ホーム > テレビ紹介情報 > TBS > ゲンバビト > 2019年3月10日(日)
テレビ紹介情報

「ゲンバビト」で紹介された情報

「ゲンバビト 〜行列のできる「パン屋さん」の秘密〜」 2019年3月3日(日)放送内容

「ゲンバビト」 2019年3月10日(日)放送内容

『超有名!「餃子」チェーン 〜イメージ刷新の裏側〜』
2019年3月10日(日) 23:30〜2019年3月11日(月)00:00 TBS
【レギュラー出演】 ピエール瀧(電気グルーヴ)
【ゲスト】 福島善成(ガリットチュウ)
【その他】 大藪一郎 , 新谷菜月

CM

(オープニング)

「ゲンバビト」で紹介されたレストラン・飲食店

餃子の王将

もちもちの皮に、香ばしい焼き目の中華の王道である餃子。そんな餃子の日本の代名詞とも言える店「餃子の王将」が創業50年で「過去最高」売上を記録した。しかし「餃子の王将」は5年前から売上が落ちており不調であった。「餃子の王将」が不調から、なぜ一気に客を増やせたのかに迫る。


CM

(ゲンバビト #48 イメージチェンジ!「餃子の王将」)

「ゲンバビト」で紹介されたレストラン・飲食店

餃子の王将

「餃子の王将」を運営する会社「王将フードサービス」本社にある王将調理道場にて道場長として指導している「大藪一郎」が今回のゲンバビト。道場は昨年の1月から開始され、大藪は全国の店長を相手に王将の技を伝えている。この日は「ムーシーロー」を教えていた大藪は、全国の店舗で調理された「ムーシーロー」の写真を用意し、味のばらつきなどを指摘していた。餃子の王将は5年前に労働時間短縮のため、営業時間を短縮し、その影響から売上も低下していた。しかし2018年はそんな中で、過去最高の売上を記録していた。その売上の伸びの一要因となったのが調理道場であった。

「王将フードサービス」の王将調理道場にて大藪による「ムーシーロー」の指導が始まった。大藪は調味料の分量や、具材の僅かな違いで味が大きく変わってしまうことを入念にレクチャーし、具材の下処理にも美味しく作るこだわりを伝授した。さらに炒め方では最初に大藪が実践して披露し、調理の難しい卵をふわふわ感を出すため秒単位で焼き加減を見極めるポイントを解説した。大藪から教わった各店舗の店長たちは、各々が他店長たちに工程を説明しながらの調理実戦に挑戦した。大藪は調理道場を通して、店長以下の従業員たちの技術力が上がることにより、全体の底上げが実現できるなどと語った。また、この日は商品についてくる小さなスープの教室も開かれ、大藪はダシ入りとダシなしを用意して、王将の様々な閭里で使われる基本となるダシの重要性を示した。そんな大藪は高校生の頃から王将でアルバイトし、卒業後にそのまま王将に就職、その後は20店舗以上で働き、16店舗で店長を務め、34年間の経験を活かし調理道場の道場長に就任した。

「餃子の王将」の新入社員である「新谷菜月」が今回のゲンバビト。新谷は京都府京都市にある「GYOZA OHSHO 烏丸御池店」に勤務している。従来の餃子の王将では約8割が男性客であるが「GYOZA OHSHO」では約6割が女性客となっている。新谷は開店前の準備段階から女性を気遣った居心地の良い空間づくりを目指し、掃除やセッティングを徹底している。さらに「GYOZA OHSHO」では接客でも従来の王将の活気さではなく、丁寧さを売りにしている。昨年に王将本社に入社した新谷は過去の経験から自ら希望して新業態の「GYOZA OHSHO」に配属となった。そんな新谷は現在、社員寮で一人暮らししており、アコーディオンに現在ハマっている。そして新谷は東京への移動命令を受け、「GYOZA OHSHO」の新店舗を任されていた。


王将フードサービス

「餃子の王将」を運営する会社「王将フードサービス」本社にある王将調理道場にて道場長として指導している「大藪一郎」が今回のゲンバビト。道場は昨年の1月から開始され、大藪は全国の店長を相手に王将の技を伝えている。この日は「ムーシーロー」を教えていた大藪は、全国の店舗で調理された「ムーシーロー」の写真を用意し、味のばらつきなどを指摘していた。餃子の王将は5年前に労働時間短縮のため、営業時間を短縮し、その影響から売上も低下していた。しかし2018年はそんな中で、過去最高の売上を記録していた。その売上の伸びの一要因となったのが調理道場であった。

「王将フードサービス」の王将調理道場にて大藪による「ムーシーロー」の指導が始まった。大藪は調味料の分量や、具材の僅かな違いで味が大きく変わってしまうことを入念にレクチャーし、具材の下処理にも美味しく作るこだわりを伝授した。さらに炒め方では最初に大藪が実践して披露し、調理の難しい卵をふわふわ感を出すため秒単位で焼き加減を見極めるポイントを解説した。大藪から教わった各店舗の店長たちは、各々が他店長たちに工程を説明しながらの調理実戦に挑戦した。大藪は調理道場を通して、店長以下の従業員たちの技術力が上がることにより、全体の底上げが実現できるなどと語った。また、この日は商品についてくる小さなスープの教室も開かれ、大藪はダシ入りとダシなしを用意して、王将の様々な閭里で使われる基本となるダシの重要性を示した。そんな大藪は高校生の頃から王将でアルバイトし、卒業後にそのまま王将に就職、その後は20店舗以上で働き、16店舗で店長を務め、34年間の経験を活かし調理道場の道場長に就任した。

「餃子の王将」の新入社員である「新谷菜月」が今回のゲンバビト。新谷は京都府京都市にある「GYOZA OHSHO 烏丸御池店」に勤務している。従来の餃子の王将では約8割が男性客であるが「GYOZA OHSHO」では約6割が女性客となっている。新谷は開店前の準備段階から女性を気遣った居心地の良い空間づくりを目指し、掃除やセッティングを徹底している。さらに「GYOZA OHSHO」では接客でも従来の王将の活気さではなく、丁寧さを売りにしている。昨年に王将本社に入社した新谷は過去の経験から自ら希望して新業態の「GYOZA OHSHO」に配属となった。そんな新谷は現在、社員寮で一人暮らししており、アコーディオンに現在ハマっている。そして新谷は東京への移動命令を受け、「GYOZA OHSHO」の新店舗を任されていた。


「ゲンバビト」で紹介されたグルメ情報

ムーシーロー

「餃子の王将」を運営する会社「王将フードサービス」本社にある王将調理道場にて道場長として指導している「大藪一郎」が今回のゲンバビト。道場は昨年の1月から開始され、大藪は全国の店長を相手に王将の技を伝えている。この日は「ムーシーロー」を教えていた大藪は、全国の店舗で調理された「ムーシーロー」の写真を用意し、味のばらつきなどを指摘していた。餃子の王将は5年前に労働時間短縮のため、営業時間を短縮し、その影響から売上も低下していた。しかし2018年はそんな中で、過去最高の売上を記録していた。その売上の伸びの一要因となったのが調理道場であった。

「王将フードサービス」の王将調理道場にて大藪による「ムーシーロー」の指導が始まった。大藪は調味料の分量や、具材の僅かな違いで味が大きく変わってしまうことを入念にレクチャーし、具材の下処理にも美味しく作るこだわりを伝授した。さらに炒め方では最初に大藪が実践して披露し、調理の難しい卵をふわふわ感を出すため秒単位で焼き加減を見極めるポイントを解説した。大藪から教わった各店舗の店長たちは、各々が他店長たちに工程を説明しながらの調理実戦に挑戦した。大藪は調理道場を通して、店長以下の従業員たちの技術力が上がることにより、全体の底上げが実現できるなどと語った。また、この日は商品についてくる小さなスープの教室も開かれ、大藪はダシ入りとダシなしを用意して、王将の様々な閭里で使われる基本となるダシの重要性を示した。そんな大藪は高校生の頃から王将でアルバイトし、卒業後にそのまま王将に就職、その後は20店舗以上で働き、16店舗で店長を務め、34年間の経験を活かし調理道場の道場長に就任した。


「ゲンバビト」で紹介されたレストラン・飲食店

GYOZA OHSHO 烏丸御池店

「餃子の王将」の新入社員である「新谷菜月」が今回のゲンバビト。新谷は京都府京都市にある「GYOZA OHSHO 烏丸御池店」に勤務している。従来の餃子の王将では約8割が男性客であるが「GYOZA OHSHO」では約6割が女性客となっている。新谷は開店前の準備段階から女性を気遣った居心地の良い空間づくりを目指し、掃除やセッティングを徹底している。さらに「GYOZA OHSHO」では接客でも従来の王将の活気さではなく、丁寧さを売りにしている。昨年に王将本社に入社した新谷は過去の経験から自ら希望して新業態の「GYOZA OHSHO」に配属となった。そんな新谷は現在、社員寮で一人暮らししており、アコーディオンに現在ハマっている。そして新谷は東京への移動命令を受け、「GYOZA OHSHO」の新店舗を任されていた。


CM

(ゲンバビト #48 イメージチェンジ!「餃子の王将」)

「ゲンバビト」で紹介されたレストラン・飲食店

餃子の王将

「餃子の王将」の新入社員である「新谷菜月」は「GYOZA OHSHO」の新店舗となる「GYOZA OHSHO 有楽町国際フォーラム口店」に転属となり開店前の準備に追われ、今まで学んだことの大切さをふんだんに活かしていた。


王将フードサービス

「餃子の王将」の新入社員である「新谷菜月」は「GYOZA OHSHO」の新店舗となる「GYOZA OHSHO 有楽町国際フォーラム口店」に転属となり開店前の準備に追われ、今まで学んだことの大切さをふんだんに活かしていた。


「ゲンバビト」で紹介されたレストラン・飲食店

GYOZA OHSHO 有楽町国際フォーラム口店

「餃子の王将」の新入社員である「新谷菜月」は「GYOZA OHSHO」の新店舗となる「GYOZA OHSHO 有楽町国際フォーラム口店」に転属となり開店前の準備に追われ、今まで学んだことの大切さをふんだんに活かしていた。


(エンディング)

「ゲンバビト」で紹介されたレストラン・飲食店

餃子の王将

ゲンバビトである大藪一郎らが「これからの調理道場」などについて語った。


王将フードサービス

ゲンバビトである大藪一郎らが「これからの調理道場」などについて語った。


(番組宣伝)

CM

「ゲンバビト 〜行列のできる「パン屋さん」の秘密〜」 2019年3月3日(日)放送内容

2019年02月 2019年03月 
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
  • 「ゲンバビト」で紹介されたすべての情報
  • 「ゲンバビト」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「ゲンバビト」で紹介された音楽・CD
  • 「ゲンバビト」で紹介された映画・DVD
  • 「ゲンバビト」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「ゲンバビト」で紹介されたグルメ情報
  • 「ゲンバビト」で紹介された料理レシピ
  • 「ゲンバビト」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「ゲンバビト」で紹介された観光・地域情報
  • 「ゲンバビト」で紹介されたイベント情報
  • 「ゲンバビト」で紹介された雑学・豆知識