ホーム > テレビ紹介情報 > TBS > ひるおび!
テレビ紹介情報

「ひるおび!」で紹介された情報

「ひるおび!」で紹介されたすべての情報 ( 16377 / 18789 ページ )

フェイスブック

必要な空気ボンベは、空気が入ると20kgほどになる。何本も持っていくのは大変なのだが、タイ海軍は、これを大量に準備している。「バイオフルフェイスマスク」は口と鼻で呼吸ができる道具なのだが、これを少年たちが着けられたとして、万が一これの調節がうまくいかず、水中で外れてしまった場合、パニックになると想定できる。30mもの水の中を進むとき、全員が耳抜きができるとも限らない。タイでは水泳を習うのが一般的ではないということを懸念。また、”水中担架”を使って運び出す案もあり、救助訓練も行われているが、人が1人屈んで通るような洞窟の中を通れるかは難しい。森内は「柔軟性のある種類なら可能性はある」と発言する一方、吉田は「特注で作る手もある」とコメント。

入り口から少年たちのいる4.5kmの道のりを、水中担架と空気ボンベを持っていけるのか。その洞窟の難所の1つ目は、1人しか通れない潜水地点。そして2つ目は長さ400mの潜水地点。そして3つ目は長さ1km、水深最大30mにもなるといわれる潜水地点。そしてそもそも視界が悪い。訓練を受けた海軍の特殊部隊でさえ、3km進むのに約6時間かかっていたとのこと。しかも、空気ボンベを運ぶとなると、狭いところを通すのが難しくなる。対策としては、洞窟内の水を抜いていくこと。きのう1時間に100万リットルのペースで排出して、水位は1時間で2cmずつ下がっていた。森内の見解は「空気ボンベの基地をどれだけ短い間隔で複数作れるかがポイント」。吉田の見解は「前が見えない空間で救助するのは至難の業」。しかも7月8月はタイの雨量が多いので、状況は悪くなるとみられる。入口を探したり、水を抜いたりさまざまな策を講じながら、少年たちの精神力に期待をする。彼らには、チリの炭鉱から脱出した人からもメッセージがあった。


日本潜水機

必要な空気ボンベは、空気が入ると20kgほどになる。何本も持っていくのは大変なのだが、タイ海軍は、これを大量に準備している。「バイオフルフェイスマスク」は口と鼻で呼吸ができる道具なのだが、これを少年たちが着けられたとして、万が一これの調節がうまくいかず、水中で外れてしまった場合、パニックになると想定できる。30mもの水の中を進むとき、全員が耳抜きができるとも限らない。タイでは水泳を習うのが一般的ではないということを懸念。また、”水中担架”を使って運び出す案もあり、救助訓練も行われているが、人が1人屈んで通るような洞窟の中を通れるかは難しい。森内は「柔軟性のある種類なら可能性はある」と発言する一方、吉田は「特注で作る手もある」とコメント。


バイオフルフェイスマスク

必要な空気ボンベは、空気が入ると20kgほどになる。何本も持っていくのは大変なのだが、タイ海軍は、これを大量に準備している。「バイオフルフェイスマスク」は口と鼻で呼吸ができる道具なのだが、これを少年たちが着けられたとして、万が一これの調節がうまくいかず、水中で外れてしまった場合、パニックになると想定できる。30mもの水の中を進むとき、全員が耳抜きができるとも限らない。タイでは水泳を習うのが一般的ではないということを懸念。また、”水中担架”を使って運び出す案もあり、救助訓練も行われているが、人が1人屈んで通るような洞窟の中を通れるかは難しい。森内は「柔軟性のある種類なら可能性はある」と発言する一方、吉田は「特注で作る手もある」とコメント。


空気ボンベ

考えられる救助方法は「地上から洞窟への穴を探す」は洞窟に通じているか不明。地上から穴を掘って救助する方法は、岩盤が硬く崩落の危険は少ないものの、少年たちの位置を確認するのが難しい。4ヶ月後の雨期が終わるまで待つ方法は、今後大雨が降り、湧き水が出ると危険が高まってしまう。最後の方法はダイバーとともに泳いで脱出する手段。洞窟には1人だけ通れる道があるもよう。有力な救出案は、所々に空気ボンベとサポートダイバー、ガイドロープを配置し、少年たちに潜水具をつけ、ダイバーが付き添いながら脱出すること。水深は最大で30mも。江藤愛さんは「洞窟の穴はひとり通るのがやっとでしょ?この状態を確保できないのでは」など述べた。


Google Earth

考えられる救助方法は「地上から洞窟への穴を探す」は洞窟に通じているか不明。地上から穴を掘って救助する方法は、岩盤が硬く崩落の危険は少ないものの、少年たちの位置を確認するのが難しい。4ヶ月後の雨期が終わるまで待つ方法は、今後大雨が降り、湧き水が出ると危険が高まってしまう。最後の方法はダイバーとともに泳いで脱出する手段。洞窟には1人だけ通れる道があるもよう。有力な救出案は、所々に空気ボンベとサポートダイバー、ガイドロープを配置し、少年たちに潜水具をつけ、ダイバーが付き添いながら脱出すること。水深は最大で30mも。江藤愛さんは「洞窟の穴はひとり通るのがやっとでしょ?この状態を確保できないのでは」など述べた。


「ひるおび!」で紹介されたイベント情報

ワールドカップ

タイ洞窟、少年ら救出についての話題。現場付近から中継。現場付近では、引き続き洞窟内の水を減らす作業が最優先で行われている。ある程度地下水が抜けると、水位が落ちると見られている。そして、洞窟内に狭い箇所があるということでタイの海軍がドリルを使って幅を広げ通りやすくするという作業が進められている。また、並行して少年らのいるところまで通信ラインを引くという作業も進められていて、あと2キロのところまで来ているという。しかし、ここでも水が妨げになっていて機材が水没してしまうなど難航しているという。現在、少年らの脱出方法としては、少年らを潜水させて脱出させる方法が最有力視されている。

タイ洞窟、少年ら救出についての話題。昨日の会見で、タイ・チェンライ県のナロンサク知事は13人の救出はいつになるのかと問われると「今日は難しい。何日後になるか予測はできない。13人を同時に救出する必要はない」と話した。そして、体調が万全になった少年から順番に救出するとの考えを示した。タイの少年救出のために救助隊を送った国は、日本、アメリカ、中国、イギリス、ラオス、オーストラリア、フィリピン。


「ひるおび!」で紹介されたイベント情報

W杯

タイ洞窟で行方不明となっていた少年ら13人が発見された話題。13人は痩せた姿ではあるものの、一人一人笑顔で「元気です」と答えていた。13人が閉じ込められているタムルアン洞窟は、この洞窟のある山の形が「女性が横たわった姿に似ている」としてこの洞窟は”男性に強い恨みを持って亡くなった女性の体内”と言われていて、地元の人達には恐れられているという。この時期、入り口には「7月からの雨期に洞窟へ、入らないように」と警告する看板もある。今年4月に訪れたトラベルライターの話では、入り口から100mは太陽の光が入るが、中に入ると観光化されておらずライトがないため中は真っ暗だという。


タイラットTV

タイ洞窟で行方不明となっていた少年ら13人が発見された話題。13人は痩せた姿ではあるものの、一人一人笑顔で「元気です」と答えていた。13人が閉じ込められているタムルアン洞窟は、この洞窟のある山の形が「女性が横たわった姿に似ている」としてこの洞窟は”男性に強い恨みを持って亡くなった女性の体内”と言われていて、地元の人達には恐れられているという。この時期、入り口には「7月からの雨期に洞窟へ、入らないように」と警告する看板もある。今年4月に訪れたトラベルライターの話では、入り口から100mは太陽の光が入るが、中に入ると観光化されておらずライトがないため中は真っ暗だという。


タムルアン洞窟

タイ洞窟で行方不明となっていた少年ら13人が発見された話題。13人は痩せた姿ではあるものの、一人一人笑顔で「元気です」と答えていた。13人が閉じ込められているタムルアン洞窟は、この洞窟のある山の形が「女性が横たわった姿に似ている」としてこの洞窟は”男性に強い恨みを持って亡くなった女性の体内”と言われていて、地元の人達には恐れられているという。この時期、入り口には「7月からの雨期に洞窟へ、入らないように」と警告する看板もある。今年4月に訪れたトラベルライターの話では、入り口から100mは太陽の光が入るが、中に入ると観光化されておらずライトがないため中は真っ暗だという。


成田空港

帰国した西野ジャパンの様子を伝えた。野村さんは「最期は悔し涙だったが、いい試合も見せてくれて良かった」とコメントした。間もなく西野監督と長谷部選手が会見を行う。


2019年04月 2019年05月 
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
  • 「ひるおび!」で紹介されたすべての情報
  • 「ひるおび!」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「ひるおび!」で紹介された音楽・CD
  • 「ひるおび!」で紹介された映画・DVD
  • 「ひるおび!」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「ひるおび!」で紹介されたグルメ情報
  • 「ひるおび!」で紹介された料理レシピ
  • 「ひるおび!」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「ひるおび!」で紹介された観光・地域情報
  • 「ひるおび!」で紹介されたイベント情報
  • 「ひるおび!」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する