テレビ紹介情報

「ザ・ノンフィクション」で紹介された情報

「ザ・ノンフィクション」で紹介された観光・地域情報 ( 10 / 10 ページ )

「ザ・ノンフィクション」で紹介されたホテル・温泉旅館「ザ・ノンフィクション」で紹介された観光・地域情報

オリエンタルホテル東京ベイ

ジョンさんの誕生日、マキさんのプレゼントは毎年恒例の占いの本だった。本番の場所は千葉にあるホテルだった。マキさん以外のゲストもきており、マキさんと大の仲良しであるマリ子さん、ステファニーさんとも共演する。本番が近づくにつれ、ジョンさんは緊張しており、リハーサルではあれだけ練習していた歌の歌詞が出てこない場面がみられた。


「ザ・ノンフィクション」で紹介されたホテル・温泉旅館「ザ・ノンフィクション」で紹介された観光・地域情報

民宿 栄丸

民宿で掃除のアルバイトを始めた千里さん。島で生活するために必死だった。生理不順や排卵がなく、札幌の産婦人科にみてもらいたいところだったが、イベントから外れることはできず、イベントの行われる港へ足を運んでいた。はぼろ甘エビまつりではタコの焼き飯のウニソースの販売を行っていた。評判は上々で、完売する勢いだった。


「ザ・ノンフィクション」で紹介されたホテル・温泉旅館「ザ・ノンフィクション」で紹介された観光・地域情報

ホテル フリーゲート白浜 

夏休みに健人君は、色んな仕事を体験する合宿に参加した。しかし、健人君は、仕事そっちのけで遊び始めた。さらに休憩時間には、お客さんが行き交うテーブルでのんびりしていた。さらに注意された直後にも健人君はソファーで一休みしており、山本さんは注意をした。


「ザ・ノンフィクション」で紹介されたホテル・温泉旅館「ザ・ノンフィクション」で紹介された観光・地域情報

ホテル フリーゲート白浜 

夏休みに健人君は、色んな仕事を体験する合宿に参加した。最初は真面目にやっていたが、心配していた出来事が起きてしまった。


「ザ・ノンフィクション」で紹介されたホテル・温泉旅館「ザ・ノンフィクション」で紹介された観光・地域情報

多田屋

2017年秋。多田屋は玄関の増築や健太郎さんが行った様々なリニューアルで、雄大な景色を見ながら食事をしたりバーが新装されていた。健太郎さんは従業員が見せ場だと思える宿にしたいと話す。また弥生さんは健太郎さんが造った打狗ングを活かすため現場で鬼となって若い従業員を指導。弥生さんは「いい意味で歳を重ねた。この10年やれることはやった。ただ今後どうしていくかということはまた違う悩みが出てくる」と笑いながら話した。


「ザ・ノンフィクション」で紹介されたホテル・温泉旅館「ザ・ノンフィクション」で紹介された観光・地域情報

多田屋

2015年3月、北陸新幹線が開通した。多田屋は関東からの客で賑わうようになった。そして、9月、社長交代の手続きが行われた。弥生さんは二人目の子ども・孝太郎を授かっていた。


「ザ・ノンフィクション」で紹介されたホテル・温泉旅館「ザ・ノンフィクション」で紹介された観光・地域情報

多田屋

2009年1月。弥生さんが多田屋に嫁いでから3年が経った。弥生さんはすっかり仕事に慣れた様子だった。しかし、弥生さんは世継ぎが中々生まれないことにプレッシャーを感じていた。そして、この頃、多田屋を取り巻く経営状況は厳しさがましていた。リーマンショックのせいで観光客が来なくなったのである。和倉温泉の老舗旅館も倒産するほどだった。多田屋も創業以来の経営危機。リニューアルで多額の借金を抱えたたために銀行も度々催促にきていた。弥生さんも体外受精に最後の望みをかけた。

2009年夏。経営危機を迎え社長である多田邦彦さんはすっかり弱気になっていた。多田健太郎さんは弱気の父親に対し、従業員に対しハッパをかけて欲しいと訴えた。しかし、銀行からは世代交代を押す声が大きくなっていた。そんな中、弥生さんが妊娠した。本来なら跡継ぎだ出来る事に喜ぶべきだが、社長の元気はない。経営コンサルタントからも世代交代をするべきとの声があがっていたからである。


「ザ・ノンフィクション」で紹介されたホテル・温泉旅館「ザ・ノンフィクション」で紹介された観光・地域情報

多田屋

お盆には先祖の墓参りが欠かせない。多田家は鍋島藩ゆかりの家柄で格式ある老舗旅館である。友人もいない中、弥生さんの支えは夫の愛だけだった。何度も「東京に帰りたい」と夫に当たっていたという。

弥生さんの一番の心配の種は夫・健太郎さんと社長のことだった。社長は健太郎さんに”多田屋の心得”を作らせようとしていたが、健太郎さんは作れなかった。多田屋は海が見える旅館にするため、和倉の端に移転した。社長は婿養子で多田家に入り経営をしていた。健太郎さんは東京から戻り、広報室長として働いているが、周りはなかなかついてきてくれなかった。そこで、健太郎さんはホームページの製作に取り掛かるなどして、順調に売上を増やしていった。

2007年2月、多田健太郎さんは社長に呼び出され、専務への昇格が決まった。あまり父に褒められた事がない健太郎さんは涙を流した。それを見て、父親の多田邦彦さんも涙を流した。

多田弥生さんも女将デビューに向けて修行も大詰めに入っていた。雪割草が咲いた3月に弥生さんは女将を迎えた。デビューのこの日は女将が部屋の外まで付きそう。噛む事はあったが、なんとか挨拶する事は出来た。次に挨拶する客は弥生さんの両親だった。弥生さんは上手く挨拶する事ができず、泣いてしまった。女将はみんな最初はそうだと慰めた。気を取り直して2回目は上手くいった。


「ザ・ノンフィクション」で紹介されたホテル・温泉旅館「ザ・ノンフィクション」で紹介された観光・地域情報

和倉温泉 多田屋

婚礼の日、弥生さんは最初の行事である花嫁道中の会場に向かった。弥生さんは大学時代に健太郎さんと知り合い、能登の地へ嫁いだ。そして、仏間の入り口にかかった”花嫁のれん”をくぐり抜け、多田家の嫁として迎えられた。


「ザ・ノンフィクション」で紹介されたホテル・温泉旅館「ザ・ノンフィクション」で紹介された観光・地域情報

多田屋

石川県・能登半島には「花嫁のれん」という風習がある。今回の主人公・多田弥生さんは花嫁のれんで2006年4月に旅館「多田屋」へ嫁いだ。嫁ぎ先の多田屋で弥生さんの女将修行が始まった。夫・健太郎さんは父親との確執に悩んでいた。そして、弥生さんの女将デビューの日に信じられないことが起こった。さらに、跡取りとなる子どもが生まれない弥生さんは人工授精に全てを託す。一方、多田屋は経営危機を迎えていた。花嫁のれんをくぐった弥生さんの10年の物語をお送りする。


2019年07月 2019年08月 
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
  • 「ザ・ノンフィクション」で紹介されたすべての情報
  • 「ザ・ノンフィクション」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「ザ・ノンフィクション」で紹介された音楽・CD
  • 「ザ・ノンフィクション」で紹介された映画・DVD
  • 「ザ・ノンフィクション」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「ザ・ノンフィクション」で紹介されたグルメ情報
  • 「ザ・ノンフィクション」で紹介された料理レシピ
  • 「ザ・ノンフィクション」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「ザ・ノンフィクション」で紹介された観光・地域情報
  • 「ザ・ノンフィクション」で紹介されたイベント情報
  • 「ザ・ノンフィクション」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する