テレビ紹介情報

「カンブリア宮殿」で紹介された情報

「カンブリア宮殿 〜【家族3世代で行きたい!安い!うまい!行列のファミレス】〜」 2017年3月9日(木)放送内容「カンブリア宮殿 〜日本の食卓を変える!“便利土鍋”の秘密〜」 2017年3月23日(木)放送内容

「カンブリア宮殿」 2017年3月16日(木)放送内容

『【あふれる肉汁の大人気店!絶品ハンバーグから驚きの塊焼きまで】』
2017年3月16日(木) 21:54〜22:54 テレビ東京
【レギュラー出演】 小池栄子 , 村上龍
【声の出演】 高川裕也
【その他】 柳原祐也 , 千葉祐士 , 菅原亮平 , 千葉格之進 , 勝部修

CM

(オープニング)

和牛の可能性を切り開け!感動&絶品で地方農家を元気に

「カンブリア宮殿」で紹介されたグルメ情報

海鮮丼

東京・新宿でシニアがバスに乗り込み茨城・ひたちなか市で海鮮丼を食べた。これは日帰りグルメツアー。合間の水戸偕楽園では夕食へむけての腹ごなし。夕食は茨城・つくば市にあるひたち野で味わう常陸牛サーロイン炭火焼。これが今急増中と言われる肉食シニア。


「カンブリア宮殿」で紹介されたイベント情報

はとバス 水戸偕楽園と満腹2食付!

東京・新宿でシニアがバスに乗り込み茨城・ひたちなか市で海鮮丼を食べた。これは日帰りグルメツアー。合間の水戸偕楽園では夕食へむけての腹ごなし。夕食は茨城・つくば市にあるひたち野で味わう常陸牛サーロイン炭火焼。これが今急増中と言われる肉食シニア。


水戸偕楽園

東京・新宿でシニアがバスに乗り込み茨城・ひたちなか市で海鮮丼を食べた。これは日帰りグルメツアー。合間の水戸偕楽園では夕食へむけての腹ごなし。夕食は茨城・つくば市にあるひたち野で味わう常陸牛サーロイン炭火焼。これが今急増中と言われる肉食シニア。


「カンブリア宮殿」で紹介されたレストラン・飲食店

東京・新宿でシニアがバスに乗り込み茨城・ひたちなか市で海鮮丼を食べた。これは日帰りグルメツアー。合間の水戸偕楽園では夕食へむけての腹ごなし。夕食は茨城・つくば市にあるひたち野で味わう常陸牛サーロイン炭火焼。これが今急増中と言われる肉食シニア。

 (ステーキ、すき焼き、焼肉)

「カンブリア宮殿」で紹介されたグルメ情報

常陸牛サーロイン炭火焼

東京・新宿でシニアがバスに乗り込み茨城・ひたちなか市で海鮮丼を食べた。これは日帰りグルメツアー。合間の水戸偕楽園では夕食へむけての腹ごなし。夕食は茨城・つくば市にあるひたち野で味わう常陸牛サーロイン炭火焼。これが今急増中と言われる肉食シニア。


「カンブリア宮殿」で紹介されたレストラン・飲食店

東京・渋谷区にある格之進Rtは大盛況。客の目の前で岩手県産の黒毛和牛の塊が焼かれる。丁寧に焼かれた肉は驚くほどの柔らかさ。客を魅了する格之進の肉にはある秘密があった。

格之進の驚異の肉汁の秘密は独自の焼き方にある。まず繊維の方向を見ながら焼く。肉汁の出口を塞ぎ周りを焼くと肉はみるみる膨らんでくる。一旦アルミホイルで包み5分ほど蒸らしてから切る。限界まで肉の旨味を閉じ込め言葉を失うほど美味い肉になる。格之進は未体験の美味しさを体験させるレストラン。店内では肉の解体ショーが行われる。この日はシンタマという部位などが振る舞われた。肉を切り分けるのが門崎社長の千葉祐士。彼は和牛の美味しさを伝えるため都心のど真ん中に出店、都内に7店舗を展開、肉フェスで3年連続総合優勝。

 (焼肉、ステーキ、居酒屋)

「カンブリア宮殿」で紹介されたグルメ情報

黒毛和牛

東京・渋谷区にある格之進Rtは大盛況。客の目の前で岩手県産の黒毛和牛の塊が焼かれる。丁寧に焼かれた肉は驚くほどの柔らかさ。客を魅了する格之進の肉にはある秘密があった。


「カンブリア宮殿」で紹介されたレストラン・飲食店

格之進

格之進の驚異の肉汁の秘密は独自の焼き方にある。まず繊維の方向を見ながら焼く。肉汁の出口を塞ぎ周りを焼くと肉はみるみる膨らんでくる。一旦アルミホイルで包み5分ほど蒸らしてから切る。限界まで肉の旨味を閉じ込め言葉を失うほど美味い肉になる。格之進は未体験の美味しさを体験させるレストラン。店内では肉の解体ショーが行われる。この日はシンタマという部位などが振る舞われた。肉を切り分けるのが門崎社長の千葉祐士。彼は和牛の美味しさを伝えるため都心のど真ん中に出店、都内に7店舗を展開、肉フェスで3年連続総合優勝。

最近、店舗を増やしているというビアレストランの銀座店「デリリウムカフェ GINZA」。客の目当ては、40種類を超えるベルギービールと、店の看板メニューである熟成肉のステーキ。この店では以前はA5肉を提供していたが、熟成肉に変更してから注文が増加した。この熟成肉は、千葉さんから仕入れたものだ。月の仕入額は200万円以上と、今や集客の要となっている。千葉さんは、格之進以外の店にも熟成肉を販売することで美味しさを広く伝えようとしている。そんな千葉の熟成肉は、地元・岩手の和牛「いわて南牛」だ。一関市のはずれにある本店「丑舎 格之進」には、食を通じて生産者と消費者のハブになるという思いを込めた『一関と東京を食で繋ぐ』という言葉が掲げられていた。千葉さんは東京と一関市を往復する生活を送っており、今や年商7億円を稼ぎ出しているが、自宅はベニヤ張り壁に割れた窓ガラスという質素なものだった。この家で家族5人暮らし。店の名前にもなっている長男の格之進くんは「できれば早く家を建ててほしい。寒い時は飲み残したものが凍っている」とこぼす。だが、千葉さんは家族に我慢をさせてでも、稼ぎは東京で店を拡大することにつぎ込んでいる。その背景には、「いわて南牛を応援してもらいたい」という思いがある。

一関市で貧しい家畜商の家に生まれた千葉さんは大学卒業後、上京してフィルムメーカーに就職し、家業を継いだ兄が和牛の生産に乗り出す一方で、都会暮らしを満喫していた。だが、厳しい状況に追い込まれた実家の牧場の経営を解決するため、千葉さんは27歳の時に脱サラを決意。そのころ話題になっていた服の製造と小売を行う「ユニクロ」をヒントに、1999年、一関市内に焼肉店「格之進」をオープンさせた。しかし、素人が始めた店に客はまったく来ない。千葉さんが商売を諦めかけた時、買い付けた肉に奇跡が起きる。


「カンブリア宮殿」で紹介されたグルメ情報

シンタマ

格之進の驚異の肉汁の秘密は独自の焼き方にある。まず繊維の方向を見ながら焼く。肉汁の出口を塞ぎ周りを焼くと肉はみるみる膨らんでくる。一旦アルミホイルで包み5分ほど蒸らしてから切る。限界まで肉の旨味を閉じ込め言葉を失うほど美味い肉になる。格之進は未体験の美味しさを体験させるレストラン。店内では肉の解体ショーが行われる。この日はシンタマという部位などが振る舞われた。肉を切り分けるのが門崎社長の千葉祐士。彼は和牛の美味しさを伝えるため都心のど真ん中に出店、都内に7店舗を展開、肉フェスで3年連続総合優勝。


「カンブリア宮殿」で紹介されたグルメ情報

トモサンカク

格之進の驚異の肉汁の秘密は独自の焼き方にある。まず繊維の方向を見ながら焼く。肉汁の出口を塞ぎ周りを焼くと肉はみるみる膨らんでくる。一旦アルミホイルで包み5分ほど蒸らしてから切る。限界まで肉の旨味を閉じ込め言葉を失うほど美味い肉になる。格之進は未体験の美味しさを体験させるレストラン。店内では肉の解体ショーが行われる。この日はシンタマという部位などが振る舞われた。肉を切り分けるのが門崎社長の千葉祐士。彼は和牛の美味しさを伝えるため都心のど真ん中に出店、都内に7店舗を展開、肉フェスで3年連続総合優勝。


「カンブリア宮殿」で紹介されたグルメ情報

カメノコ

格之進の驚異の肉汁の秘密は独自の焼き方にある。まず繊維の方向を見ながら焼く。肉汁の出口を塞ぎ周りを焼くと肉はみるみる膨らんでくる。一旦アルミホイルで包み5分ほど蒸らしてから切る。限界まで肉の旨味を閉じ込め言葉を失うほど美味い肉になる。格之進は未体験の美味しさを体験させるレストラン。店内では肉の解体ショーが行われる。この日はシンタマという部位などが振る舞われた。肉を切り分けるのが門崎社長の千葉祐士。彼は和牛の美味しさを伝えるため都心のど真ん中に出店、都内に7店舗を展開、肉フェスで3年連続総合優勝。


門崎

格之進の驚異の肉汁の秘密は独自の焼き方にある。まず繊維の方向を見ながら焼く。肉汁の出口を塞ぎ周りを焼くと肉はみるみる膨らんでくる。一旦アルミホイルで包み5分ほど蒸らしてから切る。限界まで肉の旨味を閉じ込め言葉を失うほど美味い肉になる。格之進は未体験の美味しさを体験させるレストラン。店内では肉の解体ショーが行われる。この日はシンタマという部位などが振る舞われた。肉を切り分けるのが門崎社長の千葉祐士。彼は和牛の美味しさを伝えるため都心のど真ん中に出店、都内に7店舗を展開、肉フェスで3年連続総合優勝。

門崎の社長・千葉祐士さんが用意した3種類の肉、サーロイン・カメノコ・スネ肉を、村上龍と小池栄子が試食。千葉さんが編み出した熟成肉の特徴をいかす焼き方を駆使すれば、スネ肉もグリルでおいしく食べられるという。

牛肉の等級について紹介。A〜Cは歩留まりを表し、1〜5は肉質の良さを表している。千葉さんがA3の肉にこだわるのは、この等級は流通の規格上のものであり美味しさの指標ではないという認識のもと、高く評価されないものを買い支えることでボトムアップの力になりたいという思いがあるからだ。さらに、牛肉の正しい知識やおいしさを広める一方で、「すき焼き」や「牛肉」などといった料理を否定するものではないという。


「カンブリア宮殿」で紹介されたイベント情報

肉フェス

格之進の驚異の肉汁の秘密は独自の焼き方にある。まず繊維の方向を見ながら焼く。肉汁の出口を塞ぎ周りを焼くと肉はみるみる膨らんでくる。一旦アルミホイルで包み5分ほど蒸らしてから切る。限界まで肉の旨味を閉じ込め言葉を失うほど美味い肉になる。格之進は未体験の美味しさを体験させるレストラン。店内では肉の解体ショーが行われる。この日はシンタマという部位などが振る舞われた。肉を切り分けるのが門崎社長の千葉祐士。彼は和牛の美味しさを伝えるため都心のど真ん中に出店、都内に7店舗を展開、肉フェスで3年連続総合優勝。


仙台市中央卸売市場

仙台市中央卸売市場で千葉祐士の仕入れに密着。競りにかかる前の枝肉をチェック。千葉祐士はA5ではなくA3の肉に目をつけ落札。彼はA5ではなくA3を絶品の肉に変える。その現場を見せてもらった。巨大な冷蔵庫にA3の肉が吊るされていた。ここで作られるのは熟成肉。千葉祐士のこだわりは丸ごと熟成。枝肉のまま4週間熟成され、部位ごとに熟成法を変える。千葉は長年肉と格闘し新たな美味しさを開発し続けている。


「カンブリア宮殿」で紹介されたグルメ情報

熟成肉

仙台市中央卸売市場で千葉祐士の仕入れに密着。競りにかかる前の枝肉をチェック。千葉祐士はA5ではなくA3の肉に目をつけ落札。彼はA5ではなくA3を絶品の肉に変える。その現場を見せてもらった。巨大な冷蔵庫にA3の肉が吊るされていた。ここで作られるのは熟成肉。千葉祐士のこだわりは丸ごと熟成。枝肉のまま4週間熟成され、部位ごとに熟成法を変える。千葉は長年肉と格闘し新たな美味しさを開発し続けている。

千葉祐士は岩手・陸前高田市の広田湾に訪れ、かきを大量に買い付けていた。このかきを提供するため千葉は六本木に新店舗をオープンさせた。千葉は熟成肉とかきを組み合わせた料理を作り出していた。千葉は銀座「寿司さいしょ」と共同開発した熟成肉とうにの組み合わせですでに大ヒットを生み出している。

門崎の社長・千葉祐士さんが用意した3種類の肉、サーロイン・カメノコ・スネ肉を、村上龍と小池栄子が試食。千葉さんが編み出した熟成肉の特徴をいかす焼き方を駆使すれば、スネ肉もグリルでおいしく食べられるという。

最近、店舗を増やしているというビアレストランの銀座店「デリリウムカフェ GINZA」。客の目当ては、40種類を超えるベルギービールと、店の看板メニューである熟成肉のステーキ。この店では以前はA5肉を提供していたが、熟成肉に変更してから注文が増加した。この熟成肉は、千葉さんから仕入れたものだ。月の仕入額は200万円以上と、今や集客の要となっている。千葉さんは、格之進以外の店にも熟成肉を販売することで美味しさを広く伝えようとしている。そんな千葉の熟成肉は、地元・岩手の和牛「いわて南牛」だ。一関市のはずれにある本店「丑舎 格之進」には、食を通じて生産者と消費者のハブになるという思いを込めた『一関と東京を食で繋ぐ』という言葉が掲げられていた。千葉さんは東京と一関市を往復する生活を送っており、今や年商7億円を稼ぎ出しているが、自宅はベニヤ張り壁に割れた窓ガラスという質素なものだった。この家で家族5人暮らし。店の名前にもなっている長男の格之進くんは「できれば早く家を建ててほしい。寒い時は飲み残したものが凍っている」とこぼす。だが、千葉さんは家族に我慢をさせてでも、稼ぎは東京で店を拡大することにつぎ込んでいる。その背景には、「いわて南牛を応援してもらいたい」という思いがある。

一関市で貧しい家畜商の家に生まれた千葉さんは大学卒業後、上京してフィルムメーカーに就職し、家業を継いだ兄が和牛の生産に乗り出す一方で、都会暮らしを満喫していた。だが、厳しい状況に追い込まれた実家の牧場の経営を解決するため、千葉さんは27歳の時に脱サラを決意。そのころ話題になっていた服の製造と小売を行う「ユニクロ」をヒントに、1999年、一関市内に焼肉店「格之進」をオープンさせた。しかし、素人が始めた店に客はまったく来ない。千葉さんが商売を諦めかけた時、買い付けた肉に奇跡が起きる。


「カンブリア宮殿」で紹介されたグルメ情報

ミスジ

仙台市中央卸売市場で千葉祐士の仕入れに密着。競りにかかる前の枝肉をチェック。千葉祐士はA5ではなくA3の肉に目をつけ落札。彼はA5ではなくA3を絶品の肉に変える。その現場を見せてもらった。巨大な冷蔵庫にA3の肉が吊るされていた。ここで作られるのは熟成肉。千葉祐士のこだわりは丸ごと熟成。枝肉のまま4週間熟成され、部位ごとに熟成法を変える。千葉は長年肉と格闘し新たな美味しさを開発し続けている。


「カンブリア宮殿」で紹介されたグルメ情報

外モモ

仙台市中央卸売市場で千葉祐士の仕入れに密着。競りにかかる前の枝肉をチェック。千葉祐士はA5ではなくA3の肉に目をつけ落札。彼はA5ではなくA3を絶品の肉に変える。その現場を見せてもらった。巨大な冷蔵庫にA3の肉が吊るされていた。ここで作られるのは熟成肉。千葉祐士のこだわりは丸ごと熟成。枝肉のまま4週間熟成され、部位ごとに熟成法を変える。千葉は長年肉と格闘し新たな美味しさを開発し続けている。


「カンブリア宮殿」で紹介されたグルメ情報

かき

千葉祐士は岩手・陸前高田市の広田湾に訪れ、かきを大量に買い付けていた。このかきを提供するため千葉は六本木に新店舗をオープンさせた。千葉は熟成肉とかきを組み合わせた料理を作り出していた。千葉は銀座「寿司さいしょ」と共同開発した熟成肉とうにの組み合わせですでに大ヒットを生み出している。


「カンブリア宮殿」で紹介されたレストラン・飲食店

カブコ

千葉祐士は岩手・陸前高田市の広田湾に訪れ、かきを大量に買い付けていた。このかきを提供するため千葉は六本木に新店舗をオープンさせた。千葉は熟成肉とかきを組み合わせた料理を作り出していた。千葉は銀座「寿司さいしょ」と共同開発した熟成肉とうにの組み合わせですでに大ヒットを生み出している。


「カンブリア宮殿」で紹介されたレストラン・飲食店

千葉祐士は岩手・陸前高田市の広田湾に訪れ、かきを大量に買い付けていた。このかきを提供するため千葉は六本木に新店舗をオープンさせた。千葉は熟成肉とかきを組み合わせた料理を作り出していた。千葉は銀座「寿司さいしょ」と共同開発した熟成肉とうにの組み合わせですでに大ヒットを生み出している。


「カンブリア宮殿」で紹介されたグルメ情報

すき焼き

牛肉の等級について紹介。A〜Cは歩留まりを表し、1〜5は肉質の良さを表している。千葉さんがA3の肉にこだわるのは、この等級は流通の規格上のものであり美味しさの指標ではないという認識のもと、高く評価されないものを買い支えることでボトムアップの力になりたいという思いがあるからだ。さらに、牛肉の正しい知識やおいしさを広める一方で、「すき焼き」や「牛肉」などといった料理を否定するものではないという。


「カンブリア宮殿」で紹介されたグルメ情報

牛肉

牛肉の等級について紹介。A〜Cは歩留まりを表し、1〜5は肉質の良さを表している。千葉さんがA3の肉にこだわるのは、この等級は流通の規格上のものであり美味しさの指標ではないという認識のもと、高く評価されないものを買い支えることでボトムアップの力になりたいという思いがあるからだ。さらに、牛肉の正しい知識やおいしさを広める一方で、「すき焼き」や「牛肉」などといった料理を否定するものではないという。


エバーブルー

最近、店舗を増やしているというビアレストランの銀座店「デリリウムカフェ GINZA」。客の目当ては、40種類を超えるベルギービールと、店の看板メニューである熟成肉のステーキ。この店では以前はA5肉を提供していたが、熟成肉に変更してから注文が増加した。この熟成肉は、千葉さんから仕入れたものだ。月の仕入額は200万円以上と、今や集客の要となっている。千葉さんは、格之進以外の店にも熟成肉を販売することで美味しさを広く伝えようとしている。そんな千葉の熟成肉は、地元・岩手の和牛「いわて南牛」だ。一関市のはずれにある本店「丑舎 格之進」には、食を通じて生産者と消費者のハブになるという思いを込めた『一関と東京を食で繋ぐ』という言葉が掲げられていた。千葉さんは東京と一関市を往復する生活を送っており、今や年商7億円を稼ぎ出しているが、自宅はベニヤ張り壁に割れた窓ガラスという質素なものだった。この家で家族5人暮らし。店の名前にもなっている長男の格之進くんは「できれば早く家を建ててほしい。寒い時は飲み残したものが凍っている」とこぼす。だが、千葉さんは家族に我慢をさせてでも、稼ぎは東京で店を拡大することにつぎ込んでいる。その背景には、「いわて南牛を応援してもらいたい」という思いがある。


「カンブリア宮殿」で紹介されたグルメ情報

いわて南牛

最近、店舗を増やしているというビアレストランの銀座店「デリリウムカフェ GINZA」。客の目当ては、40種類を超えるベルギービールと、店の看板メニューである熟成肉のステーキ。この店では以前はA5肉を提供していたが、熟成肉に変更してから注文が増加した。この熟成肉は、千葉さんから仕入れたものだ。月の仕入額は200万円以上と、今や集客の要となっている。千葉さんは、格之進以外の店にも熟成肉を販売することで美味しさを広く伝えようとしている。そんな千葉の熟成肉は、地元・岩手の和牛「いわて南牛」だ。一関市のはずれにある本店「丑舎 格之進」には、食を通じて生産者と消費者のハブになるという思いを込めた『一関と東京を食で繋ぐ』という言葉が掲げられていた。千葉さんは東京と一関市を往復する生活を送っており、今や年商7億円を稼ぎ出しているが、自宅はベニヤ張り壁に割れた窓ガラスという質素なものだった。この家で家族5人暮らし。店の名前にもなっている長男の格之進くんは「できれば早く家を建ててほしい。寒い時は飲み残したものが凍っている」とこぼす。だが、千葉さんは家族に我慢をさせてでも、稼ぎは東京で店を拡大することにつぎ込んでいる。その背景には、「いわて南牛を応援してもらいたい」という思いがある。

一関市で貧しい家畜商の家に生まれた千葉さんは大学卒業後、上京してフィルムメーカーに就職し、家業を継いだ兄が和牛の生産に乗り出す一方で、都会暮らしを満喫していた。だが、厳しい状況に追い込まれた実家の牧場の経営を解決するため、千葉さんは27歳の時に脱サラを決意。そのころ話題になっていた服の製造と小売を行う「ユニクロ」をヒントに、1999年、一関市内に焼肉店「格之進」をオープンさせた。しかし、素人が始めた店に客はまったく来ない。千葉さんが商売を諦めかけた時、買い付けた肉に奇跡が起きる。


「カンブリア宮殿」で紹介されたレストラン・飲食店

丑舎 格之進

最近、店舗を増やしているというビアレストランの銀座店「デリリウムカフェ GINZA」。客の目当ては、40種類を超えるベルギービールと、店の看板メニューである熟成肉のステーキ。この店では以前はA5肉を提供していたが、熟成肉に変更してから注文が増加した。この熟成肉は、千葉さんから仕入れたものだ。月の仕入額は200万円以上と、今や集客の要となっている。千葉さんは、格之進以外の店にも熟成肉を販売することで美味しさを広く伝えようとしている。そんな千葉の熟成肉は、地元・岩手の和牛「いわて南牛」だ。一関市のはずれにある本店「丑舎 格之進」には、食を通じて生産者と消費者のハブになるという思いを込めた『一関と東京を食で繋ぐ』という言葉が掲げられていた。千葉さんは東京と一関市を往復する生活を送っており、今や年商7億円を稼ぎ出しているが、自宅はベニヤ張り壁に割れた窓ガラスという質素なものだった。この家で家族5人暮らし。店の名前にもなっている長男の格之進くんは「できれば早く家を建ててほしい。寒い時は飲み残したものが凍っている」とこぼす。だが、千葉さんは家族に我慢をさせてでも、稼ぎは東京で店を拡大することにつぎ込んでいる。その背景には、「いわて南牛を応援してもらいたい」という思いがある。


「カンブリア宮殿」で紹介されたレストラン・飲食店

最近、店舗を増やしているというビアレストランの銀座店「デリリウムカフェ GINZA」。客の目当ては、40種類を超えるベルギービールと、店の看板メニューである熟成肉のステーキ。この店では以前はA5肉を提供していたが、熟成肉に変更してから注文が増加した。この熟成肉は、千葉さんから仕入れたものだ。月の仕入額は200万円以上と、今や集客の要となっている。千葉さんは、格之進以外の店にも熟成肉を販売することで美味しさを広く伝えようとしている。そんな千葉の熟成肉は、地元・岩手の和牛「いわて南牛」だ。一関市のはずれにある本店「丑舎 格之進」には、食を通じて生産者と消費者のハブになるという思いを込めた『一関と東京を食で繋ぐ』という言葉が掲げられていた。千葉さんは東京と一関市を往復する生活を送っており、今や年商7億円を稼ぎ出しているが、自宅はベニヤ張り壁に割れた窓ガラスという質素なものだった。この家で家族5人暮らし。店の名前にもなっている長男の格之進くんは「できれば早く家を建ててほしい。寒い時は飲み残したものが凍っている」とこぼす。だが、千葉さんは家族に我慢をさせてでも、稼ぎは東京で店を拡大することにつぎ込んでいる。その背景には、「いわて南牛を応援してもらいたい」という思いがある。

 (バル・バール、ステーキ、イタリアン)

「カンブリア宮殿」で紹介されたレストラン・飲食店

最近、店舗を増やしているというビアレストランの銀座店「デリリウムカフェ GINZA」。客の目当ては、40種類を超えるベルギービールと、店の看板メニューである熟成肉のステーキ。この店では以前はA5肉を提供していたが、熟成肉に変更してから注文が増加した。この熟成肉は、千葉さんから仕入れたものだ。月の仕入額は200万円以上と、今や集客の要となっている。千葉さんは、格之進以外の店にも熟成肉を販売することで美味しさを広く伝えようとしている。そんな千葉の熟成肉は、地元・岩手の和牛「いわて南牛」だ。一関市のはずれにある本店「丑舎 格之進」には、食を通じて生産者と消費者のハブになるという思いを込めた『一関と東京を食で繋ぐ』という言葉が掲げられていた。千葉さんは東京と一関市を往復する生活を送っており、今や年商7億円を稼ぎ出しているが、自宅はベニヤ張り壁に割れた窓ガラスという質素なものだった。この家で家族5人暮らし。店の名前にもなっている長男の格之進くんは「できれば早く家を建ててほしい。寒い時は飲み残したものが凍っている」とこぼす。だが、千葉さんは家族に我慢をさせてでも、稼ぎは東京で店を拡大することにつぎ込んでいる。その背景には、「いわて南牛を応援してもらいたい」という思いがある。

 (イタリアン)

ユニクロ

一関市で貧しい家畜商の家に生まれた千葉さんは大学卒業後、上京してフィルムメーカーに就職し、家業を継いだ兄が和牛の生産に乗り出す一方で、都会暮らしを満喫していた。だが、厳しい状況に追い込まれた実家の牧場の経営を解決するため、千葉さんは27歳の時に脱サラを決意。そのころ話題になっていた服の製造と小売を行う「ユニクロ」をヒントに、1999年、一関市内に焼肉店「格之進」をオープンさせた。しかし、素人が始めた店に客はまったく来ない。千葉さんが商売を諦めかけた時、買い付けた肉に奇跡が起きる。


CM

和牛の可能性を切り開け!感動&絶品で地方農家を元気に

「カンブリア宮殿」で紹介されたグルメ情報

いわて南牛

いままでにない熟成肉のレストラン「格之進」を率いる千葉祐士社長は、1999年に地元岩手で、実家の牛を売る小売業として「格之進」をオープンさせた。しかし、素人が始めた店に客はこなかった。千葉さんは仕方なく、余った肉を少しずつ自分で食べて生活することに。すると1ヶ月後、なぜか肉の味が劇的に変わっていた。早速、千葉さんは熟成肉の熟成技術を研究。「格之進」で熟成肉を売り出すと、それまでになかった美味しさで一気に繁盛店になった。その時に足りなくなった肉をまかなうために飼い始めたのが、地元農家が育てていた「いわて南牛」だったという。千葉さんはそこで、朝から晩までの厳しい労働や後継者不足による高齢化、それに伴う赤字など、全国の畜産農家に起きている現実を目の当たりにする。これを見た千葉さんは「いわて南牛」の危機を実感し、赤字幅の削減や生産者のリスクの軽減を実現したいという思いから、熟成技術を使って「いわて南牛」を多くの人に食べてもおうと決意。2007年、熟成肉を武器に東京に進出すると、瞬く間に人気店となった。順調に店舗を増やした「格之進」は、今や「いわて南牛」の年間出荷数の15%を消費している。農家も、安定的な出荷先が増えることに大きな期待を寄せていた。さらに千葉は、地元自治体とも連携して「いわて南牛」を目玉に、一関市の魅力を発信するイベントを何度も行ってきた。勝部修市長は「千葉社長から得るところは非常に大きい」と評していた。


「カンブリア宮殿」で紹介されたレストラン・飲食店

格之進

いままでにない熟成肉のレストラン「格之進」を率いる千葉祐士社長は、1999年に地元岩手で、実家の牛を売る小売業として「格之進」をオープンさせた。しかし、素人が始めた店に客はこなかった。千葉さんは仕方なく、余った肉を少しずつ自分で食べて生活することに。すると1ヶ月後、なぜか肉の味が劇的に変わっていた。早速、千葉さんは熟成肉の熟成技術を研究。「格之進」で熟成肉を売り出すと、それまでになかった美味しさで一気に繁盛店になった。その時に足りなくなった肉をまかなうために飼い始めたのが、地元農家が育てていた「いわて南牛」だったという。千葉さんはそこで、朝から晩までの厳しい労働や後継者不足による高齢化、それに伴う赤字など、全国の畜産農家に起きている現実を目の当たりにする。これを見た千葉さんは「いわて南牛」の危機を実感し、赤字幅の削減や生産者のリスクの軽減を実現したいという思いから、熟成技術を使って「いわて南牛」を多くの人に食べてもおうと決意。2007年、熟成肉を武器に東京に進出すると、瞬く間に人気店となった。順調に店舗を増やした「格之進」は、今や「いわて南牛」の年間出荷数の15%を消費している。農家も、安定的な出荷先が増えることに大きな期待を寄せていた。さらに千葉は、地元自治体とも連携して「いわて南牛」を目玉に、一関市の魅力を発信するイベントを何度も行ってきた。勝部修市長は「千葉社長から得るところは非常に大きい」と評していた。


「カンブリア宮殿」で紹介されたグルメ情報

熟成肉

いままでにない熟成肉のレストラン「格之進」を率いる千葉祐士社長は、1999年に地元岩手で、実家の牛を売る小売業として「格之進」をオープンさせた。しかし、素人が始めた店に客はこなかった。千葉さんは仕方なく、余った肉を少しずつ自分で食べて生活することに。すると1ヶ月後、なぜか肉の味が劇的に変わっていた。早速、千葉さんは熟成肉の熟成技術を研究。「格之進」で熟成肉を売り出すと、それまでになかった美味しさで一気に繁盛店になった。その時に足りなくなった肉をまかなうために飼い始めたのが、地元農家が育てていた「いわて南牛」だったという。千葉さんはそこで、朝から晩までの厳しい労働や後継者不足による高齢化、それに伴う赤字など、全国の畜産農家に起きている現実を目の当たりにする。これを見た千葉さんは「いわて南牛」の危機を実感し、赤字幅の削減や生産者のリスクの軽減を実現したいという思いから、熟成技術を使って「いわて南牛」を多くの人に食べてもおうと決意。2007年、熟成肉を武器に東京に進出すると、瞬く間に人気店となった。順調に店舗を増やした「格之進」は、今や「いわて南牛」の年間出荷数の15%を消費している。農家も、安定的な出荷先が増えることに大きな期待を寄せていた。さらに千葉は、地元自治体とも連携して「いわて南牛」を目玉に、一関市の魅力を発信するイベントを何度も行ってきた。勝部修市長は「千葉社長から得るところは非常に大きい」と評していた。


「カンブリア宮殿」で紹介されたレストラン・飲食店

格之進 ニクテル

いままでにない熟成肉のレストラン「格之進」を率いる千葉祐士社長は、1999年に地元岩手で、実家の牛を売る小売業として「格之進」をオープンさせた。しかし、素人が始めた店に客はこなかった。千葉さんは仕方なく、余った肉を少しずつ自分で食べて生活することに。すると1ヶ月後、なぜか肉の味が劇的に変わっていた。早速、千葉さんは熟成肉の熟成技術を研究。「格之進」で熟成肉を売り出すと、それまでになかった美味しさで一気に繁盛店になった。その時に足りなくなった肉をまかなうために飼い始めたのが、地元農家が育てていた「いわて南牛」だったという。千葉さんはそこで、朝から晩までの厳しい労働や後継者不足による高齢化、それに伴う赤字など、全国の畜産農家に起きている現実を目の当たりにする。これを見た千葉さんは「いわて南牛」の危機を実感し、赤字幅の削減や生産者のリスクの軽減を実現したいという思いから、熟成技術を使って「いわて南牛」を多くの人に食べてもおうと決意。2007年、熟成肉を武器に東京に進出すると、瞬く間に人気店となった。順調に店舗を増やした「格之進」は、今や「いわて南牛」の年間出荷数の15%を消費している。農家も、安定的な出荷先が増えることに大きな期待を寄せていた。さらに千葉は、地元自治体とも連携して「いわて南牛」を目玉に、一関市の魅力を発信するイベントを何度も行ってきた。勝部修市長は「千葉社長から得るところは非常に大きい」と評していた。


一関市役所

いままでにない熟成肉のレストラン「格之進」を率いる千葉祐士社長は、1999年に地元岩手で、実家の牛を売る小売業として「格之進」をオープンさせた。しかし、素人が始めた店に客はこなかった。千葉さんは仕方なく、余った肉を少しずつ自分で食べて生活することに。すると1ヶ月後、なぜか肉の味が劇的に変わっていた。早速、千葉さんは熟成肉の熟成技術を研究。「格之進」で熟成肉を売り出すと、それまでになかった美味しさで一気に繁盛店になった。その時に足りなくなった肉をまかなうために飼い始めたのが、地元農家が育てていた「いわて南牛」だったという。千葉さんはそこで、朝から晩までの厳しい労働や後継者不足による高齢化、それに伴う赤字など、全国の畜産農家に起きている現実を目の当たりにする。これを見た千葉さんは「いわて南牛」の危機を実感し、赤字幅の削減や生産者のリスクの軽減を実現したいという思いから、熟成技術を使って「いわて南牛」を多くの人に食べてもおうと決意。2007年、熟成肉を武器に東京に進出すると、瞬く間に人気店となった。順調に店舗を増やした「格之進」は、今や「いわて南牛」の年間出荷数の15%を消費している。農家も、安定的な出荷先が増えることに大きな期待を寄せていた。さらに千葉は、地元自治体とも連携して「いわて南牛」を目玉に、一関市の魅力を発信するイベントを何度も行ってきた。勝部修市長は「千葉社長から得るところは非常に大きい」と評していた。


「カンブリア宮殿」で紹介されたイベント情報

大牛肉博

いままでにない熟成肉のレストラン「格之進」を率いる千葉祐士社長は、1999年に地元岩手で、実家の牛を売る小売業として「格之進」をオープンさせた。しかし、素人が始めた店に客はこなかった。千葉さんは仕方なく、余った肉を少しずつ自分で食べて生活することに。すると1ヶ月後、なぜか肉の味が劇的に変わっていた。早速、千葉さんは熟成肉の熟成技術を研究。「格之進」で熟成肉を売り出すと、それまでになかった美味しさで一気に繁盛店になった。その時に足りなくなった肉をまかなうために飼い始めたのが、地元農家が育てていた「いわて南牛」だったという。千葉さんはそこで、朝から晩までの厳しい労働や後継者不足による高齢化、それに伴う赤字など、全国の畜産農家に起きている現実を目の当たりにする。これを見た千葉さんは「いわて南牛」の危機を実感し、赤字幅の削減や生産者のリスクの軽減を実現したいという思いから、熟成技術を使って「いわて南牛」を多くの人に食べてもおうと決意。2007年、熟成肉を武器に東京に進出すると、瞬く間に人気店となった。順調に店舗を増やした「格之進」は、今や「いわて南牛」の年間出荷数の15%を消費している。農家も、安定的な出荷先が増えることに大きな期待を寄せていた。さらに千葉は、地元自治体とも連携して「いわて南牛」を目玉に、一関市の魅力を発信するイベントを何度も行ってきた。勝部修市長は「千葉社長から得るところは非常に大きい」と評していた。


CM

和牛の可能性を切り開け!感動&絶品で地方農家を元気に

「カンブリア宮殿」で紹介されたグルメ情報

ひとめぼれ

一関市の老舗酒蔵「磐乃井酒造」では千葉さんから依頼を受け、ひとめぼれを使った米麹を作っていた。この米麹は、自家製塩麹となり、肉に塗られる。そのミンチに岩手の牛乳や国産パン粉など地元の食材をふんだんに使った、ハンバーグを作る。そんなこだわりのハンバーグを売りにしているのが「肉屋 格之進F」だ。1000円「ハンバーグプレート」が人気だという。千葉さんは、「ハンバーグを日本にとどまらず海外にも持っていくべき」と、大規模なハンバーグ工場の計画をすすめていた。その建設予定地は、千葉さんが通った小学校だという。4年前に廃校になってしまった場所だった。


「カンブリア宮殿」で紹介されたレストラン・飲食店

丑舎 格之進

一関市の老舗酒蔵「磐乃井酒造」では千葉さんから依頼を受け、ひとめぼれを使った米麹を作っていた。この米麹は、自家製塩麹となり、肉に塗られる。そのミンチに岩手の牛乳や国産パン粉など地元の食材をふんだんに使った、ハンバーグを作る。そんなこだわりのハンバーグを売りにしているのが「肉屋 格之進F」だ。1000円「ハンバーグプレート」が人気だという。千葉さんは、「ハンバーグを日本にとどまらず海外にも持っていくべき」と、大規模なハンバーグ工場の計画をすすめていた。その建設予定地は、千葉さんが通った小学校だという。4年前に廃校になってしまった場所だった。


「カンブリア宮殿」で紹介されたグルメ情報

塩麹

一関市の老舗酒蔵「磐乃井酒造」では千葉さんから依頼を受け、ひとめぼれを使った米麹を作っていた。この米麹は、自家製塩麹となり、肉に塗られる。そのミンチに岩手の牛乳や国産パン粉など地元の食材をふんだんに使った、ハンバーグを作る。そんなこだわりのハンバーグを売りにしているのが「肉屋 格之進F」だ。1000円「ハンバーグプレート」が人気だという。千葉さんは、「ハンバーグを日本にとどまらず海外にも持っていくべき」と、大規模なハンバーグ工場の計画をすすめていた。その建設予定地は、千葉さんが通った小学校だという。4年前に廃校になってしまった場所だった。


「カンブリア宮殿」で紹介されたレストラン・飲食店

一関市の老舗酒蔵「磐乃井酒造」では千葉さんから依頼を受け、ひとめぼれを使った米麹を作っていた。この米麹は、自家製塩麹となり、肉に塗られる。そのミンチに岩手の牛乳や国産パン粉など地元の食材をふんだんに使った、ハンバーグを作る。そんなこだわりのハンバーグを売りにしているのが「肉屋 格之進F」だ。1000円「ハンバーグプレート」が人気だという。千葉さんは、「ハンバーグを日本にとどまらず海外にも持っていくべき」と、大規模なハンバーグ工場の計画をすすめていた。その建設予定地は、千葉さんが通った小学校だという。4年前に廃校になってしまった場所だった。

 (ステーキ、居酒屋、ダイニングバー)

磐乃井酒造

一関市の老舗酒蔵「磐乃井酒造」では千葉さんから依頼を受け、ひとめぼれを使った米麹を作っていた。この米麹は、自家製塩麹となり、肉に塗られる。そのミンチに岩手の牛乳や国産パン粉など地元の食材をふんだんに使った、ハンバーグを作る。そんなこだわりのハンバーグを売りにしているのが「肉屋 格之進F」だ。1000円「ハンバーグプレート」が人気だという。千葉さんは、「ハンバーグを日本にとどまらず海外にも持っていくべき」と、大規模なハンバーグ工場の計画をすすめていた。その建設予定地は、千葉さんが通った小学校だという。4年前に廃校になってしまった場所だった。


「カンブリア宮殿」で紹介されたグルメ情報

ハンバーグプレート

一関市の老舗酒蔵「磐乃井酒造」では千葉さんから依頼を受け、ひとめぼれを使った米麹を作っていた。この米麹は、自家製塩麹となり、肉に塗られる。そのミンチに岩手の牛乳や国産パン粉など地元の食材をふんだんに使った、ハンバーグを作る。そんなこだわりのハンバーグを売りにしているのが「肉屋 格之進F」だ。1000円「ハンバーグプレート」が人気だという。千葉さんは、「ハンバーグを日本にとどまらず海外にも持っていくべき」と、大規模なハンバーグ工場の計画をすすめていた。その建設予定地は、千葉さんが通った小学校だという。4年前に廃校になってしまった場所だった。


「カンブリア宮殿」で紹介されたグルメ情報

ハンバーグ

アメリカやフランスではメジャーでないハンバーグを通して、食べた海外の人などが「一関市まで来てもらえたら最高」と話した。


CM

和牛の可能性を切り開け!感動&絶品で地方農家を元気に

(エンディング)

ビジネスオンデマンド

「カンブリア宮殿」など人気の経済番組を配信中「ビジネスオンデマンド」検索。


(番組宣伝)

CM

「カンブリア宮殿 〜【家族3世代で行きたい!安い!うまい!行列のファミレス】〜」 2017年3月9日(木)放送内容「カンブリア宮殿 〜日本の食卓を変える!“便利土鍋”の秘密〜」 2017年3月23日(木)放送内容