たな設計図が届いた。1辺の大きさが大きくすることと値下げを要求した。坪井正夫さんは民木工所を訪れ合板と天然木材のスライスを貼り合わせることをお願いしコストダウンに成功した。1週間後マグコンテナの生産が始まった。


木製iPhone用ケース

徳島板野町の坪井工芸は仏壇の下請け加工会社で、坪井正夫さんと息子さんが仏壇を作っていた。家具を作っていたが、中国製に押され取引先が倒産し約1500万円の借金を背負った。妻も病気で他界した。最後の望みでマグコンテナという磁石が埋め込まれた小物入れを作った。太刀川英輔さんがデザインした。評価はされるが全く売れなかった。

MSYという会社がマグコンテナに目をつけた。秋山昌也社長が和紙のポーチや木製iPhone用ケースなど約40アイテムを世界20カ国に販売している。マグコンテナを見て可能性を感じたと話した。

8月坪井工芸に秋山昌也社長からマグコンテナの新たな設計図が届いた。1辺の大きさが大きくすることと値下げを要求した。坪井正夫さんは民木工所を訪れ合板と天然木材のスライスを貼り合わせることをお願いしコストダウンに成功した。1週間後マグコンテナの生産が始まった。


マグコンテナ

徳島板野町の坪井工芸は仏壇の下請け加工会社で、坪井正夫さんと息子さんが仏壇を作っていた。家具を作っていたが、中国製に押され取引先が倒産し約1500万円の借金を背負った。妻も病気で他界した。最後の望みでマグコンテナという磁石が埋め込まれた小物入れを作った。太刀川英輔さんがデザインした。評価はされるが全く売れなかった。

MSYという会社がマグコンテナに目をつけた。秋山昌也社長が和紙のポーチや木製iPhone用ケースなど約40アイテムを世界20カ国に販売している。マグコンテナを見て可能性を感じたと話した。

8月坪井工芸に秋山昌也社長からマグコンテナの新たな設計図が届いた。1辺の大きさが大きくすることと値下げを要求した。坪井正夫さんは民木工所を訪れ合板と天然木材のスライスを貼り合わせることをお願いしコストダウンに成功した。1週間後マグコンテナの生産が始まった。


坪井工芸

徳島板野町の坪井工芸は仏壇の下請け加工会社で、坪井正夫さんと息子さんが仏壇を作っていた。家具を作っていたが、中国製に押され取引先が倒産し約1500万円の借金を背負った。妻も病気で他界した。最後の望みでマグコンテナという磁石が埋め込まれた小物入れを作った。太刀川英輔さんがデザインした。評価はされるが全く売れなかった。

MSYという会社がマグコンテナに目をつけた。秋山昌也社長が和紙のポーチや木製iPhone用ケースなど約40アイテムを世界20カ国に販売している。マグコンテナを見て可能性を感じたと話した。

8月坪井工芸に秋山昌也社長からマグコンテナの新たな設計図が届いた。1辺の大きさが大きくすることと値下げを要求した。坪井正夫さんは民木工所を訪れ合板と天然木材のスライスを貼り合わせることをお願いしコストダウンに成功した。1週間後マグコンテナの生産が始まった。


マグコンテナ

徳島板野町の坪井工芸は仏壇の下請け加工会社で、坪井正夫さんと息子さんが仏壇を作っていた。家具を作っていたが、中国製に押され取引先が倒産し約1500万円の借金を背負った。妻も病気で他界した。最後の望みでマグコンテナという磁石が埋め込まれた小物入れを作った。太刀川英輔さんがデザインした。評価はされるが全く売れなかった。

MSYという会社がマグコンテナに目をつけた。秋山昌也社長が和紙のポーチや木製iPhone用ケースなど約40アイテムを世界20カ国に販売している。マグコンテナを見て可能性を感じたと話した。

8月坪井工芸に秋山昌也社長からマグコンテナの新たな設計図が届いた。1辺の大きさが大きくすることと値下げを要求した。坪井正夫さんは民木工所を訪れ合板と天然木材のスライスを貼り合わせることをお願いしコストダウンに成功した。1週間後マグコンテナの生産が始まった。


民木工所

徳島板野町の坪井工芸は仏壇の下請け加工会社で、坪井正夫さんと息子さんが仏壇を作っていた。家具を作っていたが、中国製に押され取引先が倒産し約1500万円の借金を背負った。妻も病気で他界した。最後の望みでマグコンテナという磁石が埋め込まれた小物入れを作った。太刀川英輔さんがデザインした。評価はされるが全く売れなかった。

MSYという会社がマグコンテナに目をつけた。秋山昌也社長が和紙のポーチや木製iPhone用ケースなど約40アイテムを世界20カ国に販売している。マグコンテナを見て可能性を感じたと話した。

8月坪井工芸に秋山昌也社長からマグコンテナの新たな設計図が届いた。1辺の大きさが大きくすることと値下げを要求した。坪井正夫さんは民木工所を訪れ合板と天然木材のスライスを貼り合わせることをお願いしコストダウンに成功した。1週間後マグコンテナの生産が始まった。


雑貨がニッポンを変える…

坪井工芸

8月、秋山さんと太刀川さんは新作のマグコンテナが出来たと聞き、徳島県板野町の坪井工芸を訪れた。新作は全部で7種類。秋山さんは、この商品を海外に売り出してくと言う。

8月中旬、アメリカ・ニューヨークで開催された全米最大の雑貨見本市のNY国際ギフトフェアに、秋山さんはブースを出し、日本の伝統工芸の技を生かした40種類の商品を展示した。マグコンテナは、その1番目立つ場所に並べられた。そして、グッゲンハイム美術館に所属する大物バイヤーは、マグコンテナに興味を持ち、その場でミュージアムショップ用の注文を入れた。その後は次々と注文が入った。


マグコンテナ

8月、秋山さんと太刀川さんは新作のマグコンテナが出来たと聞き、徳島県板野町の坪井工芸を訪れた。新作は全部で7種類。秋山さんは、この商品を海外に売り出してくと言う。

8月中旬、アメリカ・ニューヨークで開催された全米最大の雑貨見本市のNY国際ギフトフェアに、秋山さんはブースを出し、日本の伝統工芸の技を生かした40種類の商品を展示した。マグコンテナは、その1番目立つ場所に並べられた。そして、グッゲンハイム美術館に所属する大物バイヤーは、マグコンテナに興味を持ち、その場でミュージアムショップ用の注文を入れた。その後は次々と注文が入った。


マグコンテナ

8月、秋山さんと太刀川さんは新作のマグコンテナが出来たと聞き、徳島県板野町の坪井工芸を訪れた。新作は全部で7種類。秋山さんは、この商品を海外に売り出してくと言う。

8月中旬、アメリカ・ニューヨークで開催された全米最大の雑貨見本市のNY国際ギフトフェアに、秋山さんはブースを出し、日本の伝統工芸の技を生かした40種類の商品を展示した。マグコンテナは、その1番目立つ場所に並べられた。そして、グッゲンハイム美術館に所属する大物バイヤーは、マグコンテナに興味を持ち、その場でミュージアムショップ用の注文を入れた。その後は次々と注文が入った。


グッゲンハイム美術館

8月、秋山さんと太刀川さんは新作のマグコンテナが出来たと聞き、徳島県板野町の坪井工芸を訪れた。新作は全部で7種類。秋山さんは、この商品を海外に売り出してくと言う。

8月中旬、アメリカ・ニューヨークで開催された全米最大の雑貨見本市のNY国際ギフトフェアに、秋山さんはブースを出し、日本の伝統工芸の技を生かした40種類の商品を展示した。マグコンテナは、その1番目立つ場所に並べられた。そして、グッゲンハイム美術館に所属する大物バイヤーは、マグコンテナに興味を持ち、その場でミュージアムショップ用の注文を入れた。その後は次々と注文が入った。


「ガイアの夜明け」で紹介されたイベント情報

ニューヨーク・インターナショナル・ギフト・フェア

8月、秋山さんと太刀川さんは新作のマグコンテナが出来たと聞き、徳島県板野町の坪井工芸を訪れた。新作は全部で7種類。秋山さんは、この商品を海外に売り出してくと言う。

8月中旬、アメリカ・ニューヨークで開催された全米最大の雑貨見本市のNY国際ギフトフェアに、秋山さんはブースを出し、日本の伝統工芸の技を生かした40種類の商品を展示した。マグコンテナは、その1番目立つ場所に並べられた。そして、グッゲンハイム美術館に所属する大物バイヤーは、マグコンテナに興味を持ち、その場でミュージアムショップ用の注文を入れた。その後は次々と注文が入った。


雑貨がニッポンを変える…

マグコンテナ

8月下旬坪井工芸ではマグコンテナの量産が始まり1200個を受注した。息子の真吾さんは手がパンパンだと話した。坪井正夫さんはマグコンテナの生産を仲間と分業することを決めた。工場には先輩職人の上田博敏さんが訪れ、仕上げの艶出しを頼んだ。そして無事出荷した。


(エンディング)

(番組宣伝)

「ガイアの夜明け」2012年9月25日(火)放送内容「ガイアの夜明け 〜芸術祭参加作品 【中国 農村少女とトヨタの10年】〜」 2012年10月6日(土)放送内容