テレビ紹介情報

「ワールドビジネスサテライト」で紹介された情報

「ワールドビジネスサテライト」で紹介されたグルメ情報 ( 699 / 699 ページ )

「ワールドビジネスサテライト」で紹介されたグルメ情報

ノメルズ ハードレモネード

日本コカ・コーラは今日新たなアルコールブランドのノメルズ ハードレモネードを発表した。レモネードに炭酸を加えてスピリッツで割ったアルコール飲料。定番の甘酸っぱいレモネードの味とレモンの酸味が強いタイプ、ほろ苦いタイプの三種がラインナップされている。レモン系のアルコール飲料はさっぱりしていて食事にあうなどの理由で人気に。各社様々な商品をだし、市場が伸びている。日本コカ・コーラでは三年半前に発売した檸檬堂が人気となっているが、同じレモン系アルコール飲料を投入した理由には檸檬堂は普段からお酒を飲む30〜40代むけだが、ノメルズは20代〜30代に向けた果汁感が強く飲みやすい設計になっているという。


「ワールドビジネスサテライト」で紹介されたグルメ情報

檸檬堂

日本コカ・コーラは今日新たなアルコールブランドのノメルズ ハードレモネードを発表した。レモネードに炭酸を加えてスピリッツで割ったアルコール飲料。定番の甘酸っぱいレモネードの味とレモンの酸味が強いタイプ、ほろ苦いタイプの三種がラインナップされている。レモン系のアルコール飲料はさっぱりしていて食事にあうなどの理由で人気に。各社様々な商品をだし、市場が伸びている。日本コカ・コーラでは三年半前に発売した檸檬堂が人気となっているが、同じレモン系アルコール飲料を投入した理由には檸檬堂は普段からお酒を飲む30〜40代むけだが、ノメルズは20代〜30代に向けた果汁感が強く飲みやすい設計になっているという。


「ワールドビジネスサテライト」で紹介されたグルメ情報

平日限定 プレミアム焼肉ランチ

今日発表された4月の毎月勤労統計調査では基本給や残業代をあわせた給与の総額が2ヵ月連続で上昇するなど会社員の懐事情にも改善傾向が見られる。人気を集めているのは焼肉店。平日限定 プレミアム焼肉ランチを紹介。プレミアムカルビの運営会社は「業務スーパー」を展開する神戸物産。プレミアムカルビは来年度中に24店舗の出店予定という。


「ワールドビジネスサテライト」で紹介されたグルメ情報

炭焼きやわらかランチステーキ

アメリカ産牛バラ肉が去年10月時点と比べ仕入れ価格で2倍、店頭価格で1.5倍になっている。現在、アメリカ産やオーストラリア産の牛肉は仕入れが難しい状況になっている。アメリカ産牛肉の卸価格は6割以上で今年に入り値上がりしている。アメリカの景気回復により消費が増えたことや食肉加工工場で働く人が確保しづらくなっている事が要員。もう1つ中国での需要の急増で5年間で4.5倍に増加し、今年に入ってからも17%増加している。全国で約130店舗展開しているブロンコビリーは値上がりするオーストラリア産牛肉の仕入れ価格が1年前と比べ20%高くなる見込みがあることから産地の変更を検討している。梅雨国に寄る輸入拡大は注視が必要だと専門家は見ている。中国は穀物などの輸入を一気に増やし国際市況に影響を与えている。貿易統計でも大豆の輸入が12%増えている。背景には米中貿易協定で中国が農産品などの輸入を2年間で約22兆円増やすことで合意していた。


「ワールドビジネスサテライト」で紹介されたグルメ情報

バターミルクフライドチキンバーガーオリジナル

ラッキーロッキーチキン は先月29日のオープン以来連日ピークには一時間待ちが続く人気店。店の売りはバターミルクフライドチキン。バターミルクとヨーグルトのソースに一晩つけた鳥の胸肉に、12種類のスパイスをつけてバーガーにしたものを売った。ロイヤルホストなどを展開するロイヤルホールディングスは初めてファーストフードに挑戦した。なぜバーガーなのか?については中食の領域に必要なものにしようと考え、店舗での工程もシンプルなので参入がしやすかったという。そのために今バーガー専門店が続出している。松屋もご飯を使った米バーガーを販売。鳥貴族もこの夏に参入を予定するなどのバーガー市場は群雄割拠の時代に突入した。ロイヤルホールディングスが今回鶏肉に特化したわけは他の食肉よりも低脂肪、高タンパクで価格も安定して、飼育期間も短くCO2の排出量も少なくこれからの時代には鶏肉は良いという。ラッキーロッキーチキンは年内に最大10店舗を出店しフランチャイズ化も視野に入れているという。


「ワールドビジネスサテライト」で紹介されたグルメ情報

バターミルクフライドチキン

ラッキーロッキーチキン は先月29日のオープン以来連日ピークには一時間待ちが続く人気店。店の売りはバターミルクフライドチキン。バターミルクとヨーグルトのソースに一晩つけた鳥の胸肉に、12種類のスパイスをつけてバーガーにしたものを売った。ロイヤルホストなどを展開するロイヤルホールディングスは初めてファーストフードに挑戦した。なぜバーガーなのか?については中食の領域に必要なものにしようと考え、店舗での工程もシンプルなので参入がしやすかったという。そのために今バーガー専門店が続出している。松屋もご飯を使った米バーガーを販売。鳥貴族もこの夏に参入を予定するなどのバーガー市場は群雄割拠の時代に突入した。ロイヤルホールディングスが今回鶏肉に特化したわけは他の食肉よりも低脂肪、高タンパクで価格も安定して、飼育期間も短くCO2の排出量も少なくこれからの時代には鶏肉は良いという。ラッキーロッキーチキンは年内に最大10店舗を出店しフランチャイズ化も視野に入れているという。


「ワールドビジネスサテライト」で紹介されたグルメ情報

COBITSU

マスの紹介。炊いたご飯をすぐに冷凍し食べたい時にマスのまま電子レンジにいれ温めるだけでいいという。マスに使われているヒノキは炊いたご飯から出た蒸気を吸湿する。時間がたつとご飯に水分を放湿する。ご飯を温めると余分な蒸気がマスから逃げ出す構造になっているため炊きたてのようなご飯に戻るという。このマスを作ったのは岐阜県の升メーカーである。COBITSUは今年10月頃オンラインショップを中心に販売する計画だという。


「ワールドビジネスサテライト」で紹介されたグルメ情報

金澤棒鮨 極のどぐろ

3位はきりしまロール〜勝KATSU(とんかつ きりしま)。3種類の味がある、地元で人気のとんかつ専門店が作ったお弁当。2位は三ツ星若狭牛ステーキ丼(越前三國湊屋)。流通年間約700頭の若狭牛がたっぷり乗ったステーキ丼。1位は金澤棒鮨 極のどぐろ(利吉商店)。高級魚のどぐろを炙って棒鮨に仕上げ、最後に金箔をかけた商品。


「ワールドビジネスサテライト」で紹介されたグルメ情報

三ツ星若狭牛ステーキ丼

3位はきりしまロール〜勝KATSU(とんかつ きりしま)。3種類の味がある、地元で人気のとんかつ専門店が作ったお弁当。2位は三ツ星若狭牛ステーキ丼(越前三國湊屋)。流通年間約700頭の若狭牛がたっぷり乗ったステーキ丼。1位は金澤棒鮨 極のどぐろ(利吉商店)。高級魚のどぐろを炙って棒鮨に仕上げ、最後に金箔をかけた商品。


「ワールドビジネスサテライト」で紹介されたグルメ情報

きりしまロール〜勝KATSU

3位はきりしまロール〜勝KATSU(とんかつ きりしま)。3種類の味がある、地元で人気のとんかつ専門店が作ったお弁当。2位は三ツ星若狭牛ステーキ丼(越前三國湊屋)。流通年間約700頭の若狭牛がたっぷり乗ったステーキ丼。1位は金澤棒鮨 極のどぐろ(利吉商店)。高級魚のどぐろを炙って棒鮨に仕上げ、最後に金箔をかけた商品。


2021年05月 2021年06月 
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介されたすべての情報
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介された音楽・CD
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介された映画・DVD
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介されたグルメ情報
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介された料理レシピ
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介された観光・地域情報
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介されたイベント情報
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する

  • ※「価格com テレビ紹介情報」は株式会社ワイヤーアクションが提供するTV放送ログを掲載しています。