テレビ紹介情報

「ワールドビジネスサテライト」で紹介された情報

「ワールドビジネスサテライト」で紹介された本・コミック・雑誌 ( 95 / 95 ページ )

「ワールドビジネスサテライト」で紹介された本・コミック・雑誌

約1400社の日本を代表する企業が加盟する経団連。そのトップは政治にも強い影響力を持ち、“財界総理”の異名がある。経団連の新会長に住友化学会長の十倉雅和氏が就任した。十倉会長は、「社会性の観点を各企業がもって事業にあたらないといけない」と話した。十倉会長は業績低迷が続いた2011年に住友化学社長に就任、海外事業に力を入れながら財務を改善し、2017年度には過去最高益を更新した。企業にとって正面から向き合うべき問題の1つが気候変動問題だという。経団連の会員企業に対し、2050年までのロードマップ作成などを求め、計画を公表していく考えだという。

「範馬刃牙」

Amazon.co.jp


「ワールドビジネスサテライト」で紹介された本・コミック・雑誌

日経メディカル

ノーベル賞を受賞した大村智氏が開発したイベルネクチンは寄生虫による感染の特効薬で細胞実験で新型コロナウイルスの増殖を抑える報告された。東京都医師会は使用を提言している。ほかにもアクテムラやフオイパンなどがあるが承認に至っていない。また既存薬は新薬と比べ薬価が安く治験に踏み切らないケースもある。


「ワールドビジネスサテライト」で紹介された本・コミック・雑誌

2017年にノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロさんに大江アナがインタビュー。世界の状況を見てイシグロ氏は「さまざまな国が安心と安全のために作った多くのものは実はとてもぜい弱だったと思う」などと語った。カズオ・イシグロ氏は1954年11月8日に長崎で生まれ5歳で渡英。大学卒業後執筆活動を開始した。1989年に発表した「日の名残り」でブッカー賞を受賞。イギリスだけでなく世界を代表する作家として活躍している。ノーベル賞受賞後、初となる長編小説「クララとお日さま」を世界同時発売。イシグロ氏はコロナに対抗して生きるには“科学の力が不可欠”「証拠に基づき真実を見る手法が大事」などと話した。

「日の名残り (ハヤカワepi文庫)」

Amazon.co.jp


「ワールドビジネスサテライト」で紹介された本・コミック・雑誌

2017年にノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロさんに大江アナがインタビュー。世界の状況を見てイシグロ氏は「さまざまな国が安心と安全のために作った多くのものは実はとてもぜい弱だったと思う」などと語った。カズオ・イシグロ氏は1954年11月8日に長崎で生まれ5歳で渡英。大学卒業後執筆活動を開始した。1989年に発表した「日の名残り」でブッカー賞を受賞。イギリスだけでなく世界を代表する作家として活躍している。ノーベル賞受賞後、初となる長編小説「クララとお日さま」を世界同時発売。イシグロ氏はコロナに対抗して生きるには“科学の力が不可欠”「証拠に基づき真実を見る手法が大事」などと話した。

「クララとお日さま」

Amazon.co.jp


「ワールドビジネスサテライト」で紹介された本・コミック・雑誌

相談役 島耕作

きょう発売されたモーニング13号。「相談役 島耕作」の作中で島耕作がコロナに感染した様子が描かれている。作者・弘兼憲史さんは「いつ自分が感染してもおかしくはないと注意を喚起できたら」と話している。


「ワールドビジネスサテライト」で紹介された本・コミック・雑誌

印西市のニュータウンにマイホームを購入した小澤さんは「交通の利便性をメインに以前は選んでいたが、過ごしやすい環境や家の広さを重視するようになった」と話した。16号線エリアには太古の時代から多くの人が住んでいたという。丘陵地と台地、大きな川が連鎖していて、世界中どこでも人間が暮らしやすく最初に住む場所で一等地として現代まで有り続ける場所だ。首都圏で0〜14歳の人口が増えている街のランキングでは印西市をトップに16号線付近の自治体が上位を占め、子育て世代が増えている。さらに印西市には物流センターやデータセンターも建設されている。また、東京沿岸エリアに比べると地盤がしっかりしていて建物を建てるのに向いているという。

「国道16号線: 「日本」を創った道」

Amazon.co.jp


「ワールドビジネスサテライト」で紹介された本・コミック・雑誌

鬼滅の刃

米誌タイムは次世代の100人を発表し鬼滅の刃の作者・吾峠呼世晴さんが選ばれた。タイムは「現実離れした成功が謎に包まれた作者への関心をさらに呼ぶことになった」と紹介している。


「ワールドビジネスサテライト」で紹介された本・コミック・雑誌

JOC評議会での女性蔑視の発言がきっかけで国内外から批判を受けていた森氏。きょう辞任する意向を固め明日正式に表明する見通し。海外メディアも速報でこの事を伝えた。後任として名前が上がったのが日本サッカー協会元会長の川淵三郎氏。川淵氏は森氏と親しい間柄で、今回の大会で選手村の村長を務める予定だったという。サッカー選手として1964年の東京五輪にも出場したが、引退後はJリーグの初代チェアマンに就任し、その後日本バスケットボール協会のBLEAGUE発足も牽引するなどのスポーツ組織での運営での豊富な経験と幅人生人脈をもつ。3年前にはテレビ東京の取材に組織論を語っていた。愛読書は経営学者ドラッカーの本。川淵三郎氏は84歳だが多様性についてこういう問題から前向きに捉えることが大事と答えた。森氏は会長を辞任するものの、組織委には残る見通し。

「ドラッカーの講義(1991-2003)〜マネジメント・経済・未来について話そう〜」

Amazon.co.jp


「ワールドビジネスサテライト」で紹介された本・コミック・雑誌

鬼滅の刃

出版科学研究所は2020年の書籍・雑誌販売額が前の年と比べて4.8%増えて1兆6168億円だったと発表した。コミックス「鬼滅の刃」が巣ごもり需要で爆発的にヒットしたことが主な要因だとしている。


2021年05月 2021年06月 
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介されたすべての情報
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介された音楽・CD
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介された映画・DVD
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介されたグルメ情報
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介された料理レシピ
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介された観光・地域情報
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介されたイベント情報
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する

  • ※「価格com テレビ紹介情報」は株式会社ワイヤーアクションが提供するTV放送ログを掲載しています。