ホーム > テレビ紹介情報 > TBS > まるっと!サタデー
テレビ紹介情報

「まるっと!サタデー」で紹介された情報

「まるっと!サタデー」で紹介されたすべての情報 ( 898 / 898 ページ )

「まるっと!サタデー」で紹介されたグルメ情報

マスカット

静岡・駿河区のたいやき屋「丸子峠鯛焼き屋」、その店内では”世界で一番大きい鯛焼き”とされる「丸子峠大鯛焼き」が作られている、これは従来品の30個分に相当する大きさで、1つ4000円で販売される。これを作るに使う型も特注品で、総額80万円ほどが調達費用とされる。ただ製法は従来品と同一で、型に1.8kgの生地を流し込んだ上、自家製あんこも1.5kg乗せたうえ、30分焼けば完成となる。食べるには同梱するナイフで切り分けることが有用で、”めでたい”とあって結婚披露宴などで人気、年間800枚の売上を誇るという。その実物をスタジオに用意、その大きさに「縁起良い」などと評された。ほかに”カラフルなおせち鯛焼”こと北海道・江別市の「たい吉」が販売する「お正月おせち スペシャルたい焼き」もスタジオに用意、神山は自らのメンバーカラーたる緑(=マスカット味)を食し、「香りも十分。味もマスカットそのもの、鯛焼とは思えない味。生地も柔らかく美味。」などと評した。ほかに「すしざんまい」によるおせち料理「精選おせち三段重」もようい、これの一段目にはロブスター・丹波黒豆など14種が入る、二段目には蝦夷鮑の姿煮・いくら醤油漬けなど18種が、三段目には海老艶煮など20種がそれぞれ入る、値段にして1.68万円。その社長いわく最近は売り切れ事例も多いと言う、ただテレビ紹介はこれが初であるという。ほかに「極上本鮪と しょうゆいくら・明太子 詰め合わせ」もスタジオにようい、これは本マグロ・イクラなどをセットにしたもので、社長はこれを「イクラは道東の味ゆえ美味しい。粒も大きい。」などと紹介、食した神山も「今日はいい日になる。」などと評してみせた。これら2種は予約受付中、詳細はすしざんまいホームページまで。


ホームページ

静岡・駿河区のたいやき屋「丸子峠鯛焼き屋」、その店内では”世界で一番大きい鯛焼き”とされる「丸子峠大鯛焼き」が作られている、これは従来品の30個分に相当する大きさで、1つ4000円で販売される。これを作るに使う型も特注品で、総額80万円ほどが調達費用とされる。ただ製法は従来品と同一で、型に1.8kgの生地を流し込んだ上、自家製あんこも1.5kg乗せたうえ、30分焼けば完成となる。食べるには同梱するナイフで切り分けることが有用で、”めでたい”とあって結婚披露宴などで人気、年間800枚の売上を誇るという。その実物をスタジオに用意、その大きさに「縁起良い」などと評された。ほかに”カラフルなおせち鯛焼”こと北海道・江別市の「たい吉」が販売する「お正月おせち スペシャルたい焼き」もスタジオに用意、神山は自らのメンバーカラーたる緑(=マスカット味)を食し、「香りも十分。味もマスカットそのもの、鯛焼とは思えない味。生地も柔らかく美味。」などと評した。ほかに「すしざんまい」によるおせち料理「精選おせち三段重」もようい、これの一段目にはロブスター・丹波黒豆など14種が入る、二段目には蝦夷鮑の姿煮・いくら醤油漬けなど18種が、三段目には海老艶煮など20種がそれぞれ入る、値段にして1.68万円。その社長いわく最近は売り切れ事例も多いと言う、ただテレビ紹介はこれが初であるという。ほかに「極上本鮪と しょうゆいくら・明太子 詰め合わせ」もスタジオにようい、これは本マグロ・イクラなどをセットにしたもので、社長はこれを「イクラは道東の味ゆえ美味しい。粒も大きい。」などと紹介、食した神山も「今日はいい日になる。」などと評してみせた。これら2種は予約受付中、詳細はすしざんまいホームページまで。


「まるっと!サタデー」で紹介されたグルメ情報

極上本鮨と自家製しょうゆいくら・明太子詰め合わせ

静岡・駿河区のたいやき屋「丸子峠鯛焼き屋」、その店内では”世界で一番大きい鯛焼き”とされる「丸子峠大鯛焼き」が作られている、これは従来品の30個分に相当する大きさで、1つ4000円で販売される。これを作るに使う型も特注品で、総額80万円ほどが調達費用とされる。ただ製法は従来品と同一で、型に1.8kgの生地を流し込んだ上、自家製あんこも1.5kg乗せたうえ、30分焼けば完成となる。食べるには同梱するナイフで切り分けることが有用で、”めでたい”とあって結婚披露宴などで人気、年間800枚の売上を誇るという。その実物をスタジオに用意、その大きさに「縁起良い」などと評された。ほかに”カラフルなおせち鯛焼”こと北海道・江別市の「たい吉」が販売する「お正月おせち スペシャルたい焼き」もスタジオに用意、神山は自らのメンバーカラーたる緑(=マスカット味)を食し、「香りも十分。味もマスカットそのもの、鯛焼とは思えない味。生地も柔らかく美味。」などと評した。ほかに「すしざんまい」によるおせち料理「精選おせち三段重」もようい、これの一段目にはロブスター・丹波黒豆など14種が入る、二段目には蝦夷鮑の姿煮・いくら醤油漬けなど18種が、三段目には海老艶煮など20種がそれぞれ入る、値段にして1.68万円。その社長いわく最近は売り切れ事例も多いと言う、ただテレビ紹介はこれが初であるという。ほかに「極上本鮪と しょうゆいくら・明太子 詰め合わせ」もスタジオにようい、これは本マグロ・イクラなどをセットにしたもので、社長はこれを「イクラは道東の味ゆえ美味しい。粒も大きい。」などと紹介、食した神山も「今日はいい日になる。」などと評してみせた。これら2種は予約受付中、詳細はすしざんまいホームページまで。


「まるっと!サタデー」で紹介されたグルメ情報

精選おせち三段重

静岡・駿河区のたいやき屋「丸子峠鯛焼き屋」、その店内では”世界で一番大きい鯛焼き”とされる「丸子峠大鯛焼き」が作られている、これは従来品の30個分に相当する大きさで、1つ4000円で販売される。これを作るに使う型も特注品で、総額80万円ほどが調達費用とされる。ただ製法は従来品と同一で、型に1.8kgの生地を流し込んだ上、自家製あんこも1.5kg乗せたうえ、30分焼けば完成となる。食べるには同梱するナイフで切り分けることが有用で、”めでたい”とあって結婚披露宴などで人気、年間800枚の売上を誇るという。その実物をスタジオに用意、その大きさに「縁起良い」などと評された。ほかに”カラフルなおせち鯛焼”こと北海道・江別市の「たい吉」が販売する「お正月おせち スペシャルたい焼き」もスタジオに用意、神山は自らのメンバーカラーたる緑(=マスカット味)を食し、「香りも十分。味もマスカットそのもの、鯛焼とは思えない味。生地も柔らかく美味。」などと評した。ほかに「すしざんまい」によるおせち料理「精選おせち三段重」もようい、これの一段目にはロブスター・丹波黒豆など14種が入る、二段目には蝦夷鮑の姿煮・いくら醤油漬けなど18種が、三段目には海老艶煮など20種がそれぞれ入る、値段にして1.68万円。その社長いわく最近は売り切れ事例も多いと言う、ただテレビ紹介はこれが初であるという。ほかに「極上本鮪と しょうゆいくら・明太子 詰め合わせ」もスタジオにようい、これは本マグロ・イクラなどをセットにしたもので、社長はこれを「イクラは道東の味ゆえ美味しい。粒も大きい。」などと紹介、食した神山も「今日はいい日になる。」などと評してみせた。これら2種は予約受付中、詳細はすしざんまいホームページまで。


「まるっと!サタデー」で紹介されたレストラン・飲食店

すしざんまい

静岡・駿河区のたいやき屋「丸子峠鯛焼き屋」、その店内では”世界で一番大きい鯛焼き”とされる「丸子峠大鯛焼き」が作られている、これは従来品の30個分に相当する大きさで、1つ4000円で販売される。これを作るに使う型も特注品で、総額80万円ほどが調達費用とされる。ただ製法は従来品と同一で、型に1.8kgの生地を流し込んだ上、自家製あんこも1.5kg乗せたうえ、30分焼けば完成となる。食べるには同梱するナイフで切り分けることが有用で、”めでたい”とあって結婚披露宴などで人気、年間800枚の売上を誇るという。その実物をスタジオに用意、その大きさに「縁起良い」などと評された。ほかに”カラフルなおせち鯛焼”こと北海道・江別市の「たい吉」が販売する「お正月おせち スペシャルたい焼き」もスタジオに用意、神山は自らのメンバーカラーたる緑(=マスカット味)を食し、「香りも十分。味もマスカットそのもの、鯛焼とは思えない味。生地も柔らかく美味。」などと評した。ほかに「すしざんまい」によるおせち料理「精選おせち三段重」もようい、これの一段目にはロブスター・丹波黒豆など14種が入る、二段目には蝦夷鮑の姿煮・いくら醤油漬けなど18種が、三段目には海老艶煮など20種がそれぞれ入る、値段にして1.68万円。その社長いわく最近は売り切れ事例も多いと言う、ただテレビ紹介はこれが初であるという。ほかに「極上本鮪と しょうゆいくら・明太子 詰め合わせ」もスタジオにようい、これは本マグロ・イクラなどをセットにしたもので、社長はこれを「イクラは道東の味ゆえ美味しい。粒も大きい。」などと紹介、食した神山も「今日はいい日になる。」などと評してみせた。これら2種は予約受付中、詳細はすしざんまいホームページまで。


「まるっと!サタデー」で紹介されたグルメ情報

お正月おせち スペシャルたい焼き

静岡・駿河区のたいやき屋「丸子峠鯛焼き屋」、その店内では”世界で一番大きい鯛焼き”とされる「丸子峠大鯛焼き」が作られている、これは従来品の30個分に相当する大きさで、1つ4000円で販売される。これを作るに使う型も特注品で、総額80万円ほどが調達費用とされる。ただ製法は従来品と同一で、型に1.8kgの生地を流し込んだ上、自家製あんこも1.5kg乗せたうえ、30分焼けば完成となる。食べるには同梱するナイフで切り分けることが有用で、”めでたい”とあって結婚披露宴などで人気、年間800枚の売上を誇るという。その実物をスタジオに用意、その大きさに「縁起良い」などと評された。ほかに”カラフルなおせち鯛焼”こと北海道・江別市の「たい吉」が販売する「お正月おせち スペシャルたい焼き」もスタジオに用意、神山は自らのメンバーカラーたる緑(=マスカット味)を食し、「香りも十分。味もマスカットそのもの、鯛焼とは思えない味。生地も柔らかく美味。」などと評した。ほかに「すしざんまい」によるおせち料理「精選おせち三段重」もようい、これの一段目にはロブスター・丹波黒豆など14種が入る、二段目には蝦夷鮑の姿煮・いくら醤油漬けなど18種が、三段目には海老艶煮など20種がそれぞれ入る、値段にして1.68万円。その社長いわく最近は売り切れ事例も多いと言う、ただテレビ紹介はこれが初であるという。ほかに「極上本鮪と しょうゆいくら・明太子 詰め合わせ」もスタジオにようい、これは本マグロ・イクラなどをセットにしたもので、社長はこれを「イクラは道東の味ゆえ美味しい。粒も大きい。」などと紹介、食した神山も「今日はいい日になる。」などと評してみせた。これら2種は予約受付中、詳細はすしざんまいホームページまで。


「まるっと!サタデー」で紹介されたレストラン・飲食店

静岡・駿河区のたいやき屋「丸子峠鯛焼き屋」、その店内では”世界で一番大きい鯛焼き”とされる「丸子峠大鯛焼き」が作られている、これは従来品の30個分に相当する大きさで、1つ4000円で販売される。これを作るに使う型も特注品で、総額80万円ほどが調達費用とされる。ただ製法は従来品と同一で、型に1.8kgの生地を流し込んだ上、自家製あんこも1.5kg乗せたうえ、30分焼けば完成となる。食べるには同梱するナイフで切り分けることが有用で、”めでたい”とあって結婚披露宴などで人気、年間800枚の売上を誇るという。その実物をスタジオに用意、その大きさに「縁起良い」などと評された。ほかに”カラフルなおせち鯛焼”こと北海道・江別市の「たい吉」が販売する「お正月おせち スペシャルたい焼き」もスタジオに用意、神山は自らのメンバーカラーたる緑(=マスカット味)を食し、「香りも十分。味もマスカットそのもの、鯛焼とは思えない味。生地も柔らかく美味。」などと評した。ほかに「すしざんまい」によるおせち料理「精選おせち三段重」もようい、これの一段目にはロブスター・丹波黒豆など14種が入る、二段目には蝦夷鮑の姿煮・いくら醤油漬けなど18種が、三段目には海老艶煮など20種がそれぞれ入る、値段にして1.68万円。その社長いわく最近は売り切れ事例も多いと言う、ただテレビ紹介はこれが初であるという。ほかに「極上本鮪と しょうゆいくら・明太子 詰め合わせ」もスタジオにようい、これは本マグロ・イクラなどをセットにしたもので、社長はこれを「イクラは道東の味ゆえ美味しい。粒も大きい。」などと紹介、食した神山も「今日はいい日になる。」などと評してみせた。これら2種は予約受付中、詳細はすしざんまいホームページまで。

 (たい焼き・大判焼き、カフェ)

「まるっと!サタデー」で紹介されたグルメ情報

世界で一番大きい鯛焼き 丸子峠大鯛焼き

静岡・駿河区のたいやき屋「丸子峠鯛焼き屋」、その店内では”世界で一番大きい鯛焼き”とされる「丸子峠大鯛焼き」が作られている、これは従来品の30個分に相当する大きさで、1つ4000円で販売される。これを作るに使う型も特注品で、総額80万円ほどが調達費用とされる。ただ製法は従来品と同一で、型に1.8kgの生地を流し込んだ上、自家製あんこも1.5kg乗せたうえ、30分焼けば完成となる。食べるには同梱するナイフで切り分けることが有用で、”めでたい”とあって結婚披露宴などで人気、年間800枚の売上を誇るという。その実物をスタジオに用意、その大きさに「縁起良い」などと評された。ほかに”カラフルなおせち鯛焼”こと北海道・江別市の「たい吉」が販売する「お正月おせち スペシャルたい焼き」もスタジオに用意、神山は自らのメンバーカラーたる緑(=マスカット味)を食し、「香りも十分。味もマスカットそのもの、鯛焼とは思えない味。生地も柔らかく美味。」などと評した。ほかに「すしざんまい」によるおせち料理「精選おせち三段重」もようい、これの一段目にはロブスター・丹波黒豆など14種が入る、二段目には蝦夷鮑の姿煮・いくら醤油漬けなど18種が、三段目には海老艶煮など20種がそれぞれ入る、値段にして1.68万円。その社長いわく最近は売り切れ事例も多いと言う、ただテレビ紹介はこれが初であるという。ほかに「極上本鮪と しょうゆいくら・明太子 詰め合わせ」もスタジオにようい、これは本マグロ・イクラなどをセットにしたもので、社長はこれを「イクラは道東の味ゆえ美味しい。粒も大きい。」などと紹介、食した神山も「今日はいい日になる。」などと評してみせた。これら2種は予約受付中、詳細はすしざんまいホームページまで。


「まるっと!サタデー」で紹介されたレストラン・飲食店

丸子峠鯛焼き

静岡・駿河区のたいやき屋「丸子峠鯛焼き屋」、その店内では”世界で一番大きい鯛焼き”とされる「丸子峠大鯛焼き」が作られている、これは従来品の30個分に相当する大きさで、1つ4000円で販売される。これを作るに使う型も特注品で、総額80万円ほどが調達費用とされる。ただ製法は従来品と同一で、型に1.8kgの生地を流し込んだ上、自家製あんこも1.5kg乗せたうえ、30分焼けば完成となる。食べるには同梱するナイフで切り分けることが有用で、”めでたい”とあって結婚披露宴などで人気、年間800枚の売上を誇るという。その実物をスタジオに用意、その大きさに「縁起良い」などと評された。ほかに”カラフルなおせち鯛焼”こと北海道・江別市の「たい吉」が販売する「お正月おせち スペシャルたい焼き」もスタジオに用意、神山は自らのメンバーカラーたる緑(=マスカット味)を食し、「香りも十分。味もマスカットそのもの、鯛焼とは思えない味。生地も柔らかく美味。」などと評した。ほかに「すしざんまい」によるおせち料理「精選おせち三段重」もようい、これの一段目にはロブスター・丹波黒豆など14種が入る、二段目には蝦夷鮑の姿煮・いくら醤油漬けなど18種が、三段目には海老艶煮など20種がそれぞれ入る、値段にして1.68万円。その社長いわく最近は売り切れ事例も多いと言う、ただテレビ紹介はこれが初であるという。ほかに「極上本鮪と しょうゆいくら・明太子 詰め合わせ」もスタジオにようい、これは本マグロ・イクラなどをセットにしたもので、社長はこれを「イクラは道東の味ゆえ美味しい。粒も大きい。」などと紹介、食した神山も「今日はいい日になる。」などと評してみせた。これら2種は予約受付中、詳細はすしざんまいホームページまで。


2021年11月 2021年12月 
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
  • 「まるっと!サタデー」で紹介されたすべての情報
  • 「まるっと!サタデー」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「まるっと!サタデー」で紹介された音楽・CD
  • 「まるっと!サタデー」で紹介された映画・DVD
  • 「まるっと!サタデー」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「まるっと!サタデー」で紹介されたグルメ情報
  • 「まるっと!サタデー」で紹介された料理レシピ
  • 「まるっと!サタデー」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「まるっと!サタデー」で紹介された観光・地域情報
  • 「まるっと!サタデー」で紹介されたイベント情報
  • 「まるっと!サタデー」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する

  • ※「価格com テレビ紹介情報」は株式会社ワイヤーアクションが提供するTV放送ログを掲載しています。