テレビ紹介情報

「土曜α」で紹介された情報

「土曜α」で紹介されたすべての情報 ( 136 / 136 ページ )

「土曜α」で紹介されたグルメ情報

カール

上地雄輔らは、出来立てのアポロを試食し、高橋英樹さんが用意してくれたミルクチョコレートの固める前のとろとろチョコ液やアポロを固める前のいちご部分を飲んだ。その後、この工場でしか味わえない、カールをとろとろイチゴチョコに浸したコラボのお菓子を食べさせてもらうことになった。


明治

上地雄輔らは、出来立てのアポロを試食し、高橋英樹さんが用意してくれたミルクチョコレートの固める前のとろとろチョコ液やアポロを固める前のいちご部分を飲んだ。その後、この工場でしか味わえない、カールをとろとろイチゴチョコに浸したコラボのお菓子を食べさせてもらうことになった。


「土曜α」で紹介されたグルメ情報

アポロチョコレート

上地雄輔らは、出来立てのアポロを試食し、高橋英樹さんが用意してくれたミルクチョコレートの固める前のとろとろチョコ液やアポロを固める前のいちご部分を飲んだ。その後、この工場でしか味わえない、カールをとろとろイチゴチョコに浸したコラボのお菓子を食べさせてもらうことになった。


「土曜α」で紹介されたグルメ情報

ミルクチョコレート

上地雄輔らは、出来立てのアポロを試食し、高橋英樹さんが用意してくれたミルクチョコレートの固める前のとろとろチョコ液やアポロを固める前のいちご部分を飲んだ。その後、この工場でしか味わえない、カールをとろとろイチゴチョコに浸したコラボのお菓子を食べさせてもらうことになった。


「土曜α」で紹介されたグルメ情報

パン

パンクブーブーがパンを題材にした漫才を披露。


「土曜α」で紹介されたグルメ情報

超熟 食パン(6枚切り)

工場長の金沢正己さんが超熟が最も美味しくなる焼き方を紹介。トースターとお皿は予め温めておくのがポイント。注意点として、食パンを重ねないことがあげられた。

工場の従業員に超熟の美味しい食べ方を聞いた。明太子チーズトーストや、マシュマロトースト、納豆マヨトースト、きなこトーストなどの食べ方が紹介された。


「土曜α」で紹介されたグルメ情報

ゴマ

ビビる大木ら4人は、あんパンの製造ラインへ向かった。あんパンは生地を練り、分割し丸め、記事を平らに伸ばす。生地の上に十勝のあんこをのせ、手作業であんこが包まれる。ビビる大木ら4人は、従業員・山根亜理さんの指導のもと、あんこ包み体験をした。その後生地を発酵させ、ごまスタンプマシーンでゴマがのせられた。

生地をオーブンで220℃で約10分焼き、あんパンが完成した。完成した出来立てのあんパンをビビる大木ら4人は試食した。出来立てのあんパンはゴマの香りとあんこのハーモニーが極上の一品だった。


「土曜α」で紹介されたグルメ情報

あずき

ビビる大木ら4人は、あんパンの製造ラインへ向かった。あんパンは生地を練り、分割し丸め、記事を平らに伸ばす。生地の上に十勝のあんこをのせ、手作業であんこが包まれる。ビビる大木ら4人は、従業員・山根亜理さんの指導のもと、あんこ包み体験をした。その後生地を発酵させ、ごまスタンプマシーンでゴマがのせられた。

生地をオーブンで220℃で約10分焼き、あんパンが完成した。完成した出来立てのあんパンをビビる大木ら4人は試食した。出来立てのあんパンはゴマの香りとあんこのハーモニーが極上の一品だった。


「土曜α」で紹介されたグルメ情報

十勝つぶあんパン

ビビる大木ら4人は、あんパンの製造ラインへ向かった。あんパンは生地を練り、分割し丸め、記事を平らに伸ばす。生地の上に十勝のあんこをのせ、手作業であんこが包まれる。ビビる大木ら4人は、従業員・山根亜理さんの指導のもと、あんこ包み体験をした。その後生地を発酵させ、ごまスタンプマシーンでゴマがのせられた。

生地をオーブンで220℃で約10分焼き、あんパンが完成した。完成した出来立てのあんパンをビビる大木ら4人は試食した。出来立てのあんパンはゴマの香りとあんこのハーモニーが極上の一品だった。


「土曜α」で紹介されたグルメ情報

超熟 食パン(6枚切り)

ビビる大木ら4人は、日本一売れている食パン・超熟の出来立てを食べるため、パスコ湘南工場に向かった。参加者の小倉優子は、パンアドバイザーという資格を持っている。今回は超熟の出来立てを味わった後、パンクブーブーが日本一のパン漫才を披露する。

ビビる大木ら4人は、工場長・金沢正己さんお案内のもと、パスコ湘南工場を見学する。工場に入る前に、工場内の神社を見学した。この神社には毎日、その日にできた超熟を商売繁盛の祈りを込めてお供えするという。また、年に二度、本格的な祈祷っも行なっている。

エアシャワーや手洗いを徹底した後、最初にパンの生地を作る超熟ミキサーを見学した。超熟の特徴は、熱湯で小麦粉をこねた湯種が入っていることである。

食パンの作り方は、材料をこね、生地を作り、生地をねかせて一次発酵する。その後ガスを抜き、再び生地をねかせ二次発酵し、オーブンで焼いて完成。

工場では、湯種製法で作られた生地を、食パン1斤分の大きさに分割し、生地を丸める。次の工程への移動の間に約20分かけて発酵を行う。発酵後、ガス抜きが行われ、生地を棒状に丸め、M字にしてケースの中に入れる。M字にするのは均一な内層にするためと、形を崩れにくくするため。その後、生地を1時間休ませる。

最後の工程である焼き上げでは、240度のオーブンに生地を入れ、30分かけて焼きあげられた。ビビる大木ら4人は焼きたての超熟を食べた。超熟の出来立ては、耳はカリッと、中はとろけるようなモッチリ感だった。


2019年06月 2019年07月 
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
  • 「土曜α」で紹介されたすべての情報
  • 「土曜α」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「土曜α」で紹介された音楽・CD
  • 「土曜α」で紹介された映画・DVD
  • 「土曜α」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「土曜α」で紹介されたグルメ情報
  • 「土曜α」で紹介された料理レシピ
  • 「土曜α」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「土曜α」で紹介された観光・地域情報
  • 「土曜α」で紹介されたイベント情報
  • 「土曜α」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する