テレビ紹介情報

「真相報道バンキシャ!」で紹介された情報

「真相報道バンキシャ!」で紹介されたイベント情報 ( 128 / 128 ページ )

「真相報道バンキシャ!」で紹介されたイベント情報

東京パラリンピック

高橋央は国内の感染状況について、密室がひとつのキーワードになっていると話した。全国で感染が起きていて、すでに国内に数千人の感染者がいるのではないかと推測した。終息までは1〜2年かかる可能性があるという。原田曜平は、置き換えられるものはインターネットに置き換えることも大事だと話した。中野信子は、労働者側が労働時間の裁量権を持っていないと話した。


「真相報道バンキシャ!」で紹介されたイベント情報

東京オリンピック

高橋央は国内の感染状況について、密室がひとつのキーワードになっていると話した。全国で感染が起きていて、すでに国内に数千人の感染者がいるのではないかと推測した。終息までは1〜2年かかる可能性があるという。原田曜平は、置き換えられるものはインターネットに置き換えることも大事だと話した。中野信子は、労働者側が労働時間の裁量権を持っていないと話した。


「真相報道バンキシャ!」で紹介されたイベント情報

雪まつり

日本国内でも新型コロナウイルスの影響が広がっている。熊本市では、くまモンも感染予防のためハイタッチや握手を封印している。日向坂46などは握手会を延期。阪神・中日は風船による応援自粛を求めた。東京マラソンでは、来日できない中国のランナーに来年の出場権を与えると発表。博多港では12隻の寄港がキャンセルになった。札幌の雪まつりも人通りがまばらだ。中国では一部の野菜加工工場が休業中で、国産野菜が値上がりするかもしれない。


「真相報道バンキシャ!」で紹介されたイベント情報

東京マラソン

日本国内でも新型コロナウイルスの影響が広がっている。熊本市では、くまモンも感染予防のためハイタッチや握手を封印している。日向坂46などは握手会を延期。阪神・中日は風船による応援自粛を求めた。東京マラソンでは、来日できない中国のランナーに来年の出場権を与えると発表。博多港では12隻の寄港がキャンセルになった。札幌の雪まつりも人通りがまばらだ。中国では一部の野菜加工工場が休業中で、国産野菜が値上がりするかもしれない。


「真相報道バンキシャ!」で紹介されたイベント情報

四大陸選手権

中国本土での死者は800人超。移動の制限された村で、マスクをドローンで届ける人も。また交通警察などによる市民の監視にもドローンが使われている。韓国で羽生結弦はマスク着用で取材に答えた。WHOはマスクが世界的に不足しているとした。シンガポールでは40人の感染が確認され、政府が健康な人はマスクをしないよう呼びかけた。タイの保健省は消毒液の作り方を紹介した。北朝鮮でも新型コロナウイルスの特集を放送。ツバルは日本を含む国や地域の一部を入国制限した。中国当局より10日ほど早く新型コロナウイルスの脅威に警鐘を鳴らしていた武漢市の眼科医は新型コロナウイルスにより死亡。当局はデマを流したとして眼科医を処分していた。


「真相報道バンキシャ!」で紹介されたイベント情報

白鵬杯

両国国技館で、13の国と地域から1100人の小中学生が参加する白鵬杯が行われた。会場には横綱白鵬の姿も。炎鵬は会場でも大人気だった。ひときわ小柄な小学5年生の元村康誠くんに密着する。

佐賀県武雄市の相撲クラブで、元村康誠くんは週3日稽古している。相撲を始めて3年。身長133センチ、体重36キロと小柄だ。得意の決まり手は足取り。幕内最軽量の炎鵬に憧れている。重さ6キロのリュックを背負って、四股踏み、アヒル歩きなどの特別メニューをこなす。去年8月、武雄市は豪雨被害を受けた。監督の経営する飲食店も浸水で一時閉店。この日、4ヶ月ぶりに子供たちが集まり、体重を増やすためにちゃんぽん麺をひたすら食べた。白鵬杯2週間前、元村くんたちは福岡の道場に出稽古へ。同じ5年生の溝上くんとの体重差は50キロ以上。元村くんは歯が立たなかった。

白鵬杯が開幕。まずは団体戦で元村くんは勝利したが、チームとしては負けてしまった。個人戦では、得意の足取りを出せず倒された。試合後、元村くんは憧れの炎鵬の下へ。炎鵬は、負けた悔しさが自分の原点だと話し、アドバイスをした。

夏目三久は、子供たちはみんなキラキラした目で相撲を取っていたと話した。古市憲寿は、体に負担をかけずに強くなる手法が今後増えるといいと話した。


「真相報道バンキシャ!」で紹介されたイベント情報

東京五輪

明日の全国の気象情報を伝えた。関東では積雪によって、交通障害などに警戒が必要。為末大は昨今の気候変動が東京五輪、冬季の五輪にも影響するのではと懸念していた。


「真相報道バンキシャ!」で紹介されたイベント情報

初場所

初場所で初優勝を飾った徳勝龍は1敗をキープして勝ち星を重ねていた時、優勝を意識していたと明かした。優勝パレードでは初場所中に急死した大学時代の恩師の遺影を片手に持っていた。


「真相報道バンキシャ!」で紹介されたイベント情報

大相撲初場所

幕尻から初優勝を飾った徳勝龍について、為末大は「長く努力を続け、実を結ぶというストーリーが多くの人にとって大事な話だと思う。勇気づけられた人も多いのでは」と語った。対戦する力士が格上とあって、開き直りのようなものがあったのかもしれないという。


「真相報道バンキシャ!」で紹介されたイベント情報

大相撲初場所

大相撲初場所の千秋楽、平幕の徳勝龍は貴景勝に勝利し、初優勝。幕尻としては20年ぶりの快挙。

徳勝龍の母校、近畿大学で相撲部の部長を務めていた南孝之介氏は徳勝龍の大学時代の恩師にあたる伊東勝人氏について語ってくれた。同氏は8日前、国技館で徳勝龍の相撲を観戦後、急死していた。南氏は徳勝龍の取り組みから、諦めないような感じが見受けられると話す。

徳勝龍と平幕同士で優勝争いを繰り広げた正代は熊本出身で、地元の後援会会長は千秋楽の2日前から優勝パレードの準備を始めていた。また、白星のときは、後援会への寄付金と会長の自腹で花火を打ち上げて祝うのが恒例。活躍を楽しみにしている1人が正代の祖母、正代(まさよ)さんで、怪我をしないように毎日祈っているという。熊本県立熊本農業高等学校、大学相撲を経て22歳で角界入りした正代についたニックネームは”ネガティブ力士”。一方で地元愛は強く、白星を重ねれば熊本地震で傷ついた故郷の人々の元気に繋がればと話していたという。初場所への意気込みについて、正代は「応援はしても期待はしないでください」と発言。


2020年01月 2020年02月 
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介されたすべての情報
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介された音楽・CD
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介された映画・DVD
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介されたグルメ情報
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介された料理レシピ
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介された観光・地域情報
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介されたイベント情報
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する