テレビ紹介情報

「JAPAN COUNTDOWN」で紹介された情報

「JAPAN COUNTDOWN」で紹介されたすべての情報 ( 2844 / 2866 ページ )

「JAPAN COUNTDOWN」で紹介された音楽・CD

ものまねで知られる清水ミチコさんは女湯・歌手・ナレーター・エッセイスト・ラジオパーソナリティとしての顔を持ち、野外フェスのステージにも登場。本人によれば本職はタレント。ステージに立つようになったのは10代の頃にタモリさんのファンになったのがきっかけ。83年にラジオ番組の構成作家兼出演者として芸歴をスタート。その後、新人発掘番組でテレビデビュー。30年以上のキャリアを誇り、レパートリーは常に100ネタ以上。だが、清水さんは「1回もものまねしたことない。どっちかっていうと体を貸しているっていう感じ」などと述べていた。

「ひとつだけ/the very best of akiko yano」

Amazon.co.jp


ものまねで知られる清水ミチコさんは女湯・歌手・ナレーター・エッセイスト・ラジオパーソナリティとしての顔を持ち、野外フェスのステージにも登場。本人によれば本職はタレント。ステージに立つようになったのは10代の頃にタモリさんのファンになったのがきっかけ。83年にラジオ番組の構成作家兼出演者として芸歴をスタート。その後、新人発掘番組でテレビデビュー。30年以上のキャリアを誇り、レパートリーは常に100ネタ以上。だが、清水さんは「1回もものまねしたことない。どっちかっていうと体を貸しているっていう感じ」などと述べていた。


「JAPAN COUNTDOWN」で紹介された音楽・CD

私のフォーク・メドレー

ものまねで知られる清水ミチコさんは女湯・歌手・ナレーター・エッセイスト・ラジオパーソナリティとしての顔を持ち、野外フェスのステージにも登場。本人によれば本職はタレント。ステージに立つようになったのは10代の頃にタモリさんのファンになったのがきっかけ。83年にラジオ番組の構成作家兼出演者として芸歴をスタート。その後、新人発掘番組でテレビデビュー。30年以上のキャリアを誇り、レパートリーは常に100ネタ以上。だが、清水さんは「1回もものまねしたことない。どっちかっていうと体を貸しているっていう感じ」などと述べていた。

清水さんのものまねは大幅にデフォルメしたり、際どいセリフを言ってみたり、ブラック・ユーモアを盛り込むのが特徴。そんな清水さんは長渕剛さんの顔真似をしたときに長渕さんから「もう昔と違うから、新しい俺をどんどんやってくれよ!」と言われ、グッズなどをもらったことがあったという。また、松任谷由実さんからは「山田邦子からは愛を感じますけれど、清水ミチコからは毒しか感じないですよね」などと言われていたという。ものまねする人の愛情について聞かれると、清水さんは「ものまねしたいってことは誰よりもこの人への愛情は負けない。その愛情を表現されてもお客さん迷惑だから、ちょっと毒をもってなんちゃってねっていうふうにしたいの」などと述べていた。


国営ひたち海浜公園

ものまねで知られる清水ミチコさんは女湯・歌手・ナレーター・エッセイスト・ラジオパーソナリティとしての顔を持ち、野外フェスのステージにも登場。本人によれば本職はタレント。ステージに立つようになったのは10代の頃にタモリさんのファンになったのがきっかけ。83年にラジオ番組の構成作家兼出演者として芸歴をスタート。その後、新人発掘番組でテレビデビュー。30年以上のキャリアを誇り、レパートリーは常に100ネタ以上。だが、清水さんは「1回もものまねしたことない。どっちかっていうと体を貸しているっていう感じ」などと述べていた。

清水さんのものまねは大幅にデフォルメしたり、際どいセリフを言ってみたり、ブラック・ユーモアを盛り込むのが特徴。そんな清水さんは長渕剛さんの顔真似をしたときに長渕さんから「もう昔と違うから、新しい俺をどんどんやってくれよ!」と言われ、グッズなどをもらったことがあったという。また、松任谷由実さんからは「山田邦子からは愛を感じますけれど、清水ミチコからは毒しか感じないですよね」などと言われていたという。ものまねする人の愛情について聞かれると、清水さんは「ものまねしたいってことは誰よりもこの人への愛情は負けない。その愛情を表現されてもお客さん迷惑だから、ちょっと毒をもってなんちゃってねっていうふうにしたいの」などと述べていた。

昨年、清水さんはROCK IN JAPAN FESTIVALの初出演。このイベントでは別の日に出ていた松任谷由実さんが清水さんをMCネタにしており、清水さんは「それ聞いた時、ホントガッツポーズでしたね。ものまねしてる人間にとってこんな嬉しいことないんですよ」などと述べていた。そのお返しとして清水さんは松任谷由実さんのものまねでライブを大成功に導いた。


「JAPAN COUNTDOWN」で紹介されたイベント情報

ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018

ものまねで知られる清水ミチコさんは女湯・歌手・ナレーター・エッセイスト・ラジオパーソナリティとしての顔を持ち、野外フェスのステージにも登場。本人によれば本職はタレント。ステージに立つようになったのは10代の頃にタモリさんのファンになったのがきっかけ。83年にラジオ番組の構成作家兼出演者として芸歴をスタート。その後、新人発掘番組でテレビデビュー。30年以上のキャリアを誇り、レパートリーは常に100ネタ以上。だが、清水さんは「1回もものまねしたことない。どっちかっていうと体を貸しているっていう感じ」などと述べていた。

清水さんのものまねは大幅にデフォルメしたり、際どいセリフを言ってみたり、ブラック・ユーモアを盛り込むのが特徴。そんな清水さんは長渕剛さんの顔真似をしたときに長渕さんから「もう昔と違うから、新しい俺をどんどんやってくれよ!」と言われ、グッズなどをもらったことがあったという。また、松任谷由実さんからは「山田邦子からは愛を感じますけれど、清水ミチコからは毒しか感じないですよね」などと言われていたという。ものまねする人の愛情について聞かれると、清水さんは「ものまねしたいってことは誰よりもこの人への愛情は負けない。その愛情を表現されてもお客さん迷惑だから、ちょっと毒をもってなんちゃってねっていうふうにしたいの」などと述べていた。

昨年、清水さんはROCK IN JAPAN FESTIVALの初出演。このイベントでは別の日に出ていた松任谷由実さんが清水さんをMCネタにしており、清水さんは「それ聞いた時、ホントガッツポーズでしたね。ものまねしてる人間にとってこんな嬉しいことないんですよ」などと述べていた。そのお返しとして清水さんは松任谷由実さんのものまねでライブを大成功に導いた。


「JAPAN COUNTDOWN」で紹介された音楽・CD

今週のAL CHART TOP10を発表。1位:aikoの詩。(aiko)など。

「今は今で誓いは笑みで(通常盤)」

Amazon.co.jp


「JAPAN COUNTDOWN」で紹介された音楽・CD

BiSH CARROTS and STiCKS??

今週のAL CHART TOP10を発表。1位:aikoの詩。(aiko)など。


「JAPAN COUNTDOWN」で紹介された音楽・CD

今週のAL CHART TOP10を発表。1位:aikoの詩。(aiko)など。

「FORCE」

Amazon.co.jp


「JAPAN COUNTDOWN」で紹介された音楽・CD

今週のAL CHART TOP10

今週のAL CHART TOP10を発表。1位:aikoの詩。(aiko)など。


「JAPAN COUNTDOWN」で紹介された音楽・CD

今週のAL CHART TOP10を発表。1位:aikoの詩。(aiko)など。

「ストロー(通常仕様盤)」

Amazon.co.jp


2019年06月 2019年07月 
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
  • 「JAPAN COUNTDOWN」で紹介されたすべての情報
  • 「JAPAN COUNTDOWN」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「JAPAN COUNTDOWN」で紹介された音楽・CD
  • 「JAPAN COUNTDOWN」で紹介された映画・DVD
  • 「JAPAN COUNTDOWN」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「JAPAN COUNTDOWN」で紹介されたグルメ情報
  • 「JAPAN COUNTDOWN」で紹介された料理レシピ
  • 「JAPAN COUNTDOWN」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「JAPAN COUNTDOWN」で紹介された観光・地域情報
  • 「JAPAN COUNTDOWN」で紹介されたイベント情報
  • 「JAPAN COUNTDOWN」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する