テレビ紹介情報

「ミヤネ式 もうかる日本グルメ旅」で紹介された情報

「ミヤネ式 もうかる日本グルメ旅 〜3〜」 2011年12月25日(日)放送内容

「ミヤネ式 もうかる日本グルメ旅」 2012年12月23日(日)放送内容

(オープニング)

金沢の旅

「ミヤネ式 もうかる日本グルメ旅」で紹介されたレストラン・飲食店

不室屋本店

一行が訪れたのは老舗「不室屋本店」。社長の不室康昭さんから話を聞いた。一行はお吸物「宝の麩」を頂き、メープル風味のお菓子「おやつ麩」を堪能。このお菓子は家内が子供たちに作ってあげたのが誕生秘話だという。また、7年前からカフェ事業も展開しており、麩のスイーツが人気を呼んでいる。


「ミヤネ式 もうかる日本グルメ旅」で紹介されたグルメ情報

宝の麩

一行が訪れたのは老舗「不室屋本店」。社長の不室康昭さんから話を聞いた。一行はお吸物「宝の麩」を頂き、メープル風味のお菓子「おやつ麩」を堪能。このお菓子は家内が子供たちに作ってあげたのが誕生秘話だという。また、7年前からカフェ事業も展開しており、麩のスイーツが人気を呼んでいる。


「ミヤネ式 もうかる日本グルメ旅」で紹介されたグルメ情報

おやつ麩

一行が訪れたのは老舗「不室屋本店」。社長の不室康昭さんから話を聞いた。一行はお吸物「宝の麩」を頂き、メープル風味のお菓子「おやつ麩」を堪能。このお菓子は家内が子供たちに作ってあげたのが誕生秘話だという。また、7年前からカフェ事業も展開しており、麩のスイーツが人気を呼んでいる。


ゴーゴーカレー

続いて一行が訪れたのは「ゴーゴーカレー 金沢本店」。店員は野球選手の背番号「55」を背負って働いている。社長の宮森宏和さんは、元々旅行代理店で営業マンをやっていたが、松井のメジャー初ホームランに感涙して起業したという。また、板東英二は現役時代野球選手よりも早い球を投げていたと話した。


読売巨人軍

続いて一行が訪れたのは「ゴーゴーカレー 金沢本店」。店員は野球選手の背番号「55」を背負って働いている。社長の宮森宏和さんは、元々旅行代理店で営業マンをやっていたが、松井のメジャー初ホームランに感涙して起業したという。また、板東英二は現役時代野球選手よりも早い球を投げていたと話した。


「ミヤネ式 もうかる日本グルメ旅」で紹介されたレストラン・飲食店

続いて一行が訪れたのは「ゴーゴーカレー 金沢本店」。店員は野球選手の背番号「55」を背負って働いている。社長の宮森宏和さんは、元々旅行代理店で営業マンをやっていたが、松井のメジャー初ホームランに感涙して起業したという。また、板東英二は現役時代野球選手よりも早い球を投げていたと話した。

 (カレーライス)

「ミヤネ式 もうかる日本グルメ旅」で紹介されたイベント情報

全国高等学校野球選手権大会

続いて一行が訪れたのは「ゴーゴーカレー 金沢本店」。店員は野球選手の背番号「55」を背負って働いている。社長の宮森宏和さんは、元々旅行代理店で営業マンをやっていたが、松井のメジャー初ホームランに感涙して起業したという。また、板東英二は現役時代野球選手よりも早い球を投げていたと話した。


金沢の旅

ゴーゴーカレー

ゴーゴーカレー 金沢本店を訪れた一行は「ロースカツカレー」を注文。更に巨大な「メジャーカレー」、そして店で一番大きな「ワールドチャンピオンカレー」を堪能した。ゴーゴーカレーの社風は全て野球になぞらえており、店長はキャプテン、クレームはエラーなどに例えている。とにかく数字の55にこだわっていると話した。

ゴーゴーカレー金沢工場の内部に潜入。カレーは55の工程を経て5時間かけてルーを煮込む。創業9年で年商35億となった宮森社長は、金儲けの秘訣は「パーフェクトポジティブ」にあるという。そこで一行もポジティブニュースを発表。宮根誠司はフリーになってから良く儲けてると話した。


「ミヤネ式 もうかる日本グルメ旅」で紹介されたレストラン・飲食店

ゴーゴーカレー 金沢本店を訪れた一行は「ロースカツカレー」を注文。更に巨大な「メジャーカレー」、そして店で一番大きな「ワールドチャンピオンカレー」を堪能した。ゴーゴーカレーの社風は全て野球になぞらえており、店長はキャプテン、クレームはエラーなどに例えている。とにかく数字の55にこだわっていると話した。

ゴーゴーカレー金沢工場の内部に潜入。カレーは55の工程を経て5時間かけてルーを煮込む。創業9年で年商35億となった宮森社長は、金儲けの秘訣は「パーフェクトポジティブ」にあるという。そこで一行もポジティブニュースを発表。宮根誠司はフリーになってから良く儲けてると話した。

 (カレーライス)

「ミヤネ式 もうかる日本グルメ旅」で紹介されたグルメ情報

ロースカツカレー

ゴーゴーカレー 金沢本店を訪れた一行は「ロースカツカレー」を注文。更に巨大な「メジャーカレー」、そして店で一番大きな「ワールドチャンピオンカレー」を堪能した。ゴーゴーカレーの社風は全て野球になぞらえており、店長はキャプテン、クレームはエラーなどに例えている。とにかく数字の55にこだわっていると話した。

ゴーゴーカレー金沢工場の内部に潜入。カレーは55の工程を経て5時間かけてルーを煮込む。創業9年で年商35億となった宮森社長は、金儲けの秘訣は「パーフェクトポジティブ」にあるという。そこで一行もポジティブニュースを発表。宮根誠司はフリーになってから良く儲けてると話した。


「ミヤネ式 もうかる日本グルメ旅」で紹介されたグルメ情報

メジャーカレー

ゴーゴーカレー 金沢本店を訪れた一行は「ロースカツカレー」を注文。更に巨大な「メジャーカレー」、そして店で一番大きな「ワールドチャンピオンカレー」を堪能した。ゴーゴーカレーの社風は全て野球になぞらえており、店長はキャプテン、クレームはエラーなどに例えている。とにかく数字の55にこだわっていると話した。

ゴーゴーカレー金沢工場の内部に潜入。カレーは55の工程を経て5時間かけてルーを煮込む。創業9年で年商35億となった宮森社長は、金儲けの秘訣は「パーフェクトポジティブ」にあるという。そこで一行もポジティブニュースを発表。宮根誠司はフリーになってから良く儲けてると話した。


「ミヤネ式 もうかる日本グルメ旅」で紹介されたグルメ情報

ワールドチャンピオンカレー

ゴーゴーカレー 金沢本店を訪れた一行は「ロースカツカレー」を注文。更に巨大な「メジャーカレー」、そして店で一番大きな「ワールドチャンピオンカレー」を堪能した。ゴーゴーカレーの社風は全て野球になぞらえており、店長はキャプテン、クレームはエラーなどに例えている。とにかく数字の55にこだわっていると話した。

ゴーゴーカレー金沢工場の内部に潜入。カレーは55の工程を経て5時間かけてルーを煮込む。創業9年で年商35億となった宮森社長は、金儲けの秘訣は「パーフェクトポジティブ」にあるという。そこで一行もポジティブニュースを発表。宮根誠司はフリーになってから良く儲けてると話した。


ゴーゴーカレー

ゴーゴーカレー 金沢本店を訪れた一行は「ロースカツカレー」を注文。更に巨大な「メジャーカレー」、そして店で一番大きな「ワールドチャンピオンカレー」を堪能した。ゴーゴーカレーの社風は全て野球になぞらえており、店長はキャプテン、クレームはエラーなどに例えている。とにかく数字の55にこだわっていると話した。

ゴーゴーカレー金沢工場の内部に潜入。カレーは55の工程を経て5時間かけてルーを煮込む。創業9年で年商35億となった宮森社長は、金儲けの秘訣は「パーフェクトポジティブ」にあるという。そこで一行もポジティブニュースを発表。宮根誠司はフリーになってから良く儲けてると話した。


「ミヤネ式 もうかる日本グルメ旅」で紹介されたレストラン・飲食店

ゴーゴーカレー 金沢本店を訪れた一行は「ロースカツカレー」を注文。更に巨大な「メジャーカレー」、そして店で一番大きな「ワールドチャンピオンカレー」を堪能した。ゴーゴーカレーの社風は全て野球になぞらえており、店長はキャプテン、クレームはエラーなどに例えている。とにかく数字の55にこだわっていると話した。

ゴーゴーカレー金沢工場の内部に潜入。カレーは55の工程を経て5時間かけてルーを煮込む。創業9年で年商35億となった宮森社長は、金儲けの秘訣は「パーフェクトポジティブ」にあるという。そこで一行もポジティブニュースを発表。宮根誠司はフリーになってから良く儲けてると話した。

 (カレーライス)

箔一

続いて訪れたのは金箔屋の「箔一」。滋賀県・大津から来たという一行に遭遇した。


金沢の旅

箔一

「箔一」で儲かる秘密を探る一行は、店内の金箔商品を観察。金箔は、最近ではスカイツリーや成田空港でも使われているという。また、ここで販売されるあぶらとり紙は、肌に密着しやすく余分な皮脂を瞬時に吸い取ることが出来る。


東京スカイツリー

「箔一」で儲かる秘密を探る一行は、店内の金箔商品を観察。金箔は、最近ではスカイツリーや成田空港でも使われているという。また、ここで販売されるあぶらとり紙は、肌に密着しやすく余分な皮脂を瞬時に吸い取ることが出来る。


成田国際空港

「箔一」で儲かる秘密を探る一行は、店内の金箔商品を観察。金箔は、最近ではスカイツリーや成田空港でも使われているという。また、ここで販売されるあぶらとり紙は、肌に密着しやすく余分な皮脂を瞬時に吸い取ることが出来る。


九州新幹線

「箔一」で儲かる秘密を探る一行は、店内の金箔商品を観察。金箔は、最近ではスカイツリーや成田空港でも使われているという。また、ここで販売されるあぶらとり紙は、肌に密着しやすく余分な皮脂を瞬時に吸い取ることが出来る。


金沢の旅

箔一

宮根誠司ら一行が金沢箔を有名にした箔一の会長・浅野邦子さんと対面。浅野邦子さんは金沢箔の始まりについて、その他が朝鮮出兵の陣中に加賀・前田家に製造を命じたのがスタートだとした。浅野邦子さんは京都で生まれ育ったが、1966年に金沢の箔屋の6男に嫁いだことで家業を手伝うようになり、1975年に箔から商品までを自社生産する箔一を創業した。

浅野邦子さんは儲ける秘訣について、ピンチがチャンスで商品開発をしたと話した。箔一にはピンチがチャンスという発想から生まれた2つの大ヒット商品があり、色が変わりやすい銀箔の変色をデザインに変える発想転換をした商品を考案。また、金箔を打ち古した紙を職人が売ってくれなかったあぶらとり紙を自社で作ることを考案、1975年には金箔打紙製法あぶらとり紙の特許を取得した。


西陣織

宮根誠司ら一行が金沢箔を有名にした箔一の会長・浅野邦子さんと対面。浅野邦子さんは金沢箔の始まりについて、その他が朝鮮出兵の陣中に加賀・前田家に製造を命じたのがスタートだとした。浅野邦子さんは京都で生まれ育ったが、1966年に金沢の箔屋の6男に嫁いだことで家業を手伝うようになり、1975年に箔から商品までを自社生産する箔一を創業した。

浅野邦子さんは儲ける秘訣について、ピンチがチャンスで商品開発をしたと話した。箔一にはピンチがチャンスという発想から生まれた2つの大ヒット商品があり、色が変わりやすい銀箔の変色をデザインに変える発想転換をした商品を考案。また、金箔を打ち古した紙を職人が売ってくれなかったあぶらとり紙を自社で作ることを考案、1975年には金箔打紙製法あぶらとり紙の特許を取得した。


箔一

宮根誠司ら一行が金沢箔を有名にした箔一の会長・浅野邦子さんと対面。浅野邦子さんは金沢箔の始まりについて、その他が朝鮮出兵の陣中に加賀・前田家に製造を命じたのがスタートだとした。浅野邦子さんは京都で生まれ育ったが、1966年に金沢の箔屋の6男に嫁いだことで家業を手伝うようになり、1975年に箔から商品までを自社生産する箔一を創業した。

浅野邦子さんは儲ける秘訣について、ピンチがチャンスで商品開発をしたと話した。箔一にはピンチがチャンスという発想から生まれた2つの大ヒット商品があり、色が変わりやすい銀箔の変色をデザインに変える発想転換をした商品を考案。また、金箔を打ち古した紙を職人が売ってくれなかったあぶらとり紙を自社で作ることを考案、1975年には金箔打紙製法あぶらとり紙の特許を取得した。


あぶらとり紙

宮根誠司ら一行が金沢箔を有名にした箔一の会長・浅野邦子さんと対面。浅野邦子さんは金沢箔の始まりについて、その他が朝鮮出兵の陣中に加賀・前田家に製造を命じたのがスタートだとした。浅野邦子さんは京都で生まれ育ったが、1966年に金沢の箔屋の6男に嫁いだことで家業を手伝うようになり、1975年に箔から商品までを自社生産する箔一を創業した。

浅野邦子さんは儲ける秘訣について、ピンチがチャンスで商品開発をしたと話した。箔一にはピンチがチャンスという発想から生まれた2つの大ヒット商品があり、色が変わりやすい銀箔の変色をデザインに変える発想転換をした商品を考案。また、金箔を打ち古した紙を職人が売ってくれなかったあぶらとり紙を自社で作ることを考案、1975年には金箔打紙製法あぶらとり紙の特許を取得した。


「ミヤネ式 もうかる日本グルメ旅」で紹介されたレストラン・飲食店

金澤烏鶏庵

宮根誠司ら一行が烏鶏庵の河内孝一社長と対面。烏鶏庵は烏骨鶏の販売・飼育から関連商品を販売する企業で、肉・卵ともに栄養豊富な烏骨鶏に先代社長のその他一般人が着目したことから1970年に日本初の烏骨鶏専門飼育を行う企業として創業した。烏骨鶏卵の卵は粘りが強く、黄身、白身ともに味が濃いのが特徴で、板東英二らが卵かけご飯などにして試食した。


金澤烏鶏庵

宮根誠司ら一行が烏鶏庵の河内孝一社長と対面。烏鶏庵は烏骨鶏の販売・飼育から関連商品を販売する企業で、肉・卵ともに栄養豊富な烏骨鶏に先代社長のその他一般人が着目したことから1970年に日本初の烏骨鶏専門飼育を行う企業として創業した。烏骨鶏卵の卵は粘りが強く、黄身、白身ともに味が濃いのが特徴で、板東英二らが卵かけご飯などにして試食した。


「ミヤネ式 もうかる日本グルメ旅」で紹介されたグルメ情報

天来烏骨鶏卵

宮根誠司ら一行が烏鶏庵の河内孝一社長と対面。烏鶏庵は烏骨鶏の販売・飼育から関連商品を販売する企業で、肉・卵ともに栄養豊富な烏骨鶏に先代社長のその他一般人が着目したことから1970年に日本初の烏骨鶏専門飼育を行う企業として創業した。烏骨鶏卵の卵は粘りが強く、黄身、白身ともに味が濃いのが特徴で、板東英二らが卵かけご飯などにして試食した。


「ミヤネ式 もうかる日本グルメ旅」で紹介されたグルメ情報

烏骨鶏

宮根誠司ら一行が烏鶏庵の河内孝一社長と対面。烏鶏庵は烏骨鶏の販売・飼育から関連商品を販売する企業で、肉・卵ともに栄養豊富な烏骨鶏に先代社長のその他一般人が着目したことから1970年に日本初の烏骨鶏専門飼育を行う企業として創業した。烏骨鶏卵の卵は粘りが強く、黄身、白身ともに味が濃いのが特徴で、板東英二らが卵かけご飯などにして試食した。


「ミヤネ式 もうかる日本グルメ旅」で紹介されたグルメ情報

卵かけご飯

宮根誠司ら一行が烏鶏庵の河内孝一社長と対面。烏鶏庵は烏骨鶏の販売・飼育から関連商品を販売する企業で、肉・卵ともに栄養豊富な烏骨鶏に先代社長のその他一般人が着目したことから1970年に日本初の烏骨鶏専門飼育を行う企業として創業した。烏骨鶏卵の卵は粘りが強く、黄身、白身ともに味が濃いのが特徴で、板東英二らが卵かけご飯などにして試食した。


「ミヤネ式 もうかる日本グルメ旅」で紹介されたグルメ情報

玉子焼き

宮根誠司ら一行が烏鶏庵の河内孝一社長と対面。烏鶏庵は烏骨鶏の販売・飼育から関連商品を販売する企業で、肉・卵ともに栄養豊富な烏骨鶏に先代社長のその他一般人が着目したことから1970年に日本初の烏骨鶏専門飼育を行う企業として創業した。烏骨鶏卵の卵は粘りが強く、黄身、白身ともに味が濃いのが特徴で、板東英二らが卵かけご飯などにして試食した。


「ミヤネ式 もうかる日本グルメ旅」で紹介されたグルメ情報

烏骨鶏卵

宮根誠司ら一行が烏鶏庵の河内孝一社長と対面。烏鶏庵は烏骨鶏の販売・飼育から関連商品を販売する企業で、肉・卵ともに栄養豊富な烏骨鶏に先代社長のその他一般人が着目したことから1970年に日本初の烏骨鶏専門飼育を行う企業として創業した。烏骨鶏卵の卵は粘りが強く、黄身、白身ともに味が濃いのが特徴で、板東英二らが卵かけご飯などにして試食した。


金沢の旅

「ミヤネ式 もうかる日本グルメ旅」で紹介されたレストラン・飲食店

金澤烏鶏庵

「烏鶏庵本店」で儲かる秘密を探るミヤネ一行は、人気ランキング1位の「烏骨鶏かすていら」を堪能。社長の河内孝一さんは、儲かる秘密は「嘘をつかない商売」だと語った。

一行がカステラ作りを見学。工場はエアシャワーを導入して衛生管理をしていて、季節ごとの卵の水分を計算して材料の配合を微調整していた。カステラに少しでもざらつきがあれば非正規品にしていて、河内孝一社長は従業員が正規の値段で購入すると話した。


金澤烏鶏庵

「烏鶏庵本店」で儲かる秘密を探るミヤネ一行は、人気ランキング1位の「烏骨鶏かすていら」を堪能。社長の河内孝一さんは、儲かる秘密は「嘘をつかない商売」だと語った。

一行がカステラ作りを見学。工場はエアシャワーを導入して衛生管理をしていて、季節ごとの卵の水分を計算して材料の配合を微調整していた。カステラに少しでもざらつきがあれば非正規品にしていて、河内孝一社長は従業員が正規の値段で購入すると話した。


「ミヤネ式 もうかる日本グルメ旅」で紹介されたグルメ情報

烏骨鶏かすていら

「烏鶏庵本店」で儲かる秘密を探るミヤネ一行は、人気ランキング1位の「烏骨鶏かすていら」を堪能。社長の河内孝一さんは、儲かる秘密は「嘘をつかない商売」だと語った。

一行がカステラ作りを見学。工場はエアシャワーを導入して衛生管理をしていて、季節ごとの卵の水分を計算して材料の配合を微調整していた。カステラに少しでもざらつきがあれば非正規品にしていて、河内孝一社長は従業員が正規の値段で購入すると話した。


金澤烏鶏庵

「烏鶏庵本店」で儲かる秘密を探るミヤネ一行は、人気ランキング1位の「烏骨鶏かすていら」を堪能。社長の河内孝一さんは、儲かる秘密は「嘘をつかない商売」だと語った。

一行がカステラ作りを見学。工場はエアシャワーを導入して衛生管理をしていて、季節ごとの卵の水分を計算して材料の配合を微調整していた。カステラに少しでもざらつきがあれば非正規品にしていて、河内孝一社長は従業員が正規の値段で購入すると話した。


金沢の旅

ひがし茶屋街

宮根誠司ら一行がひがし茶屋街で岡田圭右や友近と合流して佃の佃煮屋へ来店。ここは佃煮のほかにお菓子を販売していて、かぶら寿司などを試食した。


「ミヤネ式 もうかる日本グルメ旅」で紹介されたレストラン・飲食店

宮根誠司ら一行がひがし茶屋街で岡田圭右や友近と合流して佃の佃煮屋へ来店。ここは佃煮のほかにお菓子を販売していて、かぶら寿司などを試食した。

 (デリカテッセン、その他、和菓子)

「ミヤネ式 もうかる日本グルメ旅」で紹介されたグルメ情報

かぶら寿司

宮根誠司ら一行がひがし茶屋街で岡田圭右や友近と合流して佃の佃煮屋へ来店。ここは佃煮のほかにお菓子を販売していて、かぶら寿司などを試食した。


「ミヤネ式 もうかる日本グルメ旅」で紹介されたグルメ情報

加賀の白峰

宮根誠司ら一行がひがし茶屋街で岡田圭右や友近と合流して佃の佃煮屋へ来店。ここは佃煮のほかにお菓子を販売していて、かぶら寿司などを試食した。


「ミヤネ式 もうかる日本グルメ旅」で紹介されたレストラン・飲食店

続いて一行が訪れたのは「甘味カフェ 茶ゆ」。「みそのアイス」と「竹炭カカオクリームチーズ」を頂いた宮根誠司は、「カカオの香りが鼻から抜ける」と絶賛した。

 (甘味処、カフェ、アイスクリーム)

「ミヤネ式 もうかる日本グルメ旅」で紹介されたグルメ情報

みそのアイス

続いて一行が訪れたのは「甘味カフェ 茶ゆ」。「みそのアイス」と「竹炭カカオクリームチーズ」を頂いた宮根誠司は、「カカオの香りが鼻から抜ける」と絶賛した。


「ミヤネ式 もうかる日本グルメ旅」で紹介されたグルメ情報

竹炭カカオクリームチーズ

続いて一行が訪れたのは「甘味カフェ 茶ゆ」。「みそのアイス」と「竹炭カカオクリームチーズ」を頂いた宮根誠司は、「カカオの香りが鼻から抜ける」と絶賛した。


エムアンドケイ

宮根誠司ら一行が金沢まいもん寿司 駅西本店へ来店した。金沢は回転寿司の激戦区で、金沢まいもん寿司はトップクラスの売上を誇っていた。社長の木下孝治さんは元建築士をしていて、岐阜で始めた鮮魚市を大繁盛させると金沢まいもん寿司を始めた。

金沢まいもん寿司 駅西本店ではネタを流してなく、職人による握りたてを提供していた。また、本格寿司屋レベルの極上の新鮮ネタを使っていて、一行が天然鰤のトロなどを試食した。


日本回転寿司協会

宮根誠司ら一行が金沢まいもん寿司 駅西本店へ来店した。金沢は回転寿司の激戦区で、金沢まいもん寿司はトップクラスの売上を誇っていた。社長の木下孝治さんは元建築士をしていて、岐阜で始めた鮮魚市を大繁盛させると金沢まいもん寿司を始めた。

金沢まいもん寿司 駅西本店ではネタを流してなく、職人による握りたてを提供していた。また、本格寿司屋レベルの極上の新鮮ネタを使っていて、一行が天然鰤のトロなどを試食した。


「ミヤネ式 もうかる日本グルメ旅」で紹介されたレストラン・飲食店

宮根誠司ら一行が金沢まいもん寿司 駅西本店へ来店した。金沢は回転寿司の激戦区で、金沢まいもん寿司はトップクラスの売上を誇っていた。社長の木下孝治さんは元建築士をしていて、岐阜で始めた鮮魚市を大繁盛させると金沢まいもん寿司を始めた。

金沢まいもん寿司 駅西本店ではネタを流してなく、職人による握りたてを提供していた。また、本格寿司屋レベルの極上の新鮮ネタを使っていて、一行が天然鰤のトロなどを試食した。

 (回転寿司、寿司、魚介料理・海鮮料理)

エムアンドケイ

宮根誠司ら一行が金沢まいもん寿司 駅西本店へ来店した。金沢は回転寿司の激戦区で、金沢まいもん寿司はトップクラスの売上を誇っていた。社長の木下孝治さんは元建築士をしていて、岐阜で始めた鮮魚市を大繁盛させると金沢まいもん寿司を始めた。

金沢まいもん寿司 駅西本店ではネタを流してなく、職人による握りたてを提供していた。また、本格寿司屋レベルの極上の新鮮ネタを使っていて、一行が天然鰤のトロなどを試食した。


日本回転寿司協会

宮根誠司ら一行が金沢まいもん寿司 駅西本店へ来店した。金沢は回転寿司の激戦区で、金沢まいもん寿司はトップクラスの売上を誇っていた。社長の木下孝治さんは元建築士をしていて、岐阜で始めた鮮魚市を大繁盛させると金沢まいもん寿司を始めた。

金沢まいもん寿司 駅西本店ではネタを流してなく、職人による握りたてを提供していた。また、本格寿司屋レベルの極上の新鮮ネタを使っていて、一行が天然鰤のトロなどを試食した。


「ミヤネ式 もうかる日本グルメ旅」で紹介されたレストラン・飲食店

宮根誠司ら一行が金沢まいもん寿司 駅西本店へ来店した。金沢は回転寿司の激戦区で、金沢まいもん寿司はトップクラスの売上を誇っていた。社長の木下孝治さんは元建築士をしていて、岐阜で始めた鮮魚市を大繁盛させると金沢まいもん寿司を始めた。

金沢まいもん寿司 駅西本店ではネタを流してなく、職人による握りたてを提供していた。また、本格寿司屋レベルの極上の新鮮ネタを使っていて、一行が天然鰤のトロなどを試食した。

 (回転寿司、寿司、魚介料理・海鮮料理)

「ミヤネ式 もうかる日本グルメ旅」で紹介されたグルメ情報

天然鰤のトロ

宮根誠司ら一行が金沢まいもん寿司 駅西本店へ来店した。金沢は回転寿司の激戦区で、金沢まいもん寿司はトップクラスの売上を誇っていた。社長の木下孝治さんは元建築士をしていて、岐阜で始めた鮮魚市を大繁盛させると金沢まいもん寿司を始めた。

金沢まいもん寿司 駅西本店ではネタを流してなく、職人による握りたてを提供していた。また、本格寿司屋レベルの極上の新鮮ネタを使っていて、一行が天然鰤のトロなどを試食した。


「ミヤネ式 もうかる日本グルメ旅」で紹介されたグルメ情報

まいもん特選盛り

宮根誠司ら一行が金沢まいもん寿司 駅西本店へ来店した。金沢は回転寿司の激戦区で、金沢まいもん寿司はトップクラスの売上を誇っていた。社長の木下孝治さんは元建築士をしていて、岐阜で始めた鮮魚市を大繁盛させると金沢まいもん寿司を始めた。

金沢まいもん寿司 駅西本店ではネタを流してなく、職人による握りたてを提供していた。また、本格寿司屋レベルの極上の新鮮ネタを使っていて、一行が天然鰤のトロなどを試食した。


金沢の旅

「ミヤネ式 もうかる日本グルメ旅」で紹介されたレストラン・飲食店

回転寿司としては割高な「金沢まいもん寿司」が何故儲けを生み出すことが出来るのか、木下孝治社長は「常識を覆す」のが秘訣だと解説。鮮度抜群のネタを提供し、冷凍ネタに飽きた客の心を掴んだという。高級店のネタを安く手軽に味わえるという「非常識」さが激戦区を勝ち抜く原動力となった。

 (回転寿司、寿司、魚介料理・海鮮料理)

九谷焼

一行が訪れたのは「九谷焼鏑木商舗」。鏑木基由社長と合流した一行はお店の中を拝見することに。店内は120年前の家屋を改修してショップにしたという。九谷焼は豪華絢爛な色絵が特徴で、明治期には欧州で高い人気を誇った。


九谷焼窯元 鏑木商舗

一行が訪れたのは「九谷焼鏑木商舗」。鏑木基由社長と合流した一行はお店の中を拝見することに。店内は120年前の家屋を改修してショップにしたという。九谷焼は豪華絢爛な色絵が特徴で、明治期には欧州で高い人気を誇った。


九谷焼

このあと 大ヒット 九谷焼ワイングラス登場!!


金沢の旅

九谷ワイングラス

鏑木商舗を創業以来最高の売上をヒット商品は、グラスの足の部分が九谷焼で出来た九谷ワイングラス。このグラスは、グラスと脚の接着に20年以上を費やしたが、鏑木基由社長は取り組んでいたメンバーとみんな出来ないから儲かると話し合い、課題をクリアして完成させたことを明かした。また、欧州では食事ごとに合う器があるという考えがヒントとなり、首相官邸・外務省の来客用贈呈品に指定された。

宮根らがブルゴーニュやボルドーのワインで、3種の九谷ワイングラスを飲み比べした。鏑木基由社長は、ウチだけの物を作るというもうかる秘密について話した。


九谷焼

鏑木商舗を創業以来最高の売上をヒット商品は、グラスの足の部分が九谷焼で出来た九谷ワイングラス。このグラスは、グラスと脚の接着に20年以上を費やしたが、鏑木基由社長は取り組んでいたメンバーとみんな出来ないから儲かると話し合い、課題をクリアして完成させたことを明かした。また、欧州では食事ごとに合う器があるという考えがヒントとなり、首相官邸・外務省の来客用贈呈品に指定された。

宮根らがブルゴーニュやボルドーのワインで、3種の九谷ワイングラスを飲み比べした。鏑木基由社長は、ウチだけの物を作るというもうかる秘密について話した。


九谷焼窯元 鏑木商舗

鏑木商舗を創業以来最高の売上をヒット商品は、グラスの足の部分が九谷焼で出来た九谷ワイングラス。このグラスは、グラスと脚の接着に20年以上を費やしたが、鏑木基由社長は取り組んでいたメンバーとみんな出来ないから儲かると話し合い、課題をクリアして完成させたことを明かした。また、欧州では食事ごとに合う器があるという考えがヒントとなり、首相官邸・外務省の来客用贈呈品に指定された。

宮根らがブルゴーニュやボルドーのワインで、3種の九谷ワイングラスを飲み比べした。鏑木基由社長は、ウチだけの物を作るというもうかる秘密について話した。


「ミヤネ式 もうかる日本グルメ旅」で紹介されたグルメ情報

ブルゴーニュ

鏑木商舗を創業以来最高の売上をヒット商品は、グラスの足の部分が九谷焼で出来た九谷ワイングラス。このグラスは、グラスと脚の接着に20年以上を費やしたが、鏑木基由社長は取り組んでいたメンバーとみんな出来ないから儲かると話し合い、課題をクリアして完成させたことを明かした。また、欧州では食事ごとに合う器があるという考えがヒントとなり、首相官邸・外務省の来客用贈呈品に指定された。

宮根らがブルゴーニュやボルドーのワインで、3種の九谷ワイングラスを飲み比べした。鏑木基由社長は、ウチだけの物を作るというもうかる秘密について話した。


「ミヤネ式 もうかる日本グルメ旅」で紹介されたグルメ情報

ボルドー

鏑木商舗を創業以来最高の売上をヒット商品は、グラスの足の部分が九谷焼で出来た九谷ワイングラス。このグラスは、グラスと脚の接着に20年以上を費やしたが、鏑木基由社長は取り組んでいたメンバーとみんな出来ないから儲かると話し合い、課題をクリアして完成させたことを明かした。また、欧州では食事ごとに合う器があるという考えがヒントとなり、首相官邸・外務省の来客用贈呈品に指定された。

宮根らがブルゴーニュやボルドーのワインで、3種の九谷ワイングラスを飲み比べした。鏑木基由社長は、ウチだけの物を作るというもうかる秘密について話した。


「ミヤネ式 もうかる日本グルメ旅」で紹介されたグルメ情報

ボルドー

鏑木商舗を創業以来最高の売上をヒット商品は、グラスの足の部分が九谷焼で出来た九谷ワイングラス。このグラスは、グラスと脚の接着に20年以上を費やしたが、鏑木基由社長は取り組んでいたメンバーとみんな出来ないから儲かると話し合い、課題をクリアして完成させたことを明かした。また、欧州では食事ごとに合う器があるという考えがヒントとなり、首相官邸・外務省の来客用贈呈品に指定された。

宮根らがブルゴーニュやボルドーのワインで、3種の九谷ワイングラスを飲み比べした。鏑木基由社長は、ウチだけの物を作るというもうかる秘密について話した。


「ミヤネ式 もうかる日本グルメ旅」で紹介されたグルメ情報

ブルゴーニュ

鏑木商舗を創業以来最高の売上をヒット商品は、グラスの足の部分が九谷焼で出来た九谷ワイングラス。このグラスは、グラスと脚の接着に20年以上を費やしたが、鏑木基由社長は取り組んでいたメンバーとみんな出来ないから儲かると話し合い、課題をクリアして完成させたことを明かした。また、欧州では食事ごとに合う器があるという考えがヒントとなり、首相官邸・外務省の来客用贈呈品に指定された。

宮根らがブルゴーニュやボルドーのワインで、3種の九谷ワイングラスを飲み比べした。鏑木基由社長は、ウチだけの物を作るというもうかる秘密について話した。


九谷ワイングラス

鏑木商舗を創業以来最高の売上をヒット商品は、グラスの足の部分が九谷焼で出来た九谷ワイングラス。このグラスは、グラスと脚の接着に20年以上を費やしたが、鏑木基由社長は取り組んでいたメンバーとみんな出来ないから儲かると話し合い、課題をクリアして完成させたことを明かした。また、欧州では食事ごとに合う器があるという考えがヒントとなり、首相官邸・外務省の来客用贈呈品に指定された。

宮根らがブルゴーニュやボルドーのワインで、3種の九谷ワイングラスを飲み比べした。鏑木基由社長は、ウチだけの物を作るというもうかる秘密について話した。


(エンディング)

(番組宣伝)

「ミヤネ式 もうかる日本グルメ旅 〜3〜」 2011年12月25日(日)放送内容

2012年11月 2012年12月 2013年01月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
  • 「ミヤネ式 もうかる日本グルメ旅」で紹介されたすべての情報
  • 「ミヤネ式 もうかる日本グルメ旅」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「ミヤネ式 もうかる日本グルメ旅」で紹介された音楽・CD
  • 「ミヤネ式 もうかる日本グルメ旅」で紹介された映画・DVD
  • 「ミヤネ式 もうかる日本グルメ旅」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「ミヤネ式 もうかる日本グルメ旅」で紹介されたグルメ情報
  • 「ミヤネ式 もうかる日本グルメ旅」で紹介された料理レシピ
  • 「ミヤネ式 もうかる日本グルメ旅」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「ミヤネ式 もうかる日本グルメ旅」で紹介された観光・地域情報
  • 「ミヤネ式 もうかる日本グルメ旅」で紹介されたイベント情報
  • 「ミヤネ式 もうかる日本グルメ旅」で紹介された雑学・豆知識