ホーム > テレビ紹介情報 > TBS > アカルイ☆ミライ
テレビ紹介情報

「アカルイ☆ミライ」で紹介された情報

「アカルイ☆ミライ」で紹介されたすべての情報 ( 43 / 51 ページ )

「アカルイ☆ミライ」で紹介された本・コミック・雑誌

味噌、しょうゆ、キムチ植物性乳酸菌で腸内改革

1000種類600兆個もの腸内細菌は、悪玉菌が優勢になると有害物質が作られる。そんな大切な腸に関する本「味噌、しょうゆ、キムチ植物性乳酸菌で腸内改革」の著者・松生恒夫先生は、これまで4万件以上の大腸内視鏡検査を行った腸のスペシャリスト。松生先生は毎日キムチを食べると若返る効果を認めた。


「アカルイ☆ミライ」で紹介されたグルメ情報

キムチ

毎日キムチを食べると腸が元気になり若返る。なぜキムチを食べると若返るのか、知られざるパワーともっとも効果的な食べ方を突き止めた。

1000種類600兆個もの腸内細菌は、悪玉菌が優勢になると有害物質が作られる。そんな大切な腸に関する本「味噌、しょうゆ、キムチ植物性乳酸菌で腸内改革」の著者・松生恒夫先生は、これまで4万件以上の大腸内視鏡検査を行った腸のスペシャリスト。松生先生は毎日キムチを食べると若返る効果を認めた。

韓国・ソウルでキムチの若返り効果を調査。キムチは若返りに効果があるのか肌年齢を測定。水分・弾力性・油分など5項目を解析するマシン「サイバースキンチェッカー」を使って測定してみたところ、18人中12人が肌年齢の方が若いという結果になった。

キムチに入っている植物性乳酸菌が若返りの元だと松生先生は話す。そして他の食材に比べて乳酸菌量が違うため、松生先生はキムチを推すのだという。様々な漬物の乳酸菌量を測定してもらったところ、1g中の乳酸菌量の数が40万個のたくあんなど、他の食材に対し、キムチは5億6千万個だった。

キムチだけが乳酸菌量が多い秘密は本格キムチ工場「第一物産」の工場内で明らかになった。キムチ作りに欠かせないヤンニョムと呼ばれる漬けダレをしっかり塗りこむことで、白菜に付着していた植物性乳酸菌が増える。このヤンニョム入れる原料・アミの塩辛に秘密があった。乳酸菌は動物性タンパク質をエサにして増殖するため、ヤンニョムのアミがキムチの乳酸菌を増やしていた。


老眼

今回は老眼を驚異的に回復させる目のエクササイズ、そして老眼を回復させる食べ物を紹介。さらに脳が活性化する驚きのマッサージを大公開。あのご長寿双子・きんさんの脳も若返った。


「アカルイ☆ミライ」で紹介されたイベント情報

ココロ元気week

ココロ元気week番組宣伝。


桃介橋

「“20代、コネなし”が市議会議員になる方法」には、全ての市区町村議員の選挙では1.21人に1人が当選すると書かれている。市区町村議員の当選確率は全国平均で82.6%。立候補した人が全員当選する当選率100%というケースもあるという。

選挙なしで議員になれる市区町村が増加していて、木材を使ったひのき笠などの伝統工芸品で有名な妻籠宿がある長野県南木曽町では、4月に行われた町議会選挙では定員割れする事態になったという。

町議会選挙では定員割れしてしまった南木曽町議会を調査。町議会議員の方に会って取材をしたいとタクシーの運転手の高橋進さんに話すと、タクシーの運転手で生計を立てて議員をやっていると話した。南木曽町議会へ向かうと、タクシー運転手でもある高橋進さんは町議会をまとめる議長でもあった。その他の議員の方も、議員とは別の本業を持っているのだという。

南木曽町議員の仕事について取材。南木曽町議会では、本会議約10日・委員会や町の行事へ出席を加えても年間約60日で、議員の報酬は月額14万3000円。

南木曽町議会の功績を紹介。山崎隆二議員の発案で桃介橋の照明をLEDに交換、北原隆光議員の発案で日本発の砂防ダムの水力発電など、そこに住む人達のために自分の力を使うというやりがいがあると解説。


南木曽ろくろ

「“20代、コネなし”が市議会議員になる方法」には、全ての市区町村議員の選挙では1.21人に1人が当選すると書かれている。市区町村議員の当選確率は全国平均で82.6%。立候補した人が全員当選する当選率100%というケースもあるという。

選挙なしで議員になれる市区町村が増加していて、木材を使ったひのき笠などの伝統工芸品で有名な妻籠宿がある長野県南木曽町では、4月に行われた町議会選挙では定員割れする事態になったという。

町議会選挙では定員割れしてしまった南木曽町議会を調査。町議会議員の方に会って取材をしたいとタクシーの運転手の高橋進さんに話すと、タクシーの運転手で生計を立てて議員をやっていると話した。南木曽町議会へ向かうと、タクシー運転手でもある高橋進さんは町議会をまとめる議長でもあった。その他の議員の方も、議員とは別の本業を持っているのだという。

南木曽町議員の仕事について取材。南木曽町議会では、本会議約10日・委員会や町の行事へ出席を加えても年間約60日で、議員の報酬は月額14万3000円。

南木曽町議会の功績を紹介。山崎隆二議員の発案で桃介橋の照明をLEDに交換、北原隆光議員の発案で日本発の砂防ダムの水力発電など、そこに住む人達のために自分の力を使うというやりがいがあると解説。


桧笠

「“20代、コネなし”が市議会議員になる方法」には、全ての市区町村議員の選挙では1.21人に1人が当選すると書かれている。市区町村議員の当選確率は全国平均で82.6%。立候補した人が全員当選する当選率100%というケースもあるという。

選挙なしで議員になれる市区町村が増加していて、木材を使ったひのき笠などの伝統工芸品で有名な妻籠宿がある長野県南木曽町では、4月に行われた町議会選挙では定員割れする事態になったという。

町議会選挙では定員割れしてしまった南木曽町議会を調査。町議会議員の方に会って取材をしたいとタクシーの運転手の高橋進さんに話すと、タクシーの運転手で生計を立てて議員をやっていると話した。南木曽町議会へ向かうと、タクシー運転手でもある高橋進さんは町議会をまとめる議長でもあった。その他の議員の方も、議員とは別の本業を持っているのだという。

南木曽町議員の仕事について取材。南木曽町議会では、本会議約10日・委員会や町の行事へ出席を加えても年間約60日で、議員の報酬は月額14万3000円。

南木曽町議会の功績を紹介。山崎隆二議員の発案で桃介橋の照明をLEDに交換、北原隆光議員の発案で日本発の砂防ダムの水力発電など、そこに住む人達のために自分の力を使うというやりがいがあると解説。


「アカルイ☆ミライ」で紹介された本・コミック・雑誌

「“20代、コネなし”が市議会議員になる方法」には、全ての市区町村議員の選挙では1.21人に1人が当選すると書かれている。市区町村議員の当選確率は全国平均で82.6%。立候補した人が全員当選する当選率100%というケースもあるという。

選挙なしで議員になれる市区町村が増加していて、木材を使ったひのき笠などの伝統工芸品で有名な妻籠宿がある長野県南木曽町では、4月に行われた町議会選挙では定員割れする事態になったという。

町議会選挙では定員割れしてしまった南木曽町議会を調査。町議会議員の方に会って取材をしたいとタクシーの運転手の高橋進さんに話すと、タクシーの運転手で生計を立てて議員をやっていると話した。南木曽町議会へ向かうと、タクシー運転手でもある高橋進さんは町議会をまとめる議長でもあった。その他の議員の方も、議員とは別の本業を持っているのだという。

南木曽町議員の仕事について取材。南木曽町議会では、本会議約10日・委員会や町の行事へ出席を加えても年間約60日で、議員の報酬は月額14万3000円。

南木曽町議会の功績を紹介。山崎隆二議員の発案で桃介橋の照明をLEDに交換、北原隆光議員の発案で日本発の砂防ダムの水力発電など、そこに住む人達のために自分の力を使うというやりがいがあると解説。

「1.21人に1人が当選! “20代、コネなし”が市議会議員になる方法」

Amazon.co.jp


「アカルイ☆ミライ」で紹介されたグルメ情報

ぬか漬け

順天堂大学医学部の奥村康特任教授が、「どんな人でも体内では毎日5000個のがん細胞が作り出されている」ことについて解説。1日のうちに体の細胞は約1兆個生まれ変わり、そのうちの5000個は出来損ないのがん細胞だという。しかし、そんながん細胞の増殖はナチュラルキラー細胞によって阻止されているという。

ナチュラルキラー細胞は大笑いするだけで活性化!がんになりにくくなることについて解説。奥村康特任教授はストレスを解消させることでナチュラルキラー活性は上がると話し、1992年に医療関係者医師らによる実験で大坂の演芸場でがん・心臓病の人たち19人に漫才や新喜劇を3時間鑑賞させると、19人中14人のナチュラルキラー活性値が上昇したという実験結果を紹介。その他のNK細胞活性化の方法を紹介。

ナチュラルキラー細胞を活性化させる食材を紹介。奥村康特任教授は納豆・キムチ・ヨーグルトと話し、これらに共通するものが乳酸菌と紹介。乳酸菌の整腸作用によって、腸の健全化が保たれ、ナチュラルキラー細胞の活性化につながると解説。ナチュラルキラー細胞を最も活性化させる乳酸菌がR-1乳酸菌で、NK細胞を活性化するホルモン分泌を促すと考えられている。


「アカルイ☆ミライ」で紹介されたグルメ情報

キムチ

順天堂大学医学部の奥村康特任教授が、「どんな人でも体内では毎日5000個のがん細胞が作り出されている」ことについて解説。1日のうちに体の細胞は約1兆個生まれ変わり、そのうちの5000個は出来損ないのがん細胞だという。しかし、そんながん細胞の増殖はナチュラルキラー細胞によって阻止されているという。

ナチュラルキラー細胞は大笑いするだけで活性化!がんになりにくくなることについて解説。奥村康特任教授はストレスを解消させることでナチュラルキラー活性は上がると話し、1992年に医療関係者医師らによる実験で大坂の演芸場でがん・心臓病の人たち19人に漫才や新喜劇を3時間鑑賞させると、19人中14人のナチュラルキラー活性値が上昇したという実験結果を紹介。その他のNK細胞活性化の方法を紹介。

ナチュラルキラー細胞を活性化させる食材を紹介。奥村康特任教授は納豆・キムチ・ヨーグルトと話し、これらに共通するものが乳酸菌と紹介。乳酸菌の整腸作用によって、腸の健全化が保たれ、ナチュラルキラー細胞の活性化につながると解説。ナチュラルキラー細胞を最も活性化させる乳酸菌がR-1乳酸菌で、NK細胞を活性化するホルモン分泌を促すと考えられている。


2022年07月 2022年08月 
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
  • 「アカルイ☆ミライ」で紹介されたすべての情報
  • 「アカルイ☆ミライ」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「アカルイ☆ミライ」で紹介された音楽・CD
  • 「アカルイ☆ミライ」で紹介された映画・DVD
  • 「アカルイ☆ミライ」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「アカルイ☆ミライ」で紹介されたグルメ情報
  • 「アカルイ☆ミライ」で紹介された料理レシピ
  • 「アカルイ☆ミライ」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「アカルイ☆ミライ」で紹介された観光・地域情報
  • 「アカルイ☆ミライ」で紹介されたイベント情報
  • 「アカルイ☆ミライ」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する

  • ※「価格com テレビ紹介情報」は株式会社ワイヤーアクションが提供するTV放送ログを掲載しています。