ホーム > テレビ紹介情報 > TBS > 坂上&指原のつぶれない店
テレビ紹介情報

「坂上&指原のつぶれない店」で紹介された情報

「坂上&指原のつぶれない店」で紹介されたすべての情報 ( 152 / 473 ページ )

Instagram

かまぼこ屋の三宅水産が「うまいでがんす」を作り始めたきっかけは、1950年に訪れたコロッケブーム。しかし当時はコロッケは高価な食べ物で、庶民は簡単に手を出すことができなかった。そこで、今の社長の父親にあたる2代目社長が、誰でも手軽に食べられる揚げ物を作ろうと試行錯誤。その結果生まれたのが「うまいでがんす」。しかしあくまでも副産物で、メイン商品ではなかったという。広島では結婚式の時の引き出物としてかまぼこを渡す習慣があり、多い時にはかまぼこの売上だけで月商700万円以上あったのだ。ところが、ジミ婚ブームにより突然経営の危機が!それを救ったのは社長の娘の結花さん。子どもの頃から「美味しいのにどうして目玉商品として売らないのか?」と思っていた結花さんは、約12年前、自らがゆるキャラ「がんす娘。」として店頭販売をスタート。ちょうどゆるキャラブームが始まる頃だったという。がんす娘。は雑誌やテレビで取り上げられ、Instagramに投稿されるほど大人気に!これにより、落ち込んでいた三宅水産の年商は3倍にV字回復!


「坂上&指原のつぶれない店」で紹介されたグルメ情報

あなご蒲鉾

広島のアンテナショップ「TAU」を調査。100人中32人が購入したのは「うまいでがんす」。1袋2枚入りで238円(税込)。魚のすみ身に玉ねぎと七味などを混ぜてフライ状にしたもの。子どもはおやつ感覚で、大人はつまみとして食べる広島のソウルフードだ。取材班は製造元の三宅水産へ。広島ではがんすをおでんにしたり、パンに挟んでバーガーにしたりと様々な調理法で食べられている。三宅水産はかまぼこ製造・販売を手がける創業69年の老舗店で、約100店舗に卸している超人気店。できたての「うまいでがんす」を食べさせてもらったスタッフは「サクサクで美味しい」と笑顔。スタジオでも試食。「玉ねぎの甘さが強く、ピリっとした辛さがある」「甘さと辛さのバランスが丁度いい」「クセになる」と感想を語った。


「坂上&指原のつぶれない店」で紹介されたグルメ情報

ちりめん蒲鉾

広島のアンテナショップ「TAU」を調査。100人中32人が購入したのは「うまいでがんす」。1袋2枚入りで238円(税込)。魚のすみ身に玉ねぎと七味などを混ぜてフライ状にしたもの。子どもはおやつ感覚で、大人はつまみとして食べる広島のソウルフードだ。取材班は製造元の三宅水産へ。広島ではがんすをおでんにしたり、パンに挟んでバーガーにしたりと様々な調理法で食べられている。三宅水産はかまぼこ製造・販売を手がける創業69年の老舗店で、約100店舗に卸している超人気店。できたての「うまいでがんす」を食べさせてもらったスタッフは「サクサクで美味しい」と笑顔。スタジオでも試食。「玉ねぎの甘さが強く、ピリっとした辛さがある」「甘さと辛さのバランスが丁度いい」「クセになる」と感想を語った。


「坂上&指原のつぶれない店」で紹介されたグルメ情報

チーズ蒲鉾

広島のアンテナショップ「TAU」を調査。100人中32人が購入したのは「うまいでがんす」。1袋2枚入りで238円(税込)。魚のすみ身に玉ねぎと七味などを混ぜてフライ状にしたもの。子どもはおやつ感覚で、大人はつまみとして食べる広島のソウルフードだ。取材班は製造元の三宅水産へ。広島ではがんすをおでんにしたり、パンに挟んでバーガーにしたりと様々な調理法で食べられている。三宅水産はかまぼこ製造・販売を手がける創業69年の老舗店で、約100店舗に卸している超人気店。できたての「うまいでがんす」を食べさせてもらったスタッフは「サクサクで美味しい」と笑顔。スタジオでも試食。「玉ねぎの甘さが強く、ピリっとした辛さがある」「甘さと辛さのバランスが丁度いい」「クセになる」と感想を語った。


新広駅

広島のアンテナショップ「TAU」を調査。100人中32人が購入したのは「うまいでがんす」。1袋2枚入りで238円(税込)。魚のすみ身に玉ねぎと七味などを混ぜてフライ状にしたもの。子どもはおやつ感覚で、大人はつまみとして食べる広島のソウルフードだ。取材班は製造元の三宅水産へ。広島ではがんすをおでんにしたり、パンに挟んでバーガーにしたりと様々な調理法で食べられている。三宅水産はかまぼこ製造・販売を手がける創業69年の老舗店で、約100店舗に卸している超人気店。できたての「うまいでがんす」を食べさせてもらったスタッフは「サクサクで美味しい」と笑顔。スタジオでも試食。「玉ねぎの甘さが強く、ピリっとした辛さがある」「甘さと辛さのバランスが丁度いい」「クセになる」と感想を語った。


三宅水産

広島のアンテナショップ「TAU」を調査。100人中32人が購入したのは「うまいでがんす」。1袋2枚入りで238円(税込)。魚のすみ身に玉ねぎと七味などを混ぜてフライ状にしたもの。子どもはおやつ感覚で、大人はつまみとして食べる広島のソウルフードだ。取材班は製造元の三宅水産へ。広島ではがんすをおでんにしたり、パンに挟んでバーガーにしたりと様々な調理法で食べられている。三宅水産はかまぼこ製造・販売を手がける創業69年の老舗店で、約100店舗に卸している超人気店。できたての「うまいでがんす」を食べさせてもらったスタッフは「サクサクで美味しい」と笑顔。スタジオでも試食。「玉ねぎの甘さが強く、ピリっとした辛さがある」「甘さと辛さのバランスが丁度いい」「クセになる」と感想を語った。

かまぼこ屋の三宅水産が「うまいでがんす」を作り始めたきっかけは、1950年に訪れたコロッケブーム。しかし当時はコロッケは高価な食べ物で、庶民は簡単に手を出すことができなかった。そこで、今の社長の父親にあたる2代目社長が、誰でも手軽に食べられる揚げ物を作ろうと試行錯誤。その結果生まれたのが「うまいでがんす」。しかしあくまでも副産物で、メイン商品ではなかったという。広島では結婚式の時の引き出物としてかまぼこを渡す習慣があり、多い時にはかまぼこの売上だけで月商700万円以上あったのだ。ところが、ジミ婚ブームにより突然経営の危機が!それを救ったのは社長の娘の結花さん。子どもの頃から「美味しいのにどうして目玉商品として売らないのか?」と思っていた結花さんは、約12年前、自らがゆるキャラ「がんす娘。」として店頭販売をスタート。ちょうどゆるキャラブームが始まる頃だったという。がんす娘。は雑誌やテレビで取り上げられ、Instagramに投稿されるほど大人気に!これにより、落ち込んでいた三宅水産の年商は3倍にV字回復!


「坂上&指原のつぶれない店」で紹介されたグルメ情報

うまいでがんす

広島のアンテナショップ「TAU」を調査。100人中32人が購入したのは「うまいでがんす」。1袋2枚入りで238円(税込)。魚のすみ身に玉ねぎと七味などを混ぜてフライ状にしたもの。子どもはおやつ感覚で、大人はつまみとして食べる広島のソウルフードだ。取材班は製造元の三宅水産へ。広島ではがんすをおでんにしたり、パンに挟んでバーガーにしたりと様々な調理法で食べられている。三宅水産はかまぼこ製造・販売を手がける創業69年の老舗店で、約100店舗に卸している超人気店。できたての「うまいでがんす」を食べさせてもらったスタッフは「サクサクで美味しい」と笑顔。スタジオでも試食。「玉ねぎの甘さが強く、ピリっとした辛さがある」「甘さと辛さのバランスが丁度いい」「クセになる」と感想を語った。

かまぼこ屋の三宅水産が「うまいでがんす」を作り始めたきっかけは、1950年に訪れたコロッケブーム。しかし当時はコロッケは高価な食べ物で、庶民は簡単に手を出すことができなかった。そこで、今の社長の父親にあたる2代目社長が、誰でも手軽に食べられる揚げ物を作ろうと試行錯誤。その結果生まれたのが「うまいでがんす」。しかしあくまでも副産物で、メイン商品ではなかったという。広島では結婚式の時の引き出物としてかまぼこを渡す習慣があり、多い時にはかまぼこの売上だけで月商700万円以上あったのだ。ところが、ジミ婚ブームにより突然経営の危機が!それを救ったのは社長の娘の結花さん。子どもの頃から「美味しいのにどうして目玉商品として売らないのか?」と思っていた結花さんは、約12年前、自らがゆるキャラ「がんす娘。」として店頭販売をスタート。ちょうどゆるキャラブームが始まる頃だったという。がんす娘。は雑誌やテレビで取り上げられ、Instagramに投稿されるほど大人気に!これにより、落ち込んでいた三宅水産の年商は3倍にV字回復!


広島駅

社長の倉崎さんには、どうしても「花瑠&花星」をヒットさせなければいけない理由があったという。それは借金の返済。今から30年ほど前、先代の社長が連帯保証人になり、知人の代わりに約3億円の借金を背負うことになったのだ。牡蠣の養殖だけではとても返しきれない借金を返済するために生み出されたのが「花瑠&花星」。広島空港や駅の売店で販売したところ人気土産として話題に。さらに、全国の百貨店の催事場でも大人気となった。年間販売数は約8万本。その売上は約1億3千万円!


広島空港

社長の倉崎さんには、どうしても「花瑠&花星」をヒットさせなければいけない理由があったという。それは借金の返済。今から30年ほど前、先代の社長が連帯保証人になり、知人の代わりに約3億円の借金を背負うことになったのだ。牡蠣の養殖だけではとても返しきれない借金を返済するために生み出されたのが「花瑠&花星」。広島空港や駅の売店で販売したところ人気土産として話題に。さらに、全国の百貨店の催事場でも大人気となった。年間販売数は約8万本。その売上は約1億3千万円!


「坂上&指原のつぶれない店」で紹介されたグルメ情報

紅花油

取材班は、「花瑠&花星」の製造方法を知るため牡蠣漁へ同行。訪れたのは宮島沖にある牡蠣の養殖場。「花瑠&花星」に使用するのは1個250円以上の生牡蠣用の牡蠣。美味しさの秘密は、牡蠣に醤油味を閉じ込める秘伝の4回焼き。社長が3年かけて考案したものだ。一般的なオイル漬けは長時間オイルに浸かっているため、時間がたつにつれて牡蠣の味が薄くなりやすい。しかし「花瑠&花星」は超濃厚!2回焼いた牡蠣を醤油ベースの特製ダレに30分漬け込み、再び2回焼く。こうすることで水分を飛ばした牡蠣がスポンジのようにタレを吸収し、再び焼くことで美味しさを閉じ込めることができるのだ。オイル漬けに使用する油はコーン油。オリーブオイルや紅花由は油の風味が勝ってしまうのだそう。スタジオで「花瑠&花星」試食した出演者たちは「美味しい」と舌鼓を打った。


2020年08月 2020年09月 
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
  • 「坂上&指原のつぶれない店」で紹介されたすべての情報
  • 「坂上&指原のつぶれない店」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「坂上&指原のつぶれない店」で紹介された音楽・CD
  • 「坂上&指原のつぶれない店」で紹介された映画・DVD
  • 「坂上&指原のつぶれない店」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「坂上&指原のつぶれない店」で紹介されたグルメ情報
  • 「坂上&指原のつぶれない店」で紹介された料理レシピ
  • 「坂上&指原のつぶれない店」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「坂上&指原のつぶれない店」で紹介された観光・地域情報
  • 「坂上&指原のつぶれない店」で紹介されたイベント情報
  • 「坂上&指原のつぶれない店」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する