テレビ紹介情報

「スーパーニュース」で紹介された情報

「スーパーニュース」2013年2月21日(木)放送内容「スーパーニュース」2013年2月25日(月)放送内容

「スーパーニュース」 2013年2月22日(金)放送内容

(ニュース)

(ニュース)

ポリティコ

まもなく、政治家が政治家との日米首脳会談にのぞむ。政治家は先日2期目の就任後初めての一般教書演説を行ったが、アメリカでは失業率が8%近いままで、演説でも内政問題に終始しアメリカの内向き姿勢が明らかになった。木村太郎はワシントンにある新聞社「POLITICO」を紹介した。POLITICOはワシントン・ポスト紙の編集者らが立ち上げたインターネットを駆使した新しいメディアとして注目されている。木村太郎はピュリツァー賞も受賞している風刺漫画家のマット・ワーカー氏を取材し、アメリカの経済などについて話を聞いた。

続いては政治家時代に国務副長官を務めたアーミテージ氏を取材し、アメリカの内向き姿勢について話を聞いた。


ワシントンポスト

まもなく、政治家が政治家との日米首脳会談にのぞむ。政治家は先日2期目の就任後初めての一般教書演説を行ったが、アメリカでは失業率が8%近いままで、演説でも内政問題に終始しアメリカの内向き姿勢が明らかになった。木村太郎はワシントンにある新聞社「POLITICO」を紹介した。POLITICOはワシントン・ポスト紙の編集者らが立ち上げたインターネットを駆使した新しいメディアとして注目されている。木村太郎はピュリツァー賞も受賞している風刺漫画家のマット・ワーカー氏を取材し、アメリカの経済などについて話を聞いた。

続いては政治家時代に国務副長官を務めたアーミテージ氏を取材し、アメリカの内向き姿勢について話を聞いた。


(ニュース)

国際オリンピック委員会

ロンドン五輪男子サッカーの3位決定戦で、「独島(竹島)は我が領土」の紙を掲げ問題になったサッカー選手について、国際オリンピック委員会がメダル授与を保留していたが没収には至らなかった。その一方で韓国は巨額の費用を投じ、自らの主張を国内外にアピールしている。


「スーパーニュース」で紹介されたイベント情報

ロンドンオリンピック

ロンドン五輪男子サッカーの3位決定戦で、「独島(竹島)は我が領土」の紙を掲げ問題になったサッカー選手について、国際オリンピック委員会がメダル授与を保留していたが没収には至らなかった。その一方で韓国は巨額の費用を投じ、自らの主張を国内外にアピールしている。


(ニュース)

独島体験館

韓国が実効支配する竹島をめぐっては韓国のカーナビに竹島までのルートが表示され、ソウルには独島体験館がオープン。4Dの映像で島を探検するアトラクションができるなどテーマパーク化が進んでおり、松江市にある竹島資料室でも去年11月リニューアルされた。竹島資料館では政治家の竹島上陸後来館者数が約3倍になったという。


竹島資料室

韓国が実効支配する竹島をめぐっては韓国のカーナビに竹島までのルートが表示され、ソウルには独島体験館がオープン。4Dの映像で島を探検するアトラクションができるなどテーマパーク化が進んでおり、松江市にある竹島資料室でも去年11月リニューアルされた。竹島資料館では政治家の竹島上陸後来館者数が約3倍になったという。


(ニュース)

スカイダック

東京観光の新名所を取材。来月からは水陸両方バス「スカイダック」の運行が始まる予定で、酒主義久が遊覧を体験した。

今、東京には新たな観光スポットが次々と登場しており、東武浅草駅の浅草EKIMISEは去年11月にリニューアルし、浅草ハレテラスからは東京スカイツリーを一望できる。施設内には和の雑貨屋「めぐりて」や、忍者グッズをもらえる忍屋もある。

銀座では4月から歌舞伎座が開業する予定で、先週には試験点灯が行われた。


浅草駅

東京観光の新名所を取材。来月からは水陸両方バス「スカイダック」の運行が始まる予定で、酒主義久が遊覧を体験した。

今、東京には新たな観光スポットが次々と登場しており、東武浅草駅の浅草EKIMISEは去年11月にリニューアルし、浅草ハレテラスからは東京スカイツリーを一望できる。施設内には和の雑貨屋「めぐりて」や、忍者グッズをもらえる忍屋もある。

銀座では4月から歌舞伎座が開業する予定で、先週には試験点灯が行われた。


浅草EKIMISE

東京観光の新名所を取材。来月からは水陸両方バス「スカイダック」の運行が始まる予定で、酒主義久が遊覧を体験した。

今、東京には新たな観光スポットが次々と登場しており、東武浅草駅の浅草EKIMISEは去年11月にリニューアルし、浅草ハレテラスからは東京スカイツリーを一望できる。施設内には和の雑貨屋「めぐりて」や、忍者グッズをもらえる忍屋もある。

銀座では4月から歌舞伎座が開業する予定で、先週には試験点灯が行われた。


浅草ハレテラス

東京観光の新名所を取材。来月からは水陸両方バス「スカイダック」の運行が始まる予定で、酒主義久が遊覧を体験した。

今、東京には新たな観光スポットが次々と登場しており、東武浅草駅の浅草EKIMISEは去年11月にリニューアルし、浅草ハレテラスからは東京スカイツリーを一望できる。施設内には和の雑貨屋「めぐりて」や、忍者グッズをもらえる忍屋もある。

銀座では4月から歌舞伎座が開業する予定で、先週には試験点灯が行われた。


東京スカイツリー

東京観光の新名所を取材。来月からは水陸両方バス「スカイダック」の運行が始まる予定で、酒主義久が遊覧を体験した。

今、東京には新たな観光スポットが次々と登場しており、東武浅草駅の浅草EKIMISEは去年11月にリニューアルし、浅草ハレテラスからは東京スカイツリーを一望できる。施設内には和の雑貨屋「めぐりて」や、忍者グッズをもらえる忍屋もある。

銀座では4月から歌舞伎座が開業する予定で、先週には試験点灯が行われた。


めぐりて

東京観光の新名所を取材。来月からは水陸両方バス「スカイダック」の運行が始まる予定で、酒主義久が遊覧を体験した。

今、東京には新たな観光スポットが次々と登場しており、東武浅草駅の浅草EKIMISEは去年11月にリニューアルし、浅草ハレテラスからは東京スカイツリーを一望できる。施設内には和の雑貨屋「めぐりて」や、忍者グッズをもらえる忍屋もある。

銀座では4月から歌舞伎座が開業する予定で、先週には試験点灯が行われた。


忍屋

東京観光の新名所を取材。来月からは水陸両方バス「スカイダック」の運行が始まる予定で、酒主義久が遊覧を体験した。

今、東京には新たな観光スポットが次々と登場しており、東武浅草駅の浅草EKIMISEは去年11月にリニューアルし、浅草ハレテラスからは東京スカイツリーを一望できる。施設内には和の雑貨屋「めぐりて」や、忍者グッズをもらえる忍屋もある。

銀座では4月から歌舞伎座が開業する予定で、先週には試験点灯が行われた。


「スーパーニュース」で紹介されたレストラン・飲食店

北海道ごろごろ

東京観光の新名所を取材。来月からは水陸両方バス「スカイダック」の運行が始まる予定で、酒主義久が遊覧を体験した。

今、東京には新たな観光スポットが次々と登場しており、東武浅草駅の浅草EKIMISEは去年11月にリニューアルし、浅草ハレテラスからは東京スカイツリーを一望できる。施設内には和の雑貨屋「めぐりて」や、忍者グッズをもらえる忍屋もある。

銀座では4月から歌舞伎座が開業する予定で、先週には試験点灯が行われた。


「スーパーニュース」で紹介されたレストラン・飲食店

離島キッチン 浅草EKIMISE店

東京観光の新名所を取材。来月からは水陸両方バス「スカイダック」の運行が始まる予定で、酒主義久が遊覧を体験した。

今、東京には新たな観光スポットが次々と登場しており、東武浅草駅の浅草EKIMISEは去年11月にリニューアルし、浅草ハレテラスからは東京スカイツリーを一望できる。施設内には和の雑貨屋「めぐりて」や、忍者グッズをもらえる忍屋もある。

銀座では4月から歌舞伎座が開業する予定で、先週には試験点灯が行われた。


「スーパーニュース」で紹介されたグルメ情報

隠岐・寒シマメ漬け丼

東京観光の新名所を取材。来月からは水陸両方バス「スカイダック」の運行が始まる予定で、酒主義久が遊覧を体験した。

今、東京には新たな観光スポットが次々と登場しており、東武浅草駅の浅草EKIMISEは去年11月にリニューアルし、浅草ハレテラスからは東京スカイツリーを一望できる。施設内には和の雑貨屋「めぐりて」や、忍者グッズをもらえる忍屋もある。

銀座では4月から歌舞伎座が開業する予定で、先週には試験点灯が行われた。


歌舞伎座

東京観光の新名所を取材。来月からは水陸両方バス「スカイダック」の運行が始まる予定で、酒主義久が遊覧を体験した。

今、東京には新たな観光スポットが次々と登場しており、東武浅草駅の浅草EKIMISEは去年11月にリニューアルし、浅草ハレテラスからは東京スカイツリーを一望できる。施設内には和の雑貨屋「めぐりて」や、忍者グッズをもらえる忍屋もある。

銀座では4月から歌舞伎座が開業する予定で、先週には試験点灯が行われた。


にゅーすクリップ

「スーパーニュース」で紹介されたイベント情報

ホンダLPGA

他のスポーツ選手がタイ・パタヤで行われたホンダLPGAタイランドレセプションに登場し、お姫様メイクに変身。大会では初日を10位タイと好スタートを切った。


グーグル・グラス

自分目線の映像を撮影できる「グーグル・グラス」を紹介。アメリカ在住の18歳以上を対象にモニターを募集しており、採用されれば約14万円で購入できる。


「スーパーニュース」で紹介されたイベント情報

東京マラソン2013

東京マラソンに出場する選手の記者会見が行われ、今回がラストランとなる陸上競技・マラソン選手が意気込みを語った。


「スーパーニュース」で紹介されたイベント情報

全日本製造業コマ大戦

自分たちが造ったオリジナルのコマを使った全日本製造業コマ大戦が開催された。ルールは直径20mm以下ならどんな素材でも使用可能で、緑川賢司隊長は若者に希望や夢を持ってもらいたいと語った。スタジオでは大会に出場したコマを紹介し、境鶴丸と若狭勝が対戦した。


(ニュース)

(ニュース)

(提供)

(ニュース)

(ニュース)

(特集)

東海道新幹線

昭和39年、東海道新幹線が開業し、45年には大阪万博が開催された。そうした昭和の時代に作られた家電などの商品に再び脚光が集まっている。東京・巣鴨の人は使い方がわかったが、お台場の子どもにはわからなかった「黒電話」だが、大阪・北区の大阪くらしの今昔館では昭和30年代のレトロ家電を集めた展示会が好評を得ている。そこには日立が手がけたインスタントラーメン専用の「ラーメンなべ」や東芝の「乾電池消しゴム」、松下の「カンオープナー」など、ユニークな物も展示されている。

昭和40年代のレトログッズを販売する「昭和レトロショップ すずらん堂」では、1970年台のアルミ製弁当箱やクラウン卓上ガスライターなどが人気で、おまるまである。神奈川・川崎市の主婦・山内さんもレトログッズにハマっている。

東京・墨田区のレトロエンタープライズは、日本で唯一ブラウン管のテレビを再現して販売している。外観を残して部品を付け替え、地デジをアナログに変換し、視聴可能にしている。

東京・世田谷区の三栄製薬では「赤チン」と呼ばれるマーキュロクロム液を創業から作り続けている。製造方法はほとんど昔から変わらず、手作業で作業している。現在では売り上げは減少しているが、根強いファンの存在によって製造が続けられている。


「スーパーニュース」で紹介されたイベント情報

日本万国博覧会

昭和39年、東海道新幹線が開業し、45年には大阪万博が開催された。そうした昭和の時代に作られた家電などの商品に再び脚光が集まっている。東京・巣鴨の人は使い方がわかったが、お台場の子どもにはわからなかった「黒電話」だが、大阪・北区の大阪くらしの今昔館では昭和30年代のレトロ家電を集めた展示会が好評を得ている。そこには日立が手がけたインスタントラーメン専用の「ラーメンなべ」や東芝の「乾電池消しゴム」、松下の「カンオープナー」など、ユニークな物も展示されている。

昭和40年代のレトログッズを販売する「昭和レトロショップ すずらん堂」では、1970年台のアルミ製弁当箱やクラウン卓上ガスライターなどが人気で、おまるまである。神奈川・川崎市の主婦・山内さんもレトログッズにハマっている。

東京・墨田区のレトロエンタープライズは、日本で唯一ブラウン管のテレビを再現して販売している。外観を残して部品を付け替え、地デジをアナログに変換し、視聴可能にしている。

東京・世田谷区の三栄製薬では「赤チン」と呼ばれるマーキュロクロム液を創業から作り続けている。製造方法はほとんど昔から変わらず、手作業で作業している。現在では売り上げは減少しているが、根強いファンの存在によって製造が続けられている。


黒電話

昭和39年、東海道新幹線が開業し、45年には大阪万博が開催された。そうした昭和の時代に作られた家電などの商品に再び脚光が集まっている。東京・巣鴨の人は使い方がわかったが、お台場の子どもにはわからなかった「黒電話」だが、大阪・北区の大阪くらしの今昔館では昭和30年代のレトロ家電を集めた展示会が好評を得ている。そこには日立が手がけたインスタントラーメン専用の「ラーメンなべ」や東芝の「乾電池消しゴム」、松下の「カンオープナー」など、ユニークな物も展示されている。

昭和40年代のレトログッズを販売する「昭和レトロショップ すずらん堂」では、1970年台のアルミ製弁当箱やクラウン卓上ガスライターなどが人気で、おまるまである。神奈川・川崎市の主婦・山内さんもレトログッズにハマっている。

東京・墨田区のレトロエンタープライズは、日本で唯一ブラウン管のテレビを再現して販売している。外観を残して部品を付け替え、地デジをアナログに変換し、視聴可能にしている。

東京・世田谷区の三栄製薬では「赤チン」と呼ばれるマーキュロクロム液を創業から作り続けている。製造方法はほとんど昔から変わらず、手作業で作業している。現在では売り上げは減少しているが、根強いファンの存在によって製造が続けられている。


大阪くらしの今昔館

昭和39年、東海道新幹線が開業し、45年には大阪万博が開催された。そうした昭和の時代に作られた家電などの商品に再び脚光が集まっている。東京・巣鴨の人は使い方がわかったが、お台場の子どもにはわからなかった「黒電話」だが、大阪・北区の大阪くらしの今昔館では昭和30年代のレトロ家電を集めた展示会が好評を得ている。そこには日立が手がけたインスタントラーメン専用の「ラーメンなべ」や東芝の「乾電池消しゴム」、松下の「カンオープナー」など、ユニークな物も展示されている。

昭和40年代のレトログッズを販売する「昭和レトロショップ すずらん堂」では、1970年台のアルミ製弁当箱やクラウン卓上ガスライターなどが人気で、おまるまである。神奈川・川崎市の主婦・山内さんもレトログッズにハマっている。

東京・墨田区のレトロエンタープライズは、日本で唯一ブラウン管のテレビを再現して販売している。外観を残して部品を付け替え、地デジをアナログに変換し、視聴可能にしている。

東京・世田谷区の三栄製薬では「赤チン」と呼ばれるマーキュロクロム液を創業から作り続けている。製造方法はほとんど昔から変わらず、手作業で作業している。現在では売り上げは減少しているが、根強いファンの存在によって製造が続けられている。


首都高速1号線

昭和39年、東海道新幹線が開業し、45年には大阪万博が開催された。そうした昭和の時代に作られた家電などの商品に再び脚光が集まっている。東京・巣鴨の人は使い方がわかったが、お台場の子どもにはわからなかった「黒電話」だが、大阪・北区の大阪くらしの今昔館では昭和30年代のレトロ家電を集めた展示会が好評を得ている。そこには日立が手がけたインスタントラーメン専用の「ラーメンなべ」や東芝の「乾電池消しゴム」、松下の「カンオープナー」など、ユニークな物も展示されている。

昭和40年代のレトログッズを販売する「昭和レトロショップ すずらん堂」では、1970年台のアルミ製弁当箱やクラウン卓上ガスライターなどが人気で、おまるまである。神奈川・川崎市の主婦・山内さんもレトログッズにハマっている。

東京・墨田区のレトロエンタープライズは、日本で唯一ブラウン管のテレビを再現して販売している。外観を残して部品を付け替え、地デジをアナログに変換し、視聴可能にしている。

東京・世田谷区の三栄製薬では「赤チン」と呼ばれるマーキュロクロム液を創業から作り続けている。製造方法はほとんど昔から変わらず、手作業で作業している。現在では売り上げは減少しているが、根強いファンの存在によって製造が続けられている。


日立製作所

昭和39年、東海道新幹線が開業し、45年には大阪万博が開催された。そうした昭和の時代に作られた家電などの商品に再び脚光が集まっている。東京・巣鴨の人は使い方がわかったが、お台場の子どもにはわからなかった「黒電話」だが、大阪・北区の大阪くらしの今昔館では昭和30年代のレトロ家電を集めた展示会が好評を得ている。そこには日立が手がけたインスタントラーメン専用の「ラーメンなべ」や東芝の「乾電池消しゴム」、松下の「カンオープナー」など、ユニークな物も展示されている。

昭和40年代のレトログッズを販売する「昭和レトロショップ すずらん堂」では、1970年台のアルミ製弁当箱やクラウン卓上ガスライターなどが人気で、おまるまである。神奈川・川崎市の主婦・山内さんもレトログッズにハマっている。

東京・墨田区のレトロエンタープライズは、日本で唯一ブラウン管のテレビを再現して販売している。外観を残して部品を付け替え、地デジをアナログに変換し、視聴可能にしている。

東京・世田谷区の三栄製薬では「赤チン」と呼ばれるマーキュロクロム液を創業から作り続けている。製造方法はほとんど昔から変わらず、手作業で作業している。現在では売り上げは減少しているが、根強いファンの存在によって製造が続けられている。


東芝

昭和39年、東海道新幹線が開業し、45年には大阪万博が開催された。そうした昭和の時代に作られた家電などの商品に再び脚光が集まっている。東京・巣鴨の人は使い方がわかったが、お台場の子どもにはわからなかった「黒電話」だが、大阪・北区の大阪くらしの今昔館では昭和30年代のレトロ家電を集めた展示会が好評を得ている。そこには日立が手がけたインスタントラーメン専用の「ラーメンなべ」や東芝の「乾電池消しゴム」、松下の「カンオープナー」など、ユニークな物も展示されている。

昭和40年代のレトログッズを販売する「昭和レトロショップ すずらん堂」では、1970年台のアルミ製弁当箱やクラウン卓上ガスライターなどが人気で、おまるまである。神奈川・川崎市の主婦・山内さんもレトログッズにハマっている。

東京・墨田区のレトロエンタープライズは、日本で唯一ブラウン管のテレビを再現して販売している。外観を残して部品を付け替え、地デジをアナログに変換し、視聴可能にしている。

東京・世田谷区の三栄製薬では「赤チン」と呼ばれるマーキュロクロム液を創業から作り続けている。製造方法はほとんど昔から変わらず、手作業で作業している。現在では売り上げは減少しているが、根強いファンの存在によって製造が続けられている。


松下電器製作所

昭和39年、東海道新幹線が開業し、45年には大阪万博が開催された。そうした昭和の時代に作られた家電などの商品に再び脚光が集まっている。東京・巣鴨の人は使い方がわかったが、お台場の子どもにはわからなかった「黒電話」だが、大阪・北区の大阪くらしの今昔館では昭和30年代のレトロ家電を集めた展示会が好評を得ている。そこには日立が手がけたインスタントラーメン専用の「ラーメンなべ」や東芝の「乾電池消しゴム」、松下の「カンオープナー」など、ユニークな物も展示されている。

昭和40年代のレトログッズを販売する「昭和レトロショップ すずらん堂」では、1970年台のアルミ製弁当箱やクラウン卓上ガスライターなどが人気で、おまるまである。神奈川・川崎市の主婦・山内さんもレトログッズにハマっている。

東京・墨田区のレトロエンタープライズは、日本で唯一ブラウン管のテレビを再現して販売している。外観を残して部品を付け替え、地デジをアナログに変換し、視聴可能にしている。

東京・世田谷区の三栄製薬では「赤チン」と呼ばれるマーキュロクロム液を創業から作り続けている。製造方法はほとんど昔から変わらず、手作業で作業している。現在では売り上げは減少しているが、根強いファンの存在によって製造が続けられている。


早川電気工業

昭和39年、東海道新幹線が開業し、45年には大阪万博が開催された。そうした昭和の時代に作られた家電などの商品に再び脚光が集まっている。東京・巣鴨の人は使い方がわかったが、お台場の子どもにはわからなかった「黒電話」だが、大阪・北区の大阪くらしの今昔館では昭和30年代のレトロ家電を集めた展示会が好評を得ている。そこには日立が手がけたインスタントラーメン専用の「ラーメンなべ」や東芝の「乾電池消しゴム」、松下の「カンオープナー」など、ユニークな物も展示されている。

昭和40年代のレトログッズを販売する「昭和レトロショップ すずらん堂」では、1970年台のアルミ製弁当箱やクラウン卓上ガスライターなどが人気で、おまるまである。神奈川・川崎市の主婦・山内さんもレトログッズにハマっている。

東京・墨田区のレトロエンタープライズは、日本で唯一ブラウン管のテレビを再現して販売している。外観を残して部品を付け替え、地デジをアナログに変換し、視聴可能にしている。

東京・世田谷区の三栄製薬では「赤チン」と呼ばれるマーキュロクロム液を創業から作り続けている。製造方法はほとんど昔から変わらず、手作業で作業している。現在では売り上げは減少しているが、根強いファンの存在によって製造が続けられている。


ラーメンなべ

昭和39年、東海道新幹線が開業し、45年には大阪万博が開催された。そうした昭和の時代に作られた家電などの商品に再び脚光が集まっている。東京・巣鴨の人は使い方がわかったが、お台場の子どもにはわからなかった「黒電話」だが、大阪・北区の大阪くらしの今昔館では昭和30年代のレトロ家電を集めた展示会が好評を得ている。そこには日立が手がけたインスタントラーメン専用の「ラーメンなべ」や東芝の「乾電池消しゴム」、松下の「カンオープナー」など、ユニークな物も展示されている。

昭和40年代のレトログッズを販売する「昭和レトロショップ すずらん堂」では、1970年台のアルミ製弁当箱やクラウン卓上ガスライターなどが人気で、おまるまである。神奈川・川崎市の主婦・山内さんもレトログッズにハマっている。

東京・墨田区のレトロエンタープライズは、日本で唯一ブラウン管のテレビを再現して販売している。外観を残して部品を付け替え、地デジをアナログに変換し、視聴可能にしている。

東京・世田谷区の三栄製薬では「赤チン」と呼ばれるマーキュロクロム液を創業から作り続けている。製造方法はほとんど昔から変わらず、手作業で作業している。現在では売り上げは減少しているが、根強いファンの存在によって製造が続けられている。


乾電池消しゴム

昭和39年、東海道新幹線が開業し、45年には大阪万博が開催された。そうした昭和の時代に作られた家電などの商品に再び脚光が集まっている。東京・巣鴨の人は使い方がわかったが、お台場の子どもにはわからなかった「黒電話」だが、大阪・北区の大阪くらしの今昔館では昭和30年代のレトロ家電を集めた展示会が好評を得ている。そこには日立が手がけたインスタントラーメン専用の「ラーメンなべ」や東芝の「乾電池消しゴム」、松下の「カンオープナー」など、ユニークな物も展示されている。

昭和40年代のレトログッズを販売する「昭和レトロショップ すずらん堂」では、1970年台のアルミ製弁当箱やクラウン卓上ガスライターなどが人気で、おまるまである。神奈川・川崎市の主婦・山内さんもレトログッズにハマっている。

東京・墨田区のレトロエンタープライズは、日本で唯一ブラウン管のテレビを再現して販売している。外観を残して部品を付け替え、地デジをアナログに変換し、視聴可能にしている。

東京・世田谷区の三栄製薬では「赤チン」と呼ばれるマーキュロクロム液を創業から作り続けている。製造方法はほとんど昔から変わらず、手作業で作業している。現在では売り上げは減少しているが、根強いファンの存在によって製造が続けられている。


「スーパーニュース」で紹介されたグルメ情報

カンオープナー

昭和39年、東海道新幹線が開業し、45年には大阪万博が開催された。そうした昭和の時代に作られた家電などの商品に再び脚光が集まっている。東京・巣鴨の人は使い方がわかったが、お台場の子どもにはわからなかった「黒電話」だが、大阪・北区の大阪くらしの今昔館では昭和30年代のレトロ家電を集めた展示会が好評を得ている。そこには日立が手がけたインスタントラーメン専用の「ラーメンなべ」や東芝の「乾電池消しゴム」、松下の「カンオープナー」など、ユニークな物も展示されている。

昭和40年代のレトログッズを販売する「昭和レトロショップ すずらん堂」では、1970年台のアルミ製弁当箱やクラウン卓上ガスライターなどが人気で、おまるまである。神奈川・川崎市の主婦・山内さんもレトログッズにハマっている。

東京・墨田区のレトロエンタープライズは、日本で唯一ブラウン管のテレビを再現して販売している。外観を残して部品を付け替え、地デジをアナログに変換し、視聴可能にしている。

東京・世田谷区の三栄製薬では「赤チン」と呼ばれるマーキュロクロム液を創業から作り続けている。製造方法はほとんど昔から変わらず、手作業で作業している。現在では売り上げは減少しているが、根強いファンの存在によって製造が続けられている。


ウォーキング式トースター

昭和39年、東海道新幹線が開業し、45年には大阪万博が開催された。そうした昭和の時代に作られた家電などの商品に再び脚光が集まっている。東京・巣鴨の人は使い方がわかったが、お台場の子どもにはわからなかった「黒電話」だが、大阪・北区の大阪くらしの今昔館では昭和30年代のレトロ家電を集めた展示会が好評を得ている。そこには日立が手がけたインスタントラーメン専用の「ラーメンなべ」や東芝の「乾電池消しゴム」、松下の「カンオープナー」など、ユニークな物も展示されている。

昭和40年代のレトログッズを販売する「昭和レトロショップ すずらん堂」では、1970年台のアルミ製弁当箱やクラウン卓上ガスライターなどが人気で、おまるまである。神奈川・川崎市の主婦・山内さんもレトログッズにハマっている。

東京・墨田区のレトロエンタープライズは、日本で唯一ブラウン管のテレビを再現して販売している。外観を残して部品を付け替え、地デジをアナログに変換し、視聴可能にしている。

東京・世田谷区の三栄製薬では「赤チン」と呼ばれるマーキュロクロム液を創業から作り続けている。製造方法はほとんど昔から変わらず、手作業で作業している。現在では売り上げは減少しているが、根強いファンの存在によって製造が続けられている。


スナック3

昭和39年、東海道新幹線が開業し、45年には大阪万博が開催された。そうした昭和の時代に作られた家電などの商品に再び脚光が集まっている。東京・巣鴨の人は使い方がわかったが、お台場の子どもにはわからなかった「黒電話」だが、大阪・北区の大阪くらしの今昔館では昭和30年代のレトロ家電を集めた展示会が好評を得ている。そこには日立が手がけたインスタントラーメン専用の「ラーメンなべ」や東芝の「乾電池消しゴム」、松下の「カンオープナー」など、ユニークな物も展示されている。

昭和40年代のレトログッズを販売する「昭和レトロショップ すずらん堂」では、1970年台のアルミ製弁当箱やクラウン卓上ガスライターなどが人気で、おまるまである。神奈川・川崎市の主婦・山内さんもレトログッズにハマっている。

東京・墨田区のレトロエンタープライズは、日本で唯一ブラウン管のテレビを再現して販売している。外観を残して部品を付け替え、地デジをアナログに変換し、視聴可能にしている。

東京・世田谷区の三栄製薬では「赤チン」と呼ばれるマーキュロクロム液を創業から作り続けている。製造方法はほとんど昔から変わらず、手作業で作業している。現在では売り上げは減少しているが、根強いファンの存在によって製造が続けられている。


クイッキー

昭和39年、東海道新幹線が開業し、45年には大阪万博が開催された。そうした昭和の時代に作られた家電などの商品に再び脚光が集まっている。東京・巣鴨の人は使い方がわかったが、お台場の子どもにはわからなかった「黒電話」だが、大阪・北区の大阪くらしの今昔館では昭和30年代のレトロ家電を集めた展示会が好評を得ている。そこには日立が手がけたインスタントラーメン専用の「ラーメンなべ」や東芝の「乾電池消しゴム」、松下の「カンオープナー」など、ユニークな物も展示されている。

昭和40年代のレトログッズを販売する「昭和レトロショップ すずらん堂」では、1970年台のアルミ製弁当箱やクラウン卓上ガスライターなどが人気で、おまるまである。神奈川・川崎市の主婦・山内さんもレトログッズにハマっている。

東京・墨田区のレトロエンタープライズは、日本で唯一ブラウン管のテレビを再現して販売している。外観を残して部品を付け替え、地デジをアナログに変換し、視聴可能にしている。

東京・世田谷区の三栄製薬では「赤チン」と呼ばれるマーキュロクロム液を創業から作り続けている。製造方法はほとんど昔から変わらず、手作業で作業している。現在では売り上げは減少しているが、根強いファンの存在によって製造が続けられている。


昭和レトロショップ すずらん堂

昭和39年、東海道新幹線が開業し、45年には大阪万博が開催された。そうした昭和の時代に作られた家電などの商品に再び脚光が集まっている。東京・巣鴨の人は使い方がわかったが、お台場の子どもにはわからなかった「黒電話」だが、大阪・北区の大阪くらしの今昔館では昭和30年代のレトロ家電を集めた展示会が好評を得ている。そこには日立が手がけたインスタントラーメン専用の「ラーメンなべ」や東芝の「乾電池消しゴム」、松下の「カンオープナー」など、ユニークな物も展示されている。

昭和40年代のレトログッズを販売する「昭和レトロショップ すずらん堂」では、1970年台のアルミ製弁当箱やクラウン卓上ガスライターなどが人気で、おまるまである。神奈川・川崎市の主婦・山内さんもレトログッズにハマっている。

東京・墨田区のレトロエンタープライズは、日本で唯一ブラウン管のテレビを再現して販売している。外観を残して部品を付け替え、地デジをアナログに変換し、視聴可能にしている。

東京・世田谷区の三栄製薬では「赤チン」と呼ばれるマーキュロクロム液を創業から作り続けている。製造方法はほとんど昔から変わらず、手作業で作業している。現在では売り上げは減少しているが、根強いファンの存在によって製造が続けられている。


レトロエンタープライズ

昭和39年、東海道新幹線が開業し、45年には大阪万博が開催された。そうした昭和の時代に作られた家電などの商品に再び脚光が集まっている。東京・巣鴨の人は使い方がわかったが、お台場の子どもにはわからなかった「黒電話」だが、大阪・北区の大阪くらしの今昔館では昭和30年代のレトロ家電を集めた展示会が好評を得ている。そこには日立が手がけたインスタントラーメン専用の「ラーメンなべ」や東芝の「乾電池消しゴム」、松下の「カンオープナー」など、ユニークな物も展示されている。

昭和40年代のレトログッズを販売する「昭和レトロショップ すずらん堂」では、1970年台のアルミ製弁当箱やクラウン卓上ガスライターなどが人気で、おまるまである。神奈川・川崎市の主婦・山内さんもレトログッズにハマっている。

東京・墨田区のレトロエンタープライズは、日本で唯一ブラウン管のテレビを再現して販売している。外観を残して部品を付け替え、地デジをアナログに変換し、視聴可能にしている。

東京・世田谷区の三栄製薬では「赤チン」と呼ばれるマーキュロクロム液を創業から作り続けている。製造方法はほとんど昔から変わらず、手作業で作業している。現在では売り上げは減少しているが、根強いファンの存在によって製造が続けられている。


三栄製薬

昭和39年、東海道新幹線が開業し、45年には大阪万博が開催された。そうした昭和の時代に作られた家電などの商品に再び脚光が集まっている。東京・巣鴨の人は使い方がわかったが、お台場の子どもにはわからなかった「黒電話」だが、大阪・北区の大阪くらしの今昔館では昭和30年代のレトロ家電を集めた展示会が好評を得ている。そこには日立が手がけたインスタントラーメン専用の「ラーメンなべ」や東芝の「乾電池消しゴム」、松下の「カンオープナー」など、ユニークな物も展示されている。

昭和40年代のレトログッズを販売する「昭和レトロショップ すずらん堂」では、1970年台のアルミ製弁当箱やクラウン卓上ガスライターなどが人気で、おまるまである。神奈川・川崎市の主婦・山内さんもレトログッズにハマっている。

東京・墨田区のレトロエンタープライズは、日本で唯一ブラウン管のテレビを再現して販売している。外観を残して部品を付け替え、地デジをアナログに変換し、視聴可能にしている。

東京・世田谷区の三栄製薬では「赤チン」と呼ばれるマーキュロクロム液を創業から作り続けている。製造方法はほとんど昔から変わらず、手作業で作業している。現在では売り上げは減少しているが、根強いファンの存在によって製造が続けられている。


マーキュロクロム液

昭和39年、東海道新幹線が開業し、45年には大阪万博が開催された。そうした昭和の時代に作られた家電などの商品に再び脚光が集まっている。東京・巣鴨の人は使い方がわかったが、お台場の子どもにはわからなかった「黒電話」だが、大阪・北区の大阪くらしの今昔館では昭和30年代のレトロ家電を集めた展示会が好評を得ている。そこには日立が手がけたインスタントラーメン専用の「ラーメンなべ」や東芝の「乾電池消しゴム」、松下の「カンオープナー」など、ユニークな物も展示されている。

昭和40年代のレトログッズを販売する「昭和レトロショップ すずらん堂」では、1970年台のアルミ製弁当箱やクラウン卓上ガスライターなどが人気で、おまるまである。神奈川・川崎市の主婦・山内さんもレトログッズにハマっている。

東京・墨田区のレトロエンタープライズは、日本で唯一ブラウン管のテレビを再現して販売している。外観を残して部品を付け替え、地デジをアナログに変換し、視聴可能にしている。

東京・世田谷区の三栄製薬では「赤チン」と呼ばれるマーキュロクロム液を創業から作り続けている。製造方法はほとんど昔から変わらず、手作業で作業している。現在では売り上げは減少しているが、根強いファンの存在によって製造が続けられている。


「スーパーニュース」で紹介された音楽・CD

雨の大阪

埼玉・東松山市でレトロな生活を送る夫婦を取材。夫の平山雄さんは「雨の大阪」などを歌うミュージシャンのリーダーで、昭和40年代に建てられた一軒家に住んでいる。家では昭和30〜40年代の家電を使用しており、東芝のゆで卵器などを紹介した。

2人は昭和のレコードを聴くのが好きだそうで、歌手の「伊勢佐木町ブルース」などが流れた。また車は三菱のデボネアで、竹下佳奈も試乗させてもらった。


東芝

埼玉・東松山市でレトロな生活を送る夫婦を取材。夫の平山雄さんは「雨の大阪」などを歌うミュージシャンのリーダーで、昭和40年代に建てられた一軒家に住んでいる。家では昭和30〜40年代の家電を使用しており、東芝のゆで卵器などを紹介した。

2人は昭和のレコードを聴くのが好きだそうで、歌手の「伊勢佐木町ブルース」などが流れた。また車は三菱のデボネアで、竹下佳奈も試乗させてもらった。


「スーパーニュース」で紹介された音楽・CD

埼玉・東松山市でレトロな生活を送る夫婦を取材。夫の平山雄さんは「雨の大阪」などを歌うミュージシャンのリーダーで、昭和40年代に建てられた一軒家に住んでいる。家では昭和30〜40年代の家電を使用しており、東芝のゆで卵器などを紹介した。

2人は昭和のレコードを聴くのが好きだそうで、歌手の「伊勢佐木町ブルース」などが流れた。また車は三菱のデボネアで、竹下佳奈も試乗させてもらった。

「恍惚のブルース」

Amazon.co.jp


三菱自動車工業

埼玉・東松山市でレトロな生活を送る夫婦を取材。夫の平山雄さんは「雨の大阪」などを歌うミュージシャンのリーダーで、昭和40年代に建てられた一軒家に住んでいる。家では昭和30〜40年代の家電を使用しており、東芝のゆで卵器などを紹介した。

2人は昭和のレコードを聴くのが好きだそうで、歌手の「伊勢佐木町ブルース」などが流れた。また車は三菱のデボネアで、竹下佳奈も試乗させてもらった。


デボネア

埼玉・東松山市でレトロな生活を送る夫婦を取材。夫の平山雄さんは「雨の大阪」などを歌うミュージシャンのリーダーで、昭和40年代に建てられた一軒家に住んでいる。家では昭和30〜40年代の家電を使用しており、東芝のゆで卵器などを紹介した。

2人は昭和のレコードを聴くのが好きだそうで、歌手の「伊勢佐木町ブルース」などが流れた。また車は三菱のデボネアで、竹下佳奈も試乗させてもらった。


(ニュース)

(ニュース)

(ニュース)

(天気予報)

(ニュース)

(番組宣伝)

「スーパーニュース」2013年2月21日(木)放送内容「スーパーニュース」2013年2月25日(月)放送内容