テレビ紹介情報

「所さんの目がテン!」で紹介された情報

「所さんの目がテン! 〜驚きの健康効果どぶろくパワー〜」 2019年4月21日(日)放送内容「所さんの目がテン! 〜桝アナがウナギの養殖に参戦!〜」 2019年5月5日(日)放送内容

「所さんの目がテン!」 2019年4月28日(日)放送内容

『伝統技術で建物大移動』
2019年4月28日(日) 07:00〜07:30 日本テレビ
【レギュラー出演】 所ジョージ , 佐藤真知子 , 酒井善史
【その他】 吉田倬郎 , 野口昭治 , 我妻敬太

CM

(オープニング)

弘前城

重要文化財の弘前城が動く。グランドプリンスホテル赤坂旧館が大移動。宮崎県庁5号館も動いた。建物を解体せずに移動させる技術を「曳家」という。これは世界的にも話題になった。きっかけは2015年に行われた弘前城天守の大移動。老朽化した石垣を修繕するため。70m移動した。どうやって動かしているのか。職人の技術がつまった工事に密着。この技術は世界で貢献している。

弘前城は400トンある。2ヶ月かけて70m移動させた。石垣の修繕後、今から6年後くらいに、元の位置に戻す。酒井善史は曳家の現場に訪れた。


「所さんの目がテン!」で紹介されたホテル・温泉旅館「所さんの目がテン!」で紹介された観光・地域情報

グランドプリンスホテル赤坂旧館

重要文化財の弘前城が動く。グランドプリンスホテル赤坂旧館が大移動。宮崎県庁5号館も動いた。建物を解体せずに移動させる技術を「曳家」という。これは世界的にも話題になった。きっかけは2015年に行われた弘前城天守の大移動。老朽化した石垣を修繕するため。70m移動した。どうやって動かしているのか。職人の技術がつまった工事に密着。この技術は世界で貢献している。


宮崎県庁5号館

重要文化財の弘前城が動く。グランドプリンスホテル赤坂旧館が大移動。宮崎県庁5号館も動いた。建物を解体せずに移動させる技術を「曳家」という。これは世界的にも話題になった。きっかけは2015年に行われた弘前城天守の大移動。老朽化した石垣を修繕するため。70m移動した。どうやって動かしているのか。職人の技術がつまった工事に密着。この技術は世界で貢献している。


(伝統技術で建物大移動)

上賀茂神社

吉田倬郎氏は「鎌倉時代末期に上賀茂神社で曳家が行われたと読める記録がある。」などとした。滋賀県にやってきた。琵琶湖近くで曳家工事の現場がある。今回は木造建築の1軒屋っが対象。屋根には瓦が使用されており、家全体の重量は約60トン。移動理由は、道の拡張工事。曳家は歴史的建造物の保護だけでなく、土地の区画整理のためにも行われる。持ち主の北川さんは「夫が両親のために建てたので、夫が思い入れがある。」などとした。また息子さん一家も10年間住んでいた思い出の家でもある。今回は道路をはさんで30m移動する。まずは家を持ち上げる。隙間にコロと呼ばれる円柱を入れ、転がして移動させる。そのために床板を取り外し、基礎コンクリートを壊す。アンカーボルトを外すため。土台となる木材を2本入れてその上に木を積み上げて骨組みを作る。そして骨組みごと持ち上げる。安定させるため、鋼材も使う。家が傾いて壊れるのを防ぐため、土台の木2本の高さを水平にする。1時間かけて2本を配置した。木材の組み立てには井桁組みを使う。野口昭治教授は「井桁は高く積み上げた時に倒れにくい。」などとした。縦横に組むことで接触箇所が増える。最後にボルトやワイヤーで木を留めたら、骨組みが完成。1日で終わった。


東京理科大学

吉田倬郎氏は「鎌倉時代末期に上賀茂神社で曳家が行われたと読める記録がある。」などとした。滋賀県にやってきた。琵琶湖近くで曳家工事の現場がある。今回は木造建築の1軒屋っが対象。屋根には瓦が使用されており、家全体の重量は約60トン。移動理由は、道の拡張工事。曳家は歴史的建造物の保護だけでなく、土地の区画整理のためにも行われる。持ち主の北川さんは「夫が両親のために建てたので、夫が思い入れがある。」などとした。また息子さん一家も10年間住んでいた思い出の家でもある。今回は道路をはさんで30m移動する。まずは家を持ち上げる。隙間にコロと呼ばれる円柱を入れ、転がして移動させる。そのために床板を取り外し、基礎コンクリートを壊す。アンカーボルトを外すため。土台となる木材を2本入れてその上に木を積み上げて骨組みを作る。そして骨組みごと持ち上げる。安定させるため、鋼材も使う。家が傾いて壊れるのを防ぐため、土台の木2本の高さを水平にする。1時間かけて2本を配置した。木材の組み立てには井桁組みを使う。野口昭治教授は「井桁は高く積み上げた時に倒れにくい。」などとした。縦横に組むことで接触箇所が増える。最後にボルトやワイヤーで木を留めたら、骨組みが完成。1日で終わった。


工学院大学

吉田倬郎氏は「鎌倉時代末期に上賀茂神社で曳家が行われたと読める記録がある。」などとした。滋賀県にやってきた。琵琶湖近くで曳家工事の現場がある。今回は木造建築の1軒屋っが対象。屋根には瓦が使用されており、家全体の重量は約60トン。移動理由は、道の拡張工事。曳家は歴史的建造物の保護だけでなく、土地の区画整理のためにも行われる。持ち主の北川さんは「夫が両親のために建てたので、夫が思い入れがある。」などとした。また息子さん一家も10年間住んでいた思い出の家でもある。今回は道路をはさんで30m移動する。まずは家を持ち上げる。隙間にコロと呼ばれる円柱を入れ、転がして移動させる。そのために床板を取り外し、基礎コンクリートを壊す。アンカーボルトを外すため。土台となる木材を2本入れてその上に木を積み上げて骨組みを作る。そして骨組みごと持ち上げる。安定させるため、鋼材も使う。家が傾いて壊れるのを防ぐため、土台の木2本の高さを水平にする。1時間かけて2本を配置した。木材の組み立てには井桁組みを使う。野口昭治教授は「井桁は高く積み上げた時に倒れにくい。」などとした。縦横に組むことで接触箇所が増える。最後にボルトやワイヤーで木を留めたら、骨組みが完成。1日で終わった。


CM

(伝統技術で建物大移動)

我妻組

弘前城を作業した我妻組を取材した。東日本大震災で起きた液状化による地盤沈下の際、沈下修正で曳家は注目を浴びた。


弘前城

弘前城を作業した我妻組を取材した。東日本大震災で起きた液状化による地盤沈下の際、沈下修正で曳家は注目を浴びた。


CM

(伝統技術で建物大移動)

「所さんの目がテン!」で紹介されたグルメ情報

ウナギ

かがくの里、ウナギ養殖プロジェクトに進展。枡アナウンサーも興奮。


CM

「所さんの目がテン! 〜驚きの健康効果どぶろくパワー〜」 2019年4月21日(日)放送内容「所さんの目がテン! 〜桝アナがウナギの養殖に参戦!〜」 2019年5月5日(日)放送内容

2019年03月 2019年04月 2019年05月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
  • 「所さんの目がテン!」で紹介されたすべての情報
  • 「所さんの目がテン!」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「所さんの目がテン!」で紹介された音楽・CD
  • 「所さんの目がテン!」で紹介された映画・DVD
  • 「所さんの目がテン!」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「所さんの目がテン!」で紹介されたグルメ情報
  • 「所さんの目がテン!」で紹介された料理レシピ
  • 「所さんの目がテン!」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「所さんの目がテン!」で紹介された観光・地域情報
  • 「所さんの目がテン!」で紹介されたイベント情報
  • 「所さんの目がテン!」で紹介された雑学・豆知識