テレビ紹介情報

「テレビ寺子屋」で紹介された情報

「テレビ寺子屋」で紹介されたすべての情報 ( 193 / 193 ページ )

菊川文化会館アエル

静岡県菊川市にある菊川文化会館アエルにて僧侶・アナウンサーである川村妙慶が「幸せになる生き方」をテーマに講演。川村は最初に来場者に幸せであるかどうか伺い、その後、自死した70代の男性のエピソードを紹介し、男性の遺書に「私が生きられないのは」と何度も綴られていたことについて、仏様の知恵を意味する「智慧」が男性にあったなら生きることが出来たのではないかと思っているなどと語った。川村は人には「煩悩」が必ずあり、その仕組の一つである「慢の心」というものは、自分を中心に比較することであり、幸せを感じる心というものは、自分自身で作り上げている心でもあるなどと説いた。

静岡県菊川市にある菊川文化会館アエルにて講演を終えた僧侶・アナウンサーである川村妙慶は一人一人の幸せは感じ方の違いであり、その受け止め方も時の流れで変わっていくもので、その都度、自分で体感することが大切などと語った。


「テレビ寺子屋」で紹介された本・コミック・雑誌

静岡県菊川市にある菊川文化会館アエルにて僧侶・アナウンサーである川村妙慶が講演。川村は僧侶とアナウンサーは心を伝えることで共通しているなどと語った。川村の著書「いのち輝く365日(国書刊行会)」では仏教の教えを川村なりの受け止め方で表現していると紹介し、辛い日があっても私達は言葉で生き返ることができるなどと説いた。そして川村は今回「幸せになる生き方」をテーマに講演すると発表した。

「いのち輝く365日」

Amazon.co.jp


国書刊行会

静岡県菊川市にある菊川文化会館アエルにて僧侶・アナウンサーである川村妙慶が講演。川村は僧侶とアナウンサーは心を伝えることで共通しているなどと語った。川村の著書「いのち輝く365日(国書刊行会)」では仏教の教えを川村なりの受け止め方で表現していると紹介し、辛い日があっても私達は言葉で生き返ることができるなどと説いた。そして川村は今回「幸せになる生き方」をテーマに講演すると発表した。


菊川文化会館アエル

静岡県菊川市にある菊川文化会館アエルにて僧侶・アナウンサーである川村妙慶が講演。川村は僧侶とアナウンサーは心を伝えることで共通しているなどと語った。川村の著書「いのち輝く365日(国書刊行会)」では仏教の教えを川村なりの受け止め方で表現していると紹介し、辛い日があっても私達は言葉で生き返ることができるなどと説いた。そして川村は今回「幸せになる生き方」をテーマに講演すると発表した。


テレビ寺子屋


滝宮小学校

竹下は給食が日本で誕生し、知識がなくても給食を食べていれば栄養バランスが良い状態で育つが、高校に進学し給食がなくなると、子どもたちはちゃんとしたものを自分で選んで食べる習慣がなく、食事から心身のバランスが崩れる現象が顕著に現れるようになったなどと前置きした。竹下は2001年に香川県の滝宮小学校にて献立・買い出し・調理・弁当詰め・片付け全てを子供だけにやらせる「弁当の日」を設け、親たちの反対を無視し、見切り発車で実施し、回を重ねるごとに子どもたちは一品しか調理できなった殆どの子が、最終的には弁当の全てを調理するまでに成長し、そうした子どもたちが大人になり、楽しんで自分の子供たちに弁当を毎日作っているのだと告げた。


裾野市生涯学習センター

静岡県裾野市にある裾野市生涯学習センターにて子どもが作る“弁当の日”提唱者である竹下和男が「食べ物がつなぐ 家族のきずな」をテーマに講演。竹下は子供時代貧しい家庭に育ち、食事では何が食べたいか聞かれたことはなく、家庭で栽培していたナスが主食で、年に数回あった法事の際に両親が食べずに持ち帰ってくる弁当がごちそうであったなどと語った。また竹下は大人になるとお腹が空かず、自分も大人になったときには親がしてくれたように子どもたちが食べている様子を食べずに見ると思っていたが、中学の頃に大人でもお腹が空くのだと気付き、両親に頭が上がらなくなったなどと打ち明けた。竹下は常に満たされた環境で育つより、常に足りない状態だからこそ成長につながるなどと前置きした。

静岡県裾野市にある裾野市生涯学習センターにて講演を終えた竹下は、人間は約2万年も前から母乳語も食事を通して家族の絆を深めていく力を身につけ、だからこそ地球上に繁殖することができたなどと語った。


「テレビ寺子屋」で紹介された本・コミック・雑誌

「100年未来の家族へ』 ぼくらがつくる“弁当の日”5.7.5

静岡県裾野市にある裾野市生涯学習センターにて子どもが作る“弁当の日”提唱者である竹下和男が講演。竹下は小学校の校長を務めていた時に、「弁当の日」を提唱し、弁当の日では子どもたちが自分たちで弁当を作り、給食を作る背景を学ぶことで給食のありがたみを感じる子どもに育ってもらうたいなどと語った。竹下の著書『「100年未来の家族へ』 ぼくらがつくる“弁当の日”5.7.5(自然食通信社)」では文字をなるべく使用せず、5.7.5の川柳と写真を用いて、「子育ては大変」「子育ては楽しい」を伝えるために筆を執ったなどと語り著書の一部を紹介した。また竹下は今回「食べ物がつなぐ 家族のきずな」をテーマに講演すると説明した。


自然食通信社

静岡県裾野市にある裾野市生涯学習センターにて子どもが作る“弁当の日”提唱者である竹下和男が講演。竹下は小学校の校長を務めていた時に、「弁当の日」を提唱し、弁当の日では子どもたちが自分たちで弁当を作り、給食を作る背景を学ぶことで給食のありがたみを感じる子どもに育ってもらうたいなどと語った。竹下の著書『「100年未来の家族へ』 ぼくらがつくる“弁当の日”5.7.5(自然食通信社)」では文字をなるべく使用せず、5.7.5の川柳と写真を用いて、「子育ては大変」「子育ては楽しい」を伝えるために筆を執ったなどと語り著書の一部を紹介した。また竹下は今回「食べ物がつなぐ 家族のきずな」をテーマに講演すると説明した。


2020年06月 2020年07月 
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
  • 「テレビ寺子屋」で紹介されたすべての情報
  • 「テレビ寺子屋」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「テレビ寺子屋」で紹介された音楽・CD
  • 「テレビ寺子屋」で紹介された映画・DVD
  • 「テレビ寺子屋」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「テレビ寺子屋」で紹介されたグルメ情報
  • 「テレビ寺子屋」で紹介された料理レシピ
  • 「テレビ寺子屋」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「テレビ寺子屋」で紹介された観光・地域情報
  • 「テレビ寺子屋」で紹介されたイベント情報
  • 「テレビ寺子屋」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する