ホーム > テレビ紹介情報 > 日本テレビ > 天才!志村どうぶつ園
テレビ紹介情報

「天才!志村どうぶつ園」で紹介された情報

「天才!志村どうぶつ園」で紹介されたすべての情報 ( 633 / 633 ページ )

「天才!志村どうぶつ園」で紹介されたイベント情報

ジャパンラグビートップリーグ


豆柴

ラファエレさんが会いたい動物がスタジオに登場。登場したのは20匹の豆柴の赤ちゃん。相葉さんが寝転がり呼びかけて寄ったのは3匹ほどだった。柴犬には赤、白、黒の他胡麻色の毛色の子がおり、全体の1%くらいしかいないという。


エキノコックス

一行は「蔵王キツネ村」へと向かった。園内にはホッキョクギツネ13匹が展示されていたり、放し飼いエリアには100匹のキツネがおり、キタキツネやギンギツネなどがいる。北海道出身のタカアンドトシ、幼い頃は「エキノコックス」が伝染るからキツネに近づくなと言われていたと話す。園内では枚一清掃・消毒などの対策を実施しており感染の心配はないと話す。そのためおそらくここだけ行われるのがキツネの抱っこ体験。専用ジャンバーなどを着て3人もキツネを抱っこした。


ギンギツネ

一行は「蔵王キツネ村」へと向かった。園内にはホッキョクギツネ13匹が展示されていたり、放し飼いエリアには100匹のキツネがおり、キタキツネやギンギツネなどがいる。北海道出身のタカアンドトシ、幼い頃は「エキノコックス」が伝染るからキツネに近づくなと言われていたと話す。園内では枚一清掃・消毒などの対策を実施しており感染の心配はないと話す。そのためおそらくここだけ行われるのがキツネの抱っこ体験。専用ジャンバーなどを着て3人もキツネを抱っこした。


キタキツネ

一行は「蔵王キツネ村」へと向かった。園内にはホッキョクギツネ13匹が展示されていたり、放し飼いエリアには100匹のキツネがおり、キタキツネやギンギツネなどがいる。北海道出身のタカアンドトシ、幼い頃は「エキノコックス」が伝染るからキツネに近づくなと言われていたと話す。園内では枚一清掃・消毒などの対策を実施しており感染の心配はないと話す。そのためおそらくここだけ行われるのがキツネの抱っこ体験。専用ジャンバーなどを着て3人もキツネを抱っこした。


アカギツネ

宮城・白石市にある「蔵王キツネ村」がSNSに「キツネのハナコが待っている」など写真と共に投稿した。すると「わんちゃんじゃないの?」などネットで疑問の声があがった。そこで横浜流星さんとタカアンドトシが向かった。駅で出迎えたキツネは「ホッキョクギツネ」という珍しい種類。名前の通り北極で暮らしており、日本での飼育は難しく日本で見れる施設は4か所のみである。風を避けるためアカギツネと比べると鼻や耳は短めとなっている。「ハナコ」は毎週水曜日に駅で出迎えイベントを行っている。


ホッキョクギツネ

宮城・白石市にある「蔵王キツネ村」がSNSに「キツネのハナコが待っている」など写真と共に投稿した。すると「わんちゃんじゃないの?」などネットで疑問の声があがった。そこで横浜流星さんとタカアンドトシが向かった。駅で出迎えたキツネは「ホッキョクギツネ」という珍しい種類。名前の通り北極で暮らしており、日本での飼育は難しく日本で見れる施設は4か所のみである。風を避けるためアカギツネと比べると鼻や耳は短めとなっている。「ハナコ」は毎週水曜日に駅で出迎えイベントを行っている。


白石蔵王駅

宮城・白石市にある「蔵王キツネ村」がSNSに「キツネのハナコが待っている」など写真と共に投稿した。すると「わんちゃんじゃないの?」などネットで疑問の声があがった。そこで横浜流星さんとタカアンドトシが向かった。駅で出迎えたキツネは「ホッキョクギツネ」という珍しい種類。名前の通り北極で暮らしており、日本での飼育は難しく日本で見れる施設は4か所のみである。風を避けるためアカギツネと比べると鼻や耳は短めとなっている。「ハナコ」は毎週水曜日に駅で出迎えイベントを行っている。

一行は「蔵王キツネ村」へと向かった。園内にはホッキョクギツネ13匹が展示されていたり、放し飼いエリアには100匹のキツネがおり、キタキツネやギンギツネなどがいる。北海道出身のタカアンドトシ、幼い頃は「エキノコックス」が伝染るからキツネに近づくなと言われていたと話す。園内では枚一清掃・消毒などの対策を実施しており感染の心配はないと話す。そのためおそらくここだけ行われるのがキツネの抱っこ体験。専用ジャンバーなどを着て3人もキツネを抱っこした。


蔵王キツネ村

宮城・白石市にある「蔵王キツネ村」がSNSに「キツネのハナコが待っている」など写真と共に投稿した。すると「わんちゃんじゃないの?」などネットで疑問の声があがった。そこで横浜流星さんとタカアンドトシが向かった。駅で出迎えたキツネは「ホッキョクギツネ」という珍しい種類。名前の通り北極で暮らしており、日本での飼育は難しく日本で見れる施設は4か所のみである。風を避けるためアカギツネと比べると鼻や耳は短めとなっている。「ハナコ」は毎週水曜日に駅で出迎えイベントを行っている。

一行は「蔵王キツネ村」へと向かった。園内にはホッキョクギツネ13匹が展示されていたり、放し飼いエリアには100匹のキツネがおり、キタキツネやギンギツネなどがいる。北海道出身のタカアンドトシ、幼い頃は「エキノコックス」が伝染るからキツネに近づくなと言われていたと話す。園内では枚一清掃・消毒などの対策を実施しており感染の心配はないと話す。そのためおそらくここだけ行われるのがキツネの抱っこ体験。専用ジャンバーなどを着て3人もキツネを抱っこした。


アカエイ

高知・室戸市にある廃校となった小学校を再利用した「むろと廃校水族館」。プールにはウミガメやサメなどが飼育されている。その水族館で暮らすエイが潮を吹くとネットニュースに掲載された。その瞬間がみれるのはエサやりの時。1匹ずつ餌を与えていると1匹のエイが水を噴き上げた。エイは4種類飼育されているが潮を吹くのはカラスエイのみ。飼育員の岩佐さんは潮を吹くのは餌をねだっているのだと思われると説明した。


2019年12月 2020年01月 
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
  • 「天才!志村どうぶつ園」で紹介されたすべての情報
  • 「天才!志村どうぶつ園」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「天才!志村どうぶつ園」で紹介された音楽・CD
  • 「天才!志村どうぶつ園」で紹介された映画・DVD
  • 「天才!志村どうぶつ園」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「天才!志村どうぶつ園」で紹介されたグルメ情報
  • 「天才!志村どうぶつ園」で紹介された料理レシピ
  • 「天才!志村どうぶつ園」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「天才!志村どうぶつ園」で紹介された観光・地域情報
  • 「天才!志村どうぶつ園」で紹介されたイベント情報
  • 「天才!志村どうぶつ園」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する