テレビ紹介情報

「ザ・ノンフィクション」で紹介された情報

「ザ・ノンフィクション」で紹介された本・コミック・雑誌 ( 7 / 7 ページ )

「ザ・ノンフィクション」で紹介された本・コミック・雑誌

大阪毎日新聞

2006年に神戸新聞で王女の妹らが明らかになった。番組ではブサイナ王女の叔母にあたる大山昌子さんの元へ。昭和10年に神戸にやってきたオマーンの国王のタイムール・アルサイードは、昌子さんの姉である大山清子さんに恋に落ち、結婚。結婚の翌年ブサイナが生まれた。しかし結婚の翌年腎盂炎で死去したため翌年オマーンにブサイナ王女を連れてアルサイードは帰国。その後戻ってこなかったという。


「ザ・ノンフィクション」で紹介された本・コミック・雑誌

めしにしましょう

平日の午後1人料理をする銅蟲さんこの経験が、漫画のアイデアに活かされ、連載を勝ち取ることが出来た。タイトルは、めしにしましょう、この漫画は漫画家のアシスタントが独特のまかない飯を作る実話から生まれた物語だ。銅蟲さん独特の料理が編集者の目に留まり実現した。


「ザ・ノンフィクション」で紹介された本・コミック・雑誌

2015年12月phaさんが練馬から引っ越すと聞いてギークハウスを訪ねた。SNSでphaさんと繋がっている手塚さんが手伝いに来ていた。大家さんの都合で年内に家を明け渡さないといけないが、片付けは半分しかできていないという。かつての住人橋本さんも手伝いに駆けつけていた。ギークハウス最年少の豊井さんは絵を描いていてネット上でオリジナル作品を公開しており、ギークハウスには2年ぐらい暮らしていた。また近所の魚屋さんや八百屋さんなどが好きで関わりを持ってしまうと引っ越しがつらいとコメントした。一方phaさんらはそろそろトラックがくるというのに一向に片付けは進まない。ご飯やお酒を飲み食いしてるだけで手伝いの手塚さんだけが頼りだ。引越し屋が到着したがトラックではなく普通のワゴンで、予想より小さくて呆然とするphaさん。果たして無事引っ越しできるのか。

「ILLUSTRATION 2016」

Amazon.co.jp


「ザ・ノンフィクション」で紹介された本・コミック・雑誌

4年前、phaさんは都内の住宅で仲間と暮らし、好きなことをして過ごしていた。大阪生まれで京都大学を卒業、一般企業に就職するも28歳で辞め、以来定職につかずにいる。phaさんは上京し、インターネットで知り合ったパソコンやネットに詳しいギークという人たちと暮らしギークハウスを始めた。ニートとしての思いをブログに綴ると人気を集め、日本一有名なニートとなった。練馬のギークハウスの住人は5人、猫が2匹。phaさんの考えに賛同した大家さんが、一軒家を格安で貸してくれたという。ネットを通じて知り合った仲間とパーティーを開くなど、豊かな生活を送る。料理は、ネットで料理ブログを発表している小林さんが調理する。ここに来る人々は口を揃えて、寂しいからだという。Twitterを通じて知り合ったロージーさんは、お金がないから助けてと書いたことがキッカケだといい、phaさんからお金を振り込んでくれたという。phaさんは、インターネットは無料で提供する文化があるといい、それ自体が楽しいことだという。自分で稼いで自分で使うだけでは、広がりがないため面白くないという。

「ニートの歩き方 ――お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法」

Amazon.co.jp


「ザ・ノンフィクション」で紹介された本・コミック・雑誌

ミシュラン

軽井沢に店を構える以前に小林さんは東京・中目黒にリストランテを構えていた。その後厨房を任されていた弟子たちがカジュアルなトラットリアとして営業を続けてきた。サービスされるのはイタリアで修行してきた小林さんの味で、ミシュランの星も獲得。しかし小林さんは銀座に出店のためここも閉じることに決めた。「俺と一緒に銀座に行くか離れていくか?」スタッフたちは決断を迫られていた。スタッフ誰もが前向きではなかった。結局スタッフ4人全員が小林さんに着いていくことになった。


「ザ・ノンフィクション」で紹介された本・コミック・雑誌

視聴者プレゼント・大切なのは「つまずき 寄り道 回り道」を10名様にプレゼント。

「大切なのは「つまずき 寄り道 回り道」: 小さな塾「フジゼミ」塾長と生徒たちの昨日、今日、明日」

Amazon.co.jp


「ザ・ノンフィクション」で紹介された本・コミック・雑誌

大切なのは「つまずき 寄り道 回り道」

フジゼミの藤岡克義著「大切なのは「つまずき寄り道回り道」」を10名様にプレゼント。応募方法を紹介した。


「ザ・ノンフィクション」で紹介された本・コミック・雑誌

この委員会に初めて参加した田中康次郎さん(47歳)は、警備会社に勤めている。3人の子を持つシングルファーザーだ。3年前に妻をなくした。享年38歳。家族にとって太陽のような存在だった。田中康次郎さんは自暴自棄になっていた。しかし、大島涼花さんに救われたという。田中康次郎さんは「ヘタしたら死んでた。当時なかなか当たらなかったAKBのコンサートに連れて行かれた。すごく良かった」と語った。そして秋葉原の劇場に足を運び、大島涼花さんを応援するようになったという。娘さんと二人でグッズを作って応援する。コンサートのとき以来の1か月後の握手会で大島涼花さんに田中康次郎さんは「覚えてるよ」と言われた。田中康次郎さんと娘のあかりさんは感激した。そしてファンになった。あかりさんは「優しくて可愛いところが好き」と大島涼花さんをすきな理由を語った。「AKB48総選挙公式ガイドブック2016」の大島涼花さんのページには「ラストチャンス」と記してあった。

bayfm ON+1の収録中の宮崎美穂さん(22歳)が紹介された。あだ名はみゃお。ラジオ局スタッフはAKB48総選挙公式ガイドブック2016に16位にランクインするのではという予想が記されており、色めき立った。しかし、宮崎美穂さんは冷静だった。宮崎美穂さんは2009年に初めての出馬でいきなり18位に入った。しかし回を重ねるごとに順位を落とした。去年は2度目の圏外。宮崎美穂さんは「太ってるときに映像を見てこうなりたくないって言い聞かせる」と語った。宮崎美穂さんの選挙対策委員会の対応は遅れていた。選挙まで1か月を切ったこの日が初めての会議だった。伊藤智さん(47歳)はさいたま市で暮らしている。壁や天井にサインや写真を貼っていた。すべて宮崎美穂さんのものだ。伊藤さんは宮崎美穂さんを80位以内に入れたいある理由があった。

「AKB48総選挙公式ガイドブック2016 (講談社 MOOK)」

Amazon.co.jp


「ザ・ノンフィクション」で紹介された本・コミック・雑誌

パパの柿の木

日航機事故から30周年目のこの夏谷口真知子さんが作っていた絵本が完成した。絵を書いたイラストレーターとともに原画展を開いているギャラリーにやってきた。「パパの柿の木」という題面。


「ザ・ノンフィクション」で紹介された本・コミック・雑誌

苦しむ陶山さんを救ったのは天国からの夫の声。カフェ「ウィリング」という喫茶店をオープンし28年この店で生計を立ててきた。

「茜雲」

Amazon.co.jp


2019年07月 2019年08月 
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
  • 「ザ・ノンフィクション」で紹介されたすべての情報
  • 「ザ・ノンフィクション」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「ザ・ノンフィクション」で紹介された音楽・CD
  • 「ザ・ノンフィクション」で紹介された映画・DVD
  • 「ザ・ノンフィクション」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「ザ・ノンフィクション」で紹介されたグルメ情報
  • 「ザ・ノンフィクション」で紹介された料理レシピ
  • 「ザ・ノンフィクション」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「ザ・ノンフィクション」で紹介された観光・地域情報
  • 「ザ・ノンフィクション」で紹介されたイベント情報
  • 「ザ・ノンフィクション」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する