テレビ紹介情報

「ワールドビジネスサテライト」で紹介された情報

「ワールドビジネスサテライト」で紹介されたグルメ情報 ( 760 / 760 ページ )

「ワールドビジネスサテライト」で紹介されたグルメ情報

NEXTフォアグラバーガー

ドクターフーズはカシューナッツを麹で発酵させた植物性培養フォアグラを開発した。フォアグラは製造を禁止する国があり開発したという。瓶入りの商品を来月からネットで販売する他WAYBACK BURGERS表参道店ではフォアグラバーガーとして提供される。


「ワールドビジネスサテライト」で紹介されたグルメ情報

パイの実

ロッテは「パイの実」を含むチョコ菓子やガムなど71品目を9月1日出荷分から順次値上げすると発表した。原材料や包装資材の価格上昇や、物流コスト上昇が理由だという。


「ワールドビジネスサテライト」で紹介されたグルメ情報

大豆

パルシステムは自社商品に使われる家畜の飼料の国産比率の引き上げを発表した。国産の飼料を約2割から9割以上に引き上げた鶏の卵を新たに発売した。飼料用の輸入穀物が高騰していることから国産飼料の比率を高くしてもトータルのコストは変わらずに生産が可能だという。さらにパルシステムは日本の食料自給率の向上を目指している。飼料の高騰で国産化に期待が高まっている。宮城・大崎市の米農家の鈴木さんは米の値段が下がっていることに困っている。そこで今年から新たに飼料用のトウモロコシを作り始めたという。今年4月からJA全農と地元のJA古川が手を組み、余っている田んぼを活用する実証実験として飼料用トウモロコシの栽培を始めた。飼料用トウモロコシは種をまく以外にほぼ手間がかからないため新たな人手を必要としない。JA古川では2年後に倍の作付を目指している。


「ワールドビジネスサテライト」で紹介されたグルメ情報

トウモロコシ

パルシステムは自社商品に使われる家畜の飼料の国産比率の引き上げを発表した。国産の飼料を約2割から9割以上に引き上げた鶏の卵を新たに発売した。飼料用の輸入穀物が高騰していることから国産飼料の比率を高くしてもトータルのコストは変わらずに生産が可能だという。さらにパルシステムは日本の食料自給率の向上を目指している。飼料の高騰で国産化に期待が高まっている。宮城・大崎市の米農家の鈴木さんは米の値段が下がっていることに困っている。そこで今年から新たに飼料用のトウモロコシを作り始めたという。今年4月からJA全農と地元のJA古川が手を組み、余っている田んぼを活用する実証実験として飼料用トウモロコシの栽培を始めた。飼料用トウモロコシは種をまく以外にほぼ手間がかからないため新たな人手を必要としない。JA古川では2年後に倍の作付を目指している。


「ワールドビジネスサテライト」で紹介されたグルメ情報

シラスウナギ

きょうイオンは「土用の丑の日」に向けた戦略を発表し、店内にはウナギの特設コーナーが設置された。複数人でシェアできる特大サイズの蒲焼を過去最大の5万尾分用意し、白焼の在庫を前年比5倍に増やす。去年のうちに全量買い取りを確約し、仕入先から大量調達に成功した。販売価格は去年とほとんど変わらない。予約数は前年比10%を超える増加となっている。今年の土用の丑の日は土曜日であることから、大きなウナギを家族でシェアして欲しいとしている。町のウナギ店でも準備が進んでいるが、価格が前年比50%近くも高騰している厳しい状態だという。原因は稚魚となるシラスウナギの漁獲量が30%以上も減ったため。卸売価格は1キロ5040円と前年比20%以上も上がっている。取材した店ではタレの原料や持ち帰り用の容器などの価格が上がったことを受けて、1割ほどの値上げに踏み切った。持ち帰り専門店のため、消費者が出歩けるようになった現在の状況でさらなる値上げは難しいという。


「ワールドビジネスサテライト」で紹介されたグルメ情報

ウナギ

きょうイオンは「土用の丑の日」に向けた戦略を発表し、店内にはウナギの特設コーナーが設置された。複数人でシェアできる特大サイズの蒲焼を過去最大の5万尾分用意し、白焼の在庫を前年比5倍に増やす。去年のうちに全量買い取りを確約し、仕入先から大量調達に成功した。販売価格は去年とほとんど変わらない。予約数は前年比10%を超える増加となっている。今年の土用の丑の日は土曜日であることから、大きなウナギを家族でシェアして欲しいとしている。町のウナギ店でも準備が進んでいるが、価格が前年比50%近くも高騰している厳しい状態だという。原因は稚魚となるシラスウナギの漁獲量が30%以上も減ったため。卸売価格は1キロ5040円と前年比20%以上も上がっている。取材した店ではタレの原料や持ち帰り用の容器などの価格が上がったことを受けて、1割ほどの値上げに踏み切った。持ち帰り専門店のため、消費者が出歩けるようになった現在の状況でさらなる値上げは難しいという。

群馬県前橋市で新たなウナギの養殖が始まっている。手掛けるジースリーの本業は太陽光発電所の建設やメンテナンス。太陽光で発電した電気を活用し、地下水を温めることでウナギに生育に必要な温度を保つ。発電して余った電池は蓄電池にすることで、太陽光発電だけで必要な電力を賄い、二酸化炭素の排出はゼロ。ウナギの養殖には月間140〜150万円の電気代がかかるが、この方法だと10万円くらいで済むという。8月には加工する工場も完成する予定で、低価格で提供できるウナギを目指す。


「ワールドビジネスサテライト」で紹介されたグルメ情報

特上弁当

きょうイオンは「土用の丑の日」に向けた戦略を発表し、店内にはウナギの特設コーナーが設置された。複数人でシェアできる特大サイズの蒲焼を過去最大の5万尾分用意し、白焼の在庫を前年比5倍に増やす。去年のうちに全量買い取りを確約し、仕入先から大量調達に成功した。販売価格は去年とほとんど変わらない。予約数は前年比10%を超える増加となっている。今年の土用の丑の日は土曜日であることから、大きなウナギを家族でシェアして欲しいとしている。町のウナギ店でも準備が進んでいるが、価格が前年比50%近くも高騰している厳しい状態だという。原因は稚魚となるシラスウナギの漁獲量が30%以上も減ったため。卸売価格は1キロ5040円と前年比20%以上も上がっている。取材した店ではタレの原料や持ち帰り用の容器などの価格が上がったことを受けて、1割ほどの値上げに踏み切った。持ち帰り専門店のため、消費者が出歩けるようになった現在の状況でさらなる値上げは難しいという。


「ワールドビジネスサテライト」で紹介されたグルメ情報

ポテトチップス うすしお味

カルビーはスナック菓子など148品目を値上げすると発表した。カルビーはスナック菓子やシリアル食品を10〜20%程度順次引き上げをする。ポテトチップス うすしお味やじゃがりこ サラダはそれぞれ15円ほど値上がりする見込みである。値上げが業績改善につながるとの見方が広がりカルビーの株価は3.7%上昇した。この他森永乳業など多くの食品メーカーが値を上げている。


「ワールドビジネスサテライト」で紹介されたグルメ情報

じゃがりこ サラダ

カルビーはスナック菓子など148品目を値上げすると発表した。カルビーはスナック菓子やシリアル食品を10〜20%程度順次引き上げをする。ポテトチップス うすしお味やじゃがりこ サラダはそれぞれ15円ほど値上がりする見込みである。値上げが業績改善につながるとの見方が広がりカルビーの株価は3.7%上昇した。この他森永乳業など多くの食品メーカーが値を上げている。


「ワールドビジネスサテライト」で紹介されたグルメ情報

粥粥好日

味の素は今日三井物産と共同で開発したZ世代向けのカップ型おかゆ「粥粥好日」を発売した。Z世代の特徴として決まった時間に食事せず食事にかける時間も短い傾向があるとしていて栄養が偏らないで気軽に食べられるお粥に注目したという。三井物産のSNSデータを活用しZ世代の食習慣を分析したという。味の素の社員は「若年層にとっての日常食として浸透させていきたい」などと話した。


2022年05月 2022年06月 
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介されたすべての情報
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介された音楽・CD
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介された映画・DVD
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介されたグルメ情報
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介された料理レシピ
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介された観光・地域情報
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介されたイベント情報
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する

  • ※「価格com テレビ紹介情報」は株式会社ワイヤーアクションが提供するTV放送ログを掲載しています。