テレビ紹介情報

「サンデーモーニング」で紹介された情報

「サンデーモーニング」2014年3月2日(日)放送内容「サンデーモーニング」2014年3月16日(日)放送内容

「サンデーモーニング」 2014年3月9日(日)放送内容

『サンデーモーニングSP 東日本大震災から3年 “いま わかったこと”』
2014年3月9日(日) 08:00〜09:54 TBS
【レギュラー出演】 関口宏 , 橋谷能理子 , 岸井成格 , 涌井雅之 , 安田菜津紀 , 工藤和彦 , 唐橋ユミ , 水野真裕美 , 滝本沙奈
【ゲスト】 工藤和彦
【その他】 纐纈一起 , 氏家恒太郎 , 福山洋 , 遠田晋次 , 今村文彦 , 後藤和久 , 小林義一 , 鳥居高博 , 神田穣太 , 二見常夫 , 奈良林直 , 佐々木一十郎 , 平野達男 , 篠塚功照 , 五十嵐敬喜 , 工藤和彦 , 唐橋ユミ , 瀬戸内寂聴 , 中村桂子

(オープニング)

三陸鉄道 北リアス線

関口宏、橋谷能理子、岸井成格が三陸鉄道内から中継。まもなく東日本大震災から3年を迎えるにあたり、今日はこれまでに何が変わって何が変わっていないのかを伝える。田老駅に到着した3人は、ホームから当時の田老地区での被害状況を伝えた。


三陸鉄道

関口宏、橋谷能理子、岸井成格が三陸鉄道内から中継。まもなく東日本大震災から3年を迎えるにあたり、今日はこれまでに何が変わって何が変わっていないのかを伝える。田老駅に到着した3人は、ホームから当時の田老地区での被害状況を伝えた。


田老駅

関口宏、橋谷能理子、岸井成格が三陸鉄道内から中継。まもなく東日本大震災から3年を迎えるにあたり、今日はこれまでに何が変わって何が変わっていないのかを伝える。田老駅に到着した3人は、ホームから当時の田老地区での被害状況を伝えた。


東日本大震災から3年 “いま わかったこと”

福島第一原発

福島第一原発のメルトダウン。事故は最悪レベルの7で放射能の影響はいまだ消えず、14万人が故郷に戻れぬままとなっている。関口宏が見た福島第一原発は、がれきがそのままに残っていた。


CM

東日本大震災から3年 “いま わかったこと”

CM

東日本大震災から3年 “いま わかったこと”

「サンデーモーニング」で紹介されたホテル・温泉旅館「サンデーモーニング」で紹介された観光・地域情報

たろう観光ホテル

関口宏らは、たろう観光ホテルに到着。建物は、宮古市が買い取り保存されることが決まっている。


CM

東日本大震災から3年 “いま わかったこと”

筑波大学

同時に起こった3つの揺れ。地球深部探査船「ちきゅう」を使い、震源域の海底約850mを掘り進めた結果、東日本大震災を引き起こした断層を取り出すことに成功した。取り出した断層部分は地震の摩擦熱で周囲より0.31度高くなっており、震災で動いた断層と断定した。さらに、スメクタイトを大量に含む粘土層であることがわかった。筑波大学の氏家恒太郎准教授は、スメクタイトは摩擦が低い物質で、地震の際に大きく滑らせる方向に働いてしまうと話した。


九段会館

東日本大震災で、津波による大きな被害に対し、揺れによる被害は少なかった。これについて建築研究所の福山洋グループ長は、「大きく損傷したり倒壊がみられたのは、今の耐震基準で作られたものより古い建物に限られている」と話している。阪神・淡路大震災をきっかけに、建物の耐震化が進んだことも、被害を減らした理由だった。しかし、一方で天井の落下が相次いだ。東京の九段会館では落ちた天井の下敷きになり2人が死亡した。また、天井裏の配管やエアコンの落下も相次ぎ、宮城・利府町では配管の落下により5歳の男児が死亡した。さらに、エスカレーターも接続部分が外れ落下する事故が起きている。国交省は、吊り天井とエスカレーターに4月から耐震化を義務付けるが、配管などについては検討段階で明確な安全基準がない。


東北大学

福島・いわき市では地震後活発になった地震で新たな断層ができた。東日本大震災により、日本列島が最大5.3m、大きく東にずれたことがわかった。その結果日本の地下は不安定になっている。東北大学の遠田晋次教授は、関東では現在、3.11の前の2〜3倍のペースで地震が起きているため、大きな地震が以前よりも2〜3倍起こりやすい状況で、完全に元に戻るには数十年かかるのではと話した。2004年にインドネシアで起きたスマトラ島沖地震のあと、マグニチュード8クラスの余震が相次いだ。日本三代実録には、869年の貞観地震と、その後の大きな災害について記されている。


「サンデーモーニング」で紹介されたホテル・温泉旅館「サンデーモーニング」で紹介された観光・地域情報

たろう観光ホテル

岩手・宮古市田老地区のたろう観光ホテル3階から中継。マグニチュード9クラスの地震のあとは、マグニチュード8クラスの余震が起こることがわかっている。日本が参考にすべきなのは、スマトラ島沖地震。日本では今のところ起きてはいないが、今後来ることを考えてえおくべきである。建物の被害はそれほど大きくなく、津波での被害が大きかったことについて涌井雅之は、「建物は今後長周期地震動についての対策が課題」とコメントした。安田菜津紀はフィリピンに当時いたが、陸前高田にいた義母が津波で亡くなったと話した。


気象庁

岩手・宮古市田老地区を襲った巨大津波。過去にも津波が押し寄せてきた田老地区では、全長2.4km、高さ10mの防潮堤が町を取り囲んでおり、津波に対する住民の意識も高かった。しかし津波は巨大な防潮堤を乗り越え、田老地区の死者・行方不明者は181人となった。住民が逃げ遅れた理由の1つは、気象庁が最初に岩手県に出した大津波警報が3mだったこと。それからおよそ40分後に10m以上の警報を出したが、田老地区にはそれより前に防潮堤を超える津波が到達していた。岩手・宮城・福島では、死者の約9割が津波による溺死だった。大船渡市の津波は観測史上最大の40.1m。東日本大震災では、小さな津波が起こるプレート間地震と、大きな津波が起こる津波地震が同時に起き、陸地に近づくにつれ2つの津波が重なり、大きな津波となってしまった。専門家の間では、こうした2つの異なる地震が起こることは想定されていなかった。宮城・女川町では4階建て鉄筋コンクリートのビルが70m押し流された。さらに引き波の力の強さにより倒されたビルもあった。仙台市若林区の浪分神社の名前は津波に由来する。政府や専門家は、今後30年以内に70%の確率で起こるとされる南海トラフ巨大地震の被害予測を見直し、従来の想定をはるかに超える甚大な被害が見えてきた。


CM

東日本大震災から3年 “いま わかったこと”

津波避難タワー

宮城・気仙沼市など多くの地域に未曾有の被害をもたらした大津波。この3年間でわかったことは、津波被害の予測を大きく見直す必要があることだった。南海トラフ巨大地震の最悪の状況を予測したシミュレーションでは、死者・行方不明者は32万3000人、経済損失は220兆円を超える。また、仙台空港や名取市などでは海から5kmのところまで津波が到達し、高台が少ない地域では逃げ場がない事も明らかになった。この教訓から、神奈川・藤沢市の津波避難タワーや静岡・袋井市の命山といったインフラ整備が各地で薦められている。さらに、津波が川を逆流するなどし、内陸でも津波の被害を受けることがわかった。海のない埼玉県でも、荒川を津波が登ってきた場合を想定するなど、対策を進めている。茨城・鹿嶋市沖では、津波観測網の設置が行われている。その一方で、人々の津波に対する意識も忘れてはならない。


命山

宮城・気仙沼市など多くの地域に未曾有の被害をもたらした大津波。この3年間でわかったことは、津波被害の予測を大きく見直す必要があることだった。南海トラフ巨大地震の最悪の状況を予測したシミュレーションでは、死者・行方不明者は32万3000人、経済損失は220兆円を超える。また、仙台空港や名取市などでは海から5kmのところまで津波が到達し、高台が少ない地域では逃げ場がない事も明らかになった。この教訓から、神奈川・藤沢市の津波避難タワーや静岡・袋井市の命山といったインフラ整備が各地で薦められている。さらに、津波が川を逆流するなどし、内陸でも津波の被害を受けることがわかった。海のない埼玉県でも、荒川を津波が登ってきた場合を想定するなど、対策を進めている。茨城・鹿嶋市沖では、津波観測網の設置が行われている。その一方で、人々の津波に対する意識も忘れてはならない。


仙台空港

宮城・気仙沼市など多くの地域に未曾有の被害をもたらした大津波。この3年間でわかったことは、津波被害の予測を大きく見直す必要があることだった。南海トラフ巨大地震の最悪の状況を予測したシミュレーションでは、死者・行方不明者は32万3000人、経済損失は220兆円を超える。また、仙台空港や名取市などでは海から5kmのところまで津波が到達し、高台が少ない地域では逃げ場がない事も明らかになった。この教訓から、神奈川・藤沢市の津波避難タワーや静岡・袋井市の命山といったインフラ整備が各地で薦められている。さらに、津波が川を逆流するなどし、内陸でも津波の被害を受けることがわかった。海のない埼玉県でも、荒川を津波が登ってきた場合を想定するなど、対策を進めている。茨城・鹿嶋市沖では、津波観測網の設置が行われている。その一方で、人々の津波に対する意識も忘れてはならない。


CM

東日本大震災から3年 “いま わかったこと”

請戸漁港

岩手・宮古市田老地区から関口宏らが中継。さらに福島・浪江町の請戸漁港から唐橋ユミが中継。あたりは3年前のまま、防潮堤も破壊されたままになっている。背後には事故を起こした原発の排気筒が見えている。現在も町全体が避難区域に指定されており、今回は特別な許可を得て中継している。ゲストの九州大学・工藤和彦特任教授は「原発事故の被害と津波の被害を同時に受けているこの地区の被害は深刻なものだと感じた」と話した。

岩手・宮古市田老地区から中継。福島第一原発を取材した関口宏は、「まだまだ悪いことが出尽くしていないと感じた」と述べた。福島・浪江町の請戸漁港から中継で工藤教授は、この3年でわかったことについて、「1つは汚染水漏れが深刻であるということ。もう1つは、初めて複数の原子炉が同時に炉心損傷が起きたということ。複数あることがメリットにならなかったことが大きな問題だとわかった」と述べた。また、廃炉については「廃炉の作業に入る前に、地下水を止めること、あるいは注いでいる水が漏れるのを止める対策が必要」と話した。今後の原発については「危険性が0というのは不可能。ただし、0に限りなく近づける努力が大事」と述べた。岸井成格は、電源が失われた原因について津波ではなく地震であると元所長が言っていることについて話し、工藤教授は、「外部電源が喪失したのは地震と思われるが、非常電源が失われたのは津波による水没」と述べた。


福島第一原発

福島第一原発は、未曾有の事故から3年で姿が大きく変わった。去年11月から使用済み核燃料の取り出し作業が行われている4号機の地下・トーラス室と呼ばれる場所にはがれきの山が。雑然とした作業場に、原発事故の爪痕は今でも生々しく残っていた。さらに地下へ進むと、汚染水がたまったままの状態に。事故前、想定されていなかった汚染水問題は今最大の問題となっている。兆候濃度汚染水の海洋流出が初めてわかったのは、2011年4月1日。約520トンの汚染水には、4700兆ベクレルの放射性物質が含まれていた。その後もタンクの欠陥や人為的ミスによる汚染水漏れ事故が相次いだ。事故直後から海洋汚染について研究してきた東京海洋大学の神田教授は、流出は今も続いているという。福島沿岸では、一部の試験操業を除いて漁は自粛されており、ほとんどの魚の放射線量は基準値を下回っているが、まれに大きく上回った魚が確認される。

福島第一原発が深刻な事態に陥った最大の原因は、全交流電源の喪失。元所長の二見常夫さんは、外部電源が強いと言われていた福島第一原発の外部送電ライン全てが地震により崩壊してしまったので、複数のバックアップが1つの事象で全滅するという落とし穴に「一部の送電線を地下ケーブルにするなど、多様化の観点が必要」と話した。さらに、非常用電源が津波を想定した場所に設置されていなかったために水没してしまったため、壊滅状態となった。事故当初、東京電力や政府は「想定外」を繰り返したが、津波による電源喪失や炉心損傷は事故前から指摘されていた。原子力安全機構(JNES)は2007年以降、「津波による炉心損傷」を指摘し、15m超えの津波では炉心損傷はほぼ100%と発表していた。しかし、その指摘は生かされなかった。北海道大学の奈良林教授は、住民の不安感情・原発訴訟への不安から、「安全神話」を疑わせる過酷事故対策にブレーキがかけられたのではと分析する。

岩手・宮古市田老地区から中継。福島第一原発を取材した関口宏は、「まだまだ悪いことが出尽くしていないと感じた」と述べた。福島・浪江町の請戸漁港から中継で工藤教授は、この3年でわかったことについて、「1つは汚染水漏れが深刻であるということ。もう1つは、初めて複数の原子炉が同時に炉心損傷が起きたということ。複数あることがメリットにならなかったことが大きな問題だとわかった」と述べた。また、廃炉については「廃炉の作業に入る前に、地下水を止めること、あるいは注いでいる水が漏れるのを止める対策が必要」と話した。今後の原発については「危険性が0というのは不可能。ただし、0に限りなく近づける努力が大事」と述べた。岸井成格は、電源が失われた原因について津波ではなく地震であると元所長が言っていることについて話し、工藤教授は、「外部電源が喪失したのは地震と思われるが、非常電源が失われたのは津波による水没」と述べた。


東京海洋大学

福島第一原発は、未曾有の事故から3年で姿が大きく変わった。去年11月から使用済み核燃料の取り出し作業が行われている4号機の地下・トーラス室と呼ばれる場所にはがれきの山が。雑然とした作業場に、原発事故の爪痕は今でも生々しく残っていた。さらに地下へ進むと、汚染水がたまったままの状態に。事故前、想定されていなかった汚染水問題は今最大の問題となっている。兆候濃度汚染水の海洋流出が初めてわかったのは、2011年4月1日。約520トンの汚染水には、4700兆ベクレルの放射性物質が含まれていた。その後もタンクの欠陥や人為的ミスによる汚染水漏れ事故が相次いだ。事故直後から海洋汚染について研究してきた東京海洋大学の神田教授は、流出は今も続いているという。福島沿岸では、一部の試験操業を除いて漁は自粛されており、ほとんどの魚の放射線量は基準値を下回っているが、まれに大きく上回った魚が確認される。


東京電力

福島第一原発が深刻な事態に陥った最大の原因は、全交流電源の喪失。元所長の二見常夫さんは、外部電源が強いと言われていた福島第一原発の外部送電ライン全てが地震により崩壊してしまったので、複数のバックアップが1つの事象で全滅するという落とし穴に「一部の送電線を地下ケーブルにするなど、多様化の観点が必要」と話した。さらに、非常用電源が津波を想定した場所に設置されていなかったために水没してしまったため、壊滅状態となった。事故当初、東京電力や政府は「想定外」を繰り返したが、津波による電源喪失や炉心損傷は事故前から指摘されていた。原子力安全機構(JNES)は2007年以降、「津波による炉心損傷」を指摘し、15m超えの津波では炉心損傷はほぼ100%と発表していた。しかし、その指摘は生かされなかった。北海道大学の奈良林教授は、住民の不安感情・原発訴訟への不安から、「安全神話」を疑わせる過酷事故対策にブレーキがかけられたのではと分析する。


北海道大学

福島第一原発が深刻な事態に陥った最大の原因は、全交流電源の喪失。元所長の二見常夫さんは、外部電源が強いと言われていた福島第一原発の外部送電ライン全てが地震により崩壊してしまったので、複数のバックアップが1つの事象で全滅するという落とし穴に「一部の送電線を地下ケーブルにするなど、多様化の観点が必要」と話した。さらに、非常用電源が津波を想定した場所に設置されていなかったために水没してしまったため、壊滅状態となった。事故当初、東京電力や政府は「想定外」を繰り返したが、津波による電源喪失や炉心損傷は事故前から指摘されていた。原子力安全機構(JNES)は2007年以降、「津波による炉心損傷」を指摘し、15m超えの津波では炉心損傷はほぼ100%と発表していた。しかし、その指摘は生かされなかった。北海道大学の奈良林教授は、住民の不安感情・原発訴訟への不安から、「安全神話」を疑わせる過酷事故対策にブレーキがかけられたのではと分析する。


CM

東日本大震災から3年 “いま わかったこと”

法政大学

法政大学の五十嵐教授は、こうした制度の壁を乗り越えるためには、政治のリーダーシップが必要だと話した。閖上地区の住民は「何も変わらないのが悔しい」と話した。


CM

東日本大震災から3年 “いま わかったこと”

請戸漁港

岩手・宮古市の田老地区から関口宏らが中継。福島・浪江町の請戸漁港から唐橋ユミが中継。浪江町の住民へ避難指示解除後の帰還意向について聞いたところ、戻りたいと答えたのは18.8%。判断がつかないと答えたのは37.5%。工藤教授はこれからの課題について「これまで原子力発電の安全性に過信があり、重大な事故の際の対策がされていなかった。これからもし帰宅について取り組むのであれば、国や行政が正確な情報を発信して、できるだけきめ細かい解説を行うことが大事」と述べた。岸井成格は「日本人として、原発をどうするかの決断を迫られている。いろいろ議論はあると思うが方向は決めるべき」と話した。


CM

(一週間のニュース)

マレーシア航空

乗客・乗員239人を乗せたマレーシア航空機が消息を絶った。マレーシア航空370便はマレーシア・クアラルンプールを離陸してから2時間後、北京へ向かう途中のベトナム南部の海上で行方不明となった。ベトナム政府は旅客機から流出したとみられる油を捜索中の海域で発見したとAP通信が伝えた。


AP通信

乗客・乗員239人を乗せたマレーシア航空機が消息を絶った。マレーシア航空370便はマレーシア・クアラルンプールを離陸してから2時間後、北京へ向かう途中のベトナム南部の海上で行方不明となった。ベトナム政府は旅客機から流出したとみられる油を捜索中の海域で発見したとAP通信が伝えた。


(天気予報)

CM

(スポーツニュース)

「サンデーモーニング」で紹介されたイベント情報

ソチパラリンピック

ソチパラリンピックが開幕した。日本人選手は20人参加。アルペンスキー男子滑降・座位の部で、狩野亮が金メダルを獲得した。


国立競技場

サッカー日本対ニュージーランドの試合が国立競技場で行われ、岡崎慎司、香川真司らのゴールで4-2で日本が勝利した。


琉球ゴルフ倶楽部

沖縄・琉球ゴルフ倶楽部で女子ゴルフ開幕戦 ダイキンオーキッドレディス2日目が行われ、横峯さくらが安定感抜群のショットで6位タイへと浮上。2013賞金女王の森田理香子も悪天候をものともせず首位浮上し、開幕戦連覇へ挑む。


「サンデーモーニング」で紹介されたイベント情報

女子ゴルフ開幕戦 ダイキンオーキッドレディス2日目

沖縄・琉球ゴルフ倶楽部で女子ゴルフ開幕戦 ダイキンオーキッドレディス2日目が行われ、横峯さくらが安定感抜群のショットで6位タイへと浮上。2013賞金女王の森田理香子も悪天候をものともせず首位浮上し、開幕戦連覇へ挑む。


CM

(エンディング)

福島第一原発

東日本大震災から3年、かつて岩手県の寺で住職を務めた瀬戸内寂聴は、「人間はおごりすぎていた。人間の想定するもの、想像するものなんてたかが知れている。もっと謙虚になるべき」と述べた。岩手・宮古市や宮城・名取市の映像とともに被災地の人々のコメントが流れた。この3年を振り返って、東京大学・地震研究所の纐纈一起教授は「科学の力には限界がある」、東北大学の今村文彦きょうじゅは「我々人間自体を知らなければならない」、福島第一原発の二見元所長は、「こういう結果になり、ものすごく申し訳ない」とそれぞれコメントした。JT生命誌研究館の中村桂子館長は、「現代文明社会は自然の中できちっと生きてこなかったんじゃないかと思い知らされた」と話した。


(番組宣伝)

CM

「サンデーモーニング」2014年3月2日(日)放送内容「サンデーモーニング」2014年3月16日(日)放送内容

2014年02月 2014年03月 2014年04月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
  • 「サンデーモーニング」で紹介されたすべての情報
  • 「サンデーモーニング」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「サンデーモーニング」で紹介された音楽・CD
  • 「サンデーモーニング」で紹介された映画・DVD
  • 「サンデーモーニング」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「サンデーモーニング」で紹介されたグルメ情報
  • 「サンデーモーニング」で紹介された料理レシピ
  • 「サンデーモーニング」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「サンデーモーニング」で紹介された観光・地域情報
  • 「サンデーモーニング」で紹介されたイベント情報
  • 「サンデーモーニング」で紹介された雑学・豆知識