ホーム > テレビ紹介情報 > TBS > サワコの朝 > 本・コミック・雑誌
テレビ紹介情報

「サワコの朝」で紹介された情報

「サワコの朝」で紹介された本・コミック・雑誌 ( 19 / 19 ページ )

「サワコの朝」で紹介された本・コミック・雑誌

本日のゲスト元厚生労働事務次官村木厚子は1955年生まれの高知県出身。2009年虚偽公文書作成容疑などで逮捕され164日勾留された。その後無罪を勝ち取った。

「日本型組織の病を考える (角川新書)」

Amazon.co.jp


「サワコの朝」で紹介された本・コミック・雑誌

ゲストの医師・鎌田實さんに関するトークが展開した。鎌田實さんは揚げ物などが大好きだが、食べても太らなくなったという。それは、脂肪が筋肉になり代謝が良くなったからだという。鎌田實さんはその減量法を本に出した。

「70歳、医師の僕がたどり着いた 鎌田式 「 スクワット 」 と 「 かかと落とし 」」

Amazon.co.jp


「サワコの朝」で紹介された本・コミック・雑誌

ゲストの作家の下重暁子さんに関するトークが展開した。下重暁子さんは、父親と性格がすごく似ているという。本当は繊細で優しい人だという父とは、反発していた。また、孤独と寂しいは別だという考えを示した。

「極上の孤独 (幻冬舎新書)」

Amazon.co.jp


「サワコの朝」で紹介された本・コミック・雑誌

ゲストの作家の下重暁子さんに関するトークが展開した。下重暁子さんは、2015年に出版した「家族という病」で、「家族=良いもの」という考え方に苦言を呈した。下重暁子さんは、家族とは役割で生きているところがあるといった考えを述べた。

ゲストの作家の下重暁子さんに関するトークが展開した。下重暁子さんは、父親と性格がすごく似ているという。本当は繊細で優しい人だという父とは、反発していた。また、孤独と寂しいは別だという考えを示した。

「家族という病 (幻冬舎新書)」

Amazon.co.jp


「サワコの朝」で紹介された本・コミック・雑誌

ゲストの作家の下重暁子さんに関するトークが展開した。下重暁子さんは83歳になったが、自身のことは60歳くらいにしか思っていないという。そして下重暁子さんは、歳は放っておいってもとっていくものであるため、自分の歳は自分で決めたほうがいいと続けた。

「年齢は捨てなさい (幻冬舎新書)」

Amazon.co.jp


「サワコの朝」で紹介された本・コミック・雑誌

ゲストの作家の下重暁子さんに関するトークが展開した。下重暁子さんは83歳になったが、自身のことは60歳くらいにしか思っていないという。そして下重暁子さんは、歳は放っておいってもとっていくものであるため、自分の歳は自分で決めたほうがいいと続けた。

「家族という病 (幻冬舎新書)」

Amazon.co.jp


「サワコの朝」で紹介された本・コミック・雑誌

きょうのゲスト、作家の下重暁子さんは1936年生まれの83歳、栃木県出身である。下重暁子さんは1959年にNHKにアナウンサーとして入局し、その後30代で作家の道に進んだという。

「家族という病 (幻冬舎新書)」

Amazon.co.jp


「サワコの朝」で紹介された本・コミック・雑誌

あしたのジョー

今心に響く曲についてのトーク。「せいじが15年前に沖縄の宮古島で結婚式挙げたんですよ。その時僕初めて行ってそれからもう毎年、50回以上行って友達もたくさんいるんですけどその中の一人が音楽すごく詳しくて一枚のCDを置いて帰っていったんですよ」などと語られ、T字路S「泪橋」が紹介された。入院した際にずっと読んでいた「あしたのジョー」に出てくる泪橋というテーマの曲で運命を感じたという。またすごくかっこいい声で男性だと思ってたが女性だったなどと語られ曲が流れた。今先を見失っている子供に対して一言と言われ「シーンで見てしまうと思うんですよ。今が全てと。そこストーリーで見るとほんのこんなやから。めちゃくちゃ美味しいものも楽しいこともあるからってことですよね」などと語られた。


「サワコの朝」で紹介された本・コミック・雑誌

美味しんぼ

バイク事故についてのトーク。「見たかのように言うのもなんですけど、顔ぐちゃぐちゃになって?」「そうなんですよ」などと語られた。眼窩が下がって左側がぐちゃぐちゃになり左足も折れて死にそうになったという。兄は一回も見舞いに来なかったが、兄はジュニアさんも来られても謝るしか出来ないのが分かっていて来なかったのだと思うと語られた。周りから見たら冷たそうだが二人の中ではありがとうという感覚だったという。代わりに毎日色々な先輩がひっきりなしに来てバイク雑誌を置いていったりご飯が食べられないのに「美味しんぼ」を全巻持ってきたりしてめちゃくちゃ嬉しくてそっちの輪にもう一度入りたいと思ったと語られた。


「サワコの朝」で紹介された本・コミック・雑誌

千原ジュニアは小学生時代ゆがんでいて、中学生時代は引きこもりになった。小学生時代中学受験をして合格をしたが、中学生時代一切友達ができず引きこもりになった。引きこもりでは本を読んだりしてずっとパジャマで生活していた。引きこもりのときの心情は出たいがどっちに足を1歩踏み出したらいいかわからなかった。当時千原せいじは家を出ていて相談できず、唯一同じように接してくれたのはおばあちゃん。

「3月30日」

Amazon.co.jp


2019年08月 2019年09月 
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
  • 「サワコの朝」で紹介されたすべての情報
  • 「サワコの朝」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「サワコの朝」で紹介された音楽・CD
  • 「サワコの朝」で紹介された映画・DVD
  • 「サワコの朝」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「サワコの朝」で紹介されたグルメ情報
  • 「サワコの朝」で紹介された料理レシピ
  • 「サワコの朝」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「サワコの朝」で紹介された観光・地域情報
  • 「サワコの朝」で紹介されたイベント情報
  • 「サワコの朝」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する