テレビ紹介情報

「青春高校 3年C組」で紹介された情報

「青春高校 3年C組」で紹介されたイベント情報 ( 28 / 28 ページ )

「青春高校 3年C組」で紹介されたイベント情報

ONEチャンピオンシップ

ONEチャンピオンシップ公式サポーターを務める藤原侑也のアシスタントを、女子生徒から2名決定する。まず2つ目の審査は「格闘技常識クイズ」。格闘技に関わるクイズに挑戦した。

アシスタントに選ばれたのは、前川歌音と林優奈。藤原と3人でONEチャンピオンシップを盛り上げていく。


「青春高校 3年C組」で紹介されたイベント情報

ONEチャンピオンシップ

世界的格闘技イベント「ONEチャンピオンシップ」のオフィシャルサポーターに藤原侑也が就任。先日のスポーツニュースでは、選手への取材の様子が放送されている。その様子をVTRで紹介した。「ONEチャンピオンシップ」は、世界140カ国で視聴者数26億人を持つアジア最大の格闘技イベント。藤原はサポーター就任から3日後、若松佑弥選手を取材した。身体を張った体当たり取材で特に問題ないように見えたが、実際のロケではグダグダっぷりを発揮。インタビューでは特に何も引き出せず、プロデューサーからも仕事ぶりについて「点数が付けられない」と言われてしまった。

ONEチャンピオンシップ公式サポーターを務める藤原侑也のアシスタントを、女子生徒から2名決定する。まず最初の審査は「リングサイドレポート」。藤原と共に選手の様子を30秒間レポートする。最初に日比野芽奈が挑戦したが、スパーリングをスパークリングと言い間違えるミス。続いて前川歌音が挑戦したが、言葉の選び方でミスが出てしまった。兎遊も挑戦したが、途中からハロウィンの話になってしまった。


「青春高校 3年C組」で紹介されたイベント情報

Rakuten GirlsAward 2019 AUTUMN/WINTER

「Rakuten GirlsAward 2019 AUTUMN/WINTER」に男子アイドル部と持田優奈が出演。持田は「緊張もしたけど楽しい気持ちの方が勝っていて、たくさんの人が見ている中で歩くのがすごく気持ちよかった」などと話した。


「青春高校 3年C組」で紹介されたイベント情報

Rakuten GirlsAward 2019 AUTUMN/WINTER

9月28日に幕張メッセで行われた「Rakuten GirlsAward 2019 AUTUMN/WINTER」。男子アイドル部と持田優奈が出演した。迎えた本番当日、田中柊斗のラップからパフォーマンスが始まった。パフォーマンスを終え、メンバーは「楽しかった。お客さんの反応も良かった」などと話した。持田はモデルとしてランウェイを歩いた。

Girls Awardに出演した男子アイドル部のパフォーマンスに、カズレーザーは「ダンスは良かったと思う。言うことない」などとコメント。河野紳之助は当日の出来について、「60点くらい。盛り上がってくれたお客さんもいたけど、知らない人でも全員盛り上がってくれるようになるまで100点は遠い」などと話した。


「青春高校 3年C組」で紹介されたイベント情報

Rakuten GirlsAward 2019 AUTUMN/WINTER

9月28日に幕張メッセで行われた「Rakuten GirlsAward 2019 AUTUMN/WINTER」。男子アイドル部と持田優奈が出演した。イベント3週間前、顧問であるカズレーザーからダンスレベルの低さを指摘され、男子アイドル部は夜遅くまで練習を繰り返す日々を送る。本番2日前、会場セットでのフォーメーションを最終確認した。入場はラップの得意な田中柊斗が担当することに。迎えた本番当日、メンバーは幕張メッセを下見。その頃、3万人の観客が徐々に集まった。本番20分前、田中は歌詞を最終確認した。


「青春高校 3年C組」で紹介されたイベント情報

KICK OFFライブ

飯塚悟志はKICK OFFライブについて、「単独ライブで全国ツアー中だった。みんなに負けずにコントを頑張った」などとコメントした。


「青春高校 3年C組」で紹介されたイベント情報

デビューKICKOFFライブ

デビューKICKOFFライブが終わった後、ダンス&ボーカル部「ディアフレンズ」が反省会をしていた。リキは「メンバーともっと多くの時間を共有したい」とし、わったーは「明るくメリハリのあるダンス練習を」などと話した。ディアフレンズはダンス力の向上として、CDデビューを見据えたダイエットを敢行するのが良いと目標を決めた。メンバー12人で体重合計730.9kgから、合計50kgを落とすことを決めた。


「青春高校 3年C組」で紹介されたイベント情報

デビューKICKOFFライブ

新曲、「イチャイチャしたい」で会場を盛り上げたBlue Springの西村瑠香さんは、「練習で笑顔が全然と言われてて、みんなが自分も緊張しているのにすごい励ましてくれてここで立ってやってたら気づいたら笑ってました」と話した。笑顔が溢れたKICKOFFライブから1週間後、Blue Springで反省会を開催した。西村瑠香さんはセンターをやってみて楽しかったと話した。持田優奈さんは、微笑みながら楽しかったと答えた。黒木美佑さんは、「アイドル部が一番いろんなところに出させてもらって場数踏んで、一番パフォーマンスができてなきゃいけない部活のはずなのに、トリとか大事なところを務められないのがすごい悔しい」と答えた。日比野芽奈さんは「豊洲PITのお客さんを増やすのに、外に出る機会が多かったのは私達であって、もっとお客さんを惹き付けることは可能だったはずなのに、そうでもなかったのは悔しい」と答えた。Blue Springはアイドルとして上を目指すことを誓った。


「青春高校 3年C組」で紹介されたイベント情報

KICKOFFライブ

KICKOFFライブに参戦をした小宮さんは自身が歌っている姿を見たかと言われると、「めちゃくちゃ全力でやったつもりなんですけど、見ました。直視出来ませんでした。」と答えた。ライブの映像を見返すと、負け犬のブルース以外に合唱曲を生徒と一緒に歌う小宮さんを発見したという。齋藤有沙さんは、小宮さんの歌に関して聞かれると「良かったですけど、まさか小宮さんがこんな歌を歌うとは思っていなかった」と話した。地球の音のポーズについて秋元さんから連絡が来て、あれは続けたほうがいいと話したという。月曜はダンスアイドル部、火曜は軽音部の反省会をしてきたが、今日は女子アイドル部を見ていくという。相田周二は、女子アイドル部の反省点を問われると、「女鹿椰子の表情が鬱陶しい、女鹿は良い表情なんだけどただ、女鹿なんだよな。キラキラしすぎてた」と話した。


「青春高校 3年C組」で紹介されたイベント情報

青春高校KICKOFFライブ

軽音部本格始動SP。反省会の様子を見る前に顧問の大悟に苦情があるという。青春高校KICKOFFライブの様子を公開。ライブは大成功だったが唯一の反省点は千鳥から伝授された「地球の音聞こ」というパフォーマンス。大悟は大すべりにより地球の音が聞こえたんじゃない、続けるべき、大笑いするものでもないなどとコメント。


2019年09月 2019年10月 
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  • 「青春高校 3年C組」で紹介されたすべての情報
  • 「青春高校 3年C組」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「青春高校 3年C組」で紹介された音楽・CD
  • 「青春高校 3年C組」で紹介された映画・DVD
  • 「青春高校 3年C組」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「青春高校 3年C組」で紹介されたグルメ情報
  • 「青春高校 3年C組」で紹介された料理レシピ
  • 「青春高校 3年C組」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「青春高校 3年C組」で紹介された観光・地域情報
  • 「青春高校 3年C組」で紹介されたイベント情報
  • 「青春高校 3年C組」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する