ホーム > テレビ紹介情報 > TBS > 情熱大陸 > 2016年2月7日(日)
テレビ紹介情報

「情熱大陸」で紹介された情報

「情熱大陸 〜福田真嗣/ウンチは“茶色い宝石”!?世界注目「腸内細菌」の最先端研究〜」 2016年1月31日(日)放送内容「情熱大陸」2016年2月14日(日)放送内容

「情熱大陸」 2016年2月7日(日)放送内容

『俵静夫/北海道の極寒の海で“トド”を狩る孤高の80歳ハンター!』
2016年2月7日(日) 23:00〜23:30 TBS
【その他】 俵静夫 , 俵恵美子

CM

(オープニング)

CM

トド猟師 俵静夫

トド

トド猟師の俵静夫は北海道礼文島近郊の氷点下の海を舞台に相棒のライフルを手に地元で海のギャングと称される「トド」を猟している。トドは北海道の海を荒らす害獣として北海道新聞などで度々報道されており、北の漁師にとって天敵となっている。そんな背景から礼文島では35年前からトドは駆除対象動物となっている。そして俵は一人海に立ちトドを仕留めている。

11月になると礼文島に一足早い冬が到来しトド猟のシーズンとなった。この日は年に一度の猟師たちの慰霊祭が行われ出席した俵は宴会で仕留めたトドの肉を振る舞った。80歳になる俵は猟師たちのトップを走り生きる手本となっていた。トド猟師の朝は早く、猟に出るかどうかは風量で決めていた。この日猟に向かうと決断した俵は一人海に向かい浅瀬に陣取るもトドは出現しなかった。場所を移動した俵は360℃隈なく見渡しトドを発見すると移動先を予測して陣取り、1・2秒しかない標準時間でターゲットに合わせ射撃するも仕留めるまでには至れなかった。収穫0で帰宅した俵は1日に3発の射撃が限度で且つ、完全照準したのみ発泡しているなどとこだわりを語った。

俵静夫は猟のない夏の間は海藻などを摂って生計を立てている。トド猟は風に左右され強風であると海に出ることも出来ない。俵はトド猟が上手く行かない時には海驢島に向かい自身の原点を振り返る。俵は海驢島に生まれ育ち9人兄妹の長男として海の仕事で家族を支えてきた。中学生から親を手伝い海仕事を開始し、29歳でトド猟を始めた。その後に礼文島に移り住んだ俵は今では島で1軒のみとなったカラオケスナックで島の猟仲間達と飲み明かすのが日課となっていた。

俵静夫はこの日風が収まったことからトド猟に向かった。トドの集団を発見した俵は高い波に隠れたトドを辛抱強く見張り、タイミングを見計らって一気に浅瀬へ追い込み1発でトドを仕留めて見せた。俵は仕留めたトドを必ず自ら捌いて敬意を払っていた。俵は仕留めたトドの肉を島の住人たちと分かち合っており、俵がトドを仕留めると島中に情報が知れ渡り注文の嵐と成る。そんな俵の楽しみは温泉であった。


CM

トド猟師 俵静夫

トド

この日も早朝から海にトド猟に向かった俵は直ぐさまにトドの集団を発見するも仕留められず自身の美学に従って諦めた。そんな俵は猟師に誇りに感じており海で亡くなったら本望などと語った。


「情熱大陸」で紹介された音楽・CD

エンディングテーマ「Etupirka/葉加瀬太郎」

「Etupirka」

Amazon.co.jp


CM

(エンディング)

(番組宣伝)

CM

「情熱大陸 〜福田真嗣/ウンチは“茶色い宝石”!?世界注目「腸内細菌」の最先端研究〜」 2016年1月31日(日)放送内容「情熱大陸」2016年2月14日(日)放送内容