テレビ紹介情報

「情報ライブ ミヤネ屋」で紹介された情報

「情報ライブ ミヤネ屋」で紹介された映画・DVD ( 335 / 335 ページ )

「情報ライブ ミヤネ屋」で紹介された映画・DVD

西部警察 40th Anniversary コンプリートDVD-BOX<ファイナル エディション>

石原裕次郎さんは神戸市生まれで、52歳で亡くなったという。映画「狂った果実」で後に妻となる北原三枝さんと初共演し、初主演を務めた。裕次郎さんは、北原三枝さんの大ファンだったという。石原慎太郎さんが書いた作品でもあり、この作品に裕次郎さんを推したというエピソードもあるという。石原裕次郎さんは芸歴31年で映画出演102本、レコーディング500曲以上あるという。ドラマの太陽にほえろ!や大都会や西部警察などが紹介された。歌は橋本さんが酔うと歌うなどで、北の旅人が紹介された。石原裕次郎さんと渡哲也さんのプライベート音源が今日初CD化した。ディスク1には山中湖の別荘でのカラオケの様子など結婚披露宴で歌唱した「想い出」なども収録されている。ディスク2には渡さんが友人のスナックでカラオケを楽しんでいる音源も入っているという。石原裕次郎さんのベストヒット20もきょうから発売するという。映画、狂った果実では、演技経験がゼロなのに、石原裕次郎さんは監督に対して、ダメだしを連発していたという。そのとき先輩の北原さんは「映画というのは台本通りにセリフを言って、監督さんのおっちゃるとおりに演技するものなんですよ」と言われ、裕次郎さんは「はぁ、そうですか」と返事するも本番では言うことを聞かなかった。その結果、裕次郎さんの型破りな演技は大絶賛され映画は大ヒットし裕次郎ブームが到来した。日本映画では初の2ヶ月わたる海外ロケが敢行されたというのが「栄光への5000キロ」でヨーロッパやアフリカでロケをし制作費は当時で4億円掛かったという。太陽の季節のデビュー以降、撮影とレコーディングで連日ハードスケジュールとなり、2週間の逃亡生活をしたという。裕次郎さんは電車に飛び乗り関西へ行き、京都と神戸を転々としてたという。 伝説の刑事ドラマ、西部警察は5年間放送され、全236話で平均視聴率が20%だという。出演俳優12000人、ロケ地4500ヵ所で壊した車両、約4680台。壊した建物、320軒。封鎖した道路、45000ヵ所。使用した火薬の量4.8トン。使用したガソリン1万2000リットル。書いた始末書は45枚だという。石原裕次郎さんは妻の石原まき子さんと喧嘩した時にラブレターで謝罪をしていたという。


「情報ライブ ミヤネ屋」で紹介された映画・DVD

栄光への5000キロ

石原裕次郎さんは神戸市生まれで、52歳で亡くなったという。映画「狂った果実」で後に妻となる北原三枝さんと初共演し、初主演を務めた。裕次郎さんは、北原三枝さんの大ファンだったという。石原慎太郎さんが書いた作品でもあり、この作品に裕次郎さんを推したというエピソードもあるという。石原裕次郎さんは芸歴31年で映画出演102本、レコーディング500曲以上あるという。ドラマの太陽にほえろ!や大都会や西部警察などが紹介された。歌は橋本さんが酔うと歌うなどで、北の旅人が紹介された。石原裕次郎さんと渡哲也さんのプライベート音源が今日初CD化した。ディスク1には山中湖の別荘でのカラオケの様子など結婚披露宴で歌唱した「想い出」なども収録されている。ディスク2には渡さんが友人のスナックでカラオケを楽しんでいる音源も入っているという。石原裕次郎さんのベストヒット20もきょうから発売するという。映画、狂った果実では、演技経験がゼロなのに、石原裕次郎さんは監督に対して、ダメだしを連発していたという。そのとき先輩の北原さんは「映画というのは台本通りにセリフを言って、監督さんのおっちゃるとおりに演技するものなんですよ」と言われ、裕次郎さんは「はぁ、そうですか」と返事するも本番では言うことを聞かなかった。その結果、裕次郎さんの型破りな演技は大絶賛され映画は大ヒットし裕次郎ブームが到来した。日本映画では初の2ヶ月わたる海外ロケが敢行されたというのが「栄光への5000キロ」でヨーロッパやアフリカでロケをし制作費は当時で4億円掛かったという。太陽の季節のデビュー以降、撮影とレコーディングで連日ハードスケジュールとなり、2週間の逃亡生活をしたという。裕次郎さんは電車に飛び乗り関西へ行き、京都と神戸を転々としてたという。 伝説の刑事ドラマ、西部警察は5年間放送され、全236話で平均視聴率が20%だという。出演俳優12000人、ロケ地4500ヵ所で壊した車両、約4680台。壊した建物、320軒。封鎖した道路、45000ヵ所。使用した火薬の量4.8トン。使用したガソリン1万2000リットル。書いた始末書は45枚だという。石原裕次郎さんは妻の石原まき子さんと喧嘩した時にラブレターで謝罪をしていたという。


「情報ライブ ミヤネ屋」で紹介された映画・DVD

黒部の太陽

石原裕次郎さんは神戸市生まれで、52歳で亡くなったという。映画「狂った果実」で後に妻となる北原三枝さんと初共演し、初主演を務めた。裕次郎さんは、北原三枝さんの大ファンだったという。石原慎太郎さんが書いた作品でもあり、この作品に裕次郎さんを推したというエピソードもあるという。石原裕次郎さんは芸歴31年で映画出演102本、レコーディング500曲以上あるという。ドラマの太陽にほえろ!や大都会や西部警察などが紹介された。歌は橋本さんが酔うと歌うなどで、北の旅人が紹介された。石原裕次郎さんと渡哲也さんのプライベート音源が今日初CD化した。ディスク1には山中湖の別荘でのカラオケの様子など結婚披露宴で歌唱した「想い出」なども収録されている。ディスク2には渡さんが友人のスナックでカラオケを楽しんでいる音源も入っているという。石原裕次郎さんのベストヒット20もきょうから発売するという。映画、狂った果実では、演技経験がゼロなのに、石原裕次郎さんは監督に対して、ダメだしを連発していたという。そのとき先輩の北原さんは「映画というのは台本通りにセリフを言って、監督さんのおっちゃるとおりに演技するものなんですよ」と言われ、裕次郎さんは「はぁ、そうですか」と返事するも本番では言うことを聞かなかった。その結果、裕次郎さんの型破りな演技は大絶賛され映画は大ヒットし裕次郎ブームが到来した。日本映画では初の2ヶ月わたる海外ロケが敢行されたというのが「栄光への5000キロ」でヨーロッパやアフリカでロケをし制作費は当時で4億円掛かったという。太陽の季節のデビュー以降、撮影とレコーディングで連日ハードスケジュールとなり、2週間の逃亡生活をしたという。裕次郎さんは電車に飛び乗り関西へ行き、京都と神戸を転々としてたという。 伝説の刑事ドラマ、西部警察は5年間放送され、全236話で平均視聴率が20%だという。出演俳優12000人、ロケ地4500ヵ所で壊した車両、約4680台。壊した建物、320軒。封鎖した道路、45000ヵ所。使用した火薬の量4.8トン。使用したガソリン1万2000リットル。書いた始末書は45枚だという。石原裕次郎さんは妻の石原まき子さんと喧嘩した時にラブレターで謝罪をしていたという。


「情報ライブ ミヤネ屋」で紹介された映画・DVD

狂った果実

裕次郎さんは1934年に兵庫県神戸市に生まれた。1956年(当時21歳)に映画「太陽の季節」に初出演を果たしその2ヶ月後には映画「狂った果実」の主演に抜擢された。この時共演した妻・まき子さんが出した裕次郎さんとの日々を記した著書には当時のエピソードが写真とともに綴られている。2人は1960年に結婚し披露宴では裕次郎さんが「想い出」を歌った。その後は多いときで年間10本の映画に出演。1963年(当時28歳)には石原プロモーションを設立し自ら映画製作への道を進んだ。1979年から放送されたドラマ西部警察では激しい銃撃戦などの派手な演出で人気となり、5年で全236話、平均視聴率20%以上を記録した。歌手としても活躍し八代亜紀さんとのデュエット曲も多数ある。1978年(当時43歳)に舌がんが判明し3年後には解離性大動脈瘤となり当時成功率3%といわれた大手術の末、奇跡の生還を遂げた。その後俳優業に復帰したが1987年7月17日に52歳の若さで帰らぬ人となった。二日後に行われた葬儀では3万人を超える参列者が訪れた。今日午前に行なわれた三十三回忌法要ではまき子さんを始め甥の伸晃さんなどが墓前に手を合わせた。その後の会見では石原プロの現状と今後について「映画製作は今のところは不可能だが必要としてくれればその方たちと何かを制作したいという気持ちはみんな持っている、閉めるということではない」などと話した。

石原裕次郎さんは神戸市生まれで、52歳で亡くなったという。映画「狂った果実」で後に妻となる北原三枝さんと初共演し、初主演を務めた。裕次郎さんは、北原三枝さんの大ファンだったという。石原慎太郎さんが書いた作品でもあり、この作品に裕次郎さんを推したというエピソードもあるという。石原裕次郎さんは芸歴31年で映画出演102本、レコーディング500曲以上あるという。ドラマの太陽にほえろ!や大都会や西部警察などが紹介された。歌は橋本さんが酔うと歌うなどで、北の旅人が紹介された。石原裕次郎さんと渡哲也さんのプライベート音源が今日初CD化した。ディスク1には山中湖の別荘でのカラオケの様子など結婚披露宴で歌唱した「想い出」なども収録されている。ディスク2には渡さんが友人のスナックでカラオケを楽しんでいる音源も入っているという。石原裕次郎さんのベストヒット20もきょうから発売するという。映画、狂った果実では、演技経験がゼロなのに、石原裕次郎さんは監督に対して、ダメだしを連発していたという。そのとき先輩の北原さんは「映画というのは台本通りにセリフを言って、監督さんのおっちゃるとおりに演技するものなんですよ」と言われ、裕次郎さんは「はぁ、そうですか」と返事するも本番では言うことを聞かなかった。その結果、裕次郎さんの型破りな演技は大絶賛され映画は大ヒットし裕次郎ブームが到来した。日本映画では初の2ヶ月わたる海外ロケが敢行されたというのが「栄光への5000キロ」でヨーロッパやアフリカでロケをし制作費は当時で4億円掛かったという。太陽の季節のデビュー以降、撮影とレコーディングで連日ハードスケジュールとなり、2週間の逃亡生活をしたという。裕次郎さんは電車に飛び乗り関西へ行き、京都と神戸を転々としてたという。 伝説の刑事ドラマ、西部警察は5年間放送され、全236話で平均視聴率が20%だという。出演俳優12000人、ロケ地4500ヵ所で壊した車両、約4680台。壊した建物、320軒。封鎖した道路、45000ヵ所。使用した火薬の量4.8トン。使用したガソリン1万2000リットル。書いた始末書は45枚だという。石原裕次郎さんは妻の石原まき子さんと喧嘩した時にラブレターで謝罪をしていたという。


「情報ライブ ミヤネ屋」で紹介された映画・DVD

太陽の季節

裕次郎さんは1934年に兵庫県神戸市に生まれた。1956年(当時21歳)に映画「太陽の季節」に初出演を果たしその2ヶ月後には映画「狂った果実」の主演に抜擢された。この時共演した妻・まき子さんが出した裕次郎さんとの日々を記した著書には当時のエピソードが写真とともに綴られている。2人は1960年に結婚し披露宴では裕次郎さんが「想い出」を歌った。その後は多いときで年間10本の映画に出演。1963年(当時28歳)には石原プロモーションを設立し自ら映画製作への道を進んだ。1979年から放送されたドラマ西部警察では激しい銃撃戦などの派手な演出で人気となり、5年で全236話、平均視聴率20%以上を記録した。歌手としても活躍し八代亜紀さんとのデュエット曲も多数ある。1978年(当時43歳)に舌がんが判明し3年後には解離性大動脈瘤となり当時成功率3%といわれた大手術の末、奇跡の生還を遂げた。その後俳優業に復帰したが1987年7月17日に52歳の若さで帰らぬ人となった。二日後に行われた葬儀では3万人を超える参列者が訪れた。今日午前に行なわれた三十三回忌法要ではまき子さんを始め甥の伸晃さんなどが墓前に手を合わせた。その後の会見では石原プロの現状と今後について「映画製作は今のところは不可能だが必要としてくれればその方たちと何かを制作したいという気持ちはみんな持っている、閉めるということではない」などと話した。

石原裕次郎さんは神戸市生まれで、52歳で亡くなったという。映画「狂った果実」で後に妻となる北原三枝さんと初共演し、初主演を務めた。裕次郎さんは、北原三枝さんの大ファンだったという。石原慎太郎さんが書いた作品でもあり、この作品に裕次郎さんを推したというエピソードもあるという。石原裕次郎さんは芸歴31年で映画出演102本、レコーディング500曲以上あるという。ドラマの太陽にほえろ!や大都会や西部警察などが紹介された。歌は橋本さんが酔うと歌うなどで、北の旅人が紹介された。石原裕次郎さんと渡哲也さんのプライベート音源が今日初CD化した。ディスク1には山中湖の別荘でのカラオケの様子など結婚披露宴で歌唱した「想い出」なども収録されている。ディスク2には渡さんが友人のスナックでカラオケを楽しんでいる音源も入っているという。石原裕次郎さんのベストヒット20もきょうから発売するという。映画、狂った果実では、演技経験がゼロなのに、石原裕次郎さんは監督に対して、ダメだしを連発していたという。そのとき先輩の北原さんは「映画というのは台本通りにセリフを言って、監督さんのおっちゃるとおりに演技するものなんですよ」と言われ、裕次郎さんは「はぁ、そうですか」と返事するも本番では言うことを聞かなかった。その結果、裕次郎さんの型破りな演技は大絶賛され映画は大ヒットし裕次郎ブームが到来した。日本映画では初の2ヶ月わたる海外ロケが敢行されたというのが「栄光への5000キロ」でヨーロッパやアフリカでロケをし制作費は当時で4億円掛かったという。太陽の季節のデビュー以降、撮影とレコーディングで連日ハードスケジュールとなり、2週間の逃亡生活をしたという。裕次郎さんは電車に飛び乗り関西へ行き、京都と神戸を転々としてたという。 伝説の刑事ドラマ、西部警察は5年間放送され、全236話で平均視聴率が20%だという。出演俳優12000人、ロケ地4500ヵ所で壊した車両、約4680台。壊した建物、320軒。封鎖した道路、45000ヵ所。使用した火薬の量4.8トン。使用したガソリン1万2000リットル。書いた始末書は45枚だという。石原裕次郎さんは妻の石原まき子さんと喧嘩した時にラブレターで謝罪をしていたという。


「情報ライブ ミヤネ屋」で紹介された映画・DVD

西部警察 40th Anniversary コンプリートDVD-BOX<ファイナル エディション>

その姿と甘い歌声に誰もが心奪われ、酔いしれた。昭和の大スター・石原裕次郎さん。1987年7月17日、52歳の若さで華々しい生涯の幕を閉じた。あれから32年、きょう裕次郎さんが眠る横浜・総持寺で三十三回忌の法要が営まれた。石原プロモーションの会長のまき子婦人をはじめ、甥の石原伸晃さん、舘ひろしさんや神田正輝さんが墓前へ。まき子さんは「暑くも寒くもなく、裕さんは気の利いたことをしてくれたと喜んでいる。」などとした。その後の会見で舘さんは「年は超えたが、いまだに52歳の石原裕次郎を超えられてないのを実感した。」などとした。神田さんは「生きていたら「お前らもういいよ、ほっとけよ」と言っている気もする。それは優しさだと思う。」などとした。まき子婦人は今後の法要について「この30年を区切りに、墓業は本日で終わらせていただく。」とした。全員そろった形での法要は今回が最後。また、「スタッフが夢だった映画製作は今は不可能。」などとした。今後の石原プロモーションの行方と病気療養中の渡哲也さんからのメッセージの内容とは。


「情報ライブ ミヤネ屋」で紹介された映画・DVD

トランスポーター

公開されたアーチーくんの写真にほほえましいコメントが寄せられる一方、子育て方に批判が相次いでいる。アーチーくん出産後初の公の場では新米ママに厳しいツッコミがされ、アーチーくんのために用意した超高級ベビーグッズの品々が明らかになった。一方、先月18日、歓迎式典に出席したメルケル首相、国歌演奏中に体が小刻みに震え、9日後の官僚任命式や2週間後の歓迎式典でも震えが起き、3週間で3度異常な震えを見せていた。また、世界中で流行しているボトルキャップチャレンジ。ハリウッド俳優もキャップ開けに成功。世界の挑戦者が神業を披露する中、ボトルキャップチャレンジをきっかけにハリウッド騒然の大物同士のバトルが勃発しているという。ケンカを売ったのはジャスティン・ビーバー。


「情報ライブ ミヤネ屋」で紹介された映画・DVD

少年たち

ジャニーさんはロサンゼルス五輪、東京五輪、ロサンゼルス五輪を経験しており、来年の東京オリンピック期間中には舞台を2つ特別上演する計画をしていた。今後は滝沢秀明さんが継承していくと見られる。駒井さんによると滝沢さん自らが志願したという。出演者は「ジャニーズがすごいのは女性ファンが多いのは当然だが、僕らみたいに男性ファンも多い。」と述べた。ジャニーさんは生前、「ジャニーさんがいなくなったあともジャニーズファミリーは継続してほしいという思いはありますか」と聞かれると「続いていきます。それは断言できます」と述べ、「ジャニーさんなしでやっていけるんでしょうか?」と聞かれると「私が指示を出しているわけじゃありません。うちの子たちはみんなうまくやってくれますよ」などと述べていた。出演者らは「亡くなられてからその偉大さが余計わかる」「常に新しいことを開拓する精神がすごい」などとコメント。


「情報ライブ ミヤネ屋」で紹介された映画・DVD

恋の応援団長

高島忠夫さんがおととい老衰のため亡くなっていたことがわかった。通夜・告別式は妻・寿美花代夫人の希望できのう密葬で行われた。お別れ会の予定はなし。高島さんは1951年に新東宝スターレット第1期生として芸能界入り、翌年に映画「恋の応援団長」でデビューした。寿美花代さんとはテレビ番組で知り合い結婚、1964年に家政婦による長男殺害事件が発生、その悲劇を乗り越えて政宏さん、政伸さんが誕生。舞台やドラマの他、司会や映画解説でも活躍、料理番組「ごちそうさま」では夫人と司会を務めオシドリ夫婦として知られた。高島忠夫は糖尿病などを患い1998年には重度のうつ病を発症、パーキンソン病などの手術も行っていた。近年は表舞台に立つことはほとんどなくおととい永眠。2人の子供は追悼のコメントを発表している。

おととい亡くなった高島忠夫さんのプロフィールを紹介。60年来の盟友・宝田明は訃報は今朝知った、第一印象は明るくてジャズのセンスがあり羨ましかった、自分にはない関西の味があった、妻の寿美花代さんは献身的に病に伏す夫を支えていた、人望も厚かった、自分の世界を持っていた、そのうち行くから待っててくれと声をかけたいなどと語った。


「情報ライブ ミヤネ屋」で紹介された映画・DVD

奥野櫻子さん

SNS上では乗り越え防止機能がついた車止めが話題となっている。車が乗り越えようとすると車止めの中のろーらーが回転し、事故を防ぐことができる。現在、愛知県の刈谷市役所の高齢者優先の駐車場などに14台設置されている。ペダルの見張り番も完全な装置ではないが、東京都が9割ほど補助してくれるが、安藤さんは東京都よりも車を必要としている過疎地域などを優先に普及してほしいと話している。杉良太郎さんも免許を自主返納しており、運転免許の自主返納数も増加している。現在75歳未満は免許更新の際、高齢者講習を受ければ免許の更新ができるが、75歳以上は認知機能検査を受け結果しだいで高齢者講習を受け免許更新ができる。自動車教習所の教官は運転に必要な能力におおきな疑問がある人がいるとしていて、免許返納を強く進めている。


2019年06月 2019年07月 
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
  • 「情報ライブ ミヤネ屋」で紹介されたすべての情報
  • 「情報ライブ ミヤネ屋」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「情報ライブ ミヤネ屋」で紹介された音楽・CD
  • 「情報ライブ ミヤネ屋」で紹介された映画・DVD
  • 「情報ライブ ミヤネ屋」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「情報ライブ ミヤネ屋」で紹介されたグルメ情報
  • 「情報ライブ ミヤネ屋」で紹介された料理レシピ
  • 「情報ライブ ミヤネ屋」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「情報ライブ ミヤネ屋」で紹介された観光・地域情報
  • 「情報ライブ ミヤネ屋」で紹介されたイベント情報
  • 「情報ライブ ミヤネ屋」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する