テレビ紹介情報

「ワールドビジネスサテライト」で紹介された情報

「ワールドビジネスサテライト」で紹介された映画・DVD ( 111 / 111 ページ )

「ワールドビジネスサテライト」で紹介された映画・DVD

男はつらいよ

6位から「骨董倶楽部/昭和なつかし館」、「飛騨高山レトロミュージアム」、「葛飾柴又寅さん記念館」、「門司港レトロ」となっている。葛飾区にある寅さん記念館では「男はつらいよ」に登場するくるまやのセットが見られるが、松竹大船撮影所で使われていたものを移設した。また、主演の渥美清が着用していた衣装も展示されている。現在、来場者数は若者を取り込み、コロナ前の6割程度にまで戻っているという。


「ワールドビジネスサテライト」で紹介された映画・DVD

橋本純一氏

みずほ銀行の社員は与党の勝利を前提としながら岸田政権はマーケットに優しくないという思惑が先行し与党が大勝してもマーケットが好感するとは限らないと指摘した。また「株安債権安円安トリプル安は今までの政策が続くとそうなる可能性がある」などと話した。岡三証券の社員は「新しい資本主義を起動するためには財政政策を積極財政に変えていかなければならない」などと話した。


「ワールドビジネスサテライト」で紹介された映画・DVD

福島弦代表

コロナ禍をきっかけに、場所にとらわれない働き方が広がるなか、都会と地方、2つの拠点で生活を送るスタイルが注目を集めている。長野県・白樺湖の目の前にスタートアップ企業サヌが手掛ける別荘「白樺湖1st」がある。毎月5万5000円の定額で別荘を自由に使用でき、現在国内5か所に別荘があり、そのどれもが利用できる。利用希望者が多いため急ピッチで新たな施設のオープンを進めている。山梨県・河口湖「河口湖1st」も先週オープしたばかり。都内からきた利用者は、何でも揃っていて月に2回利用していると話した。サヌは予約をアプリで完結したり、建物のデザインを統一するなどして利用料金を抑えているという。サヌの福島弦代表は、2年後に20拠点200棟を計画している、と話した。


「ワールドビジネスサテライト」で紹介された映画・DVD

浅井雄一郎CEO

新宿にある八百屋「新宿八百屋」ではキウイなど輸入果物の価格が上がっているという。円安や資源高などのリスクの中、国産が安定した価格で供給するために注目されている。三重県玉城町の浅井農園ではキウイの栽培を2年ほど前から栽培している。キウイ販売大手ゼスプリ社と業務提携して取り入れたニュージーランド式の栽培法で、今年と来年分を同時に栽培しより多くの収穫を見込む。浅井農園では国産化に商機を見出していて、浅井CEOは、アボカドなど輸入に頼っているものを国産に代替していく戦略をとって持続可能な農業の形をつくっていくことが大事だ、と話した。


「ワールドビジネスサテライト」で紹介された映画・DVD

廣田廣史さん

新宿にある八百屋「新宿八百屋」ではキウイなど輸入果物の価格が上がっているという。円安や資源高などのリスクの中、国産が安定した価格で供給するために注目されている。三重県玉城町の浅井農園ではキウイの栽培を2年ほど前から栽培している。キウイ販売大手ゼスプリ社と業務提携して取り入れたニュージーランド式の栽培法で、今年と来年分を同時に栽培しより多くの収穫を見込む。浅井農園では国産化に商機を見出していて、浅井CEOは、アボカドなど輸入に頼っているものを国産に代替していく戦略をとって持続可能な農業の形をつくっていくことが大事だ、と話した。


「ワールドビジネスサテライト」で紹介された映画・DVD

ミクロの決死圏

川崎市にあるナノ医療イノベーションセンターには企業や大学の10以上の研究機関が入居している。その1つが脳疾患の薬に関する研究を進めるブレイゾン・セラピューティクス。治療薬をナノ粒子の小さいカプセルに包み脳に届ける技術を実用化しようとしているという。現在は脳の疾患にあった様々なナノ粒子の製造方法の検証や動物実験を実施しており数年以内には臨床試験を開始したいという。そして同じきょうナノ医療イノベーションセンター内に新たに共同オフィス・実験室がオープンした。さらにスタートアップを支援するために発表されたのがアメリカのバイオラボとの提携。バイオラボはこれまで230以上の企業の経営支援を行っており、今後は海外企業との橋渡しなどで日本のスタートアップをサポートしていく方針だという。

ナノ医療が可能にする未来について、将来はナノ粒子を使って体内を巡回して予兆を発見し即治療することが出来るかもしれないという。滝田氏は「研究しているだけではダメでビジネスと上手く循環をしていかなければならない。そこがポイント」と話した。


「ワールドビジネスサテライト」で紹介された映画・DVD

長谷川卓也さん

水素エンジン車が一般に発売される目処は立っていないが、トヨタ自動車は一般車に水素エンジンを搭載した試作車を公開した。車の底の部分に水素タンクを積んでおり、今までタンクを設置していた後部座席から移動したことで車内のスペースが広くなった。身近な4人乗りの車にすることでエンジンを残したまま脱炭素社会を目指せることを印象付けることを目的にしている。使われている水素の種類はグリーン水素。水素は生産プロセスによって色分けされており、太陽光など再生可能エネルギー由来ならグリーン、石炭など二酸化炭素を排出するものはブルーやグレーになっている。最もクリーンなグリーン水素は発電コストが高いのが課題だったが、再生可能エネルギーの価格が海外で下がる一方で天然ガスなどの価格はウクライナ侵攻により、約3倍に高騰しているため、実用化に期待が高まっている。専門家は大規模な太陽光発電所を持っている国だったらkWhあたり2円くらいにまで下がっており、2円のグリーン水素は天然ガスからつくる水素に対抗できる値段であると語った。グリーン水素の利活用を勧める動きは各地で拡大しており、山梨県のオギノ向町店では水素ガスの燃料タンクを設置している。このタンクは太陽光で発電し、水を電気分解して製造した水素を充填している。照明や空調など電力の一部を水素を使って発電している。家庭メーカーも水素に対応できる機器の開発を進めている。リンナイは今週、100%水素を用いた家庭用瞬間給湯器を発表した。家庭用のガスの代わりに水素を燃やしてお湯を沸かす作りだ。日本と比べて水素が手に入りやすいオーストラリアなどで開発をすすめていく予定だ。リンナイの赤木社長は「2030年ごろには市場投入できるように技術を高めていきたい」とコメントしている。専門家は「いずれ再生可能エネルギーで脱炭素という社会が来たとしたら水素が一番になっていると思う。電気から水素、水素から電気に変換するデバイスがどこまで安くできるか。日本の技術でどこまで大きなコストダウンに繋げられるか、そこに期待が集まっている」と語った。政府は水素などの供給量を現在の1.5倍にすることや販売価格を3分の1にすることを掲げている。


「ワールドビジネスサテライト」で紹介された映画・DVD

赤木万之さん

水素エンジン車が一般に発売される目処は立っていないが、トヨタ自動車は一般車に水素エンジンを搭載した試作車を公開した。車の底の部分に水素タンクを積んでおり、今までタンクを設置していた後部座席から移動したことで車内のスペースが広くなった。身近な4人乗りの車にすることでエンジンを残したまま脱炭素社会を目指せることを印象付けることを目的にしている。使われている水素の種類はグリーン水素。水素は生産プロセスによって色分けされており、太陽光など再生可能エネルギー由来ならグリーン、石炭など二酸化炭素を排出するものはブルーやグレーになっている。最もクリーンなグリーン水素は発電コストが高いのが課題だったが、再生可能エネルギーの価格が海外で下がる一方で天然ガスなどの価格はウクライナ侵攻により、約3倍に高騰しているため、実用化に期待が高まっている。専門家は大規模な太陽光発電所を持っている国だったらkWhあたり2円くらいにまで下がっており、2円のグリーン水素は天然ガスからつくる水素に対抗できる値段であると語った。グリーン水素の利活用を勧める動きは各地で拡大しており、山梨県のオギノ向町店では水素ガスの燃料タンクを設置している。このタンクは太陽光で発電し、水を電気分解して製造した水素を充填している。照明や空調など電力の一部を水素を使って発電している。家庭メーカーも水素に対応できる機器の開発を進めている。リンナイは今週、100%水素を用いた家庭用瞬間給湯器を発表した。家庭用のガスの代わりに水素を燃やしてお湯を沸かす作りだ。日本と比べて水素が手に入りやすいオーストラリアなどで開発をすすめていく予定だ。リンナイの赤木社長は「2030年ごろには市場投入できるように技術を高めていきたい」とコメントしている。専門家は「いずれ再生可能エネルギーで脱炭素という社会が来たとしたら水素が一番になっていると思う。電気から水素、水素から電気に変換するデバイスがどこまで安くできるか。日本の技術でどこまで大きなコストダウンに繋げられるか、そこに期待が集まっている」と語った。政府は水素などの供給量を現在の1.5倍にすることや販売価格を3分の1にすることを掲げている。


「ワールドビジネスサテライト」で紹介された映画・DVD

渡辺貴生社長

ゴールドウイン事業戦略発表会の壇上に並ぶ服にはスパイバーのブリュード・プロテインを採用していた。ブリュード・プロテインは植物由来の人工タンパク質素材を使っている。ブリュード・プロテインは化学繊維のような質感を再現できる。この新素材を生み出したのが関山和秀さん。スパイバーの装置の中にある液体は微生物で重要な役割だという。伸縮性の遺伝子配列を設計しそれを微生物に組み込む。そうすることで微生物は同じ特徴をもったタンパク質を作ることができるという。このタンパク質からできたのがブリュード・プロテインの繊維である。また特徴の違う素材を自由自在に設計できるのが強みである。この新素材の原点となったのがクモの糸の研究だという。クモが作り出す糸に強さと伸縮性があることを知り人工的にクモの糸を作る挑戦が始まった。起業し試行錯誤を繰り返し人工的なクモの糸で作ったドレスを発表するなどした。しかし水などに対し縮んでしまうため遺伝子の設計を見直すことになった。その過程でクモの糸の再現にとどまらない様々な素材を生み出すことができたという。この新素材には多くの企業が注目し時価総額1000億円を超える企業に成長した。新素材を量産するためタイに工場を作り本格稼働に向け動き出している。生産能力は試験的な生産工場の約100倍であった。新素材を使った様々な商品の展開を見据えている。


「ワールドビジネスサテライト」で紹介された映画・DVD

川邊健太郎前社長

藤堂さんはヤフーに入社しアプリ開発を中心に行っている。1月にヤフーは新しい人事制度を発表した。目玉は社員の居住制限を撤廃することであった。これまでヤフーは社員の約9割がリモート業務を行っていたが午前11時までに出社できる範囲に限定されていた。しかし4月から国内であればどこでも住むことが可能になった。藤堂さんは南の島に住むのが長年の夢であったためすぐに制度を使い西表島に移住することを決めた。宿泊施設の一角を間借りすることにした。宿の設備も利用が可能で家賃は5万だという。また西表島にはほぼ全ての地域に光回線が配備されているため速度も問題ないという。仕事終わりにはダイビングをしていた。藤堂さんは「オンオフの切り替えがしっかりできる」などと話した。藤堂さんは名古屋オフィスに出社するため名古屋へ向かった。ヤフーでは新幹線や飛行機による通勤も一月15万円を上限に認めている。名古屋市の自宅には妻と子どもたちが暮らしていて家族もこの決断を後押ししてくれたという。居住の制限が撤廃されたことで拠点を移す人が増えている。ヤフー執行役員は「働き方の選択肢を増やすことで生産性やモチベーションの向上につながる」などと話した。ヤフーではリモートワークも働き方の1つの形態に過ぎないとしている。


2022年05月 2022年06月 
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介されたすべての情報
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介された音楽・CD
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介された映画・DVD
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介されたグルメ情報
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介された料理レシピ
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介された観光・地域情報
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介されたイベント情報
  • 「ワールドビジネスサテライト」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する

  • ※「価格com テレビ紹介情報」は株式会社ワイヤーアクションが提供するTV放送ログを掲載しています。