テレビ紹介情報

「地球環境大賞」で紹介された情報

「地球環境大賞 〜2019【外国人に聞いてビックリ!世界に学ぶ環境対策最前線】〜」 2019年6月22日(土)放送内容

「地球環境大賞」 2020年10月10日(土)放送内容

『2020 〜さかなクンが徹底調査!ニッポン環境問題最前線〜』
2020年10月10日(土) 14:30〜15:25 フジテレビ
【声の出演】 渡辺和洋
【その他】 西山喜久恵 , さかなクン , 内田圭一 , 梅津弥英子 , 神野洋介 , 森本さやか , 宮沢俊哉 , 西口彩乃 , 荒川久幸 , 神田穣太 , 久代萌美 , 松原忠義 , 五十嵐人志 , 天達武史 , 多嘉良朝恭 , 岡崎豪

(地球環境大賞)

デューク大学

今プラスチックごみによって海の生物に危機が迫っている。中でもここ数年、直径5mm以下のマイクロプラスチックが問題視されており、生態系への悪影響が懸念されている。デューク大学の学生による実験ではサンゴがマイクロプラスチックをエサと間違えて食べてしまった。西山喜久恵アナウンサーがさかなクンと東京湾のマイクロプラスチックを調査する。さかなクンが客員准教授を務める東京海洋大学は2016年には世界で初めて南極海でマイクロプラスチックが浮遊しているのを確認した。


コネチカット大学

今プラスチックごみによって海の生物に危機が迫っている。中でもここ数年、直径5mm以下のマイクロプラスチックが問題視されており、生態系への悪影響が懸念されている。デューク大学の学生による実験ではサンゴがマイクロプラスチックをエサと間違えて食べてしまった。西山喜久恵アナウンサーがさかなクンと東京湾のマイクロプラスチックを調査する。さかなクンが客員准教授を務める東京海洋大学は2016年には世界で初めて南極海でマイクロプラスチックが浮遊しているのを確認した。


ウミガメ

今プラスチックごみによって海の生物に危機が迫っている。中でもここ数年、直径5mm以下のマイクロプラスチックが問題視されており、生態系への悪影響が懸念されている。デューク大学の学生による実験ではサンゴがマイクロプラスチックをエサと間違えて食べてしまった。西山喜久恵アナウンサーがさかなクンと東京湾のマイクロプラスチックを調査する。さかなクンが客員准教授を務める東京海洋大学は2016年には世界で初めて南極海でマイクロプラスチックが浮遊しているのを確認した。


オニイトマキエイ

今プラスチックごみによって海の生物に危機が迫っている。中でもここ数年、直径5mm以下のマイクロプラスチックが問題視されており、生態系への悪影響が懸念されている。デューク大学の学生による実験ではサンゴがマイクロプラスチックをエサと間違えて食べてしまった。西山喜久恵アナウンサーがさかなクンと東京湾のマイクロプラスチックを調査する。さかなクンが客員准教授を務める東京海洋大学は2016年には世界で初めて南極海でマイクロプラスチックが浮遊しているのを確認した。


東京海洋大学

今プラスチックごみによって海の生物に危機が迫っている。中でもここ数年、直径5mm以下のマイクロプラスチックが問題視されており、生態系への悪影響が懸念されている。デューク大学の学生による実験ではサンゴがマイクロプラスチックをエサと間違えて食べてしまった。西山喜久恵アナウンサーがさかなクンと東京湾のマイクロプラスチックを調査する。さかなクンが客員准教授を務める東京海洋大学は2016年には世界で初めて南極海でマイクロプラスチックが浮遊しているのを確認した。


CM

(オープニング)

(地球環境大賞)

東京海洋大学

さかなクン、内田圭一准教授と東京湾のマイクロプラスチックを調査する。東京海洋大学の船で東京湾へ。プラスチックごみを捕るべく海面で網を20分引いた。さかなクンは「プラスチックごみをクラゲとか食べ物と思って食べてしまう」などと説明した。


CM

(地球環境大賞)

東京海洋大学

さかなクン、内田圭一准教授と東京湾のマイクロプラスチックを調査する。20分引いた網をあげ海水で洗い流すとカタクチイワシが。東京湾でとれたカタクチイワシの8割近くからマイクロプラスチックが検出されたという。網からはかなりのマイクロプラスチックが出てきた。プラスチックごみを減らすため日本では7月からレジ袋が完全有料化。しかし新型コロナウイルスの影響でテイクアウトの利用が増加しプラスチック製容器の需要が増えるという皮肉な結果になった。日本は1人あたりのプラスチック容器包装の廃棄量は世界第2位。(UNEP国連環境計画調べ)


東京農工大学

さかなクン、内田圭一准教授と東京湾のマイクロプラスチックを調査する。20分引いた網をあげ海水で洗い流すとカタクチイワシが。東京湾でとれたカタクチイワシの8割近くからマイクロプラスチックが検出されたという。網からはかなりのマイクロプラスチックが出てきた。プラスチックごみを減らすため日本では7月からレジ袋が完全有料化。しかし新型コロナウイルスの影響でテイクアウトの利用が増加しプラスチック製容器の需要が増えるという皮肉な結果になった。日本は1人あたりのプラスチック容器包装の廃棄量は世界第2位。(UNEP国連環境計画調べ)


カタクチイワシ

さかなクン、内田圭一准教授と東京湾のマイクロプラスチックを調査する。20分引いた網をあげ海水で洗い流すとカタクチイワシが。東京湾でとれたカタクチイワシの8割近くからマイクロプラスチックが検出されたという。網からはかなりのマイクロプラスチックが出てきた。プラスチックごみを減らすため日本では7月からレジ袋が完全有料化。しかし新型コロナウイルスの影響でテイクアウトの利用が増加しプラスチック製容器の需要が増えるという皮肉な結果になった。日本は1人あたりのプラスチック容器包装の廃棄量は世界第2位。(UNEP国連環境計画調べ)


大日製紙

梅津弥英子アナウンサーは静岡・富士市の大日製紙を訪れた。大日製紙ではプラスチックに代わる「エリプラペーパー」を作っている。紙質と厚さを用途によって使い分ける。特徴の1つが強度で破ろうとしても破れない。2つ目は耐水性。またレンジにかけることもできる。さらにエリプラペーパーはプラスチックを使っておらず、土に還る生分解性がある。網に包んだエリプラペーパーとラミネート加工された従来の紙皿をそれぞれ土に埋める実験を行った。2ヶ月後掘り返すと従来の紙皿はラミネート加工されたフィルムだけが残っていた。エリプラペーパーはなくなり網だけが残っていた。大王製紙はエリプラペーパーの開発が評価され奨励賞を受賞した。


大王製紙グループ

梅津弥英子アナウンサーは静岡・富士市の大日製紙を訪れた。大日製紙ではプラスチックに代わる「エリプラペーパー」を作っている。紙質と厚さを用途によって使い分ける。特徴の1つが強度で破ろうとしても破れない。2つ目は耐水性。またレンジにかけることもできる。さらにエリプラペーパーはプラスチックを使っておらず、土に還る生分解性がある。網に包んだエリプラペーパーとラミネート加工された従来の紙皿をそれぞれ土に埋める実験を行った。2ヶ月後掘り返すと従来の紙皿はラミネート加工されたフィルムだけが残っていた。エリプラペーパーはなくなり網だけが残っていた。大王製紙はエリプラペーパーの開発が評価され奨励賞を受賞した。


エリプラペーパー

梅津弥英子アナウンサーは静岡・富士市の大日製紙を訪れた。大日製紙ではプラスチックに代わる「エリプラペーパー」を作っている。紙質と厚さを用途によって使い分ける。特徴の1つが強度で破ろうとしても破れない。2つ目は耐水性。またレンジにかけることもできる。さらにエリプラペーパーはプラスチックを使っておらず、土に還る生分解性がある。網に包んだエリプラペーパーとラミネート加工された従来の紙皿をそれぞれ土に埋める実験を行った。2ヶ月後掘り返すと従来の紙皿はラミネート加工されたフィルムだけが残っていた。エリプラペーパーはなくなり網だけが残っていた。大王製紙はエリプラペーパーの開発が評価され奨励賞を受賞した。


紀ノ国屋

梅津弥英子アナウンサーは静岡・富士市の大日製紙を訪れた。大日製紙ではプラスチックに代わる「エリプラペーパー」を作っている。紙質と厚さを用途によって使い分ける。特徴の1つが強度で破ろうとしても破れない。2つ目は耐水性。またレンジにかけることもできる。さらにエリプラペーパーはプラスチックを使っておらず、土に還る生分解性がある。網に包んだエリプラペーパーとラミネート加工された従来の紙皿をそれぞれ土に埋める実験を行った。2ヶ月後掘り返すと従来の紙皿はラミネート加工されたフィルムだけが残っていた。エリプラペーパーはなくなり網だけが残っていた。大王製紙はエリプラペーパーの開発が評価され奨励賞を受賞した。


「地球環境大賞」で紹介されたホテル・温泉旅館「地球環境大賞」で紹介された観光・地域情報

ザ・キャピトルホテル東急

「ORIGAMI」で使われていた木のストローを開発したアキュラホームを森本さやかアナウンサーが訪ねた。宮沢俊哉社長の社長室はパソコンのキーボードまで木でできていた。


「地球環境大賞」で紹介されたレストラン・飲食店

ORIGAMI

「ORIGAMI」で使われていた木のストローを開発したアキュラホームを森本さやかアナウンサーが訪ねた。宮沢俊哉社長の社長室はパソコンのキーボードまで木でできていた。


アキュラホーム

「ORIGAMI」で使われていた木のストローを開発したアキュラホームを森本さやかアナウンサーが訪ねた。宮沢俊哉社長の社長室はパソコンのキーボードまで木でできていた。


CM

(地球環境大賞)

アキュラホーム

元大工の宮沢俊哉社長はプラスチック問題を考え木のストローを開発。最初は角材に穴を開け周りを丸く削る方法などを考えたが、あるとき広報課の西口彩乃さんが社長のカンナ技術に目を付けた。カンナの削りクズを斜めに丸める方法を考えた。脱プラスチックだけでなく間伐材を有効利用することで森林保全への貢献が評価され、アキュラホームは農林水産大臣賞を受賞した。


東京海洋大学

西山らはマイクロプラスチックを持参し東京海洋大学の荒川久幸教授のもとへ。採取したマイクロプラスチックを確認すると、人工芝の破片や釣り糸などがあった。

西山らは海の生物の剥製などを展示している「東京海洋大学マリンサイエンスミュージアム」へ。マンボウの剥製が置いてあった。今年9月の北海道の鮭漁では鮭に混じってマンボウがあがった。さらにブリが大量にとれるように。海の生態系の変化についてさかなクンが解説。東京海洋大学副学長の神田穣太さんも加わる。さかなクンは海水温度の上昇が魚に与える影響について「変温動物なので周りの温度が1℃上がると私達の体温が1℃上がるのと等しい」「魚は生息場所を変えてしまう」などと説明した。


東京海洋大学マリンサイエンスミュージアム

西山らは海の生物の剥製などを展示している「東京海洋大学マリンサイエンスミュージアム」へ。マンボウの剥製が置いてあった。今年9月の北海道の鮭漁では鮭に混じってマンボウがあがった。さらにブリが大量にとれるように。海の生態系の変化についてさかなクンが解説。東京海洋大学副学長の神田穣太さんも加わる。さかなクンは海水温度の上昇が魚に与える影響について「変温動物なので周りの温度が1℃上がると私達の体温が1℃上がるのと等しい」「魚は生息場所を変えてしまう」などと説明した。


西山らは海の生物の剥製などを展示している「東京海洋大学マリンサイエンスミュージアム」へ。マンボウの剥製が置いてあった。今年9月の北海道の鮭漁では鮭に混じってマンボウがあがった。さらにブリが大量にとれるように。海の生態系の変化についてさかなクンが解説。東京海洋大学副学長の神田穣太さんも加わる。さかなクンは海水温度の上昇が魚に与える影響について「変温動物なので周りの温度が1℃上がると私達の体温が1℃上がるのと等しい」「魚は生息場所を変えてしまう」などと説明した。


マンボウ

西山らは海の生物の剥製などを展示している「東京海洋大学マリンサイエンスミュージアム」へ。マンボウの剥製が置いてあった。今年9月の北海道の鮭漁では鮭に混じってマンボウがあがった。さらにブリが大量にとれるように。海の生態系の変化についてさかなクンが解説。東京海洋大学副学長の神田穣太さんも加わる。さかなクンは海水温度の上昇が魚に与える影響について「変温動物なので周りの温度が1℃上がると私達の体温が1℃上がるのと等しい」「魚は生息場所を変えてしまう」などと説明した。


ブリ

西山らは海の生物の剥製などを展示している「東京海洋大学マリンサイエンスミュージアム」へ。マンボウの剥製が置いてあった。今年9月の北海道の鮭漁では鮭に混じってマンボウがあがった。さらにブリが大量にとれるように。海の生態系の変化についてさかなクンが解説。東京海洋大学副学長の神田穣太さんも加わる。さかなクンは海水温度の上昇が魚に与える影響について「変温動物なので周りの温度が1℃上がると私達の体温が1℃上がるのと等しい」「魚は生息場所を変えてしまう」などと説明した。


ギマ

西山らは海の生物の剥製などを展示している「東京海洋大学マリンサイエンスミュージアム」へ。マンボウの剥製が置いてあった。今年9月の北海道の鮭漁では鮭に混じってマンボウがあがった。さらにブリが大量にとれるように。海の生態系の変化についてさかなクンが解説。東京海洋大学副学長の神田穣太さんも加わる。さかなクンは海水温度の上昇が魚に与える影響について「変温動物なので周りの温度が1℃上がると私達の体温が1℃上がるのと等しい」「魚は生息場所を変えてしまう」などと説明した。


ペーパーラボ

久代萌美アナウンサーは東京・大田区役所の松原忠義区長の元を訪れた。大田区役所では「ペーパーラボ」で使用済みの紙から新しい紙を作っているという。ペーパーラボに入った紙は繊維化され色を取り除いた繊維を結合させ形を整え、新しい紙として再生する。各フロアに専用回収箱を設置、パンフレットなどを作成している。


セイコーエプソン

久代アナウンサーはペーパーラボを開発したセイコーエプソンを訪れた。あるもの全てがインクジェットプリンターで作られた部屋に案内された。マスクにもプリントができる。また家庭用プリンターは詰め替え式にしたことでカートリッジのプラスチックを削減することに成功。またオフィス用プリンターでは消費電力を従来の8分の1にした。セイコーエプソンは最小限の環境負荷を実現する「インクジェットイノベーション」を推進したことが評価され経済産業大臣を受賞した。


六本木ヒルズ 森タワー

六本木ヒルズの商業施設の屋上は庭園になっており、キジバト、メダカなど日本固有の生き物が暮らしている。森ビルでは1970年代から緑化を取り入れた再開発を手掛け、ヒートアイランド現象の抑制を実証してきた。さらに「ヒルズ街育プロジェクト」を展開し、子どもたちが身近な緑の大切さを学んでいる。森ビルは都市部の緑化推進と環境教育活動が評価され国土交通大臣賞を受賞した。


森ビル

六本木ヒルズの商業施設の屋上は庭園になっており、キジバト、メダカなど日本固有の生き物が暮らしている。森ビルでは1970年代から緑化を取り入れた再開発を手掛け、ヒートアイランド現象の抑制を実証してきた。さらに「ヒルズ街育プロジェクト」を展開し、子どもたちが身近な緑の大切さを学んでいる。森ビルは都市部の緑化推進と環境教育活動が評価され国土交通大臣賞を受賞した。


「地球環境大賞」で紹介されたイベント情報

ヒルズ街育プロジェクト

六本木ヒルズの商業施設の屋上は庭園になっており、キジバト、メダカなど日本固有の生き物が暮らしている。森ビルでは1970年代から緑化を取り入れた再開発を手掛け、ヒートアイランド現象の抑制を実証してきた。さらに「ヒルズ街育プロジェクト」を展開し、子どもたちが身近な緑の大切さを学んでいる。森ビルは都市部の緑化推進と環境教育活動が評価され国土交通大臣賞を受賞した。


トウキョウダルマガエル

六本木ヒルズの商業施設の屋上は庭園になっており、キジバト、メダカなど日本固有の生き物が暮らしている。森ビルでは1970年代から緑化を取り入れた再開発を手掛け、ヒートアイランド現象の抑制を実証してきた。さらに「ヒルズ街育プロジェクト」を展開し、子どもたちが身近な緑の大切さを学んでいる。森ビルは都市部の緑化推進と環境教育活動が評価され国土交通大臣賞を受賞した。


キジバト

六本木ヒルズの商業施設の屋上は庭園になっており、キジバト、メダカなど日本固有の生き物が暮らしている。森ビルでは1970年代から緑化を取り入れた再開発を手掛け、ヒートアイランド現象の抑制を実証してきた。さらに「ヒルズ街育プロジェクト」を展開し、子どもたちが身近な緑の大切さを学んでいる。森ビルは都市部の緑化推進と環境教育活動が評価され国土交通大臣賞を受賞した。


メダカ

六本木ヒルズの商業施設の屋上は庭園になっており、キジバト、メダカなど日本固有の生き物が暮らしている。森ビルでは1970年代から緑化を取り入れた再開発を手掛け、ヒートアイランド現象の抑制を実証してきた。さらに「ヒルズ街育プロジェクト」を展開し、子どもたちが身近な緑の大切さを学んでいる。森ビルは都市部の緑化推進と環境教育活動が評価され国土交通大臣賞を受賞した。


cmap.dev

「気象予報士 天達がびっくりしたサイトとは?」


CM

(地球環境大賞)

シーマップ

被害数を事前に予測する世界初のウェブサイト「シーマップ」の凄さに天達武史が迫った。風の向きや色によって強さがわかる。最大の特徴が風による建物の被害を事前に予測することで、9月に上陸した台風10号のときは、実際に被害が出る3日前に鹿児島県の被災建物数が53,365棟などと細かい数字を出していた。天達はこのシステムを開発したあいおいニッセイ同和損害保険へ。2018年の台風21号で保険料の支払いに遅れが出たことををきっかけに、保険料の支払いを迅速に行えるよう開発した。予測の秘密は屋根の形状で、全国の屋根を衛星写真で分析し、気象データや過去の災害データを合わせて予測していた。7日前から被害予測ができるという。シーマップでは全球モデルという世界各地の気象から長期予測するデータを使用していた。画期的な技術が評価され、あいおいニッセイ同和損害保険とエーオンベンフィールドジャパン、横浜国立大学は地球環境大賞を受賞した。


あいおいニッセイ同和損害保険

被害数を事前に予測する世界初のウェブサイト「シーマップ」の凄さに天達武史が迫った。風の向きや色によって強さがわかる。最大の特徴が風による建物の被害を事前に予測することで、9月に上陸した台風10号のときは、実際に被害が出る3日前に鹿児島県の被災建物数が53,365棟などと細かい数字を出していた。天達はこのシステムを開発したあいおいニッセイ同和損害保険へ。2018年の台風21号で保険料の支払いに遅れが出たことををきっかけに、保険料の支払いを迅速に行えるよう開発した。予測の秘密は屋根の形状で、全国の屋根を衛星写真で分析し、気象データや過去の災害データを合わせて予測していた。7日前から被害予測ができるという。シーマップでは全球モデルという世界各地の気象から長期予測するデータを使用していた。画期的な技術が評価され、あいおいニッセイ同和損害保険とエーオンベンフィールドジャパン、横浜国立大学は地球環境大賞を受賞した。


Vesta

被害数を事前に予測する世界初のウェブサイト「シーマップ」の凄さに天達武史が迫った。風の向きや色によって強さがわかる。最大の特徴が風による建物の被害を事前に予測することで、9月に上陸した台風10号のときは、実際に被害が出る3日前に鹿児島県の被災建物数が53,365棟などと細かい数字を出していた。天達はこのシステムを開発したあいおいニッセイ同和損害保険へ。2018年の台風21号で保険料の支払いに遅れが出たことををきっかけに、保険料の支払いを迅速に行えるよう開発した。予測の秘密は屋根の形状で、全国の屋根を衛星写真で分析し、気象データや過去の災害データを合わせて予測していた。7日前から被害予測ができるという。シーマップでは全球モデルという世界各地の気象から長期予測するデータを使用していた。画期的な技術が評価され、あいおいニッセイ同和損害保険とエーオンベンフィールドジャパン、横浜国立大学は地球環境大賞を受賞した。


エーオンベンフィールドジャパン

被害数を事前に予測する世界初のウェブサイト「シーマップ」の凄さに天達武史が迫った。風の向きや色によって強さがわかる。最大の特徴が風による建物の被害を事前に予測することで、9月に上陸した台風10号のときは、実際に被害が出る3日前に鹿児島県の被災建物数が53,365棟などと細かい数字を出していた。天達はこのシステムを開発したあいおいニッセイ同和損害保険へ。2018年の台風21号で保険料の支払いに遅れが出たことををきっかけに、保険料の支払いを迅速に行えるよう開発した。予測の秘密は屋根の形状で、全国の屋根を衛星写真で分析し、気象データや過去の災害データを合わせて予測していた。7日前から被害予測ができるという。シーマップでは全球モデルという世界各地の気象から長期予測するデータを使用していた。画期的な技術が評価され、あいおいニッセイ同和損害保険とエーオンベンフィールドジャパン、横浜国立大学は地球環境大賞を受賞した。


横浜国立大学

被害数を事前に予測する世界初のウェブサイト「シーマップ」の凄さに天達武史が迫った。風の向きや色によって強さがわかる。最大の特徴が風による建物の被害を事前に予測することで、9月に上陸した台風10号のときは、実際に被害が出る3日前に鹿児島県の被災建物数が53,365棟などと細かい数字を出していた。天達はこのシステムを開発したあいおいニッセイ同和損害保険へ。2018年の台風21号で保険料の支払いに遅れが出たことををきっかけに、保険料の支払いを迅速に行えるよう開発した。予測の秘密は屋根の形状で、全国の屋根を衛星写真で分析し、気象データや過去の災害データを合わせて予測していた。7日前から被害予測ができるという。シーマップでは全球モデルという世界各地の気象から長期予測するデータを使用していた。画期的な技術が評価され、あいおいニッセイ同和損害保険とエーオンベンフィールドジャパン、横浜国立大学は地球環境大賞を受賞した。


(番組宣伝)

CM

(地球環境大賞)

積水化学工業

台風19号のときの大規模停電の中でも停電しなかった千葉市のIさんの家には蓄電池があった。太陽光パネルで電気を貯めていた。コンセントも使える。最近では断水対策を施した家も登場した。キッチンの床下には3日分の飲料水タンクがあった。積水化学工業は災害に強い家造りが評価され、環境大臣賞を受賞した。


ハコフグ

さかなクンの地元・館山の海の中を水中ドローンで覗くとサンゴがいた。さかなクンはサンゴの数が増えている印象があると話した。


タカノハダイ

さかなクンの地元・館山の海の中を水中ドローンで覗くとサンゴがいた。さかなクンはサンゴの数が増えている印象があると話した。


(番組宣伝)

CM

「地球環境大賞 〜2019【外国人に聞いてビックリ!世界に学ぶ環境対策最前線】〜」 2019年6月22日(土)放送内容

2020年09月 2020年10月 2020年11月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
  • 「地球環境大賞」で紹介されたすべての情報
  • 「地球環境大賞」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「地球環境大賞」で紹介された音楽・CD
  • 「地球環境大賞」で紹介された映画・DVD
  • 「地球環境大賞」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「地球環境大賞」で紹介されたグルメ情報
  • 「地球環境大賞」で紹介された料理レシピ
  • 「地球環境大賞」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「地球環境大賞」で紹介された観光・地域情報
  • 「地球環境大賞」で紹介されたイベント情報
  • 「地球環境大賞」で紹介された雑学・豆知識