テレビ紹介情報

「直撃LIVE グッディ!」で紹介された情報

「直撃LIVE グッディ!」2018年8月30日(木)放送内容「直撃LIVE グッディ!」2018年9月3日(月)放送内容

「直撃LIVE グッディ!」 2018年8月31日(金)放送内容

2018年8月31日(金) 13:45〜15:50 フジテレビ
【レギュラー出演】 安藤優子 , 高橋克実 , 三田友梨佳 , 大村正樹 , 木村太郎 , 土屋礼央(RAG FAIR) , 寺川奈津美 , 倉田大誠 , 木下康太郎
【ゲスト】 小林信也
【声の出演】 池谷幸雄
【その他】 坂上忍 , 宮川紗江

最新ニュース言いたい放題 バイキング×直撃LIVE グッディ!

(オープニング)

(ニュース)

日刊スポーツ

パワハラ告発を受け、全面対決の様相に。18歳・宮川選手は今、何を思う?生中継で直撃する。


CM

(提供)

CM

(ニュース)

日刊スポーツ

昨日、体操・宮川紗江選手が安藤キャスターに語った。日本体操協会・塚原光男副会長と妻・智恵子女子強化本部長からのパワハラ疑惑。その渦中の2人が先程ついに声明文を発表した。「私は決して宮川選手を脅すための発言はしていません」「『オリンピックに出られなくなるわよ』という発言については、確かにそのようにお伝えしたのは事実です。私達が保有している宮川選手との録音内容をお聞きいただければ」など書かれており、音声の存在も明らかにした。これに宮川選手は「さらに怖くなりました」と言った。未来ある18歳の告発に、幹部2人が大反論。この後宮川選手が番組に緊急生出演し、今の心境を聞く。


CM

(ニュース)

日刊スポーツ

渦中の塚原光男氏と妻・千恵子氏の声明文が届いた。さらに声明文の中では音声テープの存在も明らかにした。声明文を見た宮川選手は「戦う姿勢があるから、こっちは証拠があるからそれを見てくれれば証明される内容だったりとか、やっぱり怖いなって思います」と話した。塚原副会長の「全部ウソ」発言を受け、宮川選手は「やっぱり自分のしたことっていうのは、すごく認めてほしい。自分が訴えたことによって何か変わるっていうのを期待して、勇気を出して言ったので、これで何も変わらないっていうのはすごく悲しいなと思います」と明かした。日本体操協会の具志堅副会長は「18歳の少女が嘘をつくとは思えないしね。これは嘘じゃないかというような、そんなことはやっぱり言えないわけですよ」と言い、「協会としては終始宮川紗江さんの立場を守っていこう」と話した。また速見コーチの東京オリンピック参加への可能性を聞かれ「ゼロじゃない。むしろそこに向けて、彼が体罰をしたことあるいは暴力を行使したこと、そのことをしないでコーチをできるんだっていうことを、早く学んでもらいたい。そうするとできるだけ早く我々も通常の手続きで登録してもらいたいという思いでいっぱい」と伝えた。日本体操協会側は「第三者委員会」を立ち上げ、宮川選手や塚原夫妻への聞き取りを行うことを明らかにした。ロンドン五輪代表の田中理恵さんはツイッターで「私もさえのためにも選手たちのためにも協力します、心配で仕方がない」と発言。また朝日生命体操クラブを退部した鶴見虹子さんは「元朝日生命で、元日本代表として全力で宮川さえちゃんを応援したいです」とツイッターに投稿した。今朝7時半ごろ、記者たちから「全部うそ」は変わらないか?と問われた塚原副会長は「その前にも「全部うそ」の意味はちょっと皆さんがとらえるのと違う」と答えた。また会見に関しては「本当はやりたい」と述べた。きょう午後0時30分ごろ、塚原夫妻からマスコミ各社に文書が届いた。声明文の中で塚原千恵子女子強化本部長は、証言の強要はしていないと言い、「今後第三者委員会に提出予定である、私達が保有している宮川選手との録音内容をお聴きいただければ、私が決して高圧的な態度ではないということはお分かりいただけると思っております」と宮川選手の告発に反論した。

さらに今朝一部報道で報じられたのは、塚原千恵子女子強化本部長が宮川選手に対し憤りをあらわに「これでは言ったもん勝ちじゃない、もう黙ってないわよ。悪いことはしていないし、お金を使ってでも勝てるところまでやる」という宣戦布告。スポーツ紙の取材に答えた塚原千恵子女子強化本部長は「説教と時間立たされているのは見た。ナショナルトレーニングセンターでの暴力は大問題になると思ったので、協会に「急いで調査を」と言った」とコメントした。暴力問題があっても速見コーチとやっていきたいとした宮川選手に対し「宗教みたいだ」と言ったことに対しては「暴力はダメとの認識を持たなきゃと。親は知っているの?と聞くと「容認しています」と言う、暴力があるのを家族も認めているのは異常でしょ?「あら〜宗教みたいね」と言った」と話したという。さらに「オリンピックにも出られなくなるわよ」という発言に関して塚原千恵子女子強化本部長は「宮川選手は全日本種目別選手権で、床7位、跳馬7位、彼女は(当落船上の)微妙な状況」と、言葉の切り取りを指摘した。塚原千恵子女子強化本部長による選手の引き抜きについて、池谷幸雄さんは「強い選手とか、ナショナル合宿で参加選手に「朝日生命に来ないか」と誘われるということは、うちの村上茉愛でもあった話し。いろんなところで言われた話しは聞きます」と話し、「普通は基本ご法度ですから、勧誘するっていのは、よそのクラブの選手を引き抜くのは絶対ダメ」と説明した。池谷さんによれば、引き抜きを行っているのは朝日生命体操クラブのみだという。この引き抜き疑惑について塚原千恵子女子強化本部長は「バカな、誰が勧誘するかいな。ナショナルトレーニングセンターが使えないときは、強化選手は朝日生命の体育館が使えるから提案しただけ」と一蹴した。また「速見の100倍は教えられる」発言については「言ってない」と塚原千恵子女子強化本部長は即否定した。塚原千恵子女子強化本部長は1968年メキシコオリンピックに出場し、女子団体で4位入賞。翌年には国内3つの大会を制し、体操の女王と呼ばれた。結婚後は朝日生命体操クラブを夫婦で率いてきた。当時からテレビにも登場するほどの体操一家だった塚原家。息子の直也氏はアテネオリンピックで金メダルに輝いた。塚原千恵子女子強化本部長は北京やロンドンなどのオリンピックで女子代表監督を務めた。2015年からは女子強化本部長に就任した。


スポーツニッポン

渦中の塚原光男氏と妻・千恵子氏の声明文が届いた。さらに声明文の中では音声テープの存在も明らかにした。声明文を見た宮川選手は「戦う姿勢があるから、こっちは証拠があるからそれを見てくれれば証明される内容だったりとか、やっぱり怖いなって思います」と話した。塚原副会長の「全部ウソ」発言を受け、宮川選手は「やっぱり自分のしたことっていうのは、すごく認めてほしい。自分が訴えたことによって何か変わるっていうのを期待して、勇気を出して言ったので、これで何も変わらないっていうのはすごく悲しいなと思います」と明かした。日本体操協会の具志堅副会長は「18歳の少女が嘘をつくとは思えないしね。これは嘘じゃないかというような、そんなことはやっぱり言えないわけですよ」と言い、「協会としては終始宮川紗江さんの立場を守っていこう」と話した。また速見コーチの東京オリンピック参加への可能性を聞かれ「ゼロじゃない。むしろそこに向けて、彼が体罰をしたことあるいは暴力を行使したこと、そのことをしないでコーチをできるんだっていうことを、早く学んでもらいたい。そうするとできるだけ早く我々も通常の手続きで登録してもらいたいという思いでいっぱい」と伝えた。日本体操協会側は「第三者委員会」を立ち上げ、宮川選手や塚原夫妻への聞き取りを行うことを明らかにした。ロンドン五輪代表の田中理恵さんはツイッターで「私もさえのためにも選手たちのためにも協力します、心配で仕方がない」と発言。また朝日生命体操クラブを退部した鶴見虹子さんは「元朝日生命で、元日本代表として全力で宮川さえちゃんを応援したいです」とツイッターに投稿した。今朝7時半ごろ、記者たちから「全部うそ」は変わらないか?と問われた塚原副会長は「その前にも「全部うそ」の意味はちょっと皆さんがとらえるのと違う」と答えた。また会見に関しては「本当はやりたい」と述べた。きょう午後0時30分ごろ、塚原夫妻からマスコミ各社に文書が届いた。声明文の中で塚原千恵子女子強化本部長は、証言の強要はしていないと言い、「今後第三者委員会に提出予定である、私達が保有している宮川選手との録音内容をお聴きいただければ、私が決して高圧的な態度ではないということはお分かりいただけると思っております」と宮川選手の告発に反論した。


サンケイスポーツ

渦中の塚原光男氏と妻・千恵子氏の声明文が届いた。さらに声明文の中では音声テープの存在も明らかにした。声明文を見た宮川選手は「戦う姿勢があるから、こっちは証拠があるからそれを見てくれれば証明される内容だったりとか、やっぱり怖いなって思います」と話した。塚原副会長の「全部ウソ」発言を受け、宮川選手は「やっぱり自分のしたことっていうのは、すごく認めてほしい。自分が訴えたことによって何か変わるっていうのを期待して、勇気を出して言ったので、これで何も変わらないっていうのはすごく悲しいなと思います」と明かした。日本体操協会の具志堅副会長は「18歳の少女が嘘をつくとは思えないしね。これは嘘じゃないかというような、そんなことはやっぱり言えないわけですよ」と言い、「協会としては終始宮川紗江さんの立場を守っていこう」と話した。また速見コーチの東京オリンピック参加への可能性を聞かれ「ゼロじゃない。むしろそこに向けて、彼が体罰をしたことあるいは暴力を行使したこと、そのことをしないでコーチをできるんだっていうことを、早く学んでもらいたい。そうするとできるだけ早く我々も通常の手続きで登録してもらいたいという思いでいっぱい」と伝えた。日本体操協会側は「第三者委員会」を立ち上げ、宮川選手や塚原夫妻への聞き取りを行うことを明らかにした。ロンドン五輪代表の田中理恵さんはツイッターで「私もさえのためにも選手たちのためにも協力します、心配で仕方がない」と発言。また朝日生命体操クラブを退部した鶴見虹子さんは「元朝日生命で、元日本代表として全力で宮川さえちゃんを応援したいです」とツイッターに投稿した。今朝7時半ごろ、記者たちから「全部うそ」は変わらないか?と問われた塚原副会長は「その前にも「全部うそ」の意味はちょっと皆さんがとらえるのと違う」と答えた。また会見に関しては「本当はやりたい」と述べた。きょう午後0時30分ごろ、塚原夫妻からマスコミ各社に文書が届いた。声明文の中で塚原千恵子女子強化本部長は、証言の強要はしていないと言い、「今後第三者委員会に提出予定である、私達が保有している宮川選手との録音内容をお聴きいただければ、私が決して高圧的な態度ではないということはお分かりいただけると思っております」と宮川選手の告発に反論した。


「直撃LIVE グッディ!」で紹介されたイベント情報

東京オリンピック

渦中の塚原光男氏と妻・千恵子氏の声明文が届いた。さらに声明文の中では音声テープの存在も明らかにした。声明文を見た宮川選手は「戦う姿勢があるから、こっちは証拠があるからそれを見てくれれば証明される内容だったりとか、やっぱり怖いなって思います」と話した。塚原副会長の「全部ウソ」発言を受け、宮川選手は「やっぱり自分のしたことっていうのは、すごく認めてほしい。自分が訴えたことによって何か変わるっていうのを期待して、勇気を出して言ったので、これで何も変わらないっていうのはすごく悲しいなと思います」と明かした。日本体操協会の具志堅副会長は「18歳の少女が嘘をつくとは思えないしね。これは嘘じゃないかというような、そんなことはやっぱり言えないわけですよ」と言い、「協会としては終始宮川紗江さんの立場を守っていこう」と話した。また速見コーチの東京オリンピック参加への可能性を聞かれ「ゼロじゃない。むしろそこに向けて、彼が体罰をしたことあるいは暴力を行使したこと、そのことをしないでコーチをできるんだっていうことを、早く学んでもらいたい。そうするとできるだけ早く我々も通常の手続きで登録してもらいたいという思いでいっぱい」と伝えた。日本体操協会側は「第三者委員会」を立ち上げ、宮川選手や塚原夫妻への聞き取りを行うことを明らかにした。ロンドン五輪代表の田中理恵さんはツイッターで「私もさえのためにも選手たちのためにも協力します、心配で仕方がない」と発言。また朝日生命体操クラブを退部した鶴見虹子さんは「元朝日生命で、元日本代表として全力で宮川さえちゃんを応援したいです」とツイッターに投稿した。今朝7時半ごろ、記者たちから「全部うそ」は変わらないか?と問われた塚原副会長は「その前にも「全部うそ」の意味はちょっと皆さんがとらえるのと違う」と答えた。また会見に関しては「本当はやりたい」と述べた。きょう午後0時30分ごろ、塚原夫妻からマスコミ各社に文書が届いた。声明文の中で塚原千恵子女子強化本部長は、証言の強要はしていないと言い、「今後第三者委員会に提出予定である、私達が保有している宮川選手との録音内容をお聴きいただければ、私が決して高圧的な態度ではないということはお分かりいただけると思っております」と宮川選手の告発に反論した。


朝日生命体操クラブ

さらに今朝一部報道で報じられたのは、塚原千恵子女子強化本部長が宮川選手に対し憤りをあらわに「これでは言ったもん勝ちじゃない、もう黙ってないわよ。悪いことはしていないし、お金を使ってでも勝てるところまでやる」という宣戦布告。スポーツ紙の取材に答えた塚原千恵子女子強化本部長は「説教と時間立たされているのは見た。ナショナルトレーニングセンターでの暴力は大問題になると思ったので、協会に「急いで調査を」と言った」とコメントした。暴力問題があっても速見コーチとやっていきたいとした宮川選手に対し「宗教みたいだ」と言ったことに対しては「暴力はダメとの認識を持たなきゃと。親は知っているの?と聞くと「容認しています」と言う、暴力があるのを家族も認めているのは異常でしょ?「あら〜宗教みたいね」と言った」と話したという。さらに「オリンピックにも出られなくなるわよ」という発言に関して塚原千恵子女子強化本部長は「宮川選手は全日本種目別選手権で、床7位、跳馬7位、彼女は(当落船上の)微妙な状況」と、言葉の切り取りを指摘した。塚原千恵子女子強化本部長による選手の引き抜きについて、池谷幸雄さんは「強い選手とか、ナショナル合宿で参加選手に「朝日生命に来ないか」と誘われるということは、うちの村上茉愛でもあった話し。いろんなところで言われた話しは聞きます」と話し、「普通は基本ご法度ですから、勧誘するっていのは、よそのクラブの選手を引き抜くのは絶対ダメ」と説明した。池谷さんによれば、引き抜きを行っているのは朝日生命体操クラブのみだという。この引き抜き疑惑について塚原千恵子女子強化本部長は「バカな、誰が勧誘するかいな。ナショナルトレーニングセンターが使えないときは、強化選手は朝日生命の体育館が使えるから提案しただけ」と一蹴した。また「速見の100倍は教えられる」発言については「言ってない」と塚原千恵子女子強化本部長は即否定した。塚原千恵子女子強化本部長は1968年メキシコオリンピックに出場し、女子団体で4位入賞。翌年には国内3つの大会を制し、体操の女王と呼ばれた。結婚後は朝日生命体操クラブを夫婦で率いてきた。当時からテレビにも登場するほどの体操一家だった塚原家。息子の直也氏はアテネオリンピックで金メダルに輝いた。塚原千恵子女子強化本部長は北京やロンドンなどのオリンピックで女子代表監督を務めた。2015年からは女子強化本部長に就任した。


「直撃LIVE グッディ!」で紹介されたイベント情報

東京五輪

さらに今朝一部報道で報じられたのは、塚原千恵子女子強化本部長が宮川選手に対し憤りをあらわに「これでは言ったもん勝ちじゃない、もう黙ってないわよ。悪いことはしていないし、お金を使ってでも勝てるところまでやる」という宣戦布告。スポーツ紙の取材に答えた塚原千恵子女子強化本部長は「説教と時間立たされているのは見た。ナショナルトレーニングセンターでの暴力は大問題になると思ったので、協会に「急いで調査を」と言った」とコメントした。暴力問題があっても速見コーチとやっていきたいとした宮川選手に対し「宗教みたいだ」と言ったことに対しては「暴力はダメとの認識を持たなきゃと。親は知っているの?と聞くと「容認しています」と言う、暴力があるのを家族も認めているのは異常でしょ?「あら〜宗教みたいね」と言った」と話したという。さらに「オリンピックにも出られなくなるわよ」という発言に関して塚原千恵子女子強化本部長は「宮川選手は全日本種目別選手権で、床7位、跳馬7位、彼女は(当落船上の)微妙な状況」と、言葉の切り取りを指摘した。塚原千恵子女子強化本部長による選手の引き抜きについて、池谷幸雄さんは「強い選手とか、ナショナル合宿で参加選手に「朝日生命に来ないか」と誘われるということは、うちの村上茉愛でもあった話し。いろんなところで言われた話しは聞きます」と話し、「普通は基本ご法度ですから、勧誘するっていのは、よそのクラブの選手を引き抜くのは絶対ダメ」と説明した。池谷さんによれば、引き抜きを行っているのは朝日生命体操クラブのみだという。この引き抜き疑惑について塚原千恵子女子強化本部長は「バカな、誰が勧誘するかいな。ナショナルトレーニングセンターが使えないときは、強化選手は朝日生命の体育館が使えるから提案しただけ」と一蹴した。また「速見の100倍は教えられる」発言については「言ってない」と塚原千恵子女子強化本部長は即否定した。塚原千恵子女子強化本部長は1968年メキシコオリンピックに出場し、女子団体で4位入賞。翌年には国内3つの大会を制し、体操の女王と呼ばれた。結婚後は朝日生命体操クラブを夫婦で率いてきた。当時からテレビにも登場するほどの体操一家だった塚原家。息子の直也氏はアテネオリンピックで金メダルに輝いた。塚原千恵子女子強化本部長は北京やロンドンなどのオリンピックで女子代表監督を務めた。2015年からは女子強化本部長に就任した。


ナショナルトレーニングセンター

さらに今朝一部報道で報じられたのは、塚原千恵子女子強化本部長が宮川選手に対し憤りをあらわに「これでは言ったもん勝ちじゃない、もう黙ってないわよ。悪いことはしていないし、お金を使ってでも勝てるところまでやる」という宣戦布告。スポーツ紙の取材に答えた塚原千恵子女子強化本部長は「説教と時間立たされているのは見た。ナショナルトレーニングセンターでの暴力は大問題になると思ったので、協会に「急いで調査を」と言った」とコメントした。暴力問題があっても速見コーチとやっていきたいとした宮川選手に対し「宗教みたいだ」と言ったことに対しては「暴力はダメとの認識を持たなきゃと。親は知っているの?と聞くと「容認しています」と言う、暴力があるのを家族も認めているのは異常でしょ?「あら〜宗教みたいね」と言った」と話したという。さらに「オリンピックにも出られなくなるわよ」という発言に関して塚原千恵子女子強化本部長は「宮川選手は全日本種目別選手権で、床7位、跳馬7位、彼女は(当落船上の)微妙な状況」と、言葉の切り取りを指摘した。塚原千恵子女子強化本部長による選手の引き抜きについて、池谷幸雄さんは「強い選手とか、ナショナル合宿で参加選手に「朝日生命に来ないか」と誘われるということは、うちの村上茉愛でもあった話し。いろんなところで言われた話しは聞きます」と話し、「普通は基本ご法度ですから、勧誘するっていのは、よそのクラブの選手を引き抜くのは絶対ダメ」と説明した。池谷さんによれば、引き抜きを行っているのは朝日生命体操クラブのみだという。この引き抜き疑惑について塚原千恵子女子強化本部長は「バカな、誰が勧誘するかいな。ナショナルトレーニングセンターが使えないときは、強化選手は朝日生命の体育館が使えるから提案しただけ」と一蹴した。また「速見の100倍は教えられる」発言については「言ってない」と塚原千恵子女子強化本部長は即否定した。塚原千恵子女子強化本部長は1968年メキシコオリンピックに出場し、女子団体で4位入賞。翌年には国内3つの大会を制し、体操の女王と呼ばれた。結婚後は朝日生命体操クラブを夫婦で率いてきた。当時からテレビにも登場するほどの体操一家だった塚原家。息子の直也氏はアテネオリンピックで金メダルに輝いた。塚原千恵子女子強化本部長は北京やロンドンなどのオリンピックで女子代表監督を務めた。2015年からは女子強化本部長に就任した。


CM

(提供)

CM

(ニュース)

「直撃LIVE グッディ!」で紹介されたイベント情報

オリンピック

塚原千恵子氏は、宮川選手の録音を聞いてもらえれば決して高圧的では無かった事が分かってもらえる、と主張しており、電話で母に報告した際に母親はメモに当時の会話内容をメモに残していたとの事。また、「家族もコーチの暴力を認めている」と言った為、思わず「宗教みたい」と発言したことは認めて謝罪しているとの事。宮川選手は「パワハラだとは思いませんでしたが、本部長はそのように思っているんだなと思いました」、「まさかそんな言葉が出てくると思ってませんでした、傍から見ていたら確かにそのように見えるのかもしれませんが、これまで信頼してやって来た、何を言われてもこれからも信頼してやっていきたいと考えています」とコメントした。また”直近の成績が悪くなっている”、”足首に怪我をした”、”このような成績や現状だと五輪に出れないという内容は伝えた”とするFAXの文面に対して宮川紗江選手は「7月1日に言われた覚えはあります、オリンピックに出れないという話はしていません」、「文章がゴチャゴチャにつながっているので、オリンピックに出れなくなるわよというフレーズは本部長も言ったとしていますが、このFAXの内容は間違えていると思います」、「その時は高圧的な態度であったと思います、私が感じるのは問い詰められたように感じたので」、とコメントした。ショックを受けた宮川紗江選手が「合宿しても気持ちがついていかない、帰らせて欲しい」と言った事に対してFAXの文面では”ケガを理由に帰りたがっていた”としていた事について、宮川紗江選手は「ケガを理由にはしていませんが、このまま練習してもケガの原因になるというお話はしました」とコメントした。最後に宮川紗江選手は「合っている部分、認めてもらった部分もありましたが、これは違うと思った部分もありました、明らかにしなければと思いました」、「付き人の方から朝日生命でも練習は出来ると言われた、その時は優しい口調で”あなたを助けてあげる”という形だったので私は優しい口調で勧誘していると感じました、前にもあった事なので」とコメントした。


CM

(ニュース)

NTC

宮川選手は一昨日の会見で、塚原本部長が複数の選手に対し速見コーチの暴力を認めるよう迫ったとしている。それに対し塚原本部長はFAXで「そのような事実は一切ない。これは各コーチに証言してもらえると思うが、選手も含めNTCにおいて速見コーチの暴力や暴言を見たという証言は多い」などと反論している。これについて宮川選手は「実際に何人の人が見たと言っているのかわからないので、これに関しては答えづらい」と話した。塚原本部長は宮川選手の主張を全般的に否定しており、「私が終始高圧的な態度だとあったが、私達が保有している録音内容を聞けば決してそうではないと分かる」としている。しかし、宮川選手の母親が書き留めたやり取りの内容メモの証拠は、真っ向から対立する。


日刊スポーツ

5枚のFAXには若干謝罪も含まれており、塚原夫妻の世間に対する詫びと言い訳、説明が記されているという。今朝の日刊スポーツによると、塚原千恵子氏は激怒しているのかかなり過激な言葉を使用している。例えば宮川選手が会見で「朝日生命に来ればいい、寮も空いていると誘われた」と発言した事に対し、千恵子氏は「バカな!誰が勧誘するかいな」「私は今まで選手を勧誘したことはない」などとしている。また、宮川選手が独自に記者会見を開催したことについても「選手は行動規範の中で、協会を経由し、本部長の許可をもってやる。自重するよう協会が指導していただきたい」などとしている。宮川選手はこのFAXを読んで「今までは否定し、全部嘘だと言っていたのにFAXでは申し訳ないと謝っていることや、証拠としての録音があるという部分、対立する気があると感じたことに怖いと思った」と話した。千恵子氏は日刊スポーツの取材に「悪いことはしていないしお金を使ってでも勝てるところまでやる」と発言しているという。


朝日生命

5枚のFAXには若干謝罪も含まれており、塚原夫妻の世間に対する詫びと言い訳、説明が記されているという。今朝の日刊スポーツによると、塚原千恵子氏は激怒しているのかかなり過激な言葉を使用している。例えば宮川選手が会見で「朝日生命に来ればいい、寮も空いていると誘われた」と発言した事に対し、千恵子氏は「バカな!誰が勧誘するかいな」「私は今まで選手を勧誘したことはない」などとしている。また、宮川選手が独自に記者会見を開催したことについても「選手は行動規範の中で、協会を経由し、本部長の許可をもってやる。自重するよう協会が指導していただきたい」などとしている。宮川選手はこのFAXを読んで「今までは否定し、全部嘘だと言っていたのにFAXでは申し訳ないと謝っていることや、証拠としての録音があるという部分、対立する気があると感じたことに怖いと思った」と話した。千恵子氏は日刊スポーツの取材に「悪いことはしていないしお金を使ってでも勝てるところまでやる」と発言しているという。


CM

(ニュース)

「直撃LIVE グッディ!」で紹介されたイベント情報

東京オリンピック

女子体操のパワハラ問題。宮川選手は自分が訴えたことによって協会の体制が何か変わるっていうのを期待して勇気を出したとコメントしていたが、今回の一連の問題で日本体操協会塚原千恵子女子強化本部長は「悪いことはしていないし、お金を使ってでも勝てる所までやる」と反論している。田中理恵さん、鶴見虹子さんら女子体操の”仲間”からもエールが届いていることについて、宮川選手は「先輩たちに支えられて嬉しい。力になる」とコメント。また、宮川選手はSNS以外でも直接応援メッセージをくれる人もいると話した。協会が速見コーチの処分について方針転換(速見元コーチ早期復帰の可能性を匂わせた)したことについては「東京オリンピックが近づいてくる中で、とてもやるきになった」とコメント。


朝日生命

宮川選手が朝日生命に入るか入らないかについて塚原千恵子氏は否定をしている。きのうの宮川選手の会見では朝日生命に入ることで朝日生命が注目されるというか利益を得る、そのためには速見コーチの存在が邪魔で力が働いたのではないかとしていた。これについて塚原千恵子氏は勧誘などしていないと否定。小林氏は「かつては朝日生命に魅力を感じる人もいた。宮川選手が魅力を感じなかった時点で違うのだと思う」と説明。

1991年に塚原夫妻をめぐって女子選手91人中55人がボイコットしている。ボイコットの理由は採点不満。大会に参加した選手によるとある選手が段違い平行棒で落下、しかし失敗したのに点数が高かった。それに不服を持ったコーチがボイコットすることを決断したという。落ちた選手は朝日生命所属の選手だったという。もう1つの理由は体制不信。ボイコットしたコーチは採点の不公平だけでなく女子の現体制の方針についていけないということだった。選手だけでなく、審判も言いたいことがいえない状況もあると宮川選手はきのうの取材のときに言っていた。


「直撃LIVE グッディ!」で紹介されたイベント情報

全日本選手権

1991年に塚原夫妻をめぐって女子選手91人中55人がボイコットしている。ボイコットの理由は採点不満。大会に参加した選手によるとある選手が段違い平行棒で落下、しかし失敗したのに点数が高かった。それに不服を持ったコーチがボイコットすることを決断したという。落ちた選手は朝日生命所属の選手だったという。もう1つの理由は体制不信。ボイコットしたコーチは採点の不公平だけでなく女子の現体制の方針についていけないということだった。選手だけでなく、審判も言いたいことがいえない状況もあると宮川選手はきのうの取材のときに言っていた。


秋田港

今日未明山形県最上町で最上小国川が氾濫し橋が崩落した。大雨の影響で川が増水・氾濫し吊り橋が土台ごと破壊されたとみられる。また、午前7時過ぎには同じ最上町の富澤地区でも川が氾濫。懸命の濁流の排出作業が行われた。最上町向町では3時間で104ミリで観測史上最多を記録。昨日から東北や北陸を襲っている猛烈な雨。異変は各地で起きていた。昨日秋田市で目撃されたのは巨大な竜巻。さらに宮城県を襲ったのは猛烈なゲリラ豪雨。この影響は交通機関にも出た。仙台駅では屋根から水が溢れ出し。線路へと噴き出していた。また栃木県でも、雷を伴った猛烈な雨・風が那須塩原市を襲った。深夜0時を回っても山形県酒田市では水がひかず冠水。そして午前5時には、熊野神社で落雷が原因とみられる火事が発生し建物一棟が全焼した。JR仙台駅東日本によると山形新幹線の新庄〜山形間で終日運転見合わせとなっている。そんな中今年最強と言われている台風21号が接近している。今日午前9時、強さのランクが非常に強い台風から猛烈な台風に引き上げられた。中心気圧が905ヘクトパスカルまで下がり、今年最強になる見込み。今後勢力を保ちながら北上を続け、来週中頃には列島に上陸の恐れもでている。


FNNビデオPost

今日未明山形県最上町で最上小国川が氾濫し橋が崩落した。大雨の影響で川が増水・氾濫し吊り橋が土台ごと破壊されたとみられる。また、午前7時過ぎには同じ最上町の富澤地区でも川が氾濫。懸命の濁流の排出作業が行われた。最上町向町では3時間で104ミリで観測史上最多を記録。昨日から東北や北陸を襲っている猛烈な雨。異変は各地で起きていた。昨日秋田市で目撃されたのは巨大な竜巻。さらに宮城県を襲ったのは猛烈なゲリラ豪雨。この影響は交通機関にも出た。仙台駅では屋根から水が溢れ出し。線路へと噴き出していた。また栃木県でも、雷を伴った猛烈な雨・風が那須塩原市を襲った。深夜0時を回っても山形県酒田市では水がひかず冠水。そして午前5時には、熊野神社で落雷が原因とみられる火事が発生し建物一棟が全焼した。JR仙台駅東日本によると山形新幹線の新庄〜山形間で終日運転見合わせとなっている。そんな中今年最強と言われている台風21号が接近している。今日午前9時、強さのランクが非常に強い台風から猛烈な台風に引き上げられた。中心気圧が905ヘクトパスカルまで下がり、今年最強になる見込み。今後勢力を保ちながら北上を続け、来週中頃には列島に上陸の恐れもでている。


仙台駅

今日未明山形県最上町で最上小国川が氾濫し橋が崩落した。大雨の影響で川が増水・氾濫し吊り橋が土台ごと破壊されたとみられる。また、午前7時過ぎには同じ最上町の富澤地区でも川が氾濫。懸命の濁流の排出作業が行われた。最上町向町では3時間で104ミリで観測史上最多を記録。昨日から東北や北陸を襲っている猛烈な雨。異変は各地で起きていた。昨日秋田市で目撃されたのは巨大な竜巻。さらに宮城県を襲ったのは猛烈なゲリラ豪雨。この影響は交通機関にも出た。仙台駅では屋根から水が溢れ出し。線路へと噴き出していた。また栃木県でも、雷を伴った猛烈な雨・風が那須塩原市を襲った。深夜0時を回っても山形県酒田市では水がひかず冠水。そして午前5時には、熊野神社で落雷が原因とみられる火事が発生し建物一棟が全焼した。JR仙台駅東日本によると山形新幹線の新庄〜山形間で終日運転見合わせとなっている。そんな中今年最強と言われている台風21号が接近している。今日午前9時、強さのランクが非常に強い台風から猛烈な台風に引き上げられた。中心気圧が905ヘクトパスカルまで下がり、今年最強になる見込み。今後勢力を保ちながら北上を続け、来週中頃には列島に上陸の恐れもでている。


熊野神社

今日未明山形県最上町で最上小国川が氾濫し橋が崩落した。大雨の影響で川が増水・氾濫し吊り橋が土台ごと破壊されたとみられる。また、午前7時過ぎには同じ最上町の富澤地区でも川が氾濫。懸命の濁流の排出作業が行われた。最上町向町では3時間で104ミリで観測史上最多を記録。昨日から東北や北陸を襲っている猛烈な雨。異変は各地で起きていた。昨日秋田市で目撃されたのは巨大な竜巻。さらに宮城県を襲ったのは猛烈なゲリラ豪雨。この影響は交通機関にも出た。仙台駅では屋根から水が溢れ出し。線路へと噴き出していた。また栃木県でも、雷を伴った猛烈な雨・風が那須塩原市を襲った。深夜0時を回っても山形県酒田市では水がひかず冠水。そして午前5時には、熊野神社で落雷が原因とみられる火事が発生し建物一棟が全焼した。JR仙台駅東日本によると山形新幹線の新庄〜山形間で終日運転見合わせとなっている。そんな中今年最強と言われている台風21号が接近している。今日午前9時、強さのランクが非常に強い台風から猛烈な台風に引き上げられた。中心気圧が905ヘクトパスカルまで下がり、今年最強になる見込み。今後勢力を保ちながら北上を続け、来週中頃には列島に上陸の恐れもでている。


JR東日本

今日未明山形県最上町で最上小国川が氾濫し橋が崩落した。大雨の影響で川が増水・氾濫し吊り橋が土台ごと破壊されたとみられる。また、午前7時過ぎには同じ最上町の富澤地区でも川が氾濫。懸命の濁流の排出作業が行われた。最上町向町では3時間で104ミリで観測史上最多を記録。昨日から東北や北陸を襲っている猛烈な雨。異変は各地で起きていた。昨日秋田市で目撃されたのは巨大な竜巻。さらに宮城県を襲ったのは猛烈なゲリラ豪雨。この影響は交通機関にも出た。仙台駅では屋根から水が溢れ出し。線路へと噴き出していた。また栃木県でも、雷を伴った猛烈な雨・風が那須塩原市を襲った。深夜0時を回っても山形県酒田市では水がひかず冠水。そして午前5時には、熊野神社で落雷が原因とみられる火事が発生し建物一棟が全焼した。JR仙台駅東日本によると山形新幹線の新庄〜山形間で終日運転見合わせとなっている。そんな中今年最強と言われている台風21号が接近している。今日午前9時、強さのランクが非常に強い台風から猛烈な台風に引き上げられた。中心気圧が905ヘクトパスカルまで下がり、今年最強になる見込み。今後勢力を保ちながら北上を続け、来週中頃には列島に上陸の恐れもでている。


山形新幹線

今日未明山形県最上町で最上小国川が氾濫し橋が崩落した。大雨の影響で川が増水・氾濫し吊り橋が土台ごと破壊されたとみられる。また、午前7時過ぎには同じ最上町の富澤地区でも川が氾濫。懸命の濁流の排出作業が行われた。最上町向町では3時間で104ミリで観測史上最多を記録。昨日から東北や北陸を襲っている猛烈な雨。異変は各地で起きていた。昨日秋田市で目撃されたのは巨大な竜巻。さらに宮城県を襲ったのは猛烈なゲリラ豪雨。この影響は交通機関にも出た。仙台駅では屋根から水が溢れ出し。線路へと噴き出していた。また栃木県でも、雷を伴った猛烈な雨・風が那須塩原市を襲った。深夜0時を回っても山形県酒田市では水がひかず冠水。そして午前5時には、熊野神社で落雷が原因とみられる火事が発生し建物一棟が全焼した。JR仙台駅東日本によると山形新幹線の新庄〜山形間で終日運転見合わせとなっている。そんな中今年最強と言われている台風21号が接近している。今日午前9時、強さのランクが非常に強い台風から猛烈な台風に引き上げられた。中心気圧が905ヘクトパスカルまで下がり、今年最強になる見込み。今後勢力を保ちながら北上を続け、来週中頃には列島に上陸の恐れもでている。


新庄

今日未明山形県最上町で最上小国川が氾濫し橋が崩落した。大雨の影響で川が増水・氾濫し吊り橋が土台ごと破壊されたとみられる。また、午前7時過ぎには同じ最上町の富澤地区でも川が氾濫。懸命の濁流の排出作業が行われた。最上町向町では3時間で104ミリで観測史上最多を記録。昨日から東北や北陸を襲っている猛烈な雨。異変は各地で起きていた。昨日秋田市で目撃されたのは巨大な竜巻。さらに宮城県を襲ったのは猛烈なゲリラ豪雨。この影響は交通機関にも出た。仙台駅では屋根から水が溢れ出し。線路へと噴き出していた。また栃木県でも、雷を伴った猛烈な雨・風が那須塩原市を襲った。深夜0時を回っても山形県酒田市では水がひかず冠水。そして午前5時には、熊野神社で落雷が原因とみられる火事が発生し建物一棟が全焼した。JR仙台駅東日本によると山形新幹線の新庄〜山形間で終日運転見合わせとなっている。そんな中今年最強と言われている台風21号が接近している。今日午前9時、強さのランクが非常に強い台風から猛烈な台風に引き上げられた。中心気圧が905ヘクトパスカルまで下がり、今年最強になる見込み。今後勢力を保ちながら北上を続け、来週中頃には列島に上陸の恐れもでている。


山形

今日未明山形県最上町で最上小国川が氾濫し橋が崩落した。大雨の影響で川が増水・氾濫し吊り橋が土台ごと破壊されたとみられる。また、午前7時過ぎには同じ最上町の富澤地区でも川が氾濫。懸命の濁流の排出作業が行われた。最上町向町では3時間で104ミリで観測史上最多を記録。昨日から東北や北陸を襲っている猛烈な雨。異変は各地で起きていた。昨日秋田市で目撃されたのは巨大な竜巻。さらに宮城県を襲ったのは猛烈なゲリラ豪雨。この影響は交通機関にも出た。仙台駅では屋根から水が溢れ出し。線路へと噴き出していた。また栃木県でも、雷を伴った猛烈な雨・風が那須塩原市を襲った。深夜0時を回っても山形県酒田市では水がひかず冠水。そして午前5時には、熊野神社で落雷が原因とみられる火事が発生し建物一棟が全焼した。JR仙台駅東日本によると山形新幹線の新庄〜山形間で終日運転見合わせとなっている。そんな中今年最強と言われている台風21号が接近している。今日午前9時、強さのランクが非常に強い台風から猛烈な台風に引き上げられた。中心気圧が905ヘクトパスカルまで下がり、今年最強になる見込み。今後勢力を保ちながら北上を続け、来週中頃には列島に上陸の恐れもでている。


七尾駅

今日未明山形県最上町で最上小国川が氾濫し橋が崩落した。大雨の影響で川が増水・氾濫し吊り橋が土台ごと破壊されたとみられる。また、午前7時過ぎには同じ最上町の富澤地区でも川が氾濫。懸命の濁流の排出作業が行われた。最上町向町では3時間で104ミリで観測史上最多を記録。昨日から東北や北陸を襲っている猛烈な雨。異変は各地で起きていた。昨日秋田市で目撃されたのは巨大な竜巻。さらに宮城県を襲ったのは猛烈なゲリラ豪雨。この影響は交通機関にも出た。仙台駅では屋根から水が溢れ出し。線路へと噴き出していた。また栃木県でも、雷を伴った猛烈な雨・風が那須塩原市を襲った。深夜0時を回っても山形県酒田市では水がひかず冠水。そして午前5時には、熊野神社で落雷が原因とみられる火事が発生し建物一棟が全焼した。JR仙台駅東日本によると山形新幹線の新庄〜山形間で終日運転見合わせとなっている。そんな中今年最強と言われている台風21号が接近している。今日午前9時、強さのランクが非常に強い台風から猛烈な台風に引き上げられた。中心気圧が905ヘクトパスカルまで下がり、今年最強になる見込み。今後勢力を保ちながら北上を続け、来週中頃には列島に上陸の恐れもでている。


CM

(ニュース)

アメダス

この24時間に降った雨量は石川県で184.5ミリなどとなっており、1日で1ヶ月分の雨量が降った。石川県の熊木川が氾濫したという情報もあり、明日までの予想雨量は東北・北陸で180ミリなどとなっている。


CM

(報道センターニュース)

(番組宣伝)

CM

テラカワのお天気マニア

(THE ODAIBA 2018)

「直撃LIVE グッディ!」で紹介されたイベント情報

THE ODAIBA 2018

新人がとても忙しいということで木下アナが登場。きょうは「めざましDeli」を紹介。ポイントはオイルをかけるということ。


フジテレビ広場

新人がとても忙しいということで木下アナが登場。きょうは「めざましDeli」を紹介。ポイントはオイルをかけるということ。


めざましDeli

新人がとても忙しいということで木下アナが登場。きょうは「めざましDeli」を紹介。ポイントはオイルをかけるということ。


CM

(THE ODAIBA 2018)

「直撃LIVE グッディ!」で紹介されたイベント情報

THE ODAIBA 2018

「めざましDeli」を紹介。木下アナはごま油とサラダのフレッシュ感がくせになるとコメント。


フジテレビ広場

「めざましDeli」を紹介。木下アナはごま油とサラダのフレッシュ感がくせになるとコメント。


めざましDeli

「めざましDeli」を紹介。木下アナはごま油とサラダのフレッシュ感がくせになるとコメント。


「直撃LIVE グッディ!」2018年8月30日(木)放送内容「直撃LIVE グッディ!」2018年9月3日(月)放送内容