テレビ紹介情報

「日テレアップDate!」で紹介された情報

「日テレアップDate!」2019年2月17日(日)放送内容「日テレアップDate!」2019年3月3日(日)放送内容

「日テレアップDate!」 2019年2月24日(日)放送内容

2019年2月24日(日) 05:40〜06:00 日本テレビ
【レギュラー出演】 森圭介 , 郡司恭子
【声の出演】 久野静香
【その他】 藤井貴彦 , 鈴江奈々 , 堀内朗 , 佐藤太郎 , 佐藤梨那 , 小菅晴香 , 安村直樹 , 中川絵美里 , 内田敦子 , 岸田徹 , 福岡奈津美

(オープニング)

(報道局 世界がんデー特集)

がん

2月4日の世界がんデーに合わせ、報道局が「がん」について特集した放送についてお伝えする。

自治体は20歳以上の女性に子宮頸がんの検診の案内を送っている。大田区で送られてくる案内はお知らせと受信番号と通知書が入っている。医療機関などを予約し、受信番号・通知書を持っていけば検診を受けることができる。検診には自治体が行う検診と職場が行う検診がある。自治体の物は無料〜3000円程度の自己負担が多く、職場の検診は会社・健康保険組合から補助が出るケースも。

がんノートの収録で心がけているのは、具体的な情報と笑いだという。笑うことの大切さを認識させた出来事があるという今後の目標について、「がんになっても笑って輝ける社会を作っていきたい」などと語った。


ハーバード大学

2月4日は世界がんデー。昭和伊南総合病院の堀内朗医師は座ったまま自ら行う大腸内視鏡検査でイグ・ノーベル賞を受賞した。最もかかる人が多い大腸がんだが大腸内視鏡検査は痛みや不快感から敬遠する人も多い。負担を減らしたいと探った結果、堀内医師はこの方法にたどり着いた。しかし患者には採用されず。それでもできるだけ楽に受けられる方法を追求、ポリープをその場で切除、さらにプロポフォールを使うことでその日のうちに自分で運転して帰れるようにした。安全に運転できるよう、運転シミュレーターを使って研究した。検査を終えた70代男性は自ら運転して帰った。


昭和伊南総合病院

2月4日は世界がんデー。昭和伊南総合病院の堀内朗医師は座ったまま自ら行う大腸内視鏡検査でイグ・ノーベル賞を受賞した。最もかかる人が多い大腸がんだが大腸内視鏡検査は痛みや不快感から敬遠する人も多い。負担を減らしたいと探った結果、堀内医師はこの方法にたどり着いた。しかし患者には採用されず。それでもできるだけ楽に受けられる方法を追求、ポリープをその場で切除、さらにプロポフォールを使うことでその日のうちに自分で運転して帰れるようにした。安全に運転できるよう、運転シミュレーターを使って研究した。検査を終えた70代男性は自ら運転して帰った。

国が推奨する肺がん、乳がん、大腸がん、子宮頸がん、胃がんの検診。肺がんはX線検査などを40歳以上から年1回、大腸がんは便潜血検査などを40歳以上年1回受けることなど勧めている。堀内さんは「便潜血検査だけでは異常が見つからないケースがあり、50歳に1度でも大腸内視鏡検査を受けてほしいと思っている」などと話している。乳がんについてはマンモグラフィなどを40歳以上で2年に1回、子宮頸がん検診は細胞診などを20歳以上で2年に1回受けることが推奨されている。国立がん研究センターがん情報サービス「がん登録・統計」によると、子宮頸がんは20代後半から急増。性行為によるウイルス感染も原因とされており、若い世代で増えているがんとなっている。


大腸がん

2月4日は世界がんデー。昭和伊南総合病院の堀内朗医師は座ったまま自ら行う大腸内視鏡検査でイグ・ノーベル賞を受賞した。最もかかる人が多い大腸がんだが大腸内視鏡検査は痛みや不快感から敬遠する人も多い。負担を減らしたいと探った結果、堀内医師はこの方法にたどり着いた。しかし患者には採用されず。それでもできるだけ楽に受けられる方法を追求、ポリープをその場で切除、さらにプロポフォールを使うことでその日のうちに自分で運転して帰れるようにした。安全に運転できるよう、運転シミュレーターを使って研究した。検査を終えた70代男性は自ら運転して帰った。

どのようにがんゲノム医療は行われているのか。がんゲノム医療の中核拠点病院である大阪大学医学部付属病院では、遺伝子検査には手術などで採取したがん組織を使用。それをプリンターのような次世代シーケンサーで解析し、どの遺伝子に変異があるのか見つけ出す。大量の遺伝子情報を一気に拘束で解読できるため、同時に6人分を解析できるという。先週病院で会議が開かれ、遺伝子解析で出た薬が実際に使えるのか議論。様々な分野のエキスパートが顔を並べ、それぞれの立場から意見が出されていた。しかし、国内の現在のがんゲノム医療には大きな課題が。実は遺伝子の変異が見つからなかったり国内には適合する薬がなかったりするなどの理由から、実際に治療に繋がるケースは僅か1割だという。それでも検査の積み重ねは大きな意味が。より多くの遺伝子情報を蓄積することで新しい薬の開発などに繋がり、がんゲノム医療の進化が期待できる。折田さんはがんゲノム医療の結果効果が期待できる薬を使ったが、肺に別のがんが見つかりいまは2つ目の薬に挑戦中。今後、より効果的な治療方法の選択に繋がることが期待されているという。スタジオで堀内朗医師は「オーダーメイドの治療と同時にオーダーメイドの検診も進んでほしい」などと指摘していた。

国が推奨する肺がん、乳がん、大腸がん、子宮頸がん、胃がんの検診。肺がんはX線検査などを40歳以上から年1回、大腸がんは便潜血検査などを40歳以上年1回受けることなど勧めている。堀内さんは「便潜血検査だけでは異常が見つからないケースがあり、50歳に1度でも大腸内視鏡検査を受けてほしいと思っている」などと話している。乳がんについてはマンモグラフィなどを40歳以上で2年に1回、子宮頸がん検診は細胞診などを20歳以上で2年に1回受けることが推奨されている。国立がん研究センターがん情報サービス「がん登録・統計」によると、子宮頸がんは20代後半から急増。性行為によるウイルス感染も原因とされており、若い世代で増えているがんとなっている。


プロポフォール

2月4日は世界がんデー。昭和伊南総合病院の堀内朗医師は座ったまま自ら行う大腸内視鏡検査でイグ・ノーベル賞を受賞した。最もかかる人が多い大腸がんだが大腸内視鏡検査は痛みや不快感から敬遠する人も多い。負担を減らしたいと探った結果、堀内医師はこの方法にたどり着いた。しかし患者には採用されず。それでもできるだけ楽に受けられる方法を追求、ポリープをその場で切除、さらにプロポフォールを使うことでその日のうちに自分で運転して帰れるようにした。安全に運転できるよう、運転シミュレーターを使って研究した。検査を終えた70代男性は自ら運転して帰った。


ポリープ

2月4日は世界がんデー。昭和伊南総合病院の堀内朗医師は座ったまま自ら行う大腸内視鏡検査でイグ・ノーベル賞を受賞した。最もかかる人が多い大腸がんだが大腸内視鏡検査は痛みや不快感から敬遠する人も多い。負担を減らしたいと探った結果、堀内医師はこの方法にたどり着いた。しかし患者には採用されず。それでもできるだけ楽に受けられる方法を追求、ポリープをその場で切除、さらにプロポフォールを使うことでその日のうちに自分で運転して帰れるようにした。安全に運転できるよう、運転シミュレーターを使って研究した。検査を終えた70代男性は自ら運転して帰った。


大阪大学医学部付属病院

どのようにがんゲノム医療は行われているのか。がんゲノム医療の中核拠点病院である大阪大学医学部付属病院では、遺伝子検査には手術などで採取したがん組織を使用。それをプリンターのような次世代シーケンサーで解析し、どの遺伝子に変異があるのか見つけ出す。大量の遺伝子情報を一気に拘束で解読できるため、同時に6人分を解析できるという。先週病院で会議が開かれ、遺伝子解析で出た薬が実際に使えるのか議論。様々な分野のエキスパートが顔を並べ、それぞれの立場から意見が出されていた。しかし、国内の現在のがんゲノム医療には大きな課題が。実は遺伝子の変異が見つからなかったり国内には適合する薬がなかったりするなどの理由から、実際に治療に繋がるケースは僅か1割だという。それでも検査の積み重ねは大きな意味が。より多くの遺伝子情報を蓄積することで新しい薬の開発などに繋がり、がんゲノム医療の進化が期待できる。折田さんはがんゲノム医療の結果効果が期待できる薬を使ったが、肺に別のがんが見つかりいまは2つ目の薬に挑戦中。今後、より効果的な治療方法の選択に繋がることが期待されているという。スタジオで堀内朗医師は「オーダーメイドの治療と同時にオーダーメイドの検診も進んでほしい」などと指摘していた。


国立がん研究センター中央病院

どのようにがんゲノム医療は行われているのか。がんゲノム医療の中核拠点病院である大阪大学医学部付属病院では、遺伝子検査には手術などで採取したがん組織を使用。それをプリンターのような次世代シーケンサーで解析し、どの遺伝子に変異があるのか見つけ出す。大量の遺伝子情報を一気に拘束で解読できるため、同時に6人分を解析できるという。先週病院で会議が開かれ、遺伝子解析で出た薬が実際に使えるのか議論。様々な分野のエキスパートが顔を並べ、それぞれの立場から意見が出されていた。しかし、国内の現在のがんゲノム医療には大きな課題が。実は遺伝子の変異が見つからなかったり国内には適合する薬がなかったりするなどの理由から、実際に治療に繋がるケースは僅か1割だという。それでも検査の積み重ねは大きな意味が。より多くの遺伝子情報を蓄積することで新しい薬の開発などに繋がり、がんゲノム医療の進化が期待できる。折田さんはがんゲノム医療の結果効果が期待できる薬を使ったが、肺に別のがんが見つかりいまは2つ目の薬に挑戦中。今後、より効果的な治療方法の選択に繋がることが期待されているという。スタジオで堀内朗医師は「オーダーメイドの治療と同時にオーダーメイドの検診も進んでほしい」などと指摘していた。


肺がん

どのようにがんゲノム医療は行われているのか。がんゲノム医療の中核拠点病院である大阪大学医学部付属病院では、遺伝子検査には手術などで採取したがん組織を使用。それをプリンターのような次世代シーケンサーで解析し、どの遺伝子に変異があるのか見つけ出す。大量の遺伝子情報を一気に拘束で解読できるため、同時に6人分を解析できるという。先週病院で会議が開かれ、遺伝子解析で出た薬が実際に使えるのか議論。様々な分野のエキスパートが顔を並べ、それぞれの立場から意見が出されていた。しかし、国内の現在のがんゲノム医療には大きな課題が。実は遺伝子の変異が見つからなかったり国内には適合する薬がなかったりするなどの理由から、実際に治療に繋がるケースは僅か1割だという。それでも検査の積み重ねは大きな意味が。より多くの遺伝子情報を蓄積することで新しい薬の開発などに繋がり、がんゲノム医療の進化が期待できる。折田さんはがんゲノム医療の結果効果が期待できる薬を使ったが、肺に別のがんが見つかりいまは2つ目の薬に挑戦中。今後、より効果的な治療方法の選択に繋がることが期待されているという。スタジオで堀内朗医師は「オーダーメイドの治療と同時にオーダーメイドの検診も進んでほしい」などと指摘していた。

国が推奨する肺がん、乳がん、大腸がん、子宮頸がん、胃がんの検診。肺がんはX線検査などを40歳以上から年1回、大腸がんは便潜血検査などを40歳以上年1回受けることなど勧めている。堀内さんは「便潜血検査だけでは異常が見つからないケースがあり、50歳に1度でも大腸内視鏡検査を受けてほしいと思っている」などと話している。乳がんについてはマンモグラフィなどを40歳以上で2年に1回、子宮頸がん検診は細胞診などを20歳以上で2年に1回受けることが推奨されている。国立がん研究センターがん情報サービス「がん登録・統計」によると、子宮頸がんは20代後半から急増。性行為によるウイルス感染も原因とされており、若い世代で増えているがんとなっている。


乳がん

どのようにがんゲノム医療は行われているのか。がんゲノム医療の中核拠点病院である大阪大学医学部付属病院では、遺伝子検査には手術などで採取したがん組織を使用。それをプリンターのような次世代シーケンサーで解析し、どの遺伝子に変異があるのか見つけ出す。大量の遺伝子情報を一気に拘束で解読できるため、同時に6人分を解析できるという。先週病院で会議が開かれ、遺伝子解析で出た薬が実際に使えるのか議論。様々な分野のエキスパートが顔を並べ、それぞれの立場から意見が出されていた。しかし、国内の現在のがんゲノム医療には大きな課題が。実は遺伝子の変異が見つからなかったり国内には適合する薬がなかったりするなどの理由から、実際に治療に繋がるケースは僅か1割だという。それでも検査の積み重ねは大きな意味が。より多くの遺伝子情報を蓄積することで新しい薬の開発などに繋がり、がんゲノム医療の進化が期待できる。折田さんはがんゲノム医療の結果効果が期待できる薬を使ったが、肺に別のがんが見つかりいまは2つ目の薬に挑戦中。今後、より効果的な治療方法の選択に繋がることが期待されているという。スタジオで堀内朗医師は「オーダーメイドの治療と同時にオーダーメイドの検診も進んでほしい」などと指摘していた。

国が推奨する肺がん、乳がん、大腸がん、子宮頸がん、胃がんの検診。肺がんはX線検査などを40歳以上から年1回、大腸がんは便潜血検査などを40歳以上年1回受けることなど勧めている。堀内さんは「便潜血検査だけでは異常が見つからないケースがあり、50歳に1度でも大腸内視鏡検査を受けてほしいと思っている」などと話している。乳がんについてはマンモグラフィなどを40歳以上で2年に1回、子宮頸がん検診は細胞診などを20歳以上で2年に1回受けることが推奨されている。国立がん研究センターがん情報サービス「がん登録・統計」によると、子宮頸がんは20代後半から急増。性行為によるウイルス感染も原因とされており、若い世代で増えているがんとなっている。


国立がん研究センター

国が推奨する肺がん、乳がん、大腸がん、子宮頸がん、胃がんの検診。肺がんはX線検査などを40歳以上から年1回、大腸がんは便潜血検査などを40歳以上年1回受けることなど勧めている。堀内さんは「便潜血検査だけでは異常が見つからないケースがあり、50歳に1度でも大腸内視鏡検査を受けてほしいと思っている」などと話している。乳がんについてはマンモグラフィなどを40歳以上で2年に1回、子宮頸がん検診は細胞診などを20歳以上で2年に1回受けることが推奨されている。国立がん研究センターがん情報サービス「がん登録・統計」によると、子宮頸がんは20代後半から急増。性行為によるウイルス感染も原因とされており、若い世代で増えているがんとなっている。

自治体は20歳以上の女性に子宮頸がんの検診の案内を送っている。大田区で送られてくる案内はお知らせと受信番号と通知書が入っている。医療機関などを予約し、受信番号・通知書を持っていけば検診を受けることができる。検診には自治体が行う検診と職場が行う検診がある。自治体の物は無料〜3000円程度の自己負担が多く、職場の検診は会社・健康保険組合から補助が出るケースも。

2月4日は“世界がんデー” 。がん経験者が配信する男性の活動を取材した。ウェブ番組の「がんノート」はがん経験者からがん患者に向けて日々の生活に関わる情報を放送している。制作しているのはNPO法人がんノートの代表の岸田さん。自身も胎児性がんと診断された。現在は経過観察中で三年前に結婚したが、自然妊娠が望めないため、どうしたら子どもができるか夫婦で悩んでいる。治療に関しての情報は医者に聞けてもお金や家族に直結した情報がないという。そうした情報を変えたいと始めたのがウェブ番組の「がんノート」だった。101回目の公開収録では国立がん研究センターの一室で、患者やその家族の約20人が見学した。


がん登録・統計

国が推奨する肺がん、乳がん、大腸がん、子宮頸がん、胃がんの検診。肺がんはX線検査などを40歳以上から年1回、大腸がんは便潜血検査などを40歳以上年1回受けることなど勧めている。堀内さんは「便潜血検査だけでは異常が見つからないケースがあり、50歳に1度でも大腸内視鏡検査を受けてほしいと思っている」などと話している。乳がんについてはマンモグラフィなどを40歳以上で2年に1回、子宮頸がん検診は細胞診などを20歳以上で2年に1回受けることが推奨されている。国立がん研究センターがん情報サービス「がん登録・統計」によると、子宮頸がんは20代後半から急増。性行為によるウイルス感染も原因とされており、若い世代で増えているがんとなっている。

自治体は20歳以上の女性に子宮頸がんの検診の案内を送っている。大田区で送られてくる案内はお知らせと受信番号と通知書が入っている。医療機関などを予約し、受信番号・通知書を持っていけば検診を受けることができる。検診には自治体が行う検診と職場が行う検診がある。自治体の物は無料〜3000円程度の自己負担が多く、職場の検診は会社・健康保険組合から補助が出るケースも。


子宮頸がん

国が推奨する肺がん、乳がん、大腸がん、子宮頸がん、胃がんの検診。肺がんはX線検査などを40歳以上から年1回、大腸がんは便潜血検査などを40歳以上年1回受けることなど勧めている。堀内さんは「便潜血検査だけでは異常が見つからないケースがあり、50歳に1度でも大腸内視鏡検査を受けてほしいと思っている」などと話している。乳がんについてはマンモグラフィなどを40歳以上で2年に1回、子宮頸がん検診は細胞診などを20歳以上で2年に1回受けることが推奨されている。国立がん研究センターがん情報サービス「がん登録・統計」によると、子宮頸がんは20代後半から急増。性行為によるウイルス感染も原因とされており、若い世代で増えているがんとなっている。

自治体は20歳以上の女性に子宮頸がんの検診の案内を送っている。大田区で送られてくる案内はお知らせと受信番号と通知書が入っている。医療機関などを予約し、受信番号・通知書を持っていけば検診を受けることができる。検診には自治体が行う検診と職場が行う検診がある。自治体の物は無料〜3000円程度の自己負担が多く、職場の検診は会社・健康保険組合から補助が出るケースも。


胃がん

国が推奨する肺がん、乳がん、大腸がん、子宮頸がん、胃がんの検診。肺がんはX線検査などを40歳以上から年1回、大腸がんは便潜血検査などを40歳以上年1回受けることなど勧めている。堀内さんは「便潜血検査だけでは異常が見つからないケースがあり、50歳に1度でも大腸内視鏡検査を受けてほしいと思っている」などと話している。乳がんについてはマンモグラフィなどを40歳以上で2年に1回、子宮頸がん検診は細胞診などを20歳以上で2年に1回受けることが推奨されている。国立がん研究センターがん情報サービス「がん登録・統計」によると、子宮頸がんは20代後半から急増。性行為によるウイルス感染も原因とされており、若い世代で増えているがんとなっている。


大田区

自治体は20歳以上の女性に子宮頸がんの検診の案内を送っている。大田区で送られてくる案内はお知らせと受信番号と通知書が入っている。医療機関などを予約し、受信番号・通知書を持っていけば検診を受けることができる。検診には自治体が行う検診と職場が行う検診がある。自治体の物は無料〜3000円程度の自己負担が多く、職場の検診は会社・健康保険組合から補助が出るケースも。


がんノート

2月4日は“世界がんデー” 。がん経験者が配信する男性の活動を取材した。ウェブ番組の「がんノート」はがん経験者からがん患者に向けて日々の生活に関わる情報を放送している。制作しているのはNPO法人がんノートの代表の岸田さん。自身も胎児性がんと診断された。現在は経過観察中で三年前に結婚したが、自然妊娠が望めないため、どうしたら子どもができるか夫婦で悩んでいる。治療に関しての情報は医者に聞けてもお金や家族に直結した情報がないという。そうした情報を変えたいと始めたのがウェブ番組の「がんノート」だった。101回目の公開収録では国立がん研究センターの一室で、患者やその家族の約20人が見学した。

がんノートの収録で心がけているのは、具体的な情報と笑いだという。笑うことの大切さを認識させた出来事があるという今後の目標について、「がんになっても笑って輝ける社会を作っていきたい」などと語った。


「日テレアップDate!」で紹介されたレストラン・飲食店

2月4日は“世界がんデー” 。がん経験者が配信する男性の活動を取材した。ウェブ番組の「がんノート」はがん経験者からがん患者に向けて日々の生活に関わる情報を放送している。制作しているのはNPO法人がんノートの代表の岸田さん。自身も胎児性がんと診断された。現在は経過観察中で三年前に結婚したが、自然妊娠が望めないため、どうしたら子どもができるか夫婦で悩んでいる。治療に関しての情報は医者に聞けてもお金や家族に直結した情報がないという。そうした情報を変えたいと始めたのがウェブ番組の「がんノート」だった。101回目の公開収録では国立がん研究センターの一室で、患者やその家族の約20人が見学した。

 (カフェ、郷土料理(その他)、居酒屋・ダイニングバー(その他))

直腸がん

2月4日は“世界がんデー” 。がん経験者が配信する男性の活動を取材した。ウェブ番組の「がんノート」はがん経験者からがん患者に向けて日々の生活に関わる情報を放送している。制作しているのはNPO法人がんノートの代表の岸田さん。自身も胎児性がんと診断された。現在は経過観察中で三年前に結婚したが、自然妊娠が望めないため、どうしたら子どもができるか夫婦で悩んでいる。治療に関しての情報は医者に聞けてもお金や家族に直結した情報がないという。そうした情報を変えたいと始めたのがウェブ番組の「がんノート」だった。101回目の公開収録では国立がん研究センターの一室で、患者やその家族の約20人が見学した。


胎児性がん

2月4日は“世界がんデー” 。がん経験者が配信する男性の活動を取材した。ウェブ番組の「がんノート」はがん経験者からがん患者に向けて日々の生活に関わる情報を放送している。制作しているのはNPO法人がんノートの代表の岸田さん。自身も胎児性がんと診断された。現在は経過観察中で三年前に結婚したが、自然妊娠が望めないため、どうしたら子どもができるか夫婦で悩んでいる。治療に関しての情報は医者に聞けてもお金や家族に直結した情報がないという。そうした情報を変えたいと始めたのがウェブ番組の「がんノート」だった。101回目の公開収録では国立がん研究センターの一室で、患者やその家族の約20人が見学した。


中川小学校

がんノートの収録で心がけているのは、具体的な情報と笑いだという。笑うことの大切さを認識させた出来事があるという今後の目標について、「がんになっても笑って輝ける社会を作っていきたい」などと語った。


骨肉腫

がんノートの収録で心がけているのは、具体的な情報と笑いだという。笑うことの大切さを認識させた出来事があるという今後の目標について、「がんになっても笑って輝ける社会を作っていきたい」などと語った。


CM

24時間テレビ チャリティー・リポート

「日テレアップDate!」で紹介されたイベント情報

桜ライン311

2018年11月、岩手・陸前高田市で「桜ライン311」の植樹会が行われた。「桜ライン311」とは、東日本大震災で被害を受けた陸前高田市内の津波到達地点に桜を植樹し、津波の恐れがある時にはその桜より上に避難をするように伝承していく活動。2011年に始まったこの活動で、これまでの植樹本数は1547本である。


2018年11月、岩手・陸前高田市で「桜ライン311」の植樹会が行われた。「桜ライン311」とは、東日本大震災で被害を受けた陸前高田市内の津波到達地点に桜を植樹し、津波の恐れがある時にはその桜より上に避難をするように伝承していく活動。2011年に始まったこの活動で、これまでの植樹本数は1547本である。


24時間テレビ

24時間テレビ 障害者スポーツ支援 バスケットボール用車いす寄贈申し込み募集中として呼びかけた。締切は2019年3月8日。24時間テレビで検索。


バスケットボール用車いす

24時間テレビ 障害者スポーツ支援 バスケットボール用車いす寄贈申し込み募集中として呼びかけた。締切は2019年3月8日。24時間テレビで検索。


(エンディング)

日本テレビ モニター募集

番組モニターを募集。募集期間は3月14日(木)詳しい応募方法は「日本テレビ モニター募集」で検索。


CM

「日テレアップDate!」2019年2月17日(日)放送内容「日テレアップDate!」2019年3月3日(日)放送内容

2019年01月 2019年02月 2019年03月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
  • 「日テレアップDate!」で紹介されたすべての情報
  • 「日テレアップDate!」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「日テレアップDate!」で紹介された音楽・CD
  • 「日テレアップDate!」で紹介された映画・DVD
  • 「日テレアップDate!」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「日テレアップDate!」で紹介されたグルメ情報
  • 「日テレアップDate!」で紹介された料理レシピ
  • 「日テレアップDate!」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「日テレアップDate!」で紹介された観光・地域情報
  • 「日テレアップDate!」で紹介されたイベント情報
  • 「日テレアップDate!」で紹介された雑学・豆知識