テレビ紹介情報

「師弟ご対面SHOW〜私、一人前ですか?〜」で紹介された情報

「師弟ご対面SHOW〜私、一人前ですか?〜」 2019年9月15日(日)放送内容

CM

(オープニング)

師弟ご対面SHOW 私、一人前ですか?

「師弟ご対面SHOW〜私、一人前ですか?〜」で紹介されたイベント情報

第七回 あまつり

Mr.シャチホコは和田アキ子のものまねで今年、大ブレイクした。この日は地元・愛知・あま市で開催された「第七回 あまつり」でものまねショーを行う。シャチホコを人目見ようと集まった客は1000人以上。シャチホコのステージには師匠の教えである「ステージでは全てものまねでやりきる」ことがいきている。師匠とはじめて出会った場所は「そっくり館 キサラ」だった。Mr.シャチホコは大学生のころユーチューブに、Mr.Childrenのものまね動画を投稿し評判になった。自分のものまねはプロでも通用すると思い、「そっくり館 キサラ」に足を運んだ。シャチホコは「ものまねってただ声を似せれば成立すると思ってた、楽勝だろうという気持ちがあった。それが師匠のショーをみてひっくり返された」などと話した。キサラのオーディションに合格し師匠を慕い続け師弟関係になった。師匠からは誰をまねるかではどこを真似るかが重要だと教わったという。


「師弟ご対面SHOW〜私、一人前ですか?〜」で紹介されたレストラン・飲食店

Mr.シャチホコは和田アキ子のものまねで今年、大ブレイクした。この日は地元・愛知・あま市で開催された「第七回 あまつり」でものまねショーを行う。シャチホコを人目見ようと集まった客は1000人以上。シャチホコのステージには師匠の教えである「ステージでは全てものまねでやりきる」ことがいきている。師匠とはじめて出会った場所は「そっくり館 キサラ」だった。Mr.シャチホコは大学生のころユーチューブに、Mr.Childrenのものまね動画を投稿し評判になった。自分のものまねはプロでも通用すると思い、「そっくり館 キサラ」に足を運んだ。シャチホコは「ものまねってただ声を似せれば成立すると思ってた、楽勝だろうという気持ちがあった。それが師匠のショーをみてひっくり返された」などと話した。キサラのオーディションに合格し師匠を慕い続け師弟関係になった。師匠からは誰をまねるかではどこを真似るかが重要だと教わったという。


「師弟ご対面SHOW〜私、一人前ですか?〜」で紹介されたレストラン・飲食店

Mr.シャチホコの師匠はコージー冨田。コージー冨田はタモリのモノマネで一斉を風靡。Mr.シャチホコの芸風の原点とも言える存在。コージー冨田。は「シャチホコはやっぱり野望というかそういうのがあった。俺は自分が思っている以上にブレイクが早かったな」などと話した。和田アキ子のネタでもコージー冨田からのアドバイスがあった。和田アキ子が、加山雄三の事をお兄ちゃんっていうネタはコージー冨田に教えてもらったという。コージー冨田が、ものまねボッタクリバーを披露した。

 (レストラン(その他)、ダイニングバー、バー・お酒(その他))

博品館TOY PARK

今年で超魔術30周年となるがMr.マリックの腕は未だに衰えていない。Mr.マリックはかつて絶対に敵わなかった人がいた。昔はマリックさんも高校卒業後プロのマジシャンを夢見て14年間でマジックで実演販売していた。当時は各デパートにマジックの実演コーナーがあって、プロマジシャンへの登竜門だった。せっかくなのでマリックさんも変装して実演販売をすることに。


チャイナリング

今年で超魔術30周年となるがMr.マリックの腕は未だに衰えていない。Mr.マリックはかつて絶対に敵わなかった人がいた。昔はマリックさんも高校卒業後プロのマジシャンを夢見て14年間でマジックで実演販売していた。当時は各デパートにマジックの実演コーナーがあって、プロマジシャンへの登竜門だった。せっかくなのでマリックさんも変装して実演販売をすることに。


(提供)

CM

師弟ご対面SHOW 私、一人前ですか?

スポンジボール

マリックさんが36年ぶりに実演販売をすることになったがまず最初にチャイナリングを触らせて客の興味を引いていたらあっという間に人だかりに。その後スポンジボールを実際に触らせてわずか数分で商品を売ってしまった。


チャイナリング

マリックさんが36年ぶりに実演販売をすることになったがまず最初にチャイナリングを触らせて客の興味を引いていたらあっという間に人だかりに。その後スポンジボールを実際に触らせてわずか数分で商品を売ってしまった。


「師弟ご対面SHOW〜私、一人前ですか?〜」で紹介された映画・DVD

大西敏夫さん

マリックさんも心の恩人はすぐ近くのデパートで実演販売をしていてマジシャン派遣会社で出会った。プロマジシャンという共通の夢を持つ2人は意気投合し、毎日喫茶店で技を教えてもらえることに。しかし教えてもらうが出来ないのが悔しくて新しい不思議な世界で勝負するようになった。当時はこれから起こることを隠して驚かせていたが、マリックはこれから起こることを先に言って人の心を惹きつける方法でこれが大ブレイクした。今回大西さんと対面するがマリックさんは最新の魔術を見せて大西さんを驚かせたいそう。名古屋ばばぬきに向かって大西さんと対面。大西さんはマジシャンとは余り付き合いを持たないという噂を聞いたので少しさびしい思いもあってコンタクトを取らなかったそう。


「師弟ご対面SHOW〜私、一人前ですか?〜」で紹介されたレストラン・飲食店

マリックさんも心の恩人はすぐ近くのデパートで実演販売をしていてマジシャン派遣会社で出会った。プロマジシャンという共通の夢を持つ2人は意気投合し、毎日喫茶店で技を教えてもらえることに。しかし教えてもらうが出来ないのが悔しくて新しい不思議な世界で勝負するようになった。当時はこれから起こることを隠して驚かせていたが、マリックはこれから起こることを先に言って人の心を惹きつける方法でこれが大ブレイクした。今回大西さんと対面するがマリックさんは最新の魔術を見せて大西さんを驚かせたいそう。名古屋ばばぬきに向かって大西さんと対面。大西さんはマジシャンとは余り付き合いを持たないという噂を聞いたので少しさびしい思いもあってコンタクトを取らなかったそう。

 (レストラン(その他))

松坂屋名古屋店

マリックさんも心の恩人はすぐ近くのデパートで実演販売をしていてマジシャン派遣会社で出会った。プロマジシャンという共通の夢を持つ2人は意気投合し、毎日喫茶店で技を教えてもらえることに。しかし教えてもらうが出来ないのが悔しくて新しい不思議な世界で勝負するようになった。当時はこれから起こることを隠して驚かせていたが、マリックはこれから起こることを先に言って人の心を惹きつける方法でこれが大ブレイクした。今回大西さんと対面するがマリックさんは最新の魔術を見せて大西さんを驚かせたいそう。名古屋ばばぬきに向かって大西さんと対面。大西さんはマジシャンとは余り付き合いを持たないという噂を聞いたので少しさびしい思いもあってコンタクトを取らなかったそう。


オリエンタル中村百貨店

マリックさんも心の恩人はすぐ近くのデパートで実演販売をしていてマジシャン派遣会社で出会った。プロマジシャンという共通の夢を持つ2人は意気投合し、毎日喫茶店で技を教えてもらえることに。しかし教えてもらうが出来ないのが悔しくて新しい不思議な世界で勝負するようになった。当時はこれから起こることを隠して驚かせていたが、マリックはこれから起こることを先に言って人の心を惹きつける方法でこれが大ブレイクした。今回大西さんと対面するがマリックさんは最新の魔術を見せて大西さんを驚かせたいそう。名古屋ばばぬきに向かって大西さんと対面。大西さんはマジシャンとは余り付き合いを持たないという噂を聞いたので少しさびしい思いもあってコンタクトを取らなかったそう。


CM

師弟ご対面SHOW 私、一人前ですか?

「師弟ご対面SHOW〜私、一人前ですか?〜」で紹介されたグルメ情報

なすうどん 北海道うに 針のりわざび

続いての弟子はニューヨークの和食料理店で腕を振るうアメリカ人・デレク・ウィルコクス(42)。10年間日本の和食店で修業し、優れた技を身に着けた外国人として国が認めるゴール認定料理人の称号を世界で初めて獲得。デレクが手掛ける和食は評判を呼び、ニューヨーク・タイムズのグルメ評論家が三ツ星に認定した。彼の師匠は京都の一流料亭の主人で、デレクは「ありがたいでは感謝が足りない。」などと話した。今回はNYで働く姿を収めたVTRを師匠がチェックし、最高の料理を師匠に食べてもらう。


「師弟ご対面SHOW〜私、一人前ですか?〜」で紹介されたグルメ情報

鱧の焼き霜 梅肉

続いての弟子はニューヨークの和食料理店で腕を振るうアメリカ人・デレク・ウィルコクス(42)。10年間日本の和食店で修業し、優れた技を身に着けた外国人として国が認めるゴール認定料理人の称号を世界で初めて獲得。デレクが手掛ける和食は評判を呼び、ニューヨーク・タイムズのグルメ評論家が三ツ星に認定した。彼の師匠は京都の一流料亭の主人で、デレクは「ありがたいでは感謝が足りない。」などと話した。今回はNYで働く姿を収めたVTRを師匠がチェックし、最高の料理を師匠に食べてもらう。


ニューヨークタイムズ

続いての弟子はニューヨークの和食料理店で腕を振るうアメリカ人・デレク・ウィルコクス(42)。10年間日本の和食店で修業し、優れた技を身に着けた外国人として国が認めるゴール認定料理人の称号を世界で初めて獲得。デレクが手掛ける和食は評判を呼び、ニューヨーク・タイムズのグルメ評論家が三ツ星に認定した。彼の師匠は京都の一流料亭の主人で、デレクは「ありがたいでは感謝が足りない。」などと話した。今回はNYで働く姿を収めたVTRを師匠がチェックし、最高の料理を師匠に食べてもらう。


「師弟ご対面SHOW〜私、一人前ですか?〜」で紹介されたグルメ情報

シマアジ

続いての弟子はニューヨークの和食料理店で腕を振るうアメリカ人・デレク・ウィルコクス(42)。10年間日本の和食店で修業し、優れた技を身に着けた外国人として国が認めるゴール認定料理人の称号を世界で初めて獲得。デレクが手掛ける和食は評判を呼び、ニューヨーク・タイムズのグルメ評論家が三ツ星に認定した。彼の師匠は京都の一流料亭の主人で、デレクは「ありがたいでは感謝が足りない。」などと話した。今回はNYで働く姿を収めたVTRを師匠がチェックし、最高の料理を師匠に食べてもらう。


祇園

対面の場所は京都・祇園にある大正元年創業の菊乃井本店。10年連続ミシュラン三つ星を獲得した日本が世界に誇る名店。デレクは菊乃井で7年修業を積んだ。デレクを迎えたのは修行中お世話になった女将の京子さん。菊乃井では毎年外国人研修生を受け入れており、2007年にアメリカの調理師学校を卒業したデレクは研修生第1号となった。当時指導してくれた先輩たちに挨拶した。いよいよ師匠と対面する。


「師弟ご対面SHOW〜私、一人前ですか?〜」で紹介されたレストラン・飲食店

菊乃井本店

対面の場所は京都・祇園にある大正元年創業の菊乃井本店。10年連続ミシュラン三つ星を獲得した日本が世界に誇る名店。デレクは菊乃井で7年修業を積んだ。デレクを迎えたのは修行中お世話になった女将の京子さん。菊乃井では毎年外国人研修生を受け入れており、2007年にアメリカの調理師学校を卒業したデレクは研修生第1号となった。当時指導してくれた先輩たちに挨拶した。いよいよ師匠と対面する。


CM

師弟ご対面SHOW 私、一人前ですか?

「師弟ご対面SHOW〜私、一人前ですか?〜」で紹介されたレストラン・飲食店

菊乃井

いよいよ、デレクさんは師匠の村田吉弘さんと対面。村田さんは和食のユネスコ無形文化財登録を実現させた中心人物で昨年、文化功労者にも選出されている。今回は、デレクさんのNYでの働きぶりを村田さんに見てもらうことになった。NYには世界最大のフルトン魚市場があるが、生食用の魚がないためデレクさんは日本から魚を空輸。しかし、コストもかかるため将来的には地元の魚を使いたいため、米の漁師から直接”仕入れ”をし、積極的に取り入れているという。村田さんは、米に行ったら米国産のものを使わなきゃダメだと言い、日本からの輸入はコストがかかりお客さんに負担がかかるとコメントした。

そして、ストライプバスの調理に入るデレクさん。魚の皮に切れ目を入れると村田さんは、切れ目を入れないと噛み切れないと説明。師匠から学んだ和食の基本だ。さらに、デレクさんが菊乃井で学んだ技”油焼き”をすると、村田さんがアドバイスをした。魚は大きいまま焼いた方が脂や旨味を閉じ込めることができ、より美味しいという。そして、デレクさんの包丁使いを見た村田さんは、アメリカ人でハモの骨切りできる人はそうはいないと話し、どんなことがあってもくじけない人は1人でもできるようになるとコメントした。そして、村田さんは、和食を広めようとする心意気に太鼓判な様子をみせ、デレクさんは、恥ずかしいところもあったかもしれないけど、大将がいいヒントを言ってくれて嬉しいとコメントした。

ニューヨークを発つ前に「学んだことを生かして新しい料理を作りたい」と話していたデレクは、ニューヨークで得た経験に今回菊乃井で培った知識と技術を組み合わせ、新たな和食に挑戦する。デレクはカレイのお造り、焼き物など計6品が入った松花堂弁当を作った。松花堂弁当を見た瞬間に村田さんは何故か黙り込んだ。


日本料理アカデミー

いよいよ、デレクさんは師匠の村田吉弘さんと対面。村田さんは和食のユネスコ無形文化財登録を実現させた中心人物で昨年、文化功労者にも選出されている。今回は、デレクさんのNYでの働きぶりを村田さんに見てもらうことになった。NYには世界最大のフルトン魚市場があるが、生食用の魚がないためデレクさんは日本から魚を空輸。しかし、コストもかかるため将来的には地元の魚を使いたいため、米の漁師から直接”仕入れ”をし、積極的に取り入れているという。村田さんは、米に行ったら米国産のものを使わなきゃダメだと言い、日本からの輸入はコストがかかりお客さんに負担がかかるとコメントした。


「師弟ご対面SHOW〜私、一人前ですか?〜」で紹介されたレストラン・飲食店

SHOJI

いよいよ、デレクさんは師匠の村田吉弘さんと対面。村田さんは和食のユネスコ無形文化財登録を実現させた中心人物で昨年、文化功労者にも選出されている。今回は、デレクさんのNYでの働きぶりを村田さんに見てもらうことになった。NYには世界最大のフルトン魚市場があるが、生食用の魚がないためデレクさんは日本から魚を空輸。しかし、コストもかかるため将来的には地元の魚を使いたいため、米の漁師から直接”仕入れ”をし、積極的に取り入れているという。村田さんは、米に行ったら米国産のものを使わなきゃダメだと言い、日本からの輸入はコストがかかりお客さんに負担がかかるとコメントした。


フルトン魚市場

いよいよ、デレクさんは師匠の村田吉弘さんと対面。村田さんは和食のユネスコ無形文化財登録を実現させた中心人物で昨年、文化功労者にも選出されている。今回は、デレクさんのNYでの働きぶりを村田さんに見てもらうことになった。NYには世界最大のフルトン魚市場があるが、生食用の魚がないためデレクさんは日本から魚を空輸。しかし、コストもかかるため将来的には地元の魚を使いたいため、米の漁師から直接”仕入れ”をし、積極的に取り入れているという。村田さんは、米に行ったら米国産のものを使わなきゃダメだと言い、日本からの輸入はコストがかかりお客さんに負担がかかるとコメントした。


「師弟ご対面SHOW〜私、一人前ですか?〜」で紹介されたグルメ情報

アジ

いよいよ、デレクさんは師匠の村田吉弘さんと対面。村田さんは和食のユネスコ無形文化財登録を実現させた中心人物で昨年、文化功労者にも選出されている。今回は、デレクさんのNYでの働きぶりを村田さんに見てもらうことになった。NYには世界最大のフルトン魚市場があるが、生食用の魚がないためデレクさんは日本から魚を空輸。しかし、コストもかかるため将来的には地元の魚を使いたいため、米の漁師から直接”仕入れ”をし、積極的に取り入れているという。村田さんは、米に行ったら米国産のものを使わなきゃダメだと言い、日本からの輸入はコストがかかりお客さんに負担がかかるとコメントした。


「師弟ご対面SHOW〜私、一人前ですか?〜」で紹介されたグルメ情報

キス

いよいよ、デレクさんは師匠の村田吉弘さんと対面。村田さんは和食のユネスコ無形文化財登録を実現させた中心人物で昨年、文化功労者にも選出されている。今回は、デレクさんのNYでの働きぶりを村田さんに見てもらうことになった。NYには世界最大のフルトン魚市場があるが、生食用の魚がないためデレクさんは日本から魚を空輸。しかし、コストもかかるため将来的には地元の魚を使いたいため、米の漁師から直接”仕入れ”をし、積極的に取り入れているという。村田さんは、米に行ったら米国産のものを使わなきゃダメだと言い、日本からの輸入はコストがかかりお客さんに負担がかかるとコメントした。


「師弟ご対面SHOW〜私、一人前ですか?〜」で紹介されたグルメ情報

イワシ

いよいよ、デレクさんは師匠の村田吉弘さんと対面。村田さんは和食のユネスコ無形文化財登録を実現させた中心人物で昨年、文化功労者にも選出されている。今回は、デレクさんのNYでの働きぶりを村田さんに見てもらうことになった。NYには世界最大のフルトン魚市場があるが、生食用の魚がないためデレクさんは日本から魚を空輸。しかし、コストもかかるため将来的には地元の魚を使いたいため、米の漁師から直接”仕入れ”をし、積極的に取り入れているという。村田さんは、米に行ったら米国産のものを使わなきゃダメだと言い、日本からの輸入はコストがかかりお客さんに負担がかかるとコメントした。


「師弟ご対面SHOW〜私、一人前ですか?〜」で紹介されたグルメ情報

新子

いよいよ、デレクさんは師匠の村田吉弘さんと対面。村田さんは和食のユネスコ無形文化財登録を実現させた中心人物で昨年、文化功労者にも選出されている。今回は、デレクさんのNYでの働きぶりを村田さんに見てもらうことになった。NYには世界最大のフルトン魚市場があるが、生食用の魚がないためデレクさんは日本から魚を空輸。しかし、コストもかかるため将来的には地元の魚を使いたいため、米の漁師から直接”仕入れ”をし、積極的に取り入れているという。村田さんは、米に行ったら米国産のものを使わなきゃダメだと言い、日本からの輸入はコストがかかりお客さんに負担がかかるとコメントした。


「師弟ご対面SHOW〜私、一人前ですか?〜」で紹介されたグルメ情報

穴子

いよいよ、デレクさんは師匠の村田吉弘さんと対面。村田さんは和食のユネスコ無形文化財登録を実現させた中心人物で昨年、文化功労者にも選出されている。今回は、デレクさんのNYでの働きぶりを村田さんに見てもらうことになった。NYには世界最大のフルトン魚市場があるが、生食用の魚がないためデレクさんは日本から魚を空輸。しかし、コストもかかるため将来的には地元の魚を使いたいため、米の漁師から直接”仕入れ”をし、積極的に取り入れているという。村田さんは、米に行ったら米国産のものを使わなきゃダメだと言い、日本からの輸入はコストがかかりお客さんに負担がかかるとコメントした。


「師弟ご対面SHOW〜私、一人前ですか?〜」で紹介されたグルメ情報

コハダ

いよいよ、デレクさんは師匠の村田吉弘さんと対面。村田さんは和食のユネスコ無形文化財登録を実現させた中心人物で昨年、文化功労者にも選出されている。今回は、デレクさんのNYでの働きぶりを村田さんに見てもらうことになった。NYには世界最大のフルトン魚市場があるが、生食用の魚がないためデレクさんは日本から魚を空輸。しかし、コストもかかるため将来的には地元の魚を使いたいため、米の漁師から直接”仕入れ”をし、積極的に取り入れているという。村田さんは、米に行ったら米国産のものを使わなきゃダメだと言い、日本からの輸入はコストがかかりお客さんに負担がかかるとコメントした。


「師弟ご対面SHOW〜私、一人前ですか?〜」で紹介されたグルメ情報

シマアジ

いよいよ、デレクさんは師匠の村田吉弘さんと対面。村田さんは和食のユネスコ無形文化財登録を実現させた中心人物で昨年、文化功労者にも選出されている。今回は、デレクさんのNYでの働きぶりを村田さんに見てもらうことになった。NYには世界最大のフルトン魚市場があるが、生食用の魚がないためデレクさんは日本から魚を空輸。しかし、コストもかかるため将来的には地元の魚を使いたいため、米の漁師から直接”仕入れ”をし、積極的に取り入れているという。村田さんは、米に行ったら米国産のものを使わなきゃダメだと言い、日本からの輸入はコストがかかりお客さんに負担がかかるとコメントした。


「師弟ご対面SHOW〜私、一人前ですか?〜」で紹介されたグルメ情報

ストライプバス

いよいよ、デレクさんは師匠の村田吉弘さんと対面。村田さんは和食のユネスコ無形文化財登録を実現させた中心人物で昨年、文化功労者にも選出されている。今回は、デレクさんのNYでの働きぶりを村田さんに見てもらうことになった。NYには世界最大のフルトン魚市場があるが、生食用の魚がないためデレクさんは日本から魚を空輸。しかし、コストもかかるため将来的には地元の魚を使いたいため、米の漁師から直接”仕入れ”をし、積極的に取り入れているという。村田さんは、米に行ったら米国産のものを使わなきゃダメだと言い、日本からの輸入はコストがかかりお客さんに負担がかかるとコメントした。

そして、ストライプバスの調理に入るデレクさん。魚の皮に切れ目を入れると村田さんは、切れ目を入れないと噛み切れないと説明。師匠から学んだ和食の基本だ。さらに、デレクさんが菊乃井で学んだ技”油焼き”をすると、村田さんがアドバイスをした。魚は大きいまま焼いた方が脂や旨味を閉じ込めることができ、より美味しいという。そして、デレクさんの包丁使いを見た村田さんは、アメリカ人でハモの骨切りできる人はそうはいないと話し、どんなことがあってもくじけない人は1人でもできるようになるとコメントした。そして、村田さんは、和食を広めようとする心意気に太鼓判な様子をみせ、デレクさんは、恥ずかしいところもあったかもしれないけど、大将がいいヒントを言ってくれて嬉しいとコメントした。


「師弟ご対面SHOW〜私、一人前ですか?〜」で紹介されたグルメ情報

シマスズキ

いよいよ、デレクさんは師匠の村田吉弘さんと対面。村田さんは和食のユネスコ無形文化財登録を実現させた中心人物で昨年、文化功労者にも選出されている。今回は、デレクさんのNYでの働きぶりを村田さんに見てもらうことになった。NYには世界最大のフルトン魚市場があるが、生食用の魚がないためデレクさんは日本から魚を空輸。しかし、コストもかかるため将来的には地元の魚を使いたいため、米の漁師から直接”仕入れ”をし、積極的に取り入れているという。村田さんは、米に行ったら米国産のものを使わなきゃダメだと言い、日本からの輸入はコストがかかりお客さんに負担がかかるとコメントした。


「師弟ご対面SHOW〜私、一人前ですか?〜」で紹介されたグルメ情報

ハモ

そして、ストライプバスの調理に入るデレクさん。魚の皮に切れ目を入れると村田さんは、切れ目を入れないと噛み切れないと説明。師匠から学んだ和食の基本だ。さらに、デレクさんが菊乃井で学んだ技”油焼き”をすると、村田さんがアドバイスをした。魚は大きいまま焼いた方が脂や旨味を閉じ込めることができ、より美味しいという。そして、デレクさんの包丁使いを見た村田さんは、アメリカ人でハモの骨切りできる人はそうはいないと話し、どんなことがあってもくじけない人は1人でもできるようになるとコメントした。そして、村田さんは、和食を広めようとする心意気に太鼓判な様子をみせ、デレクさんは、恥ずかしいところもあったかもしれないけど、大将がいいヒントを言ってくれて嬉しいとコメントした。


「師弟ご対面SHOW〜私、一人前ですか?〜」で紹介されたグルメ情報

カレイのお造り

ニューヨークを発つ前に「学んだことを生かして新しい料理を作りたい」と話していたデレクは、ニューヨークで得た経験に今回菊乃井で培った知識と技術を組み合わせ、新たな和食に挑戦する。デレクはカレイのお造り、焼き物など計6品が入った松花堂弁当を作った。松花堂弁当を見た瞬間に村田さんは何故か黙り込んだ。


CM

師弟ご対面SHOW 私、一人前ですか?

「師弟ご対面SHOW〜私、一人前ですか?〜」で紹介されたグルメ情報

いんげん

デレクの作った松花堂弁当を見て黙り込んでいた村田さんは「新しい、ニューヨークスタイルのよう」と口にした。アルゼンチンのソース、チミチュリをヒントに鮎の内臓と油などを加えてソースを作った。それを鮎にのせた料理を食べた村田さんは「ソースが美味しいけどしょっぱい」とコメントした。続いてハモの卵とマッシュポテトの饅頭を入れた煮物椀を食べた村田さんは「ちょっと固いけど、餅嫌いでも食べれそう」とコメントした。ちらし寿司は。ハモといんげんを月と雲のように表現した。それを知った村田さんは「彼なりに四季の情感を表現していてモダン」と話した。


「師弟ご対面SHOW〜私、一人前ですか?〜」で紹介されたグルメ情報

デレクの作った松花堂弁当を見て黙り込んでいた村田さんは「新しい、ニューヨークスタイルのよう」と口にした。アルゼンチンのソース、チミチュリをヒントに鮎の内臓と油などを加えてソースを作った。それを鮎にのせた料理を食べた村田さんは「ソースが美味しいけどしょっぱい」とコメントした。続いてハモの卵とマッシュポテトの饅頭を入れた煮物椀を食べた村田さんは「ちょっと固いけど、餅嫌いでも食べれそう」とコメントした。ちらし寿司は。ハモといんげんを月と雲のように表現した。それを知った村田さんは「彼なりに四季の情感を表現していてモダン」と話した。


「師弟ご対面SHOW〜私、一人前ですか?〜」で紹介されたグルメ情報

ハモ

デレクの作った松花堂弁当を見て黙り込んでいた村田さんは「新しい、ニューヨークスタイルのよう」と口にした。アルゼンチンのソース、チミチュリをヒントに鮎の内臓と油などを加えてソースを作った。それを鮎にのせた料理を食べた村田さんは「ソースが美味しいけどしょっぱい」とコメントした。続いてハモの卵とマッシュポテトの饅頭を入れた煮物椀を食べた村田さんは「ちょっと固いけど、餅嫌いでも食べれそう」とコメントした。ちらし寿司は。ハモといんげんを月と雲のように表現した。それを知った村田さんは「彼なりに四季の情感を表現していてモダン」と話した。


「師弟ご対面SHOW〜私、一人前ですか?〜」で紹介されたグルメ情報

鮎三枚焼き 内臓と蓼のチミチュリ

デレクの作った松花堂弁当を見て黙り込んでいた村田さんは「新しい、ニューヨークスタイルのよう」と口にした。アルゼンチンのソース、チミチュリをヒントに鮎の内臓と油などを加えてソースを作った。それを鮎にのせた料理を食べた村田さんは「ソースが美味しいけどしょっぱい」とコメントした。続いてハモの卵とマッシュポテトの饅頭を入れた煮物椀を食べた村田さんは「ちょっと固いけど、餅嫌いでも食べれそう」とコメントした。ちらし寿司は。ハモといんげんを月と雲のように表現した。それを知った村田さんは「彼なりに四季の情感を表現していてモダン」と話した。


「師弟ご対面SHOW〜私、一人前ですか?〜」で紹介されたグルメ情報

マッシュポテト

デレクの作った松花堂弁当を見て黙り込んでいた村田さんは「新しい、ニューヨークスタイルのよう」と口にした。アルゼンチンのソース、チミチュリをヒントに鮎の内臓と油などを加えてソースを作った。それを鮎にのせた料理を食べた村田さんは「ソースが美味しいけどしょっぱい」とコメントした。続いてハモの卵とマッシュポテトの饅頭を入れた煮物椀を食べた村田さんは「ちょっと固いけど、餅嫌いでも食べれそう」とコメントした。ちらし寿司は。ハモといんげんを月と雲のように表現した。それを知った村田さんは「彼なりに四季の情感を表現していてモダン」と話した。


「師弟ご対面SHOW〜私、一人前ですか?〜」で紹介されたグルメ情報

デレクの作った松花堂弁当を見て黙り込んでいた村田さんは「新しい、ニューヨークスタイルのよう」と口にした。アルゼンチンのソース、チミチュリをヒントに鮎の内臓と油などを加えてソースを作った。それを鮎にのせた料理を食べた村田さんは「ソースが美味しいけどしょっぱい」とコメントした。続いてハモの卵とマッシュポテトの饅頭を入れた煮物椀を食べた村田さんは「ちょっと固いけど、餅嫌いでも食べれそう」とコメントした。ちらし寿司は。ハモといんげんを月と雲のように表現した。それを知った村田さんは「彼なりに四季の情感を表現していてモダン」と話した。


「師弟ご対面SHOW〜私、一人前ですか?〜」で紹介されたグルメ情報

鱧焼き霜散らし紫寿司 海苔 モロッコいんげん

デレクの作った松花堂弁当を見て黙り込んでいた村田さんは「新しい、ニューヨークスタイルのよう」と口にした。アルゼンチンのソース、チミチュリをヒントに鮎の内臓と油などを加えてソースを作った。それを鮎にのせた料理を食べた村田さんは「ソースが美味しいけどしょっぱい」とコメントした。続いてハモの卵とマッシュポテトの饅頭を入れた煮物椀を食べた村田さんは「ちょっと固いけど、餅嫌いでも食べれそう」とコメントした。ちらし寿司は。ハモといんげんを月と雲のように表現した。それを知った村田さんは「彼なりに四季の情感を表現していてモダン」と話した。


デレクの作った松花堂弁当を見て黙り込んでいた村田さんは「新しい、ニューヨークスタイルのよう」と口にした。アルゼンチンのソース、チミチュリをヒントに鮎の内臓と油などを加えてソースを作った。それを鮎にのせた料理を食べた村田さんは「ソースが美味しいけどしょっぱい」とコメントした。続いてハモの卵とマッシュポテトの饅頭を入れた煮物椀を食べた村田さんは「ちょっと固いけど、餅嫌いでも食べれそう」とコメントした。ちらし寿司は。ハモといんげんを月と雲のように表現した。それを知った村田さんは「彼なりに四季の情感を表現していてモダン」と話した。


CM

師弟ご対面SHOW 私、一人前ですか?

「師弟ご対面SHOW〜私、一人前ですか?〜」で紹介されたレストラン・飲食店

菊乃井

師匠村田さんはデレクの松花堂について「期待してた通り、よかったと思うよ」などと好評した。1から和食を教えてくれた師匠からの太鼓判。デレクは「会えてよかった」とコメントした。


CM

(エンディング)

「師弟ご対面SHOW〜私、一人前ですか?〜」で紹介されたイベント情報

ピースフルタウンへようこそ

三宅さんは劇団の師弟関係について「厳しくしなくても客前に立てば全部わかる」と話した。


サンシャイン劇場

三宅さんは劇団の師弟関係について「厳しくしなくても客前に立てば全部わかる」と話した。


(番組宣伝)

CM

(番組宣伝)

CM


2019年08月 2019年09月 2019年10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
  • 「師弟ご対面SHOW〜私、一人前ですか?〜」で紹介されたすべての情報
  • 「師弟ご対面SHOW〜私、一人前ですか?〜」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「師弟ご対面SHOW〜私、一人前ですか?〜」で紹介された音楽・CD
  • 「師弟ご対面SHOW〜私、一人前ですか?〜」で紹介された映画・DVD
  • 「師弟ご対面SHOW〜私、一人前ですか?〜」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「師弟ご対面SHOW〜私、一人前ですか?〜」で紹介されたグルメ情報
  • 「師弟ご対面SHOW〜私、一人前ですか?〜」で紹介された料理レシピ
  • 「師弟ご対面SHOW〜私、一人前ですか?〜」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「師弟ご対面SHOW〜私、一人前ですか?〜」で紹介された観光・地域情報
  • 「師弟ご対面SHOW〜私、一人前ですか?〜」で紹介されたイベント情報
  • 「師弟ご対面SHOW〜私、一人前ですか?〜」で紹介された雑学・豆知識