テレビ紹介情報

「真相報道バンキシャ!」で紹介された情報

「真相報道バンキシャ!」で紹介されたグルメ情報 ( 35 / 35 ページ )

「真相報道バンキシャ!」で紹介されたグルメ情報

ちゃんぽん麺

佐賀県武雄市の相撲クラブで、元村康誠くんは週3日稽古している。相撲を始めて3年。身長133センチ、体重36キロと小柄だ。得意の決まり手は足取り。幕内最軽量の炎鵬に憧れている。重さ6キロのリュックを背負って、四股踏み、アヒル歩きなどの特別メニューをこなす。去年8月、武雄市は豪雨被害を受けた。監督の経営する飲食店も浸水で一時閉店。この日、4ヶ月ぶりに子供たちが集まり、体重を増やすためにちゃんぽん麺をひたすら食べた。白鵬杯2週間前、元村くんたちは福岡の道場に出稽古へ。同じ5年生の溝上くんとの体重差は50キロ以上。元村くんは歯が立たなかった。


「真相報道バンキシャ!」で紹介されたグルメ情報

皿うどん

アジア名シェフ大会の話題について堀切さん曰く長崎ではちゃんぽんや皿うどんが中心となり中華を披露する場は限られていると紹介。福澤朗はそれだけの喜びもひとしおだったのではとコメント。原田曜平はアジアからのインバウンドも増えているのでは県庁でも中華をだしてほしいとコメント。最後に堀切さんにおめでとうございますと福澤朗と夏目三久が述べた。


「真相報道バンキシャ!」で紹介されたグルメ情報

ちゃんぽん

アジア名シェフ大会の話題について堀切さん曰く長崎ではちゃんぽんや皿うどんが中心となり中華を披露する場は限られていると紹介。福澤朗はそれだけの喜びもひとしおだったのではとコメント。原田曜平はアジアからのインバウンドも増えているのでは県庁でも中華をだしてほしいとコメント。最後に堀切さんにおめでとうございますと福澤朗と夏目三久が述べた。


「真相報道バンキシャ!」で紹介されたグルメ情報

アオリイカ

アジア名シェフ大会の話題について堀切さん曰く長崎ではちゃんぽんや皿うどんが中心となり中華を披露する場は限られていると紹介。福澤朗はそれだけの喜びもひとしおだったのではとコメント。原田曜平はアジアからのインバウンドも増えているのでは県庁でも中華をだしてほしいとコメント。最後に堀切さんにおめでとうございますと福澤朗と夏目三久が述べた。


「真相報道バンキシャ!」で紹介されたグルメ情報

うちわエビ

アジア名シェフ大会の話題について堀切さん曰く長崎ではちゃんぽんや皿うどんが中心となり中華を披露する場は限られていると紹介。福澤朗はそれだけの喜びもひとしおだったのではとコメント。原田曜平はアジアからのインバウンドも増えているのでは県庁でも中華をだしてほしいとコメント。最後に堀切さんにおめでとうございますと福澤朗と夏目三久が述べた。


「真相報道バンキシャ!」で紹介されたグルメ情報

きつねうどん

長崎県庁にあるレストラン、シェ・デジマでは県庁職員だけでなく地元の人にも愛されている。ランチタイムにの混雑ぶりを紹介。その中には堀切章郎さんが厨房で働く様子を紹介。レストランに中華のメニューはない。しかし堀切さんは調理専門学校を卒業後に中華の道に。年期の入った中華包丁を使って調理をしている。さまざまなホテルで中華を作り国内の大会でも賞を獲得してきた。しかし長崎では本格的な腕前を発揮する場所はなく、県庁のレストランで働いている。それでもイベントで本格的な中華を披露する他地元の高校で講師を務める。同僚は、本格的な仕事を見るのはこの機会がチャンスだと語る。堀切さんは久しぶりにやっているような仕事だと思いますとコメント。この日レストランの仕事を終え、ホテルの厨房に向かう。共に長崎チームの代表として戦うシェフが集まっていた。大会では4人1組でチームのコース料理をつくり個人とチームで競う。腕利きのシェフが集まった。堀切さんはメイン料理を担当。長崎県産のアオリイカを使った料理を考える。テーマは日本の和。うまみで今回勝負する。イカを低温で揚げることで甘さを出し、味を引き立たせる。さらにもう1品を作成。迎えた大会当日、アジアの一流シェフたちも会場に到着。制限時間50分に2品を作る。繊細な包丁さばきが味を左右する。大会は1秒でもオーバーすると失格。制限時間ギリギリで完成した。長崎チームの作品を紹介。前菜は長崎名産うちわエビを使用。メインの肉料理は長崎和牛を使用。デザートでは長崎産果物を使用。メインのイカは長崎産アオリイカを使用した「アオリイカの低温調理スパイシーパウダーで」「アオリイカゲソの餅包み揚げ」と名付けた。各チームの料理も完成。料理を審査するのは本場中国の名だたる食通たち。審査結果の発表では、金賞を獲得。最高賞に継ぐ。中華に和を取り入れた発想が評価された。コース料理すべてで評価される団体賞では21チーム中最優秀賞に継ぐ最高文化特色賞を獲得。堀切さんは今後も県庁のレストランで腕を振るう。


「真相報道バンキシャ!」で紹介されたグルメ情報

いなり

長崎県庁にあるレストラン、シェ・デジマでは県庁職員だけでなく地元の人にも愛されている。ランチタイムにの混雑ぶりを紹介。その中には堀切章郎さんが厨房で働く様子を紹介。レストランに中華のメニューはない。しかし堀切さんは調理専門学校を卒業後に中華の道に。年期の入った中華包丁を使って調理をしている。さまざまなホテルで中華を作り国内の大会でも賞を獲得してきた。しかし長崎では本格的な腕前を発揮する場所はなく、県庁のレストランで働いている。それでもイベントで本格的な中華を披露する他地元の高校で講師を務める。同僚は、本格的な仕事を見るのはこの機会がチャンスだと語る。堀切さんは久しぶりにやっているような仕事だと思いますとコメント。この日レストランの仕事を終え、ホテルの厨房に向かう。共に長崎チームの代表として戦うシェフが集まっていた。大会では4人1組でチームのコース料理をつくり個人とチームで競う。腕利きのシェフが集まった。堀切さんはメイン料理を担当。長崎県産のアオリイカを使った料理を考える。テーマは日本の和。うまみで今回勝負する。イカを低温で揚げることで甘さを出し、味を引き立たせる。さらにもう1品を作成。迎えた大会当日、アジアの一流シェフたちも会場に到着。制限時間50分に2品を作る。繊細な包丁さばきが味を左右する。大会は1秒でもオーバーすると失格。制限時間ギリギリで完成した。長崎チームの作品を紹介。前菜は長崎名産うちわエビを使用。メインの肉料理は長崎和牛を使用。デザートでは長崎産果物を使用。メインのイカは長崎産アオリイカを使用した「アオリイカの低温調理スパイシーパウダーで」「アオリイカゲソの餅包み揚げ」と名付けた。各チームの料理も完成。料理を審査するのは本場中国の名だたる食通たち。審査結果の発表では、金賞を獲得。最高賞に継ぐ。中華に和を取り入れた発想が評価された。コース料理すべてで評価される団体賞では21チーム中最優秀賞に継ぐ最高文化特色賞を獲得。堀切さんは今後も県庁のレストランで腕を振るう。


「真相報道バンキシャ!」で紹介されたグルメ情報

アオリイカゲソの餅包み揚げ

長崎県庁にあるレストラン、シェ・デジマでは県庁職員だけでなく地元の人にも愛されている。ランチタイムにの混雑ぶりを紹介。その中には堀切章郎さんが厨房で働く様子を紹介。レストランに中華のメニューはない。しかし堀切さんは調理専門学校を卒業後に中華の道に。年期の入った中華包丁を使って調理をしている。さまざまなホテルで中華を作り国内の大会でも賞を獲得してきた。しかし長崎では本格的な腕前を発揮する場所はなく、県庁のレストランで働いている。それでもイベントで本格的な中華を披露する他地元の高校で講師を務める。同僚は、本格的な仕事を見るのはこの機会がチャンスだと語る。堀切さんは久しぶりにやっているような仕事だと思いますとコメント。この日レストランの仕事を終え、ホテルの厨房に向かう。共に長崎チームの代表として戦うシェフが集まっていた。大会では4人1組でチームのコース料理をつくり個人とチームで競う。腕利きのシェフが集まった。堀切さんはメイン料理を担当。長崎県産のアオリイカを使った料理を考える。テーマは日本の和。うまみで今回勝負する。イカを低温で揚げることで甘さを出し、味を引き立たせる。さらにもう1品を作成。迎えた大会当日、アジアの一流シェフたちも会場に到着。制限時間50分に2品を作る。繊細な包丁さばきが味を左右する。大会は1秒でもオーバーすると失格。制限時間ギリギリで完成した。長崎チームの作品を紹介。前菜は長崎名産うちわエビを使用。メインの肉料理は長崎和牛を使用。デザートでは長崎産果物を使用。メインのイカは長崎産アオリイカを使用した「アオリイカの低温調理スパイシーパウダーで」「アオリイカゲソの餅包み揚げ」と名付けた。各チームの料理も完成。料理を審査するのは本場中国の名だたる食通たち。審査結果の発表では、金賞を獲得。最高賞に継ぐ。中華に和を取り入れた発想が評価された。コース料理すべてで評価される団体賞では21チーム中最優秀賞に継ぐ最高文化特色賞を獲得。堀切さんは今後も県庁のレストランで腕を振るう。


「真相報道バンキシャ!」で紹介されたグルメ情報

アオリイカの低温調理 スパイシーパウダーで

長崎県庁にあるレストラン、シェ・デジマでは県庁職員だけでなく地元の人にも愛されている。ランチタイムにの混雑ぶりを紹介。その中には堀切章郎さんが厨房で働く様子を紹介。レストランに中華のメニューはない。しかし堀切さんは調理専門学校を卒業後に中華の道に。年期の入った中華包丁を使って調理をしている。さまざまなホテルで中華を作り国内の大会でも賞を獲得してきた。しかし長崎では本格的な腕前を発揮する場所はなく、県庁のレストランで働いている。それでもイベントで本格的な中華を披露する他地元の高校で講師を務める。同僚は、本格的な仕事を見るのはこの機会がチャンスだと語る。堀切さんは久しぶりにやっているような仕事だと思いますとコメント。この日レストランの仕事を終え、ホテルの厨房に向かう。共に長崎チームの代表として戦うシェフが集まっていた。大会では4人1組でチームのコース料理をつくり個人とチームで競う。腕利きのシェフが集まった。堀切さんはメイン料理を担当。長崎県産のアオリイカを使った料理を考える。テーマは日本の和。うまみで今回勝負する。イカを低温で揚げることで甘さを出し、味を引き立たせる。さらにもう1品を作成。迎えた大会当日、アジアの一流シェフたちも会場に到着。制限時間50分に2品を作る。繊細な包丁さばきが味を左右する。大会は1秒でもオーバーすると失格。制限時間ギリギリで完成した。長崎チームの作品を紹介。前菜は長崎名産うちわエビを使用。メインの肉料理は長崎和牛を使用。デザートでは長崎産果物を使用。メインのイカは長崎産アオリイカを使用した「アオリイカの低温調理スパイシーパウダーで」「アオリイカゲソの餅包み揚げ」と名付けた。各チームの料理も完成。料理を審査するのは本場中国の名だたる食通たち。審査結果の発表では、金賞を獲得。最高賞に継ぐ。中華に和を取り入れた発想が評価された。コース料理すべてで評価される団体賞では21チーム中最優秀賞に継ぐ最高文化特色賞を獲得。堀切さんは今後も県庁のレストランで腕を振るう。


「真相報道バンキシャ!」で紹介されたグルメ情報

ロースカツ

長崎県庁にあるレストラン、シェ・デジマでは県庁職員だけでなく地元の人にも愛されている。ランチタイムにの混雑ぶりを紹介。その中には堀切章郎さんが厨房で働く様子を紹介。レストランに中華のメニューはない。しかし堀切さんは調理専門学校を卒業後に中華の道に。年期の入った中華包丁を使って調理をしている。さまざまなホテルで中華を作り国内の大会でも賞を獲得してきた。しかし長崎では本格的な腕前を発揮する場所はなく、県庁のレストランで働いている。それでもイベントで本格的な中華を披露する他地元の高校で講師を務める。同僚は、本格的な仕事を見るのはこの機会がチャンスだと語る。堀切さんは久しぶりにやっているような仕事だと思いますとコメント。この日レストランの仕事を終え、ホテルの厨房に向かう。共に長崎チームの代表として戦うシェフが集まっていた。大会では4人1組でチームのコース料理をつくり個人とチームで競う。腕利きのシェフが集まった。堀切さんはメイン料理を担当。長崎県産のアオリイカを使った料理を考える。テーマは日本の和。うまみで今回勝負する。イカを低温で揚げることで甘さを出し、味を引き立たせる。さらにもう1品を作成。迎えた大会当日、アジアの一流シェフたちも会場に到着。制限時間50分に2品を作る。繊細な包丁さばきが味を左右する。大会は1秒でもオーバーすると失格。制限時間ギリギリで完成した。長崎チームの作品を紹介。前菜は長崎名産うちわエビを使用。メインの肉料理は長崎和牛を使用。デザートでは長崎産果物を使用。メインのイカは長崎産アオリイカを使用した「アオリイカの低温調理スパイシーパウダーで」「アオリイカゲソの餅包み揚げ」と名付けた。各チームの料理も完成。料理を審査するのは本場中国の名だたる食通たち。審査結果の発表では、金賞を獲得。最高賞に継ぐ。中華に和を取り入れた発想が評価された。コース料理すべてで評価される団体賞では21チーム中最優秀賞に継ぐ最高文化特色賞を獲得。堀切さんは今後も県庁のレストランで腕を振るう。


2020年01月 2020年02月 
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介されたすべての情報
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介された音楽・CD
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介された映画・DVD
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介されたグルメ情報
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介された料理レシピ
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介された観光・地域情報
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介されたイベント情報
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する