ホーム > テレビ紹介情報 > TBS > 消えた天才 > 2018年12月2日(日)
テレビ紹介情報

「消えた天才」で紹介された情報

「消えた天才 〜松坂大輔超えの天才投手&室伏広治が憧れた伝説の天才SP〜」 2018年11月18日(日)放送内容「消えた天才 〜明日よる7時!5大レジェンドが勝てなかった天才SP〜」 2018年12月15日(土)放送内容

「消えた天才」 2018年12月2日(日)放送内容

(オープニング)

消えた天才

「消えた天才」で紹介されたイベント情報

バドミントン世界選手権

小椋久美子とともにペアを組み、日本選手権5連覇、世界選手権で銅メダルに輝いた潮田玲子が絶対に勝てなかったのが小学校6年の時に出場した全国大会の優勝者。小学6年生の平均身長・147cmに対して、その選手は161cmで、ダイナミックスマッシュを放った。名前は安城由紀子さんで、 バドミントン一家の生まれ。2人の姉もかなりの実力者だが、次女の美華さんは三姉妹の中で能力が高かった」と評する。その安城さんだが、小学校6年の時の全国大会優勝を最後に公式記録は存在しない。


「消えた天才」で紹介されたイベント情報

全日本総合バドミントン選手権大会

小椋久美子とともにペアを組み、日本選手権5連覇、世界選手権で銅メダルに輝いた潮田玲子が絶対に勝てなかったのが小学校6年の時に出場した全国大会の優勝者。小学6年生の平均身長・147cmに対して、その選手は161cmで、ダイナミックスマッシュを放った。名前は安城由紀子さんで、 バドミントン一家の生まれ。2人の姉もかなりの実力者だが、次女の美華さんは三姉妹の中で能力が高かった」と評する。その安城さんだが、小学校6年の時の全国大会優勝を最後に公式記録は存在しない。


CM

消えた天才

CM

(番組宣伝)

消えた天才

舞洲スタジアム

大谷翔平は高校2年の頃から自己最速の151キロをマークし、甲子園に2回出場している。その大谷から2012年の選抜甲子園で唯一本塁打を放った1人の天才がいて、出身校は森友哉などを輩出した大阪桐蔭。身長は高くなかったがチームの主軸を務め、チームメイトだった藤浪晋太郎は「バッティングに関しては超一流」と評する。その選手は一般的な球場よりも広く、フェンスが高い舞洲球場で行われた試合で場外ホームランをマーク。なお、高校2年の時には全国の高校球児の中で打率1位となったこともある。名前は田端良基。野球は高校で辞めてしまったという。


花巻東

大谷翔平は高校2年の頃から自己最速の151キロをマークし、甲子園に2回出場している。その大谷から2012年の選抜甲子園で唯一本塁打を放った1人の天才がいて、出身校は森友哉などを輩出した大阪桐蔭。身長は高くなかったがチームの主軸を務め、チームメイトだった藤浪晋太郎は「バッティングに関しては超一流」と評する。その選手は一般的な球場よりも広く、フェンスが高い舞洲球場で行われた試合で場外ホームランをマーク。なお、高校2年の時には全国の高校球児の中で打率1位となったこともある。名前は田端良基。野球は高校で辞めてしまったという。

高校時代に大谷翔平から放ったホームランボールを大事に取っている田端良基はプロ野球を志望していたが、ドラフト会議で指名の声がかからなかった。その後、田端は野球を辞める決断を下した。


「消えた天才」で紹介されたイベント情報

選抜甲子園

大谷翔平は高校2年の頃から自己最速の151キロをマークし、甲子園に2回出場している。その大谷から2012年の選抜甲子園で唯一本塁打を放った1人の天才がいて、出身校は森友哉などを輩出した大阪桐蔭。身長は高くなかったがチームの主軸を務め、チームメイトだった藤浪晋太郎は「バッティングに関しては超一流」と評する。その選手は一般的な球場よりも広く、フェンスが高い舞洲球場で行われた試合で場外ホームランをマーク。なお、高校2年の時には全国の高校球児の中で打率1位となったこともある。名前は田端良基。野球は高校で辞めてしまったという。


大阪桐蔭

大谷翔平は高校2年の頃から自己最速の151キロをマークし、甲子園に2回出場している。その大谷から2012年の選抜甲子園で唯一本塁打を放った1人の天才がいて、出身校は森友哉などを輩出した大阪桐蔭。身長は高くなかったがチームの主軸を務め、チームメイトだった藤浪晋太郎は「バッティングに関しては超一流」と評する。その選手は一般的な球場よりも広く、フェンスが高い舞洲球場で行われた試合で場外ホームランをマーク。なお、高校2年の時には全国の高校球児の中で打率1位となったこともある。名前は田端良基。野球は高校で辞めてしまったという。

高校時代に大谷翔平から放ったホームランボールを大事に取っている田端良基はプロ野球を志望していたが、ドラフト会議で指名の声がかからなかった。その後、田端は野球を辞める決断を下した。


「消えた天才」で紹介されたイベント情報

ジャイアンツカップ

高校時代に大谷翔平から放ったホームランボールを大事に取っている田端良基はプロ野球を志望していたが、ドラフト会議で指名の声がかからなかった。その後、田端は野球を辞める決断を下した。


CM

消えた天才

帝京高校

高校1年の時に大谷翔平よりも球速で上回り、翌年の甲子園で相見えた際に打ち取ってみせたのが伊藤拓郎で、帝京高校出身。DeNAで活躍する山崎康晃は「素材はピカイチ。すぐにプロに行くと思っていた」と述べた。そんな伊藤はドラフトで指名され、DeNAに入団。


花巻東

高校1年の時に大谷翔平よりも球速で上回り、翌年の甲子園で相見えた際に打ち取ってみせたのが伊藤拓郎で、帝京高校出身。DeNAで活躍する山崎康晃は「素材はピカイチ。すぐにプロに行くと思っていた」と述べた。そんな伊藤はドラフトで指名され、DeNAに入団。


「消えた天才」で紹介されたイベント情報

夏の甲子園

高校1年の時に大谷翔平よりも球速で上回り、翌年の甲子園で相見えた際に打ち取ってみせたのが伊藤拓郎で、帝京高校出身。DeNAで活躍する山崎康晃は「素材はピカイチ。すぐにプロに行くと思っていた」と述べた。そんな伊藤はドラフトで指名され、DeNAに入団。


CM

消えた天才

帝京高校

帝京高校出身でDeNAに入団した伊藤拓郎は登板した2試合で無失点をマーク。巨人戦では長野久義を三振に打ち取った。だが、大谷翔平が歳を重ねる毎に最速球速を更新していったのに対して、伊藤の球速は高校1年の148キロがピークだった。焦慮したためかフォームを崩し、膝を故障。プロ3年目で戦力外通告を言い渡され、球速は130キロにまで落ちていた。それでも家族を支えるために野球を続け、社会人野球の新日鐵住金鹿島に所属。球速は146キロにまで向上していた。


新日鐵住金鹿島

帝京高校出身でDeNAに入団した伊藤拓郎は登板した2試合で無失点をマーク。巨人戦では長野久義を三振に打ち取った。だが、大谷翔平が歳を重ねる毎に最速球速を更新していったのに対して、伊藤の球速は高校1年の148キロがピークだった。焦慮したためかフォームを崩し、膝を故障。プロ3年目で戦力外通告を言い渡され、球速は130キロにまで落ちていた。それでも家族を支えるために野球を続け、社会人野球の新日鐵住金鹿島に所属。球速は146キロにまで向上していた。


「消えた天才」で紹介されたイベント情報

日本リトルシニア野球 全国大会

中学時代に日本代表チームで共にプレーした藤浪晋太郎が賛辞を惜しまず、大谷翔平とは日本リトルシニア野球 全国大会で対戦経験があるのが横塚博亮。中学生にして142キロの剛速球を持ち、チームの全国大会優勝に貢献。中学卒業後は桐蔭学園に進学した。成長著しい大谷を意識するあまり、継続していたオーバーワークが災いし、右手小指の骨折など体は悲鳴をあげていた。


桐蔭学園

中学時代に日本代表チームで共にプレーした藤浪晋太郎が賛辞を惜しまず、大谷翔平とは日本リトルシニア野球 全国大会で対戦経験があるのが横塚博亮。中学生にして142キロの剛速球を持ち、チームの全国大会優勝に貢献。中学卒業後は桐蔭学園に進学した。成長著しい大谷を意識するあまり、継続していたオーバーワークが災いし、右手小指の骨折など体は悲鳴をあげていた。


ベネット損傷

横塚博亮は痛み止めを服用しながら野球を続けるも、肩の酷使で骨に刺が形成されて激痛を伴う「ベネット損傷」に悩まされ、プロの夢を諦めた。現在は特別支援学校に勤務し、教職員として障害を抱えた子どもたちの学校生活をサポートしている。


「消えた天才」で紹介されたイベント情報

全日本リトルリーグ野球選手権大会

小学校時代に全国屈指の強豪だった八王子リトルタイガースに所属し、元ヤクルトの遠藤政隆氏、元西武の高木大成氏とチームメイトだったのが渡部建。その渡部が投打の才能に加え、俊足を誇ったと激賞するのが岡本忠義氏で、清宮幸太郎の小学校当時を彷彿とさせるという。当時の監督も図抜けていたと認め、プロ野球に進む逸材だったという。その岡本氏は関東第一高等学校に進学し、90年の夏の甲子園に出場。二刀流選手として活躍した。


関東第一高等学校

小学校時代に全国屈指の強豪だった八王子リトルタイガースに所属し、元ヤクルトの遠藤政隆氏、元西武の高木大成氏とチームメイトだったのが渡部建。その渡部が投打の才能に加え、俊足を誇ったと激賞するのが岡本忠義氏で、清宮幸太郎の小学校当時を彷彿とさせるという。当時の監督も図抜けていたと認め、プロ野球に進む逸材だったという。その岡本氏は関東第一高等学校に進学し、90年の夏の甲子園に出場。二刀流選手として活躍した。


「消えた天才」で紹介されたイベント情報

夏の甲子園

小学校時代に全国屈指の強豪だった八王子リトルタイガースに所属し、元ヤクルトの遠藤政隆氏、元西武の高木大成氏とチームメイトだったのが渡部建。その渡部が投打の才能に加え、俊足を誇ったと激賞するのが岡本忠義氏で、清宮幸太郎の小学校当時を彷彿とさせるという。当時の監督も図抜けていたと認め、プロ野球に進む逸材だったという。その岡本氏は関東第一高等学校に進学し、90年の夏の甲子園に出場。二刀流選手として活躍した。


龍谷大学付属 平安中学校・平安高等学校

小学校時代に全国屈指の強豪だった八王子リトルタイガースに所属し、元ヤクルトの遠藤政隆氏、元西武の高木大成氏とチームメイトだったのが渡部建。その渡部が投打の才能に加え、俊足を誇ったと激賞するのが岡本忠義氏で、清宮幸太郎の小学校当時を彷彿とさせるという。当時の監督も図抜けていたと認め、プロ野球に進む逸材だったという。その岡本氏は関東第一高等学校に進学し、90年の夏の甲子園に出場。二刀流選手として活躍した。


CM

消えた天才

法政大学

渡部建と少年野球でチームメイトで、小学校では児嶋一哉と同級生だった岡本忠義氏は現在、46歳。これまでの経歴を振り返ると、高校卒業後は法政大学に進学。同期に稲葉篤紀氏がいる。


「消えた天才」で紹介されたイベント情報

夏の甲子園

2012年の全国高校野球 岩手県大会で、大谷翔平は高校野球史上最速記録をマーク。だが、同大会決勝で盛岡大付属が擁した天才、二橋大地が大谷から3ランホームランを放った。これが決勝点となり、大谷にとって高校最後の夏は幕を閉じた。二橋は本来のマウンドより手前にピッチングマシンを設置し、160キロの速度を体感できる練習を重ねていたことが奏功したと話す。


盛岡大学附属高等学校

2012年の全国高校野球 岩手県大会で、大谷翔平は高校野球史上最速記録をマーク。だが、同大会決勝で盛岡大付属が擁した天才、二橋大地が大谷から3ランホームランを放った。これが決勝点となり、大谷にとって高校最後の夏は幕を閉じた。二橋は本来のマウンドより手前にピッチングマシンを設置し、160キロの速度を体感できる練習を重ねていたことが奏功したと話す。


CM

(番組宣伝)

消えた天才

「消えた天才」で紹介されたイベント情報

夏の甲子園

二橋大地が大谷から3ランホームランを放つもポール際を通過し、「ファウルだった」と指摘するファンもいた。盛岡大学附属にはバッシングの電話が相次ぐなど、二橋は野球に対する情熱を失ってしまったという。だが、プロの世界で様々な論客が二刀流に否定的な主張をするなか、二刀流に拘泥し、実績を重ねる大谷翔平の姿を見て、二橋は刺激を受けた。プロ野球選手を目指し、現在は社会人野球の強豪チーム、三菱日立パワーシステムズで研鑽を積んでいる。


盛岡大学附属高等学校

二橋大地が大谷から3ランホームランを放つもポール際を通過し、「ファウルだった」と指摘するファンもいた。盛岡大学附属にはバッシングの電話が相次ぐなど、二橋は野球に対する情熱を失ってしまったという。だが、プロの世界で様々な論客が二刀流に否定的な主張をするなか、二刀流に拘泥し、実績を重ねる大谷翔平の姿を見て、二橋は刺激を受けた。プロ野球選手を目指し、現在は社会人野球の強豪チーム、三菱日立パワーシステムズで研鑽を積んでいる。


三菱日立パワーシステムズ

二橋大地が大谷から3ランホームランを放つもポール際を通過し、「ファウルだった」と指摘するファンもいた。盛岡大学附属にはバッシングの電話が相次ぐなど、二橋は野球に対する情熱を失ってしまったという。だが、プロの世界で様々な論客が二刀流に否定的な主張をするなか、二刀流に拘泥し、実績を重ねる大谷翔平の姿を見て、二橋は刺激を受けた。プロ野球選手を目指し、現在は社会人野球の強豪チーム、三菱日立パワーシステムズで研鑽を積んでいる。


「消えた天才」で紹介されたイベント情報

北京五輪

ロンドン五輪 競泳400mメドレーリレーで日本史上初の銀メダルに貢献したのがキャプテンの松田丈志で、レース後には「北島康介さんを手ぶらで帰らせるわけにはいかない」と語っていた。この言葉は同年の流行語大賞にノミネート。そんな松田は五輪に4連続で出場し、4つのメダルを獲得しているが、雲の上のような存在だったという1人の選手を挙げた。ひときわ小柄で、最新ゴーグルをつけていた他、キャップのかぶり方に目を奪われたという。97年の中学全国大会 1500m自由形を観戦していた松田はその選手のロケットスタートに驚き、ペース配分を誤っていると考えたが、ペースを落とすことなくダントツの優勝を収めた。


「消えた天才」で紹介されたイベント情報

ロンドン五輪

ロンドン五輪 競泳400mメドレーリレーで日本史上初の銀メダルに貢献したのがキャプテンの松田丈志で、レース後には「北島康介さんを手ぶらで帰らせるわけにはいかない」と語っていた。この言葉は同年の流行語大賞にノミネート。そんな松田は五輪に4連続で出場し、4つのメダルを獲得しているが、雲の上のような存在だったという1人の選手を挙げた。ひときわ小柄で、最新ゴーグルをつけていた他、キャップのかぶり方に目を奪われたという。97年の中学全国大会 1500m自由形を観戦していた松田はその選手のロケットスタートに驚き、ペース配分を誤っていると考えたが、ペースを落とすことなくダントツの優勝を収めた。


「消えた天才」で紹介されたイベント情報

アテネ五輪

ロンドン五輪 競泳400mメドレーリレーで日本史上初の銀メダルに貢献したのがキャプテンの松田丈志で、レース後には「北島康介さんを手ぶらで帰らせるわけにはいかない」と語っていた。この言葉は同年の流行語大賞にノミネート。そんな松田は五輪に4連続で出場し、4つのメダルを獲得しているが、雲の上のような存在だったという1人の選手を挙げた。ひときわ小柄で、最新ゴーグルをつけていた他、キャップのかぶり方に目を奪われたという。97年の中学全国大会 1500m自由形を観戦していた松田はその選手のロケットスタートに驚き、ペース配分を誤っていると考えたが、ペースを落とすことなくダントツの優勝を収めた。


「消えた天才」で紹介されたイベント情報

リオ五輪

ロンドン五輪 競泳400mメドレーリレーで日本史上初の銀メダルに貢献したのがキャプテンの松田丈志で、レース後には「北島康介さんを手ぶらで帰らせるわけにはいかない」と語っていた。この言葉は同年の流行語大賞にノミネート。そんな松田は五輪に4連続で出場し、4つのメダルを獲得しているが、雲の上のような存在だったという1人の選手を挙げた。ひときわ小柄で、最新ゴーグルをつけていた他、キャップのかぶり方に目を奪われたという。97年の中学全国大会 1500m自由形を観戦していた松田はその選手のロケットスタートに驚き、ペース配分を誤っていると考えたが、ペースを落とすことなくダントツの優勝を収めた。


(番組宣伝)

CM

消えた天才

「消えた天才」で紹介されたイベント情報

日本選手権

97年の中学全国大会 1500m自由形を制覇した山邊壽崇氏は400m自由形で松田丈志とも対決し、9秒差をつけて勝利。ちなみに優勝したのは藤田駿一。日本選手権の1500m自由形に中学生にして出場し、中学生の新記録を樹立。同氏はジュニアオリンピックで6年連続の優勝を収め、入江陵介や寺川綾らを輩出したイトマンスイミングスクールに所属。シドニー五輪直前には高校生新記録をマークするも、シドニー五輪、4年後のアテネ五輪代表に名を連ねることはなかった。なお、近鉄の車掌を務めている。


「消えた天才」で紹介されたイベント情報

ジュニアオリンピック

97年の中学全国大会 1500m自由形を制覇した山邊壽崇氏は400m自由形で松田丈志とも対決し、9秒差をつけて勝利。ちなみに優勝したのは藤田駿一。日本選手権の1500m自由形に中学生にして出場し、中学生の新記録を樹立。同氏はジュニアオリンピックで6年連続の優勝を収め、入江陵介や寺川綾らを輩出したイトマンスイミングスクールに所属。シドニー五輪直前には高校生新記録をマークするも、シドニー五輪、4年後のアテネ五輪代表に名を連ねることはなかった。なお、近鉄の車掌を務めている。


「消えた天才」で紹介されたイベント情報

シドニー五輪

97年の中学全国大会 1500m自由形を制覇した山邊壽崇氏は400m自由形で松田丈志とも対決し、9秒差をつけて勝利。ちなみに優勝したのは藤田駿一。日本選手権の1500m自由形に中学生にして出場し、中学生の新記録を樹立。同氏はジュニアオリンピックで6年連続の優勝を収め、入江陵介や寺川綾らを輩出したイトマンスイミングスクールに所属。シドニー五輪直前には高校生新記録をマークするも、シドニー五輪、4年後のアテネ五輪代表に名を連ねることはなかった。なお、近鉄の車掌を務めている。


「消えた天才」で紹介されたイベント情報

アテネ五輪

97年の中学全国大会 1500m自由形を制覇した山邊壽崇氏は400m自由形で松田丈志とも対決し、9秒差をつけて勝利。ちなみに優勝したのは藤田駿一。日本選手権の1500m自由形に中学生にして出場し、中学生の新記録を樹立。同氏はジュニアオリンピックで6年連続の優勝を収め、入江陵介や寺川綾らを輩出したイトマンスイミングスクールに所属。シドニー五輪直前には高校生新記録をマークするも、シドニー五輪、4年後のアテネ五輪代表に名を連ねることはなかった。なお、近鉄の車掌を務めている。

現在、36歳の山邊壽崇氏は中学時代にぶっちぎりで優勝した1500mについて、「横に誰もおらず、暇だった。早く終われへんかなと思っていた」と振り返った。また、体よりも先に脳が疲弊すると体も追随するため、泳ぎながら歌うなど気を紛らわせていたという。そんな山邊氏はシドニー五輪の代表選考会に向けて過酷な練習に取り組んでいたが、代表選考会前夜に悲劇が。


近鉄

97年の中学全国大会 1500m自由形を制覇した山邊壽崇氏は400m自由形で松田丈志とも対決し、9秒差をつけて勝利。ちなみに優勝したのは藤田駿一。日本選手権の1500m自由形に中学生にして出場し、中学生の新記録を樹立。同氏はジュニアオリンピックで6年連続の優勝を収め、入江陵介や寺川綾らを輩出したイトマンスイミングスクールに所属。シドニー五輪直前には高校生新記録をマークするも、シドニー五輪、4年後のアテネ五輪代表に名を連ねることはなかった。なお、近鉄の車掌を務めている。


CM

消えた天才

「消えた天才」で紹介されたイベント情報

アテネ五輪

山邊氏はシドニー五輪の代表選考会に向けて過酷な練習に取り組んでいたが、代表選考会前夜に高熱というアクシデントに見舞われた。点滴を打って翌日の選考会に望むも、予選落ちとなった。これ以降、山邊氏は競泳に対するモチベーションを高めることができず、競泳から身を引いた。5年前、高校の同級生と結婚し、幸せな家庭を築いている。そんな山邊氏は松田丈志について、「練習量は日本一だった。努力の天才」と評し、「頑張っているのを見て、自分も負けずと頑張りたい」とコメント。


「消えた天才」で紹介されたイベント情報

リオ五輪

山邊氏はシドニー五輪の代表選考会に向けて過酷な練習に取り組んでいたが、代表選考会前夜に高熱というアクシデントに見舞われた。点滴を打って翌日の選考会に望むも、予選落ちとなった。これ以降、山邊氏は競泳に対するモチベーションを高めることができず、競泳から身を引いた。5年前、高校の同級生と結婚し、幸せな家庭を築いている。そんな山邊氏は松田丈志について、「練習量は日本一だった。努力の天才」と評し、「頑張っているのを見て、自分も負けずと頑張りたい」とコメント。


(エンディング)

(番組宣伝)

CM

「消えた天才 〜松坂大輔超えの天才投手&室伏広治が憧れた伝説の天才SP〜」 2018年11月18日(日)放送内容「消えた天才 〜明日よる7時!5大レジェンドが勝てなかった天才SP〜」 2018年12月15日(土)放送内容

2018年11月 2018年12月 2019年01月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
  • 「消えた天才」で紹介されたすべての情報
  • 「消えた天才」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「消えた天才」で紹介された音楽・CD
  • 「消えた天才」で紹介された映画・DVD
  • 「消えた天才」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「消えた天才」で紹介されたグルメ情報
  • 「消えた天才」で紹介された料理レシピ
  • 「消えた天才」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「消えた天才」で紹介された観光・地域情報
  • 「消えた天才」で紹介されたイベント情報
  • 「消えた天才」で紹介された雑学・豆知識