テレビ紹介情報

「水曜日のダウンタウン」で紹介された情報

「水曜日のダウンタウン」で紹介された本・コミック・雑誌 ( 16 / 16 ページ )

「水曜日のダウンタウン」で紹介された本・コミック・雑誌

ワンピース

ウザ絡みして旦那を寝かさない女王決定戦。午前2時40分、たんぽぽ白鳥は掃除機をかける。金田朋子は歌って踊り出した。午前3時40分、白鳥久美子がトイレにいっている間にチェリー吉武が就寝し脱落となった。優勝は金田朋子。金田朋子は日の出までチャレンジした。検証結果はなんだかんだみなさん夫婦仲良しでなにより。


「水曜日のダウンタウン」で紹介された本・コミック・雑誌

プロゴルファー猿

自作クラブで対決する「リアルプロゴルファー猿選手権」。ゴルフクラブ職人の増田雄二さんは丸太からクラブの形を切り取り、専用研磨機で3時間削り続けた。ヘッドの裏側に穴を開けて軽量化し、外見を整えて完成させた。増田さんのドライバーの重さは0.45キロ。

「リアルプロゴルファー猿選手権」1ホール対決。原西の第1打は空振りして腰を痛める。第2打は40yd。渚の第1打は70yd。大西ライオンの第1打は159yd。増田さんの第1打は184ydとなった。原西はパター方式で地道に前進していく。渚も細かく進んでいく。大西ライオンと増田さんの第2打で、挽回不可能な状況となる。その後、原西は17打でグリーン。渚は14打でグリーンに到達した。大西ライオンは4打目でバンカーとなり、8打でアウトした。トップの増田さんは3打でグリーンオン。増田さんがダブルボギーで優勝した。検証結果、リアルプロゴルファー猿は増田雄二さん。

陣内は「プロゴルファー猿」には弟の口にボールを置いて打つというシーンがあり今度その企画をやってみようかと思うと話した。


「水曜日のダウンタウン」で紹介された本・コミック・雑誌

プロゴルファー猿

「リアルプロゴルファー猿選手権」の挑戦者は、ゴルフ芸人であるFUJIWARA・原西と大西ライオン。ゴルフ未経験だが元大工の尼神インター・渚。25年間ジャンボ尾崎のクラブを製作したゴルフクラブ職人の増田雄二さん。1周間前に挑戦者たちに丸太を渡し、ドライバーを作ってもらっていた。原西はホームセンターに行き相談し、丸太をチェーンソーでクラブを切り出していった。2時間作業をして製作したドライバーの重さは2.1キロ。元大工の渚のドライバーは重さ0.7キロ。渚は工務店で大工経験を生かし様々な工具を使いドライバーを仕上げていった。大西ライオンの製作したドライバーは重さ1.3キロ。大西ライオンは吉本興行本社で作業をし、時間があり余っていたためアイアンとパターも作っていた。


「水曜日のダウンタウン」で紹介された本・コミック・雑誌

プロゴルファー猿

プレゼンターの陣内智則がスタジオトークに登場。今回は藤子不二雄Aのゴルフ漫画「プロゴルファー猿」に関する企画。「リアル“プロゴルファー猿”選手権」を行なう。猿は木のクラブ1本のみを使用している。猿のように木から自作したクラブでゴルフ対決をするという企画。


「水曜日のダウンタウン」で紹介された本・コミック・雑誌

うんこ漢字ドリル

小学生が使う漢字ドリル「殺す」の例文は全て「息を殺す」説を検証。調査の結果、全16冊のうち息10冊、虫6冊だった。


「水曜日のダウンタウン」で紹介された本・コミック・雑誌

金田一少年の事件簿

2日目。あかつは集中して覚えるためにカラオケ店で暗記。この日最も苦戦した金田一のトリック アクロバティックすぎてほぼSASUKE説を紹介。漫画「金田一少年の事件簿」で使われたトリックを山田勝己さんが実際に挑戦した。


「水曜日のダウンタウン」で紹介された本・コミック・雑誌

「アンミカ流ポジティブ脳の作り方 365日毎日幸せに過ごすために」(宝島社)のお知らせ。

「アン ミカ流ポジティブ脳の作り方 365日毎日幸せに過ごすために」

Amazon.co.jp


「水曜日のダウンタウン」で紹介された本・コミック・雑誌

ドラえもん

1時間に1回泣かないといけない生活 泣けるアイテムが充実していてもしんどい説を検証。遠野なぎこら4人が泣きアイテムを持参し24時間を目標に挑戦。ルールは正時ごとにスタート、制限時間5分。午前10時1回目は全員成功。午前11時の2回目で宮崎謙介が脱落。


「水曜日のダウンタウン」で紹介された本・コミック・雑誌

1時間に1回泣かないといけない生活 泣けるアイテムが充実していてもしんどい説を検証。遠野なぎこら4人が泣きアイテムを持参し24時間を目標に挑戦。ルールは正時ごとにスタート、制限時間5分。午前10時1回目は全員成功。午前11時の2回目で宮崎謙介が脱落。

「八日目の蝉」

Amazon.co.jp


「水曜日のダウンタウン」で紹介された本・コミック・雑誌

1時間に1回泣かないといけない生活 泣けるアイテムが充実していてもしんどい説を検証。遠野なぎこら4人が泣きアイテムを持参し24時間を目標に挑戦。ルールは正時ごとにスタート、制限時間5分。午前10時1回目は全員成功。午前11時の2回目で宮崎謙介が脱落。

「あっ! 命の授業」

Amazon.co.jp


2019年10月 2019年11月 
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  • 「水曜日のダウンタウン」で紹介されたすべての情報
  • 「水曜日のダウンタウン」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「水曜日のダウンタウン」で紹介された音楽・CD
  • 「水曜日のダウンタウン」で紹介された映画・DVD
  • 「水曜日のダウンタウン」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「水曜日のダウンタウン」で紹介されたグルメ情報
  • 「水曜日のダウンタウン」で紹介された料理レシピ
  • 「水曜日のダウンタウン」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「水曜日のダウンタウン」で紹介された観光・地域情報
  • 「水曜日のダウンタウン」で紹介されたイベント情報
  • 「水曜日のダウンタウン」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する