ホーム > テレビ紹介情報 > 日本テレビ > 誰も知らない明石家さんま
テレビ紹介情報

「誰も知らない明石家さんま」で紹介された情報

「誰も知らない明石家さんま」で紹介されたすべての情報 ( 13 / 13 ページ )

「誰も知らない明石家さんま」で紹介された映画・DVD

カツベン!

眞栄田郷敦が映画「カツベン!」の告知を行った。

映画「カツベン!」。12月13日公開。


「誰も知らない明石家さんま」で紹介されたグルメ情報

宇和島じゃこ天

さんまさんはあらゆるモノを観ているという。ラグビーやサッカーの話になっても色々と話すことができ、他のスポーツの話になっても全部知っているという。そのことから、後藤輝基はさんまさんの家はモニターや漫画など沢山あるのではないかと予想した。


「誰も知らない明石家さんま」で紹介された本・コミック・雑誌

グラップラー刃牙

さんまさんはあらゆるモノを観ているという。ラグビーやサッカーの話になっても色々と話すことができ、他のスポーツの話になっても全部知っているという。そのことから、後藤輝基はさんまさんの家はモニターや漫画など沢山あるのではないかと予想した。


「誰も知らない明石家さんま」で紹介された本・コミック・雑誌

アオアシ

さんまさんはあらゆるモノを観ているという。ラグビーやサッカーの話になっても色々と話すことができ、他のスポーツの話になっても全部知っているという。そのことから、後藤輝基はさんまさんの家はモニターや漫画など沢山あるのではないかと予想した。


名古屋

断水から2週間。規模を縮小し営業を再開したものの、往復1時間かけて水を運ぶ日々だった。疲れ果て途方に暮れていたその時、息子の携帯に1通のラインが届いたという。それはさんまさんが店のじゃこ天をいつも食べてるとテレビで流れたという内容。ぐるナイでさんまさんの好きなご飯のおかずとして「阪神百貨店地下街で売っているじゃこ天が大好物」と紹介されたという。放送後、注文の電話が鳴り止まず、じゃこ天の売り上げが67年間で過去最高となった。男性はさんまさんに感謝の気持ちを伝えたくて新大阪から名古屋の切符を買い、新幹線に乗った。そこでさんまさんを見つけ話しかけたところ、大スターなのに気さくに話してくれたという。


新大阪

断水から2週間。規模を縮小し営業を再開したものの、往復1時間かけて水を運ぶ日々だった。疲れ果て途方に暮れていたその時、息子の携帯に1通のラインが届いたという。それはさんまさんが店のじゃこ天をいつも食べてるとテレビで流れたという内容。ぐるナイでさんまさんの好きなご飯のおかずとして「阪神百貨店地下街で売っているじゃこ天が大好物」と紹介されたという。放送後、注文の電話が鳴り止まず、じゃこ天の売り上げが67年間で過去最高となった。男性はさんまさんに感謝の気持ちを伝えたくて新大阪から名古屋の切符を買い、新幹線に乗った。そこでさんまさんを見つけ話しかけたところ、大スターなのに気さくに話してくれたという。


阪神百貨店

断水から2週間。規模を縮小し営業を再開したものの、往復1時間かけて水を運ぶ日々だった。疲れ果て途方に暮れていたその時、息子の携帯に1通のラインが届いたという。それはさんまさんが店のじゃこ天をいつも食べてるとテレビで流れたという内容。ぐるナイでさんまさんの好きなご飯のおかずとして「阪神百貨店地下街で売っているじゃこ天が大好物」と紹介されたという。放送後、注文の電話が鳴り止まず、じゃこ天の売り上げが67年間で過去最高となった。男性はさんまさんに感謝の気持ちを伝えたくて新大阪から名古屋の切符を買い、新幹線に乗った。そこでさんまさんを見つけ話しかけたところ、大スターなのに気さくに話してくれたという。


「誰も知らない明石家さんま」で紹介されたイベント情報

吉本新喜劇

吉本新喜劇の劇場で出会ってから35年、愛媛県で男性は創業67年の蒲鉾屋を経営。数か月後には店をリニューアルする予定だったが、2018年7月7日、宇和島市では1時間に35ミリの激しい雨を観測した。この豪雨災害で宇和島市は12人の死者を出し、約2000棟の住宅に被害が。男性の新店舗建設も中止になった。さらに浄水場が土砂崩れで崩壊し、断水してしまったという。


「誰も知らない明石家さんま」で紹介されたグルメ情報

じゃこ天

吉本新喜劇の劇場で出会ってから35年、愛媛県で男性は創業67年の蒲鉾屋を経営。数か月後には店をリニューアルする予定だったが、2018年7月7日、宇和島市では1時間に35ミリの激しい雨を観測した。この豪雨災害で宇和島市は12人の死者を出し、約2000棟の住宅に被害が。男性の新店舗建設も中止になった。さらに浄水場が土砂崩れで崩壊し、断水してしまったという。

断水から2週間。規模を縮小し営業を再開したものの、往復1時間かけて水を運ぶ日々だった。疲れ果て途方に暮れていたその時、息子の携帯に1通のラインが届いたという。それはさんまさんが店のじゃこ天をいつも食べてるとテレビで流れたという内容。ぐるナイでさんまさんの好きなご飯のおかずとして「阪神百貨店地下街で売っているじゃこ天が大好物」と紹介されたという。放送後、注文の電話が鳴り止まず、じゃこ天の売り上げが67年間で過去最高となった。男性はさんまさんに感謝の気持ちを伝えたくて新大阪から名古屋の切符を買い、新幹線に乗った。そこでさんまさんを見つけ話しかけたところ、大スターなのに気さくに話してくれたという。


「誰も知らない明石家さんま」で紹介されたイベント情報

吉本新喜劇

安岡一さんは、31年前、社員旅行で吉本新喜劇を観に行き、さんまと握手をした。するとさんまは、たわいもない話を10分以上してくれた。この出会いはのちにとんでもない奇跡を生むことになる。


2019年11月 2019年12月 
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
  • 「誰も知らない明石家さんま」で紹介されたすべての情報
  • 「誰も知らない明石家さんま」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「誰も知らない明石家さんま」で紹介された音楽・CD
  • 「誰も知らない明石家さんま」で紹介された映画・DVD
  • 「誰も知らない明石家さんま」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「誰も知らない明石家さんま」で紹介されたグルメ情報
  • 「誰も知らない明石家さんま」で紹介された料理レシピ
  • 「誰も知らない明石家さんま」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「誰も知らない明石家さんま」で紹介された観光・地域情報
  • 「誰も知らない明石家さんま」で紹介されたイベント情報
  • 「誰も知らない明石家さんま」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する