テレビ紹介情報

「白熱ライブ ビビット」で紹介された情報

「白熱ライブ ビビット」2016年8月17日(水)放送内容「白熱ライブ ビビット」2016年8月19日(金)放送内容

「白熱ライブ ビビット」 2016年8月18日(木)放送内容

(リオ2016)

「白熱ライブ ビビット」で紹介されたイベント情報

リオ2016

リオ五輪・レスリング女子日本代表の登坂絵莉選手が、世界ランク1位のアゼルバイジャン代表マリヤ・スタドニク選手に3対2で逆転勝利し金メダルを獲得した。会場はもちろん故郷・富山県の高岡市立木津小学校でも多くの歓声があがった。試合後、登坂選手は優勝への喜びとともに家族への感謝を語った。

Next「登坂選手の強さの秘密 実は吉田選手に…」


高岡市立木津小学校

リオ五輪・レスリング女子日本代表の登坂絵莉選手が、世界ランク1位のアゼルバイジャン代表マリヤ・スタドニク選手に3対2で逆転勝利し金メダルを獲得した。会場はもちろん故郷・富山県の高岡市立木津小学校でも多くの歓声があがった。試合後、登坂選手は優勝への喜びとともに家族への感謝を語った。


CM

(リオ2016)

「白熱ライブ ビビット」で紹介されたイベント情報

リオ2016

リオ五輪金メダリストの登坂絵莉選手がレスリングを始めたのは9才の頃、父・修さんに連れられ練習の見学に行ったのがきっかけだった。練習風景に惹かれて自らも練習に乗り出した翌年、アテネ五輪が開催され、この年はじめて正式種目となったレスリングで吉田沙保里選手が見事金メダルを獲得した。その後も世界大会で16連覇、個人戦に203連勝と活躍の場を重ね、ロンドン五輪でも連覇を達成。前人未到の快挙を次々と達成する吉田選手の姿を見た登坂選手は、自分より体の大きな相手に勝てない日々が続いても「憧れの人と一緒に練習したい」と諦めることはなかったという。登坂選手は中学卒業後、親元を離れ吉田選手の練習する強豪・至学館高校へ渡った。世界女王の名に驕らず誰よりもひたむきに練習に取り組む吉田選手の一挙手一投足が、登坂選手の教科書となったという。登坂選手は憧れの先輩を追い、至学館の”日本一厳しい”とされる練習にも耐えぬいた。そのなかで一時は「沙保里さんのように強くなれるのか」と葛藤を持ち、レスリングをやめようと考えたこともあるが、父からの応援のメールを受けて、再びレスリングへの情熱を取り戻したという。登坂選手はその後世界選手権を3連覇、アジア大会で優勝、全日本選手権も4連覇と次々と記録重ねた。今回48kg級の女王の座に輝いた登坂選手は「皆さんの応援が力になった。苦しくても諦めるもんかと思ってやりました」と語った。

リオ五輪 レスリング女子で伊調馨・登坂絵莉・土性沙羅がトリプル金メダルの快挙を達成。日本の獲得メダル数は32個となった。伊調は五輪4連覇を達成。

リオ五輪 女子レスリングで伊調馨選手が五輪女子史上初の4連覇を達成した。準決勝ではユリヤ・ラトケビッチを圧倒的な強さで下した。しかしワレリア・コブロワ・ジョロボワとの決勝は苦戦。誰も諦めた残り10秒で大逆転勝利をつかんだ。

Next「前人未到の4連覇 伊調選手 強さの秘密…」

レスリング女子フリースタイルが初採用された2004年アテネ五輪から3連覇を成し遂げていた伊調馨選手が、リオ五輪で前人未到の4連覇を達成した。青森・八戸市には伊調選手が姉 千春さんと共に通っていたレスリングクラブのコーチ 澤内和興さんがいる。澤内さんはロンドン五輪などの大きな大会には必ず駆けつけ、伊調選手の心の支えになっていた。伊調選手は練習熱心で同級生の男子も勝てないほどだったという。オリンピック壮行会では父 春行さんの姿と母 トシさんの写真があった。トシさんは2014年11月自宅で倒れ病院に搬送、息を引き取った。伊調選手はトシさんが亡くなった翌月の全日本選手権に出場。「リオ五輪にお母さんを連れて行きたい」と語りそして優勝した。

日本女子レスリング土性沙羅が金メダルを獲得。土小選手は父のすすめでレスリングを始める。吉田沙保里選手の父親から教えを受け、攻めのレスリングを習得。毎日厳しい練習に耐えていた土性選手だが、毎日早起きして母親が車で送ってくれるなど家族の支えたあった。

今夜霊長類最強の女子吉田沙保里が今夜登場。オリンピック4連覇に向けて戦う。また、吉田選手だけでなく、今回初出場の川井選手や渡利選手も今夜試合が行われ、メダルを期待される。

リオ五輪レスリング女子に関するスタジオトーク。吉田選手のいままでの功績について話す。また今回のオリンピックから階級が6階級に増えた。それに伴って、オリンピックに出場するために各選手が増量・減量によって階級を変えた。特に渡利選手は自分の体重を12キロ増やすことにより階級を2個上げた。

シンクロナイズドスイミングの部門のうち、約3分半の曲の中で各国が自由に演技できる「フリールーティン」には、演技の完成度や同調性を見る「技術的評価」と演技の構成や音楽の解釈などを見る「芸術的評価」と、主に2つの軸がある。2004年アテネ五輪の銀メダリスト・藤丸真世さんは今回の日本代表の競技映像について「気迫がいいですね。表情とかも」とコメント。入場時の動きは採点基準には入らないものの、乾力強いポージングで審判にアピールできていたと分析した。

「フリールーティン」の「技術的評価」のポイントの1つに「水面をいかに高く体を出すか」という点がある。アテネ五輪銀メダリストの藤丸元選手によれば、腰よりももっと高い位置で演技できるのは上手な国のみに限られるといい、今回銀メダルを獲得した中国では腰の部分を出している。一方、今回最下位だったオーストリアでは腰の部分はさほど出ていなかった。今回の乾・三井ペアの演技について、藤丸元選手は「良かった!高さもありました」とコメントした。

リオ五輪・シンクロ日本代表の乾選手と三井選手は演技のテーマに「風神雷神」を選んだ。それに関する芸術的評価について、アテネ五輪銀メダリストの藤丸真世元選手は「表情も良かった」とコメント。また演技後半に続いた足技について「回りながら合わせるのも角度が難しいし、高得点につながる内容ですね」と分析した。


高岡市立木津小学校

リオ五輪金メダリストの登坂絵莉選手がレスリングを始めたのは9才の頃、父・修さんに連れられ練習の見学に行ったのがきっかけだった。練習風景に惹かれて自らも練習に乗り出した翌年、アテネ五輪が開催され、この年はじめて正式種目となったレスリングで吉田沙保里選手が見事金メダルを獲得した。その後も世界大会で16連覇、個人戦に203連勝と活躍の場を重ね、ロンドン五輪でも連覇を達成。前人未到の快挙を次々と達成する吉田選手の姿を見た登坂選手は、自分より体の大きな相手に勝てない日々が続いても「憧れの人と一緒に練習したい」と諦めることはなかったという。登坂選手は中学卒業後、親元を離れ吉田選手の練習する強豪・至学館高校へ渡った。世界女王の名に驕らず誰よりもひたむきに練習に取り組む吉田選手の一挙手一投足が、登坂選手の教科書となったという。登坂選手は憧れの先輩を追い、至学館の”日本一厳しい”とされる練習にも耐えぬいた。そのなかで一時は「沙保里さんのように強くなれるのか」と葛藤を持ち、レスリングをやめようと考えたこともあるが、父からの応援のメールを受けて、再びレスリングへの情熱を取り戻したという。登坂選手はその後世界選手権を3連覇、アジア大会で優勝、全日本選手権も4連覇と次々と記録重ねた。今回48kg級の女王の座に輝いた登坂選手は「皆さんの応援が力になった。苦しくても諦めるもんかと思ってやりました」と語った。


「白熱ライブ ビビット」で紹介されたイベント情報

アテネ五輪

リオ五輪金メダリストの登坂絵莉選手がレスリングを始めたのは9才の頃、父・修さんに連れられ練習の見学に行ったのがきっかけだった。練習風景に惹かれて自らも練習に乗り出した翌年、アテネ五輪が開催され、この年はじめて正式種目となったレスリングで吉田沙保里選手が見事金メダルを獲得した。その後も世界大会で16連覇、個人戦に203連勝と活躍の場を重ね、ロンドン五輪でも連覇を達成。前人未到の快挙を次々と達成する吉田選手の姿を見た登坂選手は、自分より体の大きな相手に勝てない日々が続いても「憧れの人と一緒に練習したい」と諦めることはなかったという。登坂選手は中学卒業後、親元を離れ吉田選手の練習する強豪・至学館高校へ渡った。世界女王の名に驕らず誰よりもひたむきに練習に取り組む吉田選手の一挙手一投足が、登坂選手の教科書となったという。登坂選手は憧れの先輩を追い、至学館の”日本一厳しい”とされる練習にも耐えぬいた。そのなかで一時は「沙保里さんのように強くなれるのか」と葛藤を持ち、レスリングをやめようと考えたこともあるが、父からの応援のメールを受けて、再びレスリングへの情熱を取り戻したという。登坂選手はその後世界選手権を3連覇、アジア大会で優勝、全日本選手権も4連覇と次々と記録重ねた。今回48kg級の女王の座に輝いた登坂選手は「皆さんの応援が力になった。苦しくても諦めるもんかと思ってやりました」と語った。

レスリング女子フリースタイルが初採用された2004年アテネ五輪から3連覇を成し遂げていた伊調馨選手が、リオ五輪で前人未到の4連覇を達成した。青森・八戸市には伊調選手が姉 千春さんと共に通っていたレスリングクラブのコーチ 澤内和興さんがいる。澤内さんはロンドン五輪などの大きな大会には必ず駆けつけ、伊調選手の心の支えになっていた。伊調選手は練習熱心で同級生の男子も勝てないほどだったという。オリンピック壮行会では父 春行さんの姿と母 トシさんの写真があった。トシさんは2014年11月自宅で倒れ病院に搬送、息を引き取った。伊調選手はトシさんが亡くなった翌月の全日本選手権に出場。「リオ五輪にお母さんを連れて行きたい」と語りそして優勝した。

今夜霊長類最強の女子吉田沙保里が今夜登場。オリンピック4連覇に向けて戦う。また、吉田選手だけでなく、今回初出場の川井選手や渡利選手も今夜試合が行われ、メダルを期待される。

リオ五輪レスリング女子に関するスタジオトーク。吉田選手のいままでの功績について話す。また今回のオリンピックから階級が6階級に増えた。それに伴って、オリンピックに出場するために各選手が増量・減量によって階級を変えた。特に渡利選手は自分の体重を12キロ増やすことにより階級を2個上げた。

シンクロナイズドスイミングの部門のうち、約3分半の曲の中で各国が自由に演技できる「フリールーティン」には、演技の完成度や同調性を見る「技術的評価」と演技の構成や音楽の解釈などを見る「芸術的評価」と、主に2つの軸がある。2004年アテネ五輪の銀メダリスト・藤丸真世さんは今回の日本代表の競技映像について「気迫がいいですね。表情とかも」とコメント。入場時の動きは採点基準には入らないものの、乾力強いポージングで審判にアピールできていたと分析した。

「フリールーティン」の「技術的評価」のポイントの1つに「水面をいかに高く体を出すか」という点がある。アテネ五輪銀メダリストの藤丸元選手によれば、腰よりももっと高い位置で演技できるのは上手な国のみに限られるといい、今回銀メダルを獲得した中国では腰の部分を出している。一方、今回最下位だったオーストリアでは腰の部分はさほど出ていなかった。今回の乾・三井ペアの演技について、藤丸元選手は「良かった!高さもありました」とコメントした。

リオ五輪・シンクロ日本代表の乾選手と三井選手は演技のテーマに「風神雷神」を選んだ。それに関する芸術的評価について、アテネ五輪銀メダリストの藤丸真世元選手は「表情も良かった」とコメント。また演技後半に続いた足技について「回りながら合わせるのも角度が難しいし、高得点につながる内容ですね」と分析した。


「白熱ライブ ビビット」で紹介されたイベント情報

世界選手権

リオ五輪金メダリストの登坂絵莉選手がレスリングを始めたのは9才の頃、父・修さんに連れられ練習の見学に行ったのがきっかけだった。練習風景に惹かれて自らも練習に乗り出した翌年、アテネ五輪が開催され、この年はじめて正式種目となったレスリングで吉田沙保里選手が見事金メダルを獲得した。その後も世界大会で16連覇、個人戦に203連勝と活躍の場を重ね、ロンドン五輪でも連覇を達成。前人未到の快挙を次々と達成する吉田選手の姿を見た登坂選手は、自分より体の大きな相手に勝てない日々が続いても「憧れの人と一緒に練習したい」と諦めることはなかったという。登坂選手は中学卒業後、親元を離れ吉田選手の練習する強豪・至学館高校へ渡った。世界女王の名に驕らず誰よりもひたむきに練習に取り組む吉田選手の一挙手一投足が、登坂選手の教科書となったという。登坂選手は憧れの先輩を追い、至学館の”日本一厳しい”とされる練習にも耐えぬいた。そのなかで一時は「沙保里さんのように強くなれるのか」と葛藤を持ち、レスリングをやめようと考えたこともあるが、父からの応援のメールを受けて、再びレスリングへの情熱を取り戻したという。登坂選手はその後世界選手権を3連覇、アジア大会で優勝、全日本選手権も4連覇と次々と記録重ねた。今回48kg級の女王の座に輝いた登坂選手は「皆さんの応援が力になった。苦しくても諦めるもんかと思ってやりました」と語った。


「白熱ライブ ビビット」で紹介されたイベント情報

ロンドン五輪

リオ五輪金メダリストの登坂絵莉選手がレスリングを始めたのは9才の頃、父・修さんに連れられ練習の見学に行ったのがきっかけだった。練習風景に惹かれて自らも練習に乗り出した翌年、アテネ五輪が開催され、この年はじめて正式種目となったレスリングで吉田沙保里選手が見事金メダルを獲得した。その後も世界大会で16連覇、個人戦に203連勝と活躍の場を重ね、ロンドン五輪でも連覇を達成。前人未到の快挙を次々と達成する吉田選手の姿を見た登坂選手は、自分より体の大きな相手に勝てない日々が続いても「憧れの人と一緒に練習したい」と諦めることはなかったという。登坂選手は中学卒業後、親元を離れ吉田選手の練習する強豪・至学館高校へ渡った。世界女王の名に驕らず誰よりもひたむきに練習に取り組む吉田選手の一挙手一投足が、登坂選手の教科書となったという。登坂選手は憧れの先輩を追い、至学館の”日本一厳しい”とされる練習にも耐えぬいた。そのなかで一時は「沙保里さんのように強くなれるのか」と葛藤を持ち、レスリングをやめようと考えたこともあるが、父からの応援のメールを受けて、再びレスリングへの情熱を取り戻したという。登坂選手はその後世界選手権を3連覇、アジア大会で優勝、全日本選手権も4連覇と次々と記録重ねた。今回48kg級の女王の座に輝いた登坂選手は「皆さんの応援が力になった。苦しくても諦めるもんかと思ってやりました」と語った。

レスリング女子フリースタイルが初採用された2004年アテネ五輪から3連覇を成し遂げていた伊調馨選手が、リオ五輪で前人未到の4連覇を達成した。青森・八戸市には伊調選手が姉 千春さんと共に通っていたレスリングクラブのコーチ 澤内和興さんがいる。澤内さんはロンドン五輪などの大きな大会には必ず駆けつけ、伊調選手の心の支えになっていた。伊調選手は練習熱心で同級生の男子も勝てないほどだったという。オリンピック壮行会では父 春行さんの姿と母 トシさんの写真があった。トシさんは2014年11月自宅で倒れ病院に搬送、息を引き取った。伊調選手はトシさんが亡くなった翌月の全日本選手権に出場。「リオ五輪にお母さんを連れて行きたい」と語りそして優勝した。

日本女子レスリング土性沙羅が金メダルを獲得。土小選手は父のすすめでレスリングを始める。吉田沙保里選手の父親から教えを受け、攻めのレスリングを習得。毎日厳しい練習に耐えていた土性選手だが、毎日早起きして母親が車で送ってくれるなど家族の支えたあった。

今夜霊長類最強の女子吉田沙保里が今夜登場。オリンピック4連覇に向けて戦う。また、吉田選手だけでなく、今回初出場の川井選手や渡利選手も今夜試合が行われ、メダルを期待される。

リオ五輪レスリング女子に関するスタジオトーク。吉田選手のいままでの功績について話す。また今回のオリンピックから階級が6階級に増えた。それに伴って、オリンピックに出場するために各選手が増量・減量によって階級を変えた。特に渡利選手は自分の体重を12キロ増やすことにより階級を2個上げた。

シンクロ日本代表の歴史を振り返った。シンクロナイズドスイミングが五輪の正式種目となったのは1984年のロサンゼルス五輪で、日本代表は「ソロ」「デュエット」の2種目で銅メダルを獲得。これを皮切りに次のソウル大会では田中田中京選手が「デュエット」で銅、1992年のバルセロナ五輪では「ソロ」「デュエット」の両種目に出場した奥野史子選手が銅メダルを獲得した。その後もシドニー、アテネ、北京と順調にメダル獲得しつづけたが、2012年のロンドン五輪で7大会続いたメダルの歴史が途絶えた。


至学館

リオ五輪金メダリストの登坂絵莉選手がレスリングを始めたのは9才の頃、父・修さんに連れられ練習の見学に行ったのがきっかけだった。練習風景に惹かれて自らも練習に乗り出した翌年、アテネ五輪が開催され、この年はじめて正式種目となったレスリングで吉田沙保里選手が見事金メダルを獲得した。その後も世界大会で16連覇、個人戦に203連勝と活躍の場を重ね、ロンドン五輪でも連覇を達成。前人未到の快挙を次々と達成する吉田選手の姿を見た登坂選手は、自分より体の大きな相手に勝てない日々が続いても「憧れの人と一緒に練習したい」と諦めることはなかったという。登坂選手は中学卒業後、親元を離れ吉田選手の練習する強豪・至学館高校へ渡った。世界女王の名に驕らず誰よりもひたむきに練習に取り組む吉田選手の一挙手一投足が、登坂選手の教科書となったという。登坂選手は憧れの先輩を追い、至学館の”日本一厳しい”とされる練習にも耐えぬいた。そのなかで一時は「沙保里さんのように強くなれるのか」と葛藤を持ち、レスリングをやめようと考えたこともあるが、父からの応援のメールを受けて、再びレスリングへの情熱を取り戻したという。登坂選手はその後世界選手権を3連覇、アジア大会で優勝、全日本選手権も4連覇と次々と記録重ねた。今回48kg級の女王の座に輝いた登坂選手は「皆さんの応援が力になった。苦しくても諦めるもんかと思ってやりました」と語った。


「白熱ライブ ビビット」で紹介されたイベント情報

全日本選手権

リオ五輪金メダリストの登坂絵莉選手がレスリングを始めたのは9才の頃、父・修さんに連れられ練習の見学に行ったのがきっかけだった。練習風景に惹かれて自らも練習に乗り出した翌年、アテネ五輪が開催され、この年はじめて正式種目となったレスリングで吉田沙保里選手が見事金メダルを獲得した。その後も世界大会で16連覇、個人戦に203連勝と活躍の場を重ね、ロンドン五輪でも連覇を達成。前人未到の快挙を次々と達成する吉田選手の姿を見た登坂選手は、自分より体の大きな相手に勝てない日々が続いても「憧れの人と一緒に練習したい」と諦めることはなかったという。登坂選手は中学卒業後、親元を離れ吉田選手の練習する強豪・至学館高校へ渡った。世界女王の名に驕らず誰よりもひたむきに練習に取り組む吉田選手の一挙手一投足が、登坂選手の教科書となったという。登坂選手は憧れの先輩を追い、至学館の”日本一厳しい”とされる練習にも耐えぬいた。そのなかで一時は「沙保里さんのように強くなれるのか」と葛藤を持ち、レスリングをやめようと考えたこともあるが、父からの応援のメールを受けて、再びレスリングへの情熱を取り戻したという。登坂選手はその後世界選手権を3連覇、アジア大会で優勝、全日本選手権も4連覇と次々と記録重ねた。今回48kg級の女王の座に輝いた登坂選手は「皆さんの応援が力になった。苦しくても諦めるもんかと思ってやりました」と語った。

レスリング女子フリースタイルが初採用された2004年アテネ五輪から3連覇を成し遂げていた伊調馨選手が、リオ五輪で前人未到の4連覇を達成した。青森・八戸市には伊調選手が姉 千春さんと共に通っていたレスリングクラブのコーチ 澤内和興さんがいる。澤内さんはロンドン五輪などの大きな大会には必ず駆けつけ、伊調選手の心の支えになっていた。伊調選手は練習熱心で同級生の男子も勝てないほどだったという。オリンピック壮行会では父 春行さんの姿と母 トシさんの写真があった。トシさんは2014年11月自宅で倒れ病院に搬送、息を引き取った。伊調選手はトシさんが亡くなった翌月の全日本選手権に出場。「リオ五輪にお母さんを連れて行きたい」と語りそして優勝した。


「白熱ライブ ビビット」で紹介された音楽・CD

ありがとう

TBSリオ五輪2016 テーマソング「ありがとう」SMAP


「白熱ライブ ビビット」で紹介されたイベント情報

リオ五輪

TBSリオ五輪2016 テーマソング「ありがとう」SMAP


一志ジュニアレスリング教室

日本女子レスリング土性沙羅が金メダルを獲得。土小選手は父のすすめでレスリングを始める。吉田沙保里選手の父親から教えを受け、攻めのレスリングを習得。毎日厳しい練習に耐えていた土性選手だが、毎日早起きして母親が車で送ってくれるなど家族の支えたあった。


「白熱ライブ ビビット」で紹介されたイベント情報

北京五輪

今夜霊長類最強の女子吉田沙保里が今夜登場。オリンピック4連覇に向けて戦う。また、吉田選手だけでなく、今回初出場の川井選手や渡利選手も今夜試合が行われ、メダルを期待される。

リオ五輪レスリング女子に関するスタジオトーク。吉田選手のいままでの功績について話す。また今回のオリンピックから階級が6階級に増えた。それに伴って、オリンピックに出場するために各選手が増量・減量によって階級を変えた。特に渡利選手は自分の体重を12キロ増やすことにより階級を2個上げた。


「白熱ライブ ビビット」で紹介されたイベント情報

レスリング世界選手権

リオ五輪レスリング女子に関するスタジオトーク。吉田選手のいままでの功績について話す。また今回のオリンピックから階級が6階級に増えた。それに伴って、オリンピックに出場するために各選手が増量・減量によって階級を変えた。特に渡利選手は自分の体重を12キロ増やすことにより階級を2個上げた。


「白熱ライブ ビビット」で紹介されたイベント情報

ロサンゼルス五輪

シンクロ日本代表の歴史を振り返った。シンクロナイズドスイミングが五輪の正式種目となったのは1984年のロサンゼルス五輪で、日本代表は「ソロ」「デュエット」の2種目で銅メダルを獲得。これを皮切りに次のソウル大会では田中田中京選手が「デュエット」で銅、1992年のバルセロナ五輪では「ソロ」「デュエット」の両種目に出場した奥野史子選手が銅メダルを獲得した。その後もシドニー、アテネ、北京と順調にメダル獲得しつづけたが、2012年のロンドン五輪で7大会続いたメダルの歴史が途絶えた。


「白熱ライブ ビビット」で紹介されたイベント情報

ソウル五輪

シンクロ日本代表の歴史を振り返った。シンクロナイズドスイミングが五輪の正式種目となったのは1984年のロサンゼルス五輪で、日本代表は「ソロ」「デュエット」の2種目で銅メダルを獲得。これを皮切りに次のソウル大会では田中田中京選手が「デュエット」で銅、1992年のバルセロナ五輪では「ソロ」「デュエット」の両種目に出場した奥野史子選手が銅メダルを獲得した。その後もシドニー、アテネ、北京と順調にメダル獲得しつづけたが、2012年のロンドン五輪で7大会続いたメダルの歴史が途絶えた。


「白熱ライブ ビビット」で紹介されたイベント情報

バルセロナ五輪

シンクロ日本代表の歴史を振り返った。シンクロナイズドスイミングが五輪の正式種目となったのは1984年のロサンゼルス五輪で、日本代表は「ソロ」「デュエット」の2種目で銅メダルを獲得。これを皮切りに次のソウル大会では田中田中京選手が「デュエット」で銅、1992年のバルセロナ五輪では「ソロ」「デュエット」の両種目に出場した奥野史子選手が銅メダルを獲得した。その後もシドニー、アテネ、北京と順調にメダル獲得しつづけたが、2012年のロンドン五輪で7大会続いたメダルの歴史が途絶えた。


「白熱ライブ ビビット」で紹介されたイベント情報

00 シドニー

シンクロ日本代表の歴史を振り返った。シンクロナイズドスイミングが五輪の正式種目となったのは1984年のロサンゼルス五輪で、日本代表は「ソロ」「デュエット」の2種目で銅メダルを獲得。これを皮切りに次のソウル大会では田中田中京選手が「デュエット」で銅、1992年のバルセロナ五輪では「ソロ」「デュエット」の両種目に出場した奥野史子選手が銅メダルを獲得した。その後もシドニー、アテネ、北京と順調にメダル獲得しつづけたが、2012年のロンドン五輪で7大会続いたメダルの歴史が途絶えた。


「白熱ライブ ビビット」で紹介されたイベント情報

04 アテネ

シンクロ日本代表の歴史を振り返った。シンクロナイズドスイミングが五輪の正式種目となったのは1984年のロサンゼルス五輪で、日本代表は「ソロ」「デュエット」の2種目で銅メダルを獲得。これを皮切りに次のソウル大会では田中田中京選手が「デュエット」で銅、1992年のバルセロナ五輪では「ソロ」「デュエット」の両種目に出場した奥野史子選手が銅メダルを獲得した。その後もシドニー、アテネ、北京と順調にメダル獲得しつづけたが、2012年のロンドン五輪で7大会続いたメダルの歴史が途絶えた。


「白熱ライブ ビビット」で紹介されたイベント情報

北京

シンクロ日本代表の歴史を振り返った。シンクロナイズドスイミングが五輪の正式種目となったのは1984年のロサンゼルス五輪で、日本代表は「ソロ」「デュエット」の2種目で銅メダルを獲得。これを皮切りに次のソウル大会では田中田中京選手が「デュエット」で銅、1992年のバルセロナ五輪では「ソロ」「デュエット」の両種目に出場した奥野史子選手が銅メダルを獲得した。その後もシドニー、アテネ、北京と順調にメダル獲得しつづけたが、2012年のロンドン五輪で7大会続いたメダルの歴史が途絶えた。


CM

(リオ2016)

「白熱ライブ ビビット」で紹介されたイベント情報

リオ2016

リオ五輪 シンクロ日本代表 井村雅代ヘッドコーチはロサンゼルス五輪から6大会連続日本代表をメダルへと導いた。アテネ五輪銀メダリスト 藤丸真世さんは五輪本番直前まで“鬼のような表情”を崩さないという。6年ぶりに日本代表コーチに復帰した井村コーチは中国雑技団を招くなど独特の指導をしてきた。そして迎えたリオ五輪 シンクロデュエットで、乾友紀子・三井梨紗子選手が銅メダルを獲得した。この日は井村コーチ66歳の誕生日だった。明日からはチーム戦が始まる。藤丸が注目ポイントを説明した。

スタジオでシンクロの見どころなどを解説した。乾友紀子・三井梨紗子選手がデュエットで銅メダルを獲得。日本代表を指導した井村雅代ヘッドコーチの過酷なトレーニングが紹介された。青木愛によると睡眠時間は5時間、食事は5000カロリーを摂取するように指導された。あまりに過酷なため常に高カロリーを摂取しなければならないからだ。就寝前には餅5個を食べたという。餅の量を減らすと朝体重が1キロ減っていたそうである。またシンクロ32年の歴史で水着の材質が大きく変わったという話をした。

選手たちの頭にある白いものは、日本製の独自技術の「ゼラチン」であった。飛び込んだときに前髪が落ちるなどを防ぐためのので、以前はポマードなどを使用していた。しかしニオイがきつい、プールに油が浮くなどの欠点が指摘されており、開発されたゼラチンはプールでは溶けず45度程度のお湯で簡単に洗い流せるというもの。

山口茜選手と奥原希望選手は普段から海外遠征などをともにし、今回の五輪でも同部屋となった。そんな2人が今回準々決勝で対戦した。過去6度の対戦で山口選手は1セットもとったことはなかった。しかし、山口選手は五輪の舞台で奥原選手から最初のセットを奪う。2人同時に指導は出来ないためコーチ不在の試合となった。2ゲーム目から奥原選手が調子を取り戻し、2セット練習し奥原選手の勝利となった。奥原選手は「直前合宿から一緒にやってきた仲間と特別な舞台で戦えることが出来て光栄。茜ちゃんのぶんも必ずメダルをとる」と話した。


「白熱ライブ ビビット」で紹介されたイベント情報

ロサンゼルス五輪

リオ五輪 シンクロ日本代表 井村雅代ヘッドコーチはロサンゼルス五輪から6大会連続日本代表をメダルへと導いた。アテネ五輪銀メダリスト 藤丸真世さんは五輪本番直前まで“鬼のような表情”を崩さないという。6年ぶりに日本代表コーチに復帰した井村コーチは中国雑技団を招くなど独特の指導をしてきた。そして迎えたリオ五輪 シンクロデュエットで、乾友紀子・三井梨紗子選手が銅メダルを獲得した。この日は井村コーチ66歳の誕生日だった。明日からはチーム戦が始まる。藤丸が注目ポイントを説明した。


「白熱ライブ ビビット」で紹介されたイベント情報

アテネ五輪

リオ五輪 シンクロ日本代表 井村雅代ヘッドコーチはロサンゼルス五輪から6大会連続日本代表をメダルへと導いた。アテネ五輪銀メダリスト 藤丸真世さんは五輪本番直前まで“鬼のような表情”を崩さないという。6年ぶりに日本代表コーチに復帰した井村コーチは中国雑技団を招くなど独特の指導をしてきた。そして迎えたリオ五輪 シンクロデュエットで、乾友紀子・三井梨紗子選手が銅メダルを獲得した。この日は井村コーチ66歳の誕生日だった。明日からはチーム戦が始まる。藤丸が注目ポイントを説明した。


「白熱ライブ ビビット」で紹介されたグルメ情報

ゼラチン

選手たちの頭にある白いものは、日本製の独自技術の「ゼラチン」であった。飛び込んだときに前髪が落ちるなどを防ぐためのので、以前はポマードなどを使用していた。しかしニオイがきつい、プールに油が浮くなどの欠点が指摘されており、開発されたゼラチンはプールでは溶けず45度程度のお湯で簡単に洗い流せるというもの。


ポマード

選手たちの頭にある白いものは、日本製の独自技術の「ゼラチン」であった。飛び込んだときに前髪が落ちるなどを防ぐためのので、以前はポマードなどを使用していた。しかしニオイがきつい、プールに油が浮くなどの欠点が指摘されており、開発されたゼラチンはプールでは溶けず45度程度のお湯で簡単に洗い流せるというもの。


CM

(リオ2016)

「白熱ライブ ビビット」で紹介されたイベント情報

北京オリンピック

「北京オリンピック日本代表 潮田玲子さんがタカマツペアを生解説」というテロップ表示。


「白熱ライブ ビビット」で紹介されたイベント情報

リオ2016

リオ2016 バドミントン女子ダブルスの決勝にタカマツペアが出場する。準決勝ではシン・ソンチャンとチョン・ギョンウンの韓国と対戦しており松友選手は勝因について「どんどん攻めていくことができたので良かった」と話した。息の合ったコンビネーションで快進撃を続けるタカマツペアは10年前に結成しているが高校時代の恩師・田所光男監督は「上から組んだら2人が余っていた」と明かしている。決勝戦は日本時間19日の0時30分から開始だ。このあと潮田玲子がタカマツペアを生解説する。

奥原希望選手と山口選手の対戦について潮田玲子は「準決勝だったらよかったが、くじ引きやランキングの状態で仕方なかった」と述べた。また山口選手は奥原選手とあたっていなければ、大会中に成長していたので準決勝や決勝の可能性はかなりあったとコメントしている。奥原選手は相手選手が嫌になるほど拾って自分のペースに引き込んでいくプレイスタイルで、試合前に「この舞台に立てることに感謝して思いっきり楽しもう!よしっ!」と言うことがルーティンだった。更にネットに絡むようなヘアピンショットに注目だと伝えた。

リオ2016 バドミントン女子ダブルスで金メダルに挑む高橋礼華選手と松友美佐紀選手はペア歴10年目で世界ランキング1位だ。2人は一時期勝てない時期もあったが、乗り越えて更にステップを上がった。小学生の頃、学年別のチャンピオンだった2人は初対戦後に文通をするようになりペアを結成してからケンカをしたことがないという。松友選手は小柄だが前衛でのラケットワークが巧みで高橋選手が後衛から決めるプレイスタイルだ。


CM

(リオ2016)

「白熱ライブ ビビット」で紹介されたイベント情報

リオ2016

リオ五輪 バドミントン女子準決勝とダブルス決勝がきょう行われる。シングルス準決勝の対戦相手はブ イシンデュ プサルラ選手(インド)。ダブルス決勝はカミラ・リターユール選手・クリスティンナ・ペダーセン選手(デンマーク)。潮田玲子は「長いラリーに持ち込め」とアドバイスをした。


100人インタビュー

CM

100人インタビュー

CM

100人インタビュー

CM

(番組宣伝)

JNN NEWS

「白熱ライブ ビビット」で紹介されたイベント情報

リオ五輪

リオ五輪レスリング女子で日本人選手3人が金メダルを獲得し国内でも喜びの声で溢れている。新橋駅でのサラリーマンたちが試合の感想を述べている様子を紹介した。


新橋駅

リオ五輪レスリング女子で日本人選手3人が金メダルを獲得し国内でも喜びの声で溢れている。新橋駅でのサラリーマンたちが試合の感想を述べている様子を紹介した。


CM

ビビットウェザー

「白熱ライブ ビビット」で紹介されたイベント情報

リオ2016

先に報じた内容について訂正。アテネ五輪で使用された水着として紹介したものが、選手個人の水着だった。


「白熱ライブ ビビット」で紹介されたイベント情報

アテネ五輪

先に報じた内容について訂正。アテネ五輪で使用された水着として紹介したものが、選手個人の水着だった。


CM

(衝撃 SMAP×SMAP”年内終了”)

フジテレビ

「SMAP×SMAP」が年内終了することが発表された。今週月曜日の放送では、番組冒頭で24秒間にわたり「今後の放送について近日中に報告する」という内容のテロップが流された。今夜、メンバーの稲垣吾郎がラジオ番組で解散について触れる。これを皮切りに、連日リレー形式で、メンバーが解散についてそれぞれの想いを語るものとみられる。


関西テレビ

「SMAP×SMAP」が年内終了することが発表された。今週月曜日の放送では、番組冒頭で24秒間にわたり「今後の放送について近日中に報告する」という内容のテロップが流された。今夜、メンバーの稲垣吾郎がラジオ番組で解散について触れる。これを皮切りに、連日リレー形式で、メンバーが解散についてそれぞれの想いを語るものとみられる。


サンケイスポーツ

「SMAP×SMAP」が年内終了することが発表された。今週月曜日の放送では、番組冒頭で24秒間にわたり「今後の放送について近日中に報告する」という内容のテロップが流された。今夜、メンバーの稲垣吾郎がラジオ番組で解散について触れる。これを皮切りに、連日リレー形式で、メンバーが解散についてそれぞれの想いを語るものとみられる。


(エンディング)

「白熱ライブ ビビット」で紹介されたイベント情報

リオ2016

注目競技についてまとめた。吉田沙保里、濱田真由、など。

卓球男子団体決勝。いまのところ1勝2敗。

水谷隼選手の健闘を称えるなどした。


CM

「白熱ライブ ビビット」2016年8月17日(水)放送内容「白熱ライブ ビビット」2016年8月19日(金)放送内容

2016年07月 2016年08月 2016年09月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
  • 「白熱ライブ ビビット」で紹介されたすべての情報
  • 「白熱ライブ ビビット」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「白熱ライブ ビビット」で紹介された音楽・CD
  • 「白熱ライブ ビビット」で紹介された映画・DVD
  • 「白熱ライブ ビビット」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「白熱ライブ ビビット」で紹介されたグルメ情報
  • 「白熱ライブ ビビット」で紹介された料理レシピ
  • 「白熱ライブ ビビット」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「白熱ライブ ビビット」で紹介された観光・地域情報
  • 「白熱ライブ ビビット」で紹介されたイベント情報
  • 「白熱ライブ ビビット」で紹介された雑学・豆知識