ホーム > テレビ紹介情報 > TBS > 消えた天才
テレビ紹介情報

「消えた天才」で紹介された情報

「消えた天才」で紹介されたすべての情報 ( 90 / 90 ページ )

下北沢成徳学園

大山加奈が全く勝てなかった相手は、1歳下の妹・未希。バレーセンスがずば抜けて高い天才だったという。加奈が小学3年生のとき、2年生の未希がレギュラーに大抜擢。小学校ではセッター、中学校ではアタッカーとして日本一になった。加奈はいつも未希に怒られ、操られながらバレーをしてきたという。高校は名門・下北沢成徳学園に進学し、3年間で7回の日本一に。卒業後は東レアローズに入団。しかし、日本代表に選ばれることもなく、24歳でバレーボールをやめた。そこには意外な真相があった。


「消えた天才」で紹介された本・コミック・雑誌

大学受験に失敗して野球をする環境を失った上原浩治に、兄・隆明は「お前には逃げない才能がある」と話した。兄の言葉で浩治は情熱を取り戻し、再び大学受験を決意。ウエイトトレーニングなどを行い、教則本でピッチングの技術を学んだ。そして大阪体育大学に合格し、入学直後に覚醒。球速は150キロ。1試合21奪三振、リーグ通算最多36勝といった成績を残した。1998年、ドラフト1位で巨人に入団。背番号の19には、どん底の1年だった19歳の浪人時代の思いが込められているという。上原は、兄に勝ったと思ったことはないと話した。

「我慢」

Amazon.co.jp


大阪体育大学

大学受験に失敗して野球をする環境を失った上原浩治に、兄・隆明は「お前には逃げない才能がある」と話した。兄の言葉で浩治は情熱を取り戻し、再び大学受験を決意。ウエイトトレーニングなどを行い、教則本でピッチングの技術を学んだ。そして大阪体育大学に合格し、入学直後に覚醒。球速は150キロ。1試合21奪三振、リーグ通算最多36勝といった成績を残した。1998年、ドラフト1位で巨人に入団。背番号の19には、どん底の1年だった19歳の浪人時代の思いが込められているという。上原は、兄に勝ったと思ったことはないと話した。


北川ヒューテック

兄・隆明に上原浩治の兄・隆明を訪ねた。現在45歳、身長190cm。売上高170億円、従業員350人以上の建設会社の社長を務めている。2000年に結婚し、4人の子供たちは全員野球をしている。なぜ隆明が野球を辞め、浩治がプロになれたのか、上原兄弟の地元・大阪府寝屋川市で語った。小学校のときに練習していた公園、住んでいた団地を訪れた。団地の階段をストライクゾーンに見立ててボールを投げていたのが原点だという。隆明は軟式チームで中心選手だった小学6年生のとき、プロへの第一歩として硬式チームに移籍。その決断が、思わぬ悲劇を招く。


「消えた天才」で紹介されたイベント情報

アテネ五輪

大友愛はバレーが嫌いになりそうで自ら日本代表を辞退し、実業団でのプレーに集中し、競技に打ち込んでいた。しかしアテネ五輪で日本代表に復帰した大友は日本のエースとして復帰した。その理由を大友は、祖父や母が亡くなったことで、自分が頑張る姿をもっと見せるべきだったと感じだという。大友の娘・美空ちゃんは12歳で身長165cmで春からバレーボール名門中学に通っているという。美空ちゃんはママが銅メダルを獲ったため、自分は金メダルを獲りたいと話した。競技よりルックスが注目されたことについて大友は「得」だったとした。


「消えた天才」で紹介されたイベント情報

ロンドン五輪

女子バレー元日本代表の大友愛は現役選手初として写真集とDVDを発売すると、プライベートなショットやセクシーなショットも披露した。6年前に現役を引退した茨城県つくば市に住む大友愛の元へ。


「消えた天才」で紹介されたイベント情報

全日本社会人選手権

赤井戦から1年半後、大和田正春は日本ミドル級タイトルマッチの舞台で、勝利し、チャンピオンベルトを腰に巻いた。大和田はその後国内で7連勝し、5度のタイトル防衛に成功した。番狂わせから4年後、俳優に転身した赤井英和のデビュー作「どついたるねん」で赤井演じるボクサーのライバルとして大和田が出演した。赤井は、そのシーンを撮る時は再戦するみたいでワクワクしたと話した。大和田は現在、埼玉県内のメッキ加工会社に勤務しながら将来のプロボクサーを育成している。大和田は赤井の息子と自分が育てた選手が戦うことを考えるとワクワクすると話した。赤井は息子・英五郎を直接指導し、昨年12月、全日本社会人選手権で優勝を果たしている。


「消えた天才」で紹介された映画・DVD

どついたるねん

赤井戦から1年半後、大和田正春は日本ミドル級タイトルマッチの舞台で、勝利し、チャンピオンベルトを腰に巻いた。大和田はその後国内で7連勝し、5度のタイトル防衛に成功した。番狂わせから4年後、俳優に転身した赤井英和のデビュー作「どついたるねん」で赤井演じるボクサーのライバルとして大和田が出演した。赤井は、そのシーンを撮る時は再戦するみたいでワクワクしたと話した。大和田は現在、埼玉県内のメッキ加工会社に勤務しながら将来のプロボクサーを育成している。大和田は赤井の息子と自分が育てた選手が戦うことを考えるとワクワクすると話した。赤井は息子・英五郎を直接指導し、昨年12月、全日本社会人選手権で優勝を果たしている。


近畿大学ボクシング部

大和田正春は赤井英和戦直後の試合で全く手が動かなくなってしまった。大和田は殴りたいけど殴れない、怖いという気持ちだったという。大和田は引退を考えていたが赤井が母校でボクシング部のコーチに就任したというニュースを見て、赤井がまた戦っていると感じて勇気をもらったという。


脳挫傷

番狂わせを起こしたボクサーは赤井英和をKOした。試合直後、赤井は意識不明の重体となり、脳挫傷となった。一命はとりとめたが復帰は不可能となり、赤井はボクサーを引退した。大和田正春はアメリカ人の父を持ち、16歳でボクシングの道に進んだ。埼玉・狭山市で現在58歳の大和田正春を取材。大和田は、今までの苦労が報われた瞬間だったと話した。しかし試合の翌朝、赤井の重体を知り、お見舞いに行こうとしたが「遠慮してください」と赤井側に言われてしまったという。


2019年04月 2019年05月 
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
  • 「消えた天才」で紹介されたすべての情報
  • 「消えた天才」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「消えた天才」で紹介された音楽・CD
  • 「消えた天才」で紹介された映画・DVD
  • 「消えた天才」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「消えた天才」で紹介されたグルメ情報
  • 「消えた天才」で紹介された料理レシピ
  • 「消えた天才」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「消えた天才」で紹介された観光・地域情報
  • 「消えた天才」で紹介されたイベント情報
  • 「消えた天才」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する