テレビ紹介情報

「真相報道バンキシャ!」で紹介された情報

「真相報道バンキシャ!」で紹介されたレストラン・飲食店 ( 17 / 17 ページ )

「真相報道バンキシャ!」で紹介されたレストラン・飲食店

らーめん華

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、東京マラソンを主催する東京マラソン財団は約3万8千人が参加する一般ランナーの出場を取りやめると発表した。3月5日から行われる女子ゴルグの開幕戦は無観客試合となることが決まった。サンリオピューロランドは3月12日まで休館を決めた。イベントを中止するのか開催するのか難しい選択が迫られている。北海道・壮瞥町では第32回昭和新山国際雪合戦大会がきのう・きょうと開催される予定だったが、北海道の各地で新型コロナウイルスの感染者が確認されたことから大会2日前に中止が決まった。雪不足の今年はトラック25台分の雪を運び込むなど1年かけて様々な準備をしてきたという。多くの客を見込んでいた会場近くのラーメン店も出前が一杯出ただけとなってしまった。


「真相報道バンキシャ!」で紹介されたレストラン・飲食店

日本国内でも新型コロナウイルスの影響が広がっている。熊本市では、くまモンも感染予防のためハイタッチや握手を封印している。日向坂46などは握手会を延期。阪神・中日は風船による応援自粛を求めた。東京マラソンでは、来日できない中国のランナーに来年の出場権を与えると発表。博多港では12隻の寄港がキャンセルになった。札幌の雪まつりも人通りがまばらだ。中国では一部の野菜加工工場が休業中で、国産野菜が値上がりするかもしれない。

 (レストラン(その他)、甘味処)

「真相報道バンキシャ!」で紹介されたレストラン・飲食店

がんの経験は家族との関係を見つめ直すキッカケにもなった。手術から約1カ月、宮本亜門は父・亮祐さんの希望で、宮本家にゆかりのある香川を訪れた。実は不仲だったという宮本親子。亜門は、「父は僕の見舞いに来たとき泣いていた。僕のことをいつまでも、息子として愛してくれているんだと思った」などと話した。

 (うどん、天ぷら・揚げ物(その他))

「真相報道バンキシャ!」で紹介されたレストラン・飲食店

バンキシャはきのう、春風亭昇太の地元、静岡市清水区を訪れた。昇太が幼少期から通う焼き鳥店などを紹介。昇太は19歳で学生落語の名人と呼ばれ、2006年に笑点大喜利レギュラーに抜擢。結婚できないネタで人気者になった。一方、プライベートは充実し、趣味は各地の城めぐり。独身生活を謳歌してきた。ことあるごとに結婚願望を語っていた。4年前のバンキシャ大喜利で、バンキシャは昇太が結婚した場合の優先取材券を獲得していた。

 (焼鳥、居酒屋、もつ料理)

「真相報道バンキシャ!」で紹介されたレストラン・飲食店

コースト ツー コースト

一昨日、都内のスポーツカフェではバスケファンがNBAドラフトを見守っていた。発表から1時間半ほどで号外が完成し、都内では2000部配布された。アメリカでは大学のバスケも人気なため、八村選手は既に知られた存在となっている。八村選手がバスケを始めたのは8年前で、入部当時は嫌々バスケをしていたという。中学3になると全国大会で準優勝に導いた。八村選手に「NBAに行くんだ」と言っていた中学時代の坂本穣治コーチは「感無量だ。」などと話した。両腕の長さは通常は身長と同じくらいと言われるが、八村選手の両腕は身長より15cm長い2m18cmで、バスケではより有利だという。八村選手は男子バスケ界を盛り上げる起爆剤になると期待されている。


「真相報道バンキシャ!」で紹介されたレストラン・飲食店

ロシア料理 スンガリー

40代の主婦・水野友美さんは、インスタグラムに写真を投稿することにハマっている。この日は新宿区のロシア料理でボルシチやロールキャベツの写真を撮っていた。水野さんがインスタグラムにハマった理由の1つが“手軽さ”。水野さんは、パソコンに疎い私達世代でも使いやすくなっていると思うと話す。水野さんが投稿したボルシチの写真には40件の「いいね!」が付いた。「いいね!」が増えるほどハマっていったという。今、40代50代の間でインスタグラム利用者が急増している。


「真相報道バンキシャ!」で紹介されたレストラン・飲食店

山勇牛一貫

月曜に発表された「令和」を書いた内閣府辞令専門職を取材。「令和」を書いた茂住さんのふるさと岐阜県飛騨市には茂住さんの文字がたくさんある。飛騨市文化交流センターには大きな作品も展示されている。


「真相報道バンキシャ!」で紹介されたレストラン・飲食店

相模原市の店ではカレーライスに星をイメージしたコーンと軌道に見立てたアスパラガスなどを添えた「リュウグウカレー」を販売するなど地元は湧いている。つるや呉服店でははやぶさ2が着陸に使った「ターゲットマーカ」をモデルに光を反射するお手玉を作った。はやぶさ2はターゲットマーカに光を当てて降下した。その光源のランプを作ったミヤタエレバムの技術責任者は「タッチダウンのときはホッとした」などとはなした 。満身創痍で帰還した初代はやぶさはタッチダウンの際に機体が損傷したと考えられている。はやぶさ2のプロジェクトマネージャ津田雄一は「すべてパーフェクトでした」などと話した。

 (居酒屋、鳥料理、カレーライス)

「真相報道バンキシャ!」で紹介されたレストラン・飲食店

アリラン食堂

1970年に日航機よど号をハイジャックして北朝鮮に亡命していた赤軍派のメンバーである容疑者は、妻らとともに焼肉店に訪れていた。このうち3人は、ヨーロッパで日本人を北朝鮮に拉致したとして国際手配されていている。


「真相報道バンキシャ!」で紹介されたレストラン・飲食店

分身ロボットカフェ

新型ロボット「OriHime-D」を活用した画期的な取り組みを密着した。都内にオープンした世界初の”分身ロボットカフェ”。ロボットを操っているのは障害などを抱え外出困難な人たちである。分身ロボット開発者・吉藤さんは”孤独に苦しむ人々を救いたい”という強い気持ちがあった。

分身ロボットを開発した吉藤さんは8年前から注目され、数々の賞を受賞してきた。吉藤さんは当時いじめなどが原因で引きこもり、3年半部屋から出られない過去がある。2年前から寝たきりの人でも働ける店を作るべく、”視線入力”でロボットを操作できる開発などを行ってきた。今年10月、吉藤さんは「分身ロボットカフェ」へ向け動き出した。ロボット操作をする外出困難な人の生の声が決断を後押しした。

カフェのスタッフとして採用された島根県松江市に住む山崎さんは、4年前までは飲食店で接客業をしていた。だが事故で頚椎損傷になり、首から下は動かせなくなった。そんな中、分身ロボットの存在を知ったという。オープン2週間前から遠隔操作の練習などが行われた。そして先月「分身ロボットカフェ」がオープンし、行列ができるほどの賑わいとなった。舞台裏では他愛もない職場での日常が生まれた。さらに客と一緒に記念撮影。10日間で約1000人を接客した。山崎さんは「孤独はなくなる」などと感じたという。黒坂さんは分身ロボットカフェを 世界中に広めていきたいとのことだ。


2020年01月 2020年02月 
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介されたすべての情報
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介された音楽・CD
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介された映画・DVD
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介されたグルメ情報
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介された料理レシピ
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介された観光・地域情報
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介されたイベント情報
  • 「真相報道バンキシャ!」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する