テレビ紹介情報

「地球環境大賞」で紹介された情報

「地球環境大賞」で紹介されたすべての情報 ( 28 / 28 ページ )

タカノハダイ

さかなクンの地元・館山の海の中を水中ドローンで覗くとサンゴがいた。さかなクンはサンゴの数が増えている印象があると話した。


ハコフグ

さかなクンの地元・館山の海の中を水中ドローンで覗くとサンゴがいた。さかなクンはサンゴの数が増えている印象があると話した。


積水化学工業

台風19号のときの大規模停電の中でも停電しなかった千葉市のIさんの家には蓄電池があった。太陽光パネルで電気を貯めていた。コンセントも使える。最近では断水対策を施した家も登場した。キッチンの床下には3日分の飲料水タンクがあった。積水化学工業は災害に強い家造りが評価され、環境大臣賞を受賞した。


横浜国立大学

被害数を事前に予測する世界初のウェブサイト「シーマップ」の凄さに天達武史が迫った。風の向きや色によって強さがわかる。最大の特徴が風による建物の被害を事前に予測することで、9月に上陸した台風10号のときは、実際に被害が出る3日前に鹿児島県の被災建物数が53,365棟などと細かい数字を出していた。天達はこのシステムを開発したあいおいニッセイ同和損害保険へ。2018年の台風21号で保険料の支払いに遅れが出たことををきっかけに、保険料の支払いを迅速に行えるよう開発した。予測の秘密は屋根の形状で、全国の屋根を衛星写真で分析し、気象データや過去の災害データを合わせて予測していた。7日前から被害予測ができるという。シーマップでは全球モデルという世界各地の気象から長期予測するデータを使用していた。画期的な技術が評価され、あいおいニッセイ同和損害保険とエーオンベンフィールドジャパン、横浜国立大学は地球環境大賞を受賞した。


エーオンベンフィールドジャパン

被害数を事前に予測する世界初のウェブサイト「シーマップ」の凄さに天達武史が迫った。風の向きや色によって強さがわかる。最大の特徴が風による建物の被害を事前に予測することで、9月に上陸した台風10号のときは、実際に被害が出る3日前に鹿児島県の被災建物数が53,365棟などと細かい数字を出していた。天達はこのシステムを開発したあいおいニッセイ同和損害保険へ。2018年の台風21号で保険料の支払いに遅れが出たことををきっかけに、保険料の支払いを迅速に行えるよう開発した。予測の秘密は屋根の形状で、全国の屋根を衛星写真で分析し、気象データや過去の災害データを合わせて予測していた。7日前から被害予測ができるという。シーマップでは全球モデルという世界各地の気象から長期予測するデータを使用していた。画期的な技術が評価され、あいおいニッセイ同和損害保険とエーオンベンフィールドジャパン、横浜国立大学は地球環境大賞を受賞した。


Vesta

被害数を事前に予測する世界初のウェブサイト「シーマップ」の凄さに天達武史が迫った。風の向きや色によって強さがわかる。最大の特徴が風による建物の被害を事前に予測することで、9月に上陸した台風10号のときは、実際に被害が出る3日前に鹿児島県の被災建物数が53,365棟などと細かい数字を出していた。天達はこのシステムを開発したあいおいニッセイ同和損害保険へ。2018年の台風21号で保険料の支払いに遅れが出たことををきっかけに、保険料の支払いを迅速に行えるよう開発した。予測の秘密は屋根の形状で、全国の屋根を衛星写真で分析し、気象データや過去の災害データを合わせて予測していた。7日前から被害予測ができるという。シーマップでは全球モデルという世界各地の気象から長期予測するデータを使用していた。画期的な技術が評価され、あいおいニッセイ同和損害保険とエーオンベンフィールドジャパン、横浜国立大学は地球環境大賞を受賞した。


あいおいニッセイ同和損害保険

被害数を事前に予測する世界初のウェブサイト「シーマップ」の凄さに天達武史が迫った。風の向きや色によって強さがわかる。最大の特徴が風による建物の被害を事前に予測することで、9月に上陸した台風10号のときは、実際に被害が出る3日前に鹿児島県の被災建物数が53,365棟などと細かい数字を出していた。天達はこのシステムを開発したあいおいニッセイ同和損害保険へ。2018年の台風21号で保険料の支払いに遅れが出たことををきっかけに、保険料の支払いを迅速に行えるよう開発した。予測の秘密は屋根の形状で、全国の屋根を衛星写真で分析し、気象データや過去の災害データを合わせて予測していた。7日前から被害予測ができるという。シーマップでは全球モデルという世界各地の気象から長期予測するデータを使用していた。画期的な技術が評価され、あいおいニッセイ同和損害保険とエーオンベンフィールドジャパン、横浜国立大学は地球環境大賞を受賞した。


シーマップ

被害数を事前に予測する世界初のウェブサイト「シーマップ」の凄さに天達武史が迫った。風の向きや色によって強さがわかる。最大の特徴が風による建物の被害を事前に予測することで、9月に上陸した台風10号のときは、実際に被害が出る3日前に鹿児島県の被災建物数が53,365棟などと細かい数字を出していた。天達はこのシステムを開発したあいおいニッセイ同和損害保険へ。2018年の台風21号で保険料の支払いに遅れが出たことををきっかけに、保険料の支払いを迅速に行えるよう開発した。予測の秘密は屋根の形状で、全国の屋根を衛星写真で分析し、気象データや過去の災害データを合わせて予測していた。7日前から被害予測ができるという。シーマップでは全球モデルという世界各地の気象から長期予測するデータを使用していた。画期的な技術が評価され、あいおいニッセイ同和損害保険とエーオンベンフィールドジャパン、横浜国立大学は地球環境大賞を受賞した。


cmap.dev

「気象予報士 天達がびっくりしたサイトとは?」


メダカ

六本木ヒルズの商業施設の屋上は庭園になっており、キジバト、メダカなど日本固有の生き物が暮らしている。森ビルでは1970年代から緑化を取り入れた再開発を手掛け、ヒートアイランド現象の抑制を実証してきた。さらに「ヒルズ街育プロジェクト」を展開し、子どもたちが身近な緑の大切さを学んでいる。森ビルは都市部の緑化推進と環境教育活動が評価され国土交通大臣賞を受賞した。


2021年02月 2021年03月 
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
  • 「地球環境大賞」で紹介されたすべての情報
  • 「地球環境大賞」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「地球環境大賞」で紹介された音楽・CD
  • 「地球環境大賞」で紹介された映画・DVD
  • 「地球環境大賞」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「地球環境大賞」で紹介されたグルメ情報
  • 「地球環境大賞」で紹介された料理レシピ
  • 「地球環境大賞」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「地球環境大賞」で紹介された観光・地域情報
  • 「地球環境大賞」で紹介されたイベント情報
  • 「地球環境大賞」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する