ホーム > テレビ紹介情報 > TBS > 世界ふしぎ発見! > 2011年11月26日(土)
テレビ紹介情報

「世界ふしぎ発見!」で紹介された情報

「世界ふしぎ発見!」2011年11月19日(土)放送内容「世界ふしぎ発見!」2011年12月3日(土)放送内容

「世界ふしぎ発見!」 2011年11月26日(土)放送内容

2011年11月26日(土) 21:00〜21:54 TBS
【レギュラー出演】 出水麻衣 , 板東英二 , 草野仁 , 野々村真 , 黒柳徹子
【ゲスト】 ビビる大木 , 藤原道山 , 青木さやか , 黒川智花
【その他】 中島亜梨沙 , 佐治八重子 , 冨江さゆり , 前岡孝彰 , 寳山龍弘 , 山本淳子 , 朧谷寿 , 林美木子 , 藤本孝一 , 高橋清孝 , 鷲尾遍隆
【声の出演】 真地勇志 , 梅津秀行

(オープニング)

朝日新聞社

大覚寺で、平安貴族の雅な風習を今に伝えるイベントが行われた。ミステリーハンターの中島亜梨沙が大覚寺で行われる月見をする「観月の夕べ」というイベントを訪れた。平安の時代に世界に誇る日本文学の最高峰「源氏物語」が生まれた。「源氏物語」はいつかは読みたい本ランキングで、堂々の一位となっている。12月10日には映画「源氏物語 千年の謎」が公開される。今夜は源氏物語に隠された紫式部の野望を解く。


旧嵯峨御所 大覚寺門跡

大覚寺で、平安貴族の雅な風習を今に伝えるイベントが行われた。ミステリーハンターの中島亜梨沙が大覚寺で行われる月見をする「観月の夕べ」というイベントを訪れた。平安の時代に世界に誇る日本文学の最高峰「源氏物語」が生まれた。「源氏物語」はいつかは読みたい本ランキングで、堂々の一位となっている。12月10日には映画「源氏物語 千年の謎」が公開される。今夜は源氏物語に隠された紫式部の野望を解く。


「世界ふしぎ発見!」で紹介されたイベント情報

観月の夕べ

大覚寺で、平安貴族の雅な風習を今に伝えるイベントが行われた。ミステリーハンターの中島亜梨沙が大覚寺で行われる月見をする「観月の夕べ」というイベントを訪れた。平安の時代に世界に誇る日本文学の最高峰「源氏物語」が生まれた。「源氏物語」はいつかは読みたい本ランキングで、堂々の一位となっている。12月10日には映画「源氏物語 千年の謎」が公開される。今夜は源氏物語に隠された紫式部の野望を解く。


「世界ふしぎ発見!」で紹介された本・コミック・雑誌

源氏物語

大覚寺で、平安貴族の雅な風習を今に伝えるイベントが行われた。ミステリーハンターの中島亜梨沙が大覚寺で行われる月見をする「観月の夕べ」というイベントを訪れた。平安の時代に世界に誇る日本文学の最高峰「源氏物語」が生まれた。「源氏物語」はいつかは読みたい本ランキングで、堂々の一位となっている。12月10日には映画「源氏物語 千年の謎」が公開される。今夜は源氏物語に隠された紫式部の野望を解く。


京都文化博物館

大覚寺で、平安貴族の雅な風習を今に伝えるイベントが行われた。ミステリーハンターの中島亜梨沙が大覚寺で行われる月見をする「観月の夕べ」というイベントを訪れた。平安の時代に世界に誇る日本文学の最高峰「源氏物語」が生まれた。「源氏物語」はいつかは読みたい本ランキングで、堂々の一位となっている。12月10日には映画「源氏物語 千年の謎」が公開される。今夜は源氏物語に隠された紫式部の野望を解く。


「世界ふしぎ発見!」で紹介された映画・DVD

源氏物語 千年の謎

大覚寺で、平安貴族の雅な風習を今に伝えるイベントが行われた。ミステリーハンターの中島亜梨沙が大覚寺で行われる月見をする「観月の夕べ」というイベントを訪れた。平安の時代に世界に誇る日本文学の最高峰「源氏物語」が生まれた。「源氏物語」はいつかは読みたい本ランキングで、堂々の一位となっている。12月10日には映画「源氏物語 千年の謎」が公開される。今夜は源氏物語に隠された紫式部の野望を解く。


「世界ふしぎ発見!」で紹介されたイベント情報

満月法会

大覚寺で、平安貴族の雅な風習を今に伝えるイベントが行われた。ミステリーハンターの中島亜梨沙が大覚寺で行われる月見をする「観月の夕べ」というイベントを訪れた。平安の時代に世界に誇る日本文学の最高峰「源氏物語」が生まれた。「源氏物語」はいつかは読みたい本ランキングで、堂々の一位となっている。12月10日には映画「源氏物語 千年の謎」が公開される。今夜は源氏物語に隠された紫式部の野望を解く。


いつかは読みたい本ランキング

大覚寺で、平安貴族の雅な風習を今に伝えるイベントが行われた。ミステリーハンターの中島亜梨沙が大覚寺で行われる月見をする「観月の夕べ」というイベントを訪れた。平安の時代に世界に誇る日本文学の最高峰「源氏物語」が生まれた。「源氏物語」はいつかは読みたい本ランキングで、堂々の一位となっている。12月10日には映画「源氏物語 千年の謎」が公開される。今夜は源氏物語に隠された紫式部の野望を解く。


(第1問)

「世界ふしぎ発見!」で紹介された本・コミック・雑誌

源氏物語

中島亜梨沙が、彩色絵師の林美木子さんを訪ねた。林さんは、大和絵の絵師で貝覆いというものを作っており、貝殻に「源氏物語」の世界を描いている。


「世界ふしぎ発見!」で紹介された本・コミック・雑誌

源氏物語

芸術家・写真家・デザイナーさんが描いた源氏物語の大和絵がスタジオに登場。草野仁が大和絵の特徴を説明した。


「世界ふしぎ発見!」で紹介されたイベント情報

時代祭

京都三大祭りの一つ「時代祭」は、総勢2000人が行進する。明治維新から平安初期まで8つの時代をさかのぼる。その平安時代の行進の中に、作家と「枕草子」の作者、作家の姿があった。二人とも同じ時代に宮中で働く女房だった。

平安中期、作家と作家は最大のライバルだった。敵対心をむき出しにする作家の、その背景には激しい権力闘争があった。


「世界ふしぎ発見!」で紹介された本・コミック・雑誌

枕草子

京都三大祭りの一つ「時代祭」は、総勢2000人が行進する。明治維新から平安初期まで8つの時代をさかのぼる。その平安時代の行進の中に、作家と「枕草子」の作者、作家の姿があった。二人とも同じ時代に宮中で働く女房だった。

平安中期、作家と作家は最大のライバルだった。敵対心をむき出しにする作家の、その背景には激しい権力闘争があった。


「世界ふしぎ発見!」で紹介された本・コミック・雑誌

源氏物語

京都三大祭りの一つ「時代祭」は、総勢2000人が行進する。明治維新から平安初期まで8つの時代をさかのぼる。その平安時代の行進の中に、作家と「枕草子」の作者、作家の姿があった。二人とも同じ時代に宮中で働く女房だった。

平安中期、作家と作家は最大のライバルだった。敵対心をむき出しにする作家の、その背景には激しい権力闘争があった。


(第1問)

平安神宮

源氏物語が書かれた1000年前の面影を伝える平安神宮で、朧谷寿が作家、作家について説明。作家は、その他の妃のその他に仕えていた女房の中心的存在だった。「枕草子」はその他に仕えていた記録だった。その他のもとにはその他もよく通ってきて、子どももできた。

そんな中、貴族の頂点に立つという野望を抱いていた政治家は、当時12歳の娘その他をその他に嫁がせた。その他の女房として政治家がスカウトしてきたのが作家だった。作家が宮仕えしたことを書いたのが「源氏物語」だった。二人が直接顔を合わせた記録は残っていないが「作家日記絵詞」には「作家は知識不足」などと記されている。作家は源氏物語を書き進め、その他は続きを心待ちにした。そして、政治家の思惑通り、その他がその他の子を産み、のちに天皇となり、道長は摂政となり権力を手に入れた。


「世界ふしぎ発見!」で紹介された映画・DVD

源氏物語 千年の謎

源氏物語が書かれた1000年前の面影を伝える平安神宮で、朧谷寿が作家、作家について説明。作家は、その他の妃のその他に仕えていた女房の中心的存在だった。「枕草子」はその他に仕えていた記録だった。その他のもとにはその他もよく通ってきて、子どももできた。

そんな中、貴族の頂点に立つという野望を抱いていた政治家は、当時12歳の娘その他をその他に嫁がせた。その他の女房として政治家がスカウトしてきたのが作家だった。作家が宮仕えしたことを書いたのが「源氏物語」だった。二人が直接顔を合わせた記録は残っていないが「作家日記絵詞」には「作家は知識不足」などと記されている。作家は源氏物語を書き進め、その他は続きを心待ちにした。そして、政治家の思惑通り、その他がその他の子を産み、のちに天皇となり、道長は摂政となり権力を手に入れた。


平安神宮

源氏物語が書かれた1000年前の面影を伝える平安神宮で、朧谷寿が作家、作家について説明。作家は、その他の妃のその他に仕えていた女房の中心的存在だった。「枕草子」はその他に仕えていた記録だった。その他のもとにはその他もよく通ってきて、子どももできた。

そんな中、貴族の頂点に立つという野望を抱いていた政治家は、当時12歳の娘その他をその他に嫁がせた。その他の女房として政治家がスカウトしてきたのが作家だった。作家が宮仕えしたことを書いたのが「源氏物語」だった。二人が直接顔を合わせた記録は残っていないが「作家日記絵詞」には「作家は知識不足」などと記されている。作家は源氏物語を書き進め、その他は続きを心待ちにした。そして、政治家の思惑通り、その他がその他の子を産み、のちに天皇となり、道長は摂政となり権力を手に入れた。


「世界ふしぎ発見!」で紹介された映画・DVD

源氏物語 千年の謎

源氏物語が書かれた1000年前の面影を伝える平安神宮で、朧谷寿が作家、作家について説明。作家は、その他の妃のその他に仕えていた女房の中心的存在だった。「枕草子」はその他に仕えていた記録だった。その他のもとにはその他もよく通ってきて、子どももできた。

そんな中、貴族の頂点に立つという野望を抱いていた政治家は、当時12歳の娘その他をその他に嫁がせた。その他の女房として政治家がスカウトしてきたのが作家だった。作家が宮仕えしたことを書いたのが「源氏物語」だった。二人が直接顔を合わせた記録は残っていないが「作家日記絵詞」には「作家は知識不足」などと記されている。作家は源氏物語を書き進め、その他は続きを心待ちにした。そして、政治家の思惑通り、その他がその他の子を産み、のちに天皇となり、道長は摂政となり権力を手に入れた。


ジェイティービー

「その他が猫を大切にするあまりしたこととは?」という問題が出題された。

JTBより上海の旅プレゼントのお知らせ。

正解は「官位を与えた」。枕草子の記述にも官位が与えられたことが記されている。


(第2問)

「世界ふしぎ発見!」で紹介された映画・DVD

源氏物語 千年の謎

1000年前に紫式部が書いた源氏物語の主人公、その他一般人。その他一般人のモデルは政治家という説がある。また、歴史上人物でモデルとして有力とされているのが、紫式部より100年前に実在したその他。平等院にはその他の別邸があった。清涼寺にはその他が自分の顔に似せて作らせたとされる阿弥陀三尊坐像がある。

鞍馬の火祭の様子を紹介。鞍馬寺はその他一般人がその他と出会うという重要なシーンに登場する寺だと言われている。その他は10歳の時に、その他一般人に見初められ、その後生涯を共にする。

野宮神社では、斎宮行列が再現されていた。野宮神社は源氏物語では、その他一般人に会う為その他一般人が訪れる場所。その他一般人はその他一般人を愛するあまり、その他一般人を呪い殺してしまう。


平等院

1000年前に紫式部が書いた源氏物語の主人公、その他一般人。その他一般人のモデルは政治家という説がある。また、歴史上人物でモデルとして有力とされているのが、紫式部より100年前に実在したその他。平等院にはその他の別邸があった。清涼寺にはその他が自分の顔に似せて作らせたとされる阿弥陀三尊坐像がある。

鞍馬の火祭の様子を紹介。鞍馬寺はその他一般人がその他と出会うという重要なシーンに登場する寺だと言われている。その他は10歳の時に、その他一般人に見初められ、その後生涯を共にする。

野宮神社では、斎宮行列が再現されていた。野宮神社は源氏物語では、その他一般人に会う為その他一般人が訪れる場所。その他一般人はその他一般人を愛するあまり、その他一般人を呪い殺してしまう。


清涼寺

1000年前に紫式部が書いた源氏物語の主人公、その他一般人。その他一般人のモデルは政治家という説がある。また、歴史上人物でモデルとして有力とされているのが、紫式部より100年前に実在したその他。平等院にはその他の別邸があった。清涼寺にはその他が自分の顔に似せて作らせたとされる阿弥陀三尊坐像がある。

鞍馬の火祭の様子を紹介。鞍馬寺はその他一般人がその他と出会うという重要なシーンに登場する寺だと言われている。その他は10歳の時に、その他一般人に見初められ、その後生涯を共にする。

野宮神社では、斎宮行列が再現されていた。野宮神社は源氏物語では、その他一般人に会う為その他一般人が訪れる場所。その他一般人はその他一般人を愛するあまり、その他一般人を呪い殺してしまう。


「世界ふしぎ発見!」で紹介されたイベント情報

鞍馬の火祭

1000年前に紫式部が書いた源氏物語の主人公、その他一般人。その他一般人のモデルは政治家という説がある。また、歴史上人物でモデルとして有力とされているのが、紫式部より100年前に実在したその他。平等院にはその他の別邸があった。清涼寺にはその他が自分の顔に似せて作らせたとされる阿弥陀三尊坐像がある。

鞍馬の火祭の様子を紹介。鞍馬寺はその他一般人がその他と出会うという重要なシーンに登場する寺だと言われている。その他は10歳の時に、その他一般人に見初められ、その後生涯を共にする。

野宮神社では、斎宮行列が再現されていた。野宮神社は源氏物語では、その他一般人に会う為その他一般人が訪れる場所。その他一般人はその他一般人を愛するあまり、その他一般人を呪い殺してしまう。


鞍馬寺

1000年前に紫式部が書いた源氏物語の主人公、その他一般人。その他一般人のモデルは政治家という説がある。また、歴史上人物でモデルとして有力とされているのが、紫式部より100年前に実在したその他。平等院にはその他の別邸があった。清涼寺にはその他が自分の顔に似せて作らせたとされる阿弥陀三尊坐像がある。

鞍馬の火祭の様子を紹介。鞍馬寺はその他一般人がその他と出会うという重要なシーンに登場する寺だと言われている。その他は10歳の時に、その他一般人に見初められ、その後生涯を共にする。

野宮神社では、斎宮行列が再現されていた。野宮神社は源氏物語では、その他一般人に会う為その他一般人が訪れる場所。その他一般人はその他一般人を愛するあまり、その他一般人を呪い殺してしまう。


野宮神社

1000年前に紫式部が書いた源氏物語の主人公、その他一般人。その他一般人のモデルは政治家という説がある。また、歴史上人物でモデルとして有力とされているのが、紫式部より100年前に実在したその他。平等院にはその他の別邸があった。清涼寺にはその他が自分の顔に似せて作らせたとされる阿弥陀三尊坐像がある。

鞍馬の火祭の様子を紹介。鞍馬寺はその他一般人がその他と出会うという重要なシーンに登場する寺だと言われている。その他は10歳の時に、その他一般人に見初められ、その後生涯を共にする。

野宮神社では、斎宮行列が再現されていた。野宮神社は源氏物語では、その他一般人に会う為その他一般人が訪れる場所。その他一般人はその他一般人を愛するあまり、その他一般人を呪い殺してしまう。


「世界ふしぎ発見!」で紹介された本・コミック・雑誌

源氏物語

1000年前に紫式部が書いた源氏物語の主人公、その他一般人。その他一般人のモデルは政治家という説がある。また、歴史上人物でモデルとして有力とされているのが、紫式部より100年前に実在したその他。平等院にはその他の別邸があった。清涼寺にはその他が自分の顔に似せて作らせたとされる阿弥陀三尊坐像がある。

鞍馬の火祭の様子を紹介。鞍馬寺はその他一般人がその他と出会うという重要なシーンに登場する寺だと言われている。その他は10歳の時に、その他一般人に見初められ、その後生涯を共にする。

野宮神社では、斎宮行列が再現されていた。野宮神社は源氏物語では、その他一般人に会う為その他一般人が訪れる場所。その他一般人はその他一般人を愛するあまり、その他一般人を呪い殺してしまう。


「世界ふしぎ発見!」で紹介されたイベント情報

斎宮行列

1000年前に紫式部が書いた源氏物語の主人公、その他一般人。その他一般人のモデルは政治家という説がある。また、歴史上人物でモデルとして有力とされているのが、紫式部より100年前に実在したその他。平等院にはその他の別邸があった。清涼寺にはその他が自分の顔に似せて作らせたとされる阿弥陀三尊坐像がある。

鞍馬の火祭の様子を紹介。鞍馬寺はその他一般人がその他と出会うという重要なシーンに登場する寺だと言われている。その他は10歳の時に、その他一般人に見初められ、その後生涯を共にする。

野宮神社では、斎宮行列が再現されていた。野宮神社は源氏物語では、その他一般人に会う為その他一般人が訪れる場所。その他一般人はその他一般人を愛するあまり、その他一般人を呪い殺してしまう。


(第2問)

「世界ふしぎ発見!」で紹介された本・コミック・雑誌

源氏物語

その他一般人のお墓は、民家の坪庭にあった。住民の冨江さゆりさんが移り住む300年前には既にその他一般人のお墓があった。当時源氏物語は庶民の間でも読まれるようになり、その他一般人は人気があった。熱烈なファンによって、その他一般人の家があったとされる場所に墓が作られた。京都市考古資料館にある出土品から当時の暮らしがわかる。木簡などが展示されている。


京都市考古資料館

その他一般人のお墓は、民家の坪庭にあった。住民の冨江さゆりさんが移り住む300年前には既にその他一般人のお墓があった。当時源氏物語は庶民の間でも読まれるようになり、その他一般人は人気があった。熱烈なファンによって、その他一般人の家があったとされる場所に墓が作られた。京都市考古資料館にある出土品から当時の暮らしがわかる。木簡などが展示されている。


但馬国府・国分寺館

「平安時代の役人が木簡に書いて練習したものとは?」という問題が出題された。

正解は「かけ算九九」。但馬国府・国分寺館に九九が書かれた木簡が展示されていた。正解した藤原道山が尺八で番組のイントロ曲を演奏した。


尺八

「平安時代の役人が木簡に書いて練習したものとは?」という問題が出題された。

正解は「かけ算九九」。但馬国府・国分寺館に九九が書かれた木簡が展示されていた。正解した藤原道山が尺八で番組のイントロ曲を演奏した。


(ラストミステリー)

「世界ふしぎ発見!」で紹介されたレストラン・飲食店

平安時代に天皇様が宮中で食べていたとされる料理「蒸し鮑」などを「下鴨茶寮」で「類聚雑要抄指図巻」をもとに再現してもらった。

作家が源氏物語を書いていたとされる廬山寺で、山本淳子教授に作家にとって宮中とはどんな場所だったのが聞いた。映画「源氏物語 千年の謎」(東宝)の映像で当時の様子を紹介しながら、「源氏物語」を書く職場として宮中は儀式なども見え、願ってもない職場だったが、人間関係に悩んでいたと話し、「源氏物語」のその他一般人という登場に人物に一番思いいれがあったのではと語った。

 (懐石・会席料理、京料理)

「世界ふしぎ発見!」で紹介されたグルメ情報

蒸し鮑

平安時代に天皇様が宮中で食べていたとされる料理「蒸し鮑」などを「下鴨茶寮」で「類聚雑要抄指図巻」をもとに再現してもらった。

作家が源氏物語を書いていたとされる廬山寺で、山本淳子教授に作家にとって宮中とはどんな場所だったのが聞いた。映画「源氏物語 千年の謎」(東宝)の映像で当時の様子を紹介しながら、「源氏物語」を書く職場として宮中は儀式なども見え、願ってもない職場だったが、人間関係に悩んでいたと話し、「源氏物語」のその他一般人という登場に人物に一番思いいれがあったのではと語った。


「世界ふしぎ発見!」で紹介されたグルメ情報

雉脯

平安時代に天皇様が宮中で食べていたとされる料理「蒸し鮑」などを「下鴨茶寮」で「類聚雑要抄指図巻」をもとに再現してもらった。

作家が源氏物語を書いていたとされる廬山寺で、山本淳子教授に作家にとって宮中とはどんな場所だったのが聞いた。映画「源氏物語 千年の謎」(東宝)の映像で当時の様子を紹介しながら、「源氏物語」を書く職場として宮中は儀式なども見え、願ってもない職場だったが、人間関係に悩んでいたと話し、「源氏物語」のその他一般人という登場に人物に一番思いいれがあったのではと語った。


「世界ふしぎ発見!」で紹介されたグルメ情報

平安時代に天皇様が宮中で食べていたとされる料理「蒸し鮑」などを「下鴨茶寮」で「類聚雑要抄指図巻」をもとに再現してもらった。

作家が源氏物語を書いていたとされる廬山寺で、山本淳子教授に作家にとって宮中とはどんな場所だったのが聞いた。映画「源氏物語 千年の謎」(東宝)の映像で当時の様子を紹介しながら、「源氏物語」を書く職場として宮中は儀式なども見え、願ってもない職場だったが、人間関係に悩んでいたと話し、「源氏物語」のその他一般人という登場に人物に一番思いいれがあったのではと語った。


「世界ふしぎ発見!」で紹介されたグルメ情報

平安時代に天皇様が宮中で食べていたとされる料理「蒸し鮑」などを「下鴨茶寮」で「類聚雑要抄指図巻」をもとに再現してもらった。

作家が源氏物語を書いていたとされる廬山寺で、山本淳子教授に作家にとって宮中とはどんな場所だったのが聞いた。映画「源氏物語 千年の謎」(東宝)の映像で当時の様子を紹介しながら、「源氏物語」を書く職場として宮中は儀式なども見え、願ってもない職場だったが、人間関係に悩んでいたと話し、「源氏物語」のその他一般人という登場に人物に一番思いいれがあったのではと語った。


「世界ふしぎ発見!」で紹介されたグルメ情報

平安時代に天皇様が宮中で食べていたとされる料理「蒸し鮑」などを「下鴨茶寮」で「類聚雑要抄指図巻」をもとに再現してもらった。

作家が源氏物語を書いていたとされる廬山寺で、山本淳子教授に作家にとって宮中とはどんな場所だったのが聞いた。映画「源氏物語 千年の謎」(東宝)の映像で当時の様子を紹介しながら、「源氏物語」を書く職場として宮中は儀式なども見え、願ってもない職場だったが、人間関係に悩んでいたと話し、「源氏物語」のその他一般人という登場に人物に一番思いいれがあったのではと語った。


「世界ふしぎ発見!」で紹介されたグルメ情報

平安時代に天皇様が宮中で食べていたとされる料理「蒸し鮑」などを「下鴨茶寮」で「類聚雑要抄指図巻」をもとに再現してもらった。

作家が源氏物語を書いていたとされる廬山寺で、山本淳子教授に作家にとって宮中とはどんな場所だったのが聞いた。映画「源氏物語 千年の謎」(東宝)の映像で当時の様子を紹介しながら、「源氏物語」を書く職場として宮中は儀式なども見え、願ってもない職場だったが、人間関係に悩んでいたと話し、「源氏物語」のその他一般人という登場に人物に一番思いいれがあったのではと語った。


「世界ふしぎ発見!」で紹介されたグルメ情報

平安時代に天皇様が宮中で食べていたとされる料理「蒸し鮑」などを「下鴨茶寮」で「類聚雑要抄指図巻」をもとに再現してもらった。

作家が源氏物語を書いていたとされる廬山寺で、山本淳子教授に作家にとって宮中とはどんな場所だったのが聞いた。映画「源氏物語 千年の謎」(東宝)の映像で当時の様子を紹介しながら、「源氏物語」を書く職場として宮中は儀式なども見え、願ってもない職場だったが、人間関係に悩んでいたと話し、「源氏物語」のその他一般人という登場に人物に一番思いいれがあったのではと語った。


廬山天台講寺

平安時代に天皇様が宮中で食べていたとされる料理「蒸し鮑」などを「下鴨茶寮」で「類聚雑要抄指図巻」をもとに再現してもらった。

作家が源氏物語を書いていたとされる廬山寺で、山本淳子教授に作家にとって宮中とはどんな場所だったのが聞いた。映画「源氏物語 千年の謎」(東宝)の映像で当時の様子を紹介しながら、「源氏物語」を書く職場として宮中は儀式なども見え、願ってもない職場だったが、人間関係に悩んでいたと話し、「源氏物語」のその他一般人という登場に人物に一番思いいれがあったのではと語った。


「世界ふしぎ発見!」で紹介された映画・DVD

源氏物語 千年の謎

平安時代に天皇様が宮中で食べていたとされる料理「蒸し鮑」などを「下鴨茶寮」で「類聚雑要抄指図巻」をもとに再現してもらった。

作家が源氏物語を書いていたとされる廬山寺で、山本淳子教授に作家にとって宮中とはどんな場所だったのが聞いた。映画「源氏物語 千年の謎」(東宝)の映像で当時の様子を紹介しながら、「源氏物語」を書く職場として宮中は儀式なども見え、願ってもない職場だったが、人間関係に悩んでいたと話し、「源氏物語」のその他一般人という登場に人物に一番思いいれがあったのではと語った。


「世界ふしぎ発見!」で紹介された本・コミック・雑誌

源氏物語

平安時代に天皇様が宮中で食べていたとされる料理「蒸し鮑」などを「下鴨茶寮」で「類聚雑要抄指図巻」をもとに再現してもらった。

作家が源氏物語を書いていたとされる廬山寺で、山本淳子教授に作家にとって宮中とはどんな場所だったのが聞いた。映画「源氏物語 千年の謎」(東宝)の映像で当時の様子を紹介しながら、「源氏物語」を書く職場として宮中は儀式なども見え、願ってもない職場だったが、人間関係に悩んでいたと話し、「源氏物語」のその他一般人という登場に人物に一番思いいれがあったのではと語った。


東宝

平安時代に天皇様が宮中で食べていたとされる料理「蒸し鮑」などを「下鴨茶寮」で「類聚雑要抄指図巻」をもとに再現してもらった。

作家が源氏物語を書いていたとされる廬山寺で、山本淳子教授に作家にとって宮中とはどんな場所だったのが聞いた。映画「源氏物語 千年の謎」(東宝)の映像で当時の様子を紹介しながら、「源氏物語」を書く職場として宮中は儀式なども見え、願ってもない職場だったが、人間関係に悩んでいたと話し、「源氏物語」のその他一般人という登場に人物に一番思いいれがあったのではと語った。


(ラストミステリー)

石山寺

滋賀県大津市にある石山寺にある、作家直筆の大般若経や石山寺の「秋月祭」などを紹介。鷲尾遍隆さんは、作家は西暦1004年の8月の十五夜を本堂から拝み、「源氏物語の」須磨の巻、明石の巻より筆を下ろされたという言い伝えがあると話した。作家の父であるその他は受領というわれる地方貴族だったため、都の貴族に嫉妬することが多かったため、作家も嫉妬などの思いを抱いていたといわれている。山本淳子は、受領階級出身の女性として描かれている天皇となる子を産む「その他一般人」には、作家の思いがこもっていると話した。


「世界ふしぎ発見!」で紹介された本・コミック・雑誌

源氏物語

滋賀県大津市にある石山寺にある、作家直筆の大般若経や石山寺の「秋月祭」などを紹介。鷲尾遍隆さんは、作家は西暦1004年の8月の十五夜を本堂から拝み、「源氏物語の」須磨の巻、明石の巻より筆を下ろされたという言い伝えがあると話した。作家の父であるその他は受領というわれる地方貴族だったため、都の貴族に嫉妬することが多かったため、作家も嫉妬などの思いを抱いていたといわれている。山本淳子は、受領階級出身の女性として描かれている天皇となる子を産む「その他一般人」には、作家の思いがこもっていると話した。


「世界ふしぎ発見!」で紹介されたイベント情報

秋月祭

滋賀県大津市にある石山寺にある、作家直筆の大般若経や石山寺の「秋月祭」などを紹介。鷲尾遍隆さんは、作家は西暦1004年の8月の十五夜を本堂から拝み、「源氏物語の」須磨の巻、明石の巻より筆を下ろされたという言い伝えがあると話した。作家の父であるその他は受領というわれる地方貴族だったため、都の貴族に嫉妬することが多かったため、作家も嫉妬などの思いを抱いていたといわれている。山本淳子は、受領階級出身の女性として描かれている天皇となる子を産む「その他一般人」には、作家の思いがこもっていると話した。


錦市場商店街

「女房たちに「むらさき」と呼ばれていた海産物は?」という問題が出題された。

女房たちに「むらさき」と呼ばれていた海産物は、イワシだった。錦市場で、イワシが群れると海面が紫色に見えるためだと説明した。


「世界ふしぎ発見!」で紹介されたグルメ情報

イワシ

「女房たちに「むらさき」と呼ばれていた海産物は?」という問題が出題された。

女房たちに「むらさき」と呼ばれていた海産物は、イワシだった。錦市場で、イワシが群れると海面が紫色に見えるためだと説明した。


(エンディング)

(番組宣伝)

「世界ふしぎ発見!」2011年11月19日(土)放送内容「世界ふしぎ発見!」2011年12月3日(土)放送内容

2011年10月 2011年11月 2011年12月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
  • 「世界ふしぎ発見!」で紹介されたすべての情報
  • 「世界ふしぎ発見!」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「世界ふしぎ発見!」で紹介された音楽・CD
  • 「世界ふしぎ発見!」で紹介された映画・DVD
  • 「世界ふしぎ発見!」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「世界ふしぎ発見!」で紹介されたグルメ情報
  • 「世界ふしぎ発見!」で紹介された料理レシピ
  • 「世界ふしぎ発見!」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「世界ふしぎ発見!」で紹介された観光・地域情報
  • 「世界ふしぎ発見!」で紹介されたイベント情報
  • 「世界ふしぎ発見!」で紹介された雑学・豆知識