テレビ紹介情報

「所さんの目がテン!」で紹介された情報

「所さんの目がテン!」で紹介された本・コミック・雑誌 ( 11 / 11 ページ )

「所さんの目がテン!」で紹介された本・コミック・雑誌

木材の事典

村田は間伐材で炭作りに初挑戦。炭は木の成分から炭素だけ残したもの。木を燃やし、炭素が空気中の酸素と結びつかないようにする。竹をアルミホイルで包み、空気に触れないようにし、熱を加えれば、酸素と水素が水蒸気ガスとなり出ていく。


「所さんの目がテン!」で紹介された本・コミック・雑誌

酒井善史が愛媛県立長浜高校の水族館部を取材。取材日は一般公開日だったので地元住民や観光客で賑わっていた。教室や廊下など至る所に水槽があり校内全体が水族館だった。部員ひとりひとりに担当の水槽があり、掃除やエサやりなどの体調管理を行っている。海や川の生き物150種2000匹以上が飼育されている。1986年に老朽化のために街の水族館が閉館したのをきっかけに、顧問の重松先生と生徒が立ち上がり、1999年に日本初の高校内水族館「長高水族館」を創設した。今年は創設20周年となる。活動内容はドキュメント小説にもなった。

「長浜高校水族館部!」

Amazon.co.jp


「所さんの目がテン!」で紹介された本・コミック・雑誌

ガラパゴス諸島のサンタ・クルス島にある中心都市「プエルト・アヨラ」を散策。海岸にはガラパゴスウミイグアナが群れをなしてみられる、魚を売る市場にはガラパゴスアシカの親子が寝そべるなど、街のいたるところで野生の固有種がみられた。市場のある海岸は、魚の水揚げ時にペリカンが飛んでくることから「ペリカンベイ」と呼ばれる。野生動物は写真を自由に撮れるが、触ったり近づきすぎるのは禁じられている。野生の動物が人間をこわがらない様子は、ダーウィンも「ビーグル号航海記」などに著している。

「新訳 ビーグル号航海記 下」

Amazon.co.jp


「所さんの目がテン!」で紹介された本・コミック・雑誌

ビーグル号航海記

ガラパゴス諸島のサンタ・クルス島にある中心都市「プエルト・アヨラ」を散策。海岸にはガラパゴスウミイグアナが群れをなしてみられる、魚を売る市場にはガラパゴスアシカの親子が寝そべるなど、街のいたるところで野生の固有種がみられた。市場のある海岸は、魚の水揚げ時にペリカンが飛んでくることから「ペリカンベイ」と呼ばれる。野生動物は写真を自由に撮れるが、触ったり近づきすぎるのは禁じられている。野生の動物が人間をこわがらない様子は、ダーウィンも「ビーグル号航海記」などに著している。


「所さんの目がテン!」で紹介された本・コミック・雑誌

オオサンショウウオ研究者・栃本武良先生の研究について振り返った。寿命は100年以上といわれており、正確な特定には途方もない歳月がかかるという。所ジョージは、子どもへの説明は長生きのひと言で済ませばよかったのにと答えた。ちなみに「小学館の図鑑NEO」では「とても長生きです」と説明している。

「〔新版〕両生類・はちゅう類 DVDつき (小学館の図鑑 NEO)」

Amazon.co.jp


「所さんの目がテン!」で紹介された本・コミック・雑誌

ゆるキャン△

女子だけでアウトドアを楽しむ「女子キャンプ」が人気に。キャンプを題材にした漫画から人気に火がついたとみられている。1人きりで行う「女子ソロキャンプ」を後藤晴菜アナが体験した。


「所さんの目がテン!」で紹介された本・コミック・雑誌

村上海賊の娘

村上海賊の暮らしを都丸紗也華が体験。まず愛媛県今治市・村上水軍博物館を訪ね、学芸員の田中謙さんに海賊の生活を聞いた。日本の海賊は海の安全を守る活動を行い、海を領地として持ち戦国武将のようにふるまったという。体験用の衣装は、「村上海賊の娘」コミック版に似せたものを用意した。本物の海賊の服装は未解明なのだそう。


「所さんの目がテン!」で紹介された本・コミック・雑誌

村上海賊の娘

きょうは昔の生活を体験する歴史研究会シリーズの第7弾。戦国時代の「村上海賊」について調べ、生活を体験する。小説「村上海賊の娘」などでも有名。プレゼンターは前回に続き都丸紗也華。


「所さんの目がテン!」で紹介された本・コミック・雑誌

ちはやふる

福井県はかるた王国としても知られている。競技かるたの漫画「ちはやふる」でも主人公が福井県あわら市に訪れる場面がある。毎朝かるたを行っている小学校も多い。「かるた協会本部 渚会」を訪れると子どもたちがかるたに興じていた。競技かるたでは札を取った時だけでなく取られた時にもドーパミンという幸せ物質が放出されると脳科学の教授は語る。負けても幸福感を感じられるとのこと。


「所さんの目がテン!」で紹介された本・コミック・雑誌

美味しんぼ

実は京都のグルメにも秘密が。渡辺は老舗「近又」へお邪魔した。美しい先付けを堪能する。京料理とは、精進料理や懐石料理から始まったもの。様々な人の生活・食文化が合わさり出来た。しかし「特別感」があるのは何故だろうか。食育学のスペシャリスト・大谷貴美子教授が登場。まずは見た目の美しさ。「食べたい」と思わせるのは、目から入る情報が9割。大谷さんはその根拠を「美味しんぼ」で示す。美味しさを表すセリフの中で、「視覚」に関する言葉が最も多いとのこと。そして京料理といえば器。夏ならガラスの素材、空きは紅葉柄で料理を引き立てる。この視覚演出で実験してみた。


2019年10月 2019年11月 
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  • 「所さんの目がテン!」で紹介されたすべての情報
  • 「所さんの目がテン!」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「所さんの目がテン!」で紹介された音楽・CD
  • 「所さんの目がテン!」で紹介された映画・DVD
  • 「所さんの目がテン!」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「所さんの目がテン!」で紹介されたグルメ情報
  • 「所さんの目がテン!」で紹介された料理レシピ
  • 「所さんの目がテン!」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「所さんの目がテン!」で紹介された観光・地域情報
  • 「所さんの目がテン!」で紹介されたイベント情報
  • 「所さんの目がテン!」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する