ホーム > テレビ紹介情報 > TBS > 1番だけが知っている
テレビ紹介情報

「1番だけが知っている」で紹介された情報

「1番だけが知っている」で紹介されたすべての情報 ( 32 / 32 ページ )

白血病

「NEWS23」の番組宣伝。「岡村孝子さん”白血病”を公表。


「1番だけが知っている」で紹介されたイベント情報

HATS MUSIC FESTIVAL Vol.4 葉加瀬太郎・高嶋ちさ子・古澤 巌 〜3大ヴァイオリニストコンサート 2019〜

葉加瀬太郎さんらが出演「HATS MUSIC FESTIVAL Vol.4 葉加瀬太郎・高嶋ちさ子・古澤 巌 〜3大ヴァイオリニストコンサート 2019〜」の告知。


東急シアターオーブ

米倉涼子さん出演「CHICAGO」の告知。


オリックス劇場

米倉涼子さん出演「CHICAGO」の告知。


ロイター

10歳は若返る「アルムダウンナラ」があるのは江南区。「アルムダウンナラ」は美容クリニックで元々皮膚科医のイ・サンジュン医師が用いたある技術で2000年に開院。CNNなどで配信され世界中で話題となり各国からセレブが訪れる。その技術は美容レーザーで、1台1000万円以上のものを用意し波長の異なるレーザーを1回5〜6台を使用し、何千通りという組み合わせから最適な選択しあらゆる老化の原因を解消する。そこで東尾理子さんらが施術を受ける。まずはカウンセリングで東尾理子さんは目元のシワが増えたなどの悩みを相談。そして、肌の様子を見てもらうと全体的に色素沈着がみられるなど分かり、6種類のレーザーにプラス特別治療をしてくれることになった。下準備からアフターケアまで全11工程を経て美肌を手にすることが出来るという。


CNN

10歳は若返る「アルムダウンナラ」があるのは江南区。「アルムダウンナラ」は美容クリニックで元々皮膚科医のイ・サンジュン医師が用いたある技術で2000年に開院。CNNなどで配信され世界中で話題となり各国からセレブが訪れる。その技術は美容レーザーで、1台1000万円以上のものを用意し波長の異なるレーザーを1回5〜6台を使用し、何千通りという組み合わせから最適な選択しあらゆる老化の原因を解消する。そこで東尾理子さんらが施術を受ける。まずはカウンセリングで東尾理子さんは目元のシワが増えたなどの悩みを相談。そして、肌の様子を見てもらうと全体的に色素沈着がみられるなど分かり、6種類のレーザーにプラス特別治療をしてくれることになった。下準備からアフターケアまで全11工程を経て美肌を手にすることが出来るという。


アルムダウンナラ

10歳は若返る「アルムダウンナラ」があるのは江南区。「アルムダウンナラ」は美容クリニックで元々皮膚科医のイ・サンジュン医師が用いたある技術で2000年に開院。CNNなどで配信され世界中で話題となり各国からセレブが訪れる。その技術は美容レーザーで、1台1000万円以上のものを用意し波長の異なるレーザーを1回5〜6台を使用し、何千通りという組み合わせから最適な選択しあらゆる老化の原因を解消する。そこで東尾理子さんらが施術を受ける。まずはカウンセリングで東尾理子さんは目元のシワが増えたなどの悩みを相談。そして、肌の様子を見てもらうと全体的に色素沈着がみられるなど分かり、6種類のレーザーにプラス特別治療をしてくれることになった。下準備からアフターケアまで全11工程を経て美肌を手にすることが出来るという。

最初に行うのは下準備、術後の腫れを抑えるためのレーザーや麻酔クリームを塗る。施術はシワ取りや肌に貼りを与える「サーマクールFLX」や「HIFE」と呼ばれるレーザーで筋肉を刺激してリフトアップ。6レーザーの照射後に行う特別治療は「PRP治療」。「PRP治療」は自分音腕から血液を採取して遠心分離機で血小板を抽出。その血小板を肌にぬり再生を促す。アフターケアには非アルソンで肌に潤いを与えたり、はちみつパックで保湿。施術開始から6時間が経過しその効果を見てみる。東尾理子さんの悩みだったしみしわなどがなくなり、IKKOさんの肌のリフトアップもそれぞれ効果が出ていた。ちなみにそれぞれ治療費は75万円。


肺がん

米倉涼子さんに「芸能人生で1番泣いた日はいつですか?」と質問。米倉さんは父親が亡くなった日と明かす。父親は寡黙でほとんど会話がなく、すごく愛してくれてたと思うがカッコつけマンだったと話す。そして家族について凄くクールという自身の仕事に対してテンションが低いなど話す。父親が亡くなったのは2005年で米倉さんも芸能界で活躍出来ていない時期、最近米倉さんが父親に対して普段言えないことを書き、送った手紙が出てきたと話す。


「1番だけが知っている」で紹介されたイベント情報

CHICAGO

続いて絶対に勝てないと思った俳優について聞いた。その相手は西田敏行さんで初めて大河ドラマをやった時の顔合わせで、初対面でセリフのやりとりをした際泣いた記憶があると話す。そして、岸部一徳さんについては種類が違うエネルギーを感じ父親感覚と話す。そして最後に芸能人生で最大の恩人について聞いた。その恩人との出会いは今から20年前で当時はモデルやグラビアなどで活躍していた米倉さんが女優に転向。そして、女優としての初仕事はドラマ「恋の神様」に出演で金子賢さんに「キャー変態」というものでその映像が流れた。セリフこれのみで当時は全くの端役で当時から気にかけてくれたのが森光子さんで後押しをしてくれたという。そんな森光子さんから言われた忘れない言葉があるという。杉村春子さんの役をやることになり、交流があった森光子さんに相談しに言った時、背中に手を当てて目をつぶり2人で瞑想したと話す。そして、この思い出以上に1番泣いた日がありそれを聞く。


2019年03月 2019年04月 
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
  • 「1番だけが知っている」で紹介されたすべての情報
  • 「1番だけが知っている」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「1番だけが知っている」で紹介された音楽・CD
  • 「1番だけが知っている」で紹介された映画・DVD
  • 「1番だけが知っている」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「1番だけが知っている」で紹介されたグルメ情報
  • 「1番だけが知っている」で紹介された料理レシピ
  • 「1番だけが知っている」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「1番だけが知っている」で紹介された観光・地域情報
  • 「1番だけが知っている」で紹介されたイベント情報
  • 「1番だけが知っている」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する