テレビ紹介情報

「ザ!世界仰天ニュース」で紹介された情報

「ザ!世界仰天ニュース 〜?192kg!おデブ男子達がまさかのイケメンに大変身SP〜」 2019年11月5日(火)放送内容「ザ!世界仰天ニュース 〜細いのに超大食い女子達…体の謎と知られざる苦悩とは!〜」 2019年11月26日(火)放送内容

「ザ!世界仰天ニュース」 2019年11月19日(火)放送内容

『ゴルフ練習場の鉄柱倒壊…あの家で寝ていた家族の真実!』
2019年11月19日(火) 21:00〜21:54 日本テレビ
【レギュラー出演】 中居正広 , 笑福亭鶴瓶 , 久野静香
【ゲスト】 堤真一 , 足立梨花 , 水田信二(和牛) , 赤楚衛二 , 横澤夏子 , 川西賢志郎(和牛)
【その他】 湯浅健吾 , 湯浅愛 , 湯浅皇希 , 村上美樹 , 渡邉直人

(オープニング)

ザ!世界仰天ニュース

CM

ザ!世界仰天ニュース

USJ

足立梨花は、コスプレをしにUSJに行ったが、洋館メイドの衣装があまりにもかぶりすぎ、パーク内で大きなトレーナーを購入して過ごすことにしたが、ボトムが売っておらず、男性用のトランクスをショートパンツのようにして着て過ごしたと話した。続いて、和牛の川西賢志郎は、高さ100mのジェットコースターの整備作業をするロケを命綱1本でやり遂げたにも関わらず、お蔵入りになったと話した。


蕁麻疹

大阪市に住む村上美樹さんは高校生だった2009年、体育教師に目をつけられて生活指導を受けていた。また、サボり癖があり、宿題は友人のノートをカラーコピーして提出するなどしていたという。そして、放課後になるとギャルに変身するという高校生活を楽しんでいた。そんな美樹さんは高校2年生の冬、持久走をしていると脚に蕁麻疹を起こした。それはすぐにおさまったが、その後もたびたび蕁麻疹が起き、足をかきむしる日々を過ごしたという。さすがにおかしいと感じた美樹さんは、病院で血液検査。医師からは、寒冷アレルギーによる蕁麻疹だと診断された。寒冷アレルギーは皮膚が急激に冷やされる事で発症するアレルギーで、症状がひどくなるとアナフィラキシーショックを引き起こし、命の危険もある。美樹さんの場合、持久走で汗をかいた後に風で脚が冷やされ、急激な温度差によって蕁麻疹を発症したとみられた。医師からは薬を処方され、冬の間は運動しないよう診断書をもらった美樹さん。しかし、今までの生活態度がとんでもない事態を招く。

寒冷アレルギーだとわかり、冬の間は外での運動は禁止だと医師から診断書を書いてもらった美樹さん。体育教師に事情を説明し、授業を休むため診断書を見せたが、今までの行いが仇となり、診断書すら信じてもらえなかったという。その結果、症状を薬で抑えながら授業に出る羽目になってしまった。現在、美樹さんは結婚して1児の母に。寒冷アレルギーの症状は落ち着いているという。美樹さんは、「今、思ったらそりゃそうだよなって。友達に言っても『私もはじめウソだと思った』と言われた」と話した。


アナフィラキシーショック

大阪市に住む村上美樹さんは高校生だった2009年、体育教師に目をつけられて生活指導を受けていた。また、サボり癖があり、宿題は友人のノートをカラーコピーして提出するなどしていたという。そして、放課後になるとギャルに変身するという高校生活を楽しんでいた。そんな美樹さんは高校2年生の冬、持久走をしていると脚に蕁麻疹を起こした。それはすぐにおさまったが、その後もたびたび蕁麻疹が起き、足をかきむしる日々を過ごしたという。さすがにおかしいと感じた美樹さんは、病院で血液検査。医師からは、寒冷アレルギーによる蕁麻疹だと診断された。寒冷アレルギーは皮膚が急激に冷やされる事で発症するアレルギーで、症状がひどくなるとアナフィラキシーショックを引き起こし、命の危険もある。美樹さんの場合、持久走で汗をかいた後に風で脚が冷やされ、急激な温度差によって蕁麻疹を発症したとみられた。医師からは薬を処方され、冬の間は運動しないよう診断書をもらった美樹さん。しかし、今までの生活態度がとんでもない事態を招く。


寒冷アレルギー

大阪市に住む村上美樹さんは高校生だった2009年、体育教師に目をつけられて生活指導を受けていた。また、サボり癖があり、宿題は友人のノートをカラーコピーして提出するなどしていたという。そして、放課後になるとギャルに変身するという高校生活を楽しんでいた。そんな美樹さんは高校2年生の冬、持久走をしていると脚に蕁麻疹を起こした。それはすぐにおさまったが、その後もたびたび蕁麻疹が起き、足をかきむしる日々を過ごしたという。さすがにおかしいと感じた美樹さんは、病院で血液検査。医師からは、寒冷アレルギーによる蕁麻疹だと診断された。寒冷アレルギーは皮膚が急激に冷やされる事で発症するアレルギーで、症状がひどくなるとアナフィラキシーショックを引き起こし、命の危険もある。美樹さんの場合、持久走で汗をかいた後に風で脚が冷やされ、急激な温度差によって蕁麻疹を発症したとみられた。医師からは薬を処方され、冬の間は運動しないよう診断書をもらった美樹さん。しかし、今までの生活態度がとんでもない事態を招く。

寒冷アレルギーだとわかり、冬の間は外での運動は禁止だと医師から診断書を書いてもらった美樹さん。体育教師に事情を説明し、授業を休むため診断書を見せたが、今までの行いが仇となり、診断書すら信じてもらえなかったという。その結果、症状を薬で抑えながら授業に出る羽目になってしまった。現在、美樹さんは結婚して1児の母に。寒冷アレルギーの症状は落ち着いているという。美樹さんは、「今、思ったらそりゃそうだよなって。友達に言っても『私もはじめウソだと思った』と言われた」と話した。


アレルギー

都内に暮らすひとみさんは20歳の頃、ひどい花粉症を発症。その翌年から、腹痛や吐き気が頻繁に起きるようになった。また、倦怠感と微熱が2年間、毎日続いたという。そんなある日、友人から「同じような症状の人が食べ物アレルギーだったと本に書いてあった」という話を聞き、アレルギー検査を受けてみると、米やソバ、大豆など、多くの食べ物に陽性反応が出た。


花粉症

都内に暮らすひとみさんは20歳の頃、ひどい花粉症を発症。その翌年から、腹痛や吐き気が頻繁に起きるようになった。また、倦怠感と微熱が2年間、毎日続いたという。そんなある日、友人から「同じような症状の人が食べ物アレルギーだったと本に書いてあった」という話を聞き、アレルギー検査を受けてみると、米やソバ、大豆など、多くの食べ物に陽性反応が出た。


CM

ザ!世界仰天ニュース

アレルギー

アレルギーによって何年間も体調不良に悩まされ続けていたひとみさんは、ヒスタミン加人免疫グロブリン療法という治療を受けた。これは、人の血液の成分をもとにつくられた血液製剤を注射するもので、アレルギー症状を引き起こすヒスタミンの反応を抑えることができるという。アレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎などに行われる治療法で、ひとみさんは花粉症がひどかったため、この治療を始めた。治療法は週1回の注射を6週間続け、それを1クールとし、その後1〜2か月間隔をあけて1年間で計3〜4クール薬を投与していくというもの。こうして、治療を受けて1年以上が経ったひとみさんはアレルギー症状が出ていた食べ物すべてが食べられるようになったという。

スタジオの赤楚衛二は前回出演時、アレルギー検査を受けて、フルーツをはじめとするとんでもない数のアレルギーを持っていたことが判明。そして1年前、番組に出演していた渡邉医師のもとを訪れ、ヒスタミン加人免疫グロブリン療法を開始していた。治療に入る前、陽性だった果物でプリックテストを試すと、かつては好きだったというイチゴやスイカ、メロン、オレンジが特に大きく反応を示した。赤楚は治療を開始して2クール目、花粉症が楽になるなど治療の効果が出ている様子を見せた。そして、治療をすべて終えた今年10月、赤楚はアレルギー専門機関で渡邉医師と共に食物経口負荷試験を行った。アレルギーと確定あるいは疑われる食品を食べ、反応が表れるかをみる試験だ。今回、試すのは一番食べたがっていたイチゴ。少量から試し、最終的に合計8個分のイチゴを食べたが異常は出なかった。


花粉症

アレルギーによって何年間も体調不良に悩まされ続けていたひとみさんは、ヒスタミン加人免疫グロブリン療法という治療を受けた。これは、人の血液の成分をもとにつくられた血液製剤を注射するもので、アレルギー症状を引き起こすヒスタミンの反応を抑えることができるという。アレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎などに行われる治療法で、ひとみさんは花粉症がひどかったため、この治療を始めた。治療法は週1回の注射を6週間続け、それを1クールとし、その後1〜2か月間隔をあけて1年間で計3〜4クール薬を投与していくというもの。こうして、治療を受けて1年以上が経ったひとみさんはアレルギー症状が出ていた食べ物すべてが食べられるようになったという。

スタジオの赤楚衛二は前回出演時、アレルギー検査を受けて、フルーツをはじめとするとんでもない数のアレルギーを持っていたことが判明。そして1年前、番組に出演していた渡邉医師のもとを訪れ、ヒスタミン加人免疫グロブリン療法を開始していた。治療に入る前、陽性だった果物でプリックテストを試すと、かつては好きだったというイチゴやスイカ、メロン、オレンジが特に大きく反応を示した。赤楚は治療を開始して2クール目、花粉症が楽になるなど治療の効果が出ている様子を見せた。そして、治療をすべて終えた今年10月、赤楚はアレルギー専門機関で渡邉医師と共に食物経口負荷試験を行った。アレルギーと確定あるいは疑われる食品を食べ、反応が表れるかをみる試験だ。今回、試すのは一番食べたがっていたイチゴ。少量から試し、最終的に合計8個分のイチゴを食べたが異常は出なかった。


アレルギー性鼻炎

アレルギーによって何年間も体調不良に悩まされ続けていたひとみさんは、ヒスタミン加人免疫グロブリン療法という治療を受けた。これは、人の血液の成分をもとにつくられた血液製剤を注射するもので、アレルギー症状を引き起こすヒスタミンの反応を抑えることができるという。アレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎などに行われる治療法で、ひとみさんは花粉症がひどかったため、この治療を始めた。治療法は週1回の注射を6週間続け、それを1クールとし、その後1〜2か月間隔をあけて1年間で計3〜4クール薬を投与していくというもの。こうして、治療を受けて1年以上が経ったひとみさんはアレルギー症状が出ていた食べ物すべてが食べられるようになったという。


アトピー性皮膚炎

アレルギーによって何年間も体調不良に悩まされ続けていたひとみさんは、ヒスタミン加人免疫グロブリン療法という治療を受けた。これは、人の血液の成分をもとにつくられた血液製剤を注射するもので、アレルギー症状を引き起こすヒスタミンの反応を抑えることができるという。アレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎などに行われる治療法で、ひとみさんは花粉症がひどかったため、この治療を始めた。治療法は週1回の注射を6週間続け、それを1クールとし、その後1〜2か月間隔をあけて1年間で計3〜4クール薬を投与していくというもの。こうして、治療を受けて1年以上が経ったひとみさんはアレルギー症状が出ていた食べ物すべてが食べられるようになったという。


気管支ぜんそく

アレルギーによって何年間も体調不良に悩まされ続けていたひとみさんは、ヒスタミン加人免疫グロブリン療法という治療を受けた。これは、人の血液の成分をもとにつくられた血液製剤を注射するもので、アレルギー症状を引き起こすヒスタミンの反応を抑えることができるという。アレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎などに行われる治療法で、ひとみさんは花粉症がひどかったため、この治療を始めた。治療法は週1回の注射を6週間続け、それを1クールとし、その後1〜2か月間隔をあけて1年間で計3〜4クール薬を投与していくというもの。こうして、治療を受けて1年以上が経ったひとみさんはアレルギー症状が出ていた食べ物すべてが食べられるようになったという。


蕁麻疹

アレルギーによって何年間も体調不良に悩まされ続けていたひとみさんは、ヒスタミン加人免疫グロブリン療法という治療を受けた。これは、人の血液の成分をもとにつくられた血液製剤を注射するもので、アレルギー症状を引き起こすヒスタミンの反応を抑えることができるという。アレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎などに行われる治療法で、ひとみさんは花粉症がひどかったため、この治療を始めた。治療法は週1回の注射を6週間続け、それを1クールとし、その後1〜2か月間隔をあけて1年間で計3〜4クール薬を投与していくというもの。こうして、治療を受けて1年以上が経ったひとみさんはアレルギー症状が出ていた食べ物すべてが食べられるようになったという。


横浜市立みなと赤十字病院

スタジオの赤楚衛二は前回出演時、アレルギー検査を受けて、フルーツをはじめとするとんでもない数のアレルギーを持っていたことが判明。そして1年前、番組に出演していた渡邉医師のもとを訪れ、ヒスタミン加人免疫グロブリン療法を開始していた。治療に入る前、陽性だった果物でプリックテストを試すと、かつては好きだったというイチゴやスイカ、メロン、オレンジが特に大きく反応を示した。赤楚は治療を開始して2クール目、花粉症が楽になるなど治療の効果が出ている様子を見せた。そして、治療をすべて終えた今年10月、赤楚はアレルギー専門機関で渡邉医師と共に食物経口負荷試験を行った。アレルギーと確定あるいは疑われる食品を食べ、反応が表れるかをみる試験だ。今回、試すのは一番食べたがっていたイチゴ。少量から試し、最終的に合計8個分のイチゴを食べたが異常は出なかった。


「ザ!世界仰天ニュース」で紹介されたグルメ情報

いちご

スタジオの赤楚衛二は前回出演時、アレルギー検査を受けて、フルーツをはじめとするとんでもない数のアレルギーを持っていたことが判明。そして1年前、番組に出演していた渡邉医師のもとを訪れ、ヒスタミン加人免疫グロブリン療法を開始していた。治療に入る前、陽性だった果物でプリックテストを試すと、かつては好きだったというイチゴやスイカ、メロン、オレンジが特に大きく反応を示した。赤楚は治療を開始して2クール目、花粉症が楽になるなど治療の効果が出ている様子を見せた。そして、治療をすべて終えた今年10月、赤楚はアレルギー専門機関で渡邉医師と共に食物経口負荷試験を行った。アレルギーと確定あるいは疑われる食品を食べ、反応が表れるかをみる試験だ。今回、試すのは一番食べたがっていたイチゴ。少量から試し、最終的に合計8個分のイチゴを食べたが異常は出なかった。


CM

(提供)

CM

ザ!世界仰天ニュース

アレルギー

1年間、治療を続けてきた赤楚衛二のアレルギー検査の結果を、スタジオで発表。治療前は52種類のアレルギーがあった赤楚だが、治療後は26種類の項目で下がったことがわかった。ただし、免疫療法は3〜5年かかるため、途中で止めてしまうと元の体質に戻ってしまうという。赤楚は、いちごが食べられるようになったのが一番うれしいと話した。


「ザ!世界仰天ニュース」で紹介されたグルメ情報

いちご

1年間、治療を続けてきた赤楚衛二のアレルギー検査の結果を、スタジオで発表。治療前は52種類のアレルギーがあった赤楚だが、治療後は26種類の項目で下がったことがわかった。ただし、免疫療法は3〜5年かかるため、途中で止めてしまうと元の体質に戻ってしまうという。赤楚は、いちごが食べられるようになったのが一番うれしいと話した。


「ザ!世界仰天ニュース」で紹介された映画・DVD

決算!忠臣蔵

堤真一は、自身が出演する11月22日全国公開の映画「決算!忠臣蔵」の告知をした。


(エンディング)

「ザ!世界仰天ニュース」で紹介された音楽・CD

ME!

エンディングテーマ:テイラー・スウィフト「ME!」最新アルバム「ラヴァー」収録(ユニバーサル・ミュージック)


「ザ!世界仰天ニュース」で紹介された音楽・CD

ラヴァー

エンディングテーマ:テイラー・スウィフト「ME!」最新アルバム「ラヴァー」収録(ユニバーサル・ミュージック)


「ザ!世界仰天ニュース」で紹介された音楽・CD

ユニバーサル・ミュージック

エンディングテーマ:テイラー・スウィフト「ME!」最新アルバム「ラヴァー」収録(ユニバーサル・ミュージック)


(番組宣伝)

CM

「ザ!世界仰天ニュース 〜?192kg!おデブ男子達がまさかのイケメンに大変身SP〜」 2019年11月5日(火)放送内容「ザ!世界仰天ニュース 〜細いのに超大食い女子達…体の謎と知られざる苦悩とは!〜」 2019年11月26日(火)放送内容

2019年10月 2019年11月 2019年12月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  • 「ザ!世界仰天ニュース」で紹介されたすべての情報
  • 「ザ!世界仰天ニュース」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「ザ!世界仰天ニュース」で紹介された音楽・CD
  • 「ザ!世界仰天ニュース」で紹介された映画・DVD
  • 「ザ!世界仰天ニュース」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「ザ!世界仰天ニュース」で紹介されたグルメ情報
  • 「ザ!世界仰天ニュース」で紹介された料理レシピ
  • 「ザ!世界仰天ニュース」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「ザ!世界仰天ニュース」で紹介された観光・地域情報
  • 「ザ!世界仰天ニュース」で紹介されたイベント情報
  • 「ザ!世界仰天ニュース」で紹介された雑学・豆知識