テレビ紹介情報

「ザ・ノンフィクション」で紹介された情報

「ザ・ノンフィクション」で紹介された映画・DVD ( 6 / 6 ページ )

「ザ・ノンフィクション」で紹介された映画・DVD

ストリップの舞台を降板したことで、ますます杏里さんへの風当たりが強まっていた。2018年9月には彼女が自殺を図ったとの連絡が。遺書も書いていたという。その後YouTubeで自身の芸能界の時の映像を見て芸能界へ戻りたいという思いが芽生えてきたという。

 (劇場公開日 2014年9月13日)
「ハニー・フラッパーズ」

映画.com

(C)2014 ハニー・フラッパーズ製作委員会


「ザ・ノンフィクション」で紹介された映画・DVD

呪いの赤襦袢

しじみさんは彼にだまって、ピンク映画に出演。初めて幽霊の役に挑戦した。共演の佐倉萌さんはこの世界一筋21年の大ベテラン。しじみさんは佐倉さんに彼氏にピンク映画に出るなと言われるんですけどどうすれば良いですかと質問すると、佐倉さんは別れれば良い、独占欲が強い彼だと無理だなどとアドバイスした。撮影を終えたしじみさんは怖いとか面白いとか言われるのが面白かったなどと語った。


「ザ・ノンフィクション」で紹介された映画・DVD

白衣の妹 無防備なお尻

しじみさんには交際相手がいる。演出家の彼で、カラオケが二人の定番スポットだという。AV女優だったという過去も受けていれてくれたが、現在、ピンク映画に出ているということはまだ告げていないという。彼は今からは脱ぐ仕事とかは無い方がいいと思っていると話した。


「ザ・ノンフィクション」で紹介された映画・DVD

十階のモスキート

内田裕也にとって映画はもう一つの大切な場所となっている。ビートたけしはタイトルの付け方などはすごいと内田裕也について話した。さらに1991年には東京都知事選挙に立候補しており、5位と大健闘していた。


「ザ・ノンフィクション」で紹介された映画・DVD

コミック雑誌なんかいらない

内田裕也にとって映画はもう一つの大切な場所となっている。ビートたけしはタイトルの付け方などはすごいと内田裕也について話した。さらに1991年には東京都知事選挙に立候補しており、5位と大健闘していた。


「ザ・ノンフィクション」で紹介された映画・DVD

監獄ロック

大美野は内田裕也の子供の時に住んでいた場所だという。パン屋が出来た時にこんなうまいもんがあったのかと思ったことを話した。また幼少期の頃を振り返り、ガキの頃はボンボンだったとも話した。さらに中学でエルヴィスに出会い、聞いたときは妙な性的興奮を覚えたと話した。


「ザ・ノンフィクション」で紹介された映画・DVD

十階のモスキート

大美野は内田裕也の子供の時に住んでいた場所だという。パン屋が出来た時にこんなうまいもんがあったのかと思ったことを話した。また幼少期の頃を振り返り、ガキの頃はボンボンだったとも話した。さらに中学でエルヴィスに出会い、聞いたときは妙な性的興奮を覚えたと話した。


「ザ・ノンフィクション」で紹介された映画・DVD

砂漠が広がるアリゾナで清水氏は国境を守る退役軍人ティムさんに会うことになった。国境には高さ4mほどのフェンスがある。しかしフェンスをたどると、途中で途切れていた。その先には丘陵地帯があった。3200kmの3分の1しかフェンスが貼られていないようで、メキシコからの不法移民が後を絶たないようだ。ティムさんはここで不法移民者を見張っている。ここでは麻薬を持ち込んだりするといい、殺人も過去に起きている。国境の壁にはよじ登った痕も見受けられた。昨日の日付の水もあり、持ち主は人権団体の人々だった。ティムさんは、不法移民の大半は麻薬カルテルの連中だと話していた。

「カルテル・ランド[HPXR-79][Blu-ray/ブルーレイ]」

価格.com


「ザ・ノンフィクション」で紹介された映画・DVD

皆月

夢はあっても稼ぎのない夫。もしあなたが奥さんだったらどうするか。今回の主人公は望月六郎さんとその妻・克美さん。結婚して20年、夫の夢を支えるために生きてきた。望月六郎さんといえば、かつて時代の脚光を浴びた映画監督だ。ピンク映画からAV・劇場用の映画にはい上がり、話題作を連発した。1985年にピンク映画「本番ビデオ、剥く」で鮮烈デビューした。「スキンレスナイト」はベルリン国際映画祭などに出品されるなど、数々の受賞作も手がけてきた。克美さんが六郎さんと結婚したのは1998年2月19日で、六郎さんが映画監督として絶頂の時だった。その時は未来は約束されたように見えたが、ところが六郎さんは10年前に突然、東京・浅草で劇団を旗揚げしこれが克美さんの運命を大きく狂わせることになる。公演をするたびに赤字の連続だった。それでも成功を信じて克美さんは介護ヘルパーの仕事でなんとか生活費とつないでいる。親の介護と劇団の運営で克美さんは追いつめられていく。また劇団の看板女優が辞めたいと言い出した。


「ザ・ノンフィクション」で紹介された映画・DVD

鬼火

夢はあっても稼ぎのない夫。もしあなたが奥さんだったらどうするか。今回の主人公は望月六郎さんとその妻・克美さん。結婚して20年、夫の夢を支えるために生きてきた。望月六郎さんといえば、かつて時代の脚光を浴びた映画監督だ。ピンク映画からAV・劇場用の映画にはい上がり、話題作を連発した。1985年にピンク映画「本番ビデオ、剥く」で鮮烈デビューした。「スキンレスナイト」はベルリン国際映画祭などに出品されるなど、数々の受賞作も手がけてきた。克美さんが六郎さんと結婚したのは1998年2月19日で、六郎さんが映画監督として絶頂の時だった。その時は未来は約束されたように見えたが、ところが六郎さんは10年前に突然、東京・浅草で劇団を旗揚げしこれが克美さんの運命を大きく狂わせることになる。公演をするたびに赤字の連続だった。それでも成功を信じて克美さんは介護ヘルパーの仕事でなんとか生活費とつないでいる。親の介護と劇団の運営で克美さんは追いつめられていく。また劇団の看板女優が辞めたいと言い出した。


2019年07月 2019年08月 
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
  • 「ザ・ノンフィクション」で紹介されたすべての情報
  • 「ザ・ノンフィクション」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「ザ・ノンフィクション」で紹介された音楽・CD
  • 「ザ・ノンフィクション」で紹介された映画・DVD
  • 「ザ・ノンフィクション」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「ザ・ノンフィクション」で紹介されたグルメ情報
  • 「ザ・ノンフィクション」で紹介された料理レシピ
  • 「ザ・ノンフィクション」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「ザ・ノンフィクション」で紹介された観光・地域情報
  • 「ザ・ノンフィクション」で紹介されたイベント情報
  • 「ザ・ノンフィクション」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する