テレビ紹介情報

「土曜プレミアム」で紹介された情報

「土曜プレミアム 〜アンフェア the answer〜」 2013年3月2日(土)放送内容「土曜プレミアム 〜アリス イン ワンダーランド〜」 2013年3月16日(土)放送内容

「土曜プレミアム」 2013年3月9日(土)放送内容

(オープニング)

東京電力

三宅正治と伊藤利尋が挨拶を行い、原発の仕組みについて説明した。


突入!福島原発に挑んだ男たち〜激闘秘話!命と執念の12日間〜

東京電力

津波は福島第一原発をあっという間に飲み込み、水没。原子炉はあっけなく次々と電源を失った。福島第一原発所長が国に送ったファックスには、「全交流電源 喪失」と書かれていた。冷却装置を失った原子炉の温度は上昇し、このままではメルトダウン寸前。これを防ぐには、水で冷やすしかなかった。しかし、必要である消防車は3台のうち2台は津波の被害にあい、また現場を指揮できるプロの消防士も居なかった。


免震重要棟

福島原発の窮地を救ったのが、新潟柏崎市に住む阿部芳郎。37年間消防署に勤務し、退職後は原発の関連企業で働いていた。そんな阿部に依頼がきたのは、福島第一原発への「消防車の輸送」だった。阿部は部下を連れて、福島へ向かった。阿部の任務は、原子炉へ注ぐ水を防火水槽から組み上げること。消防車で福島へ出発したのは、11日午後10時のことだった。

12日8時、阿部たちが福島入るとその景色に絶句した。阿部たちが現場に到着した頃には、原発の消防車1台、福島県内の自衛隊から2台の消防車が駆けつけていたが、戦力としては足りていなかった。


突入!福島原発に挑んだ男たち〜激闘秘話!命と執念の12日間〜

突入!福島原発に挑んだ男たち〜激闘秘話!命と執念の12日間〜

東京電力

東京電力本店にある原子力緊急事態作本部では、きょうも職員が働いていた。この場所は、あの日からいまでも福島第一原発と映像がつながっている。


武州製氷

混乱の現場は広がった。およそ200キロ離れた埼玉県熊谷市。2年前の3月13日、武州製氷工場長である塩崎誠は日課である製造ラインの点検を終え、帰ろうとしていたところだった。東京電力から電話がかかり、「50トン手配してほしい」という内容の電話だった。その電話のおよそ30分前、テレビ会議での作戦で“氷”があがっていた。塩崎は社員を集め出荷の準備に取り掛かると、1枚のファックスが届いた。警視庁からのもので、そこには“緊急交通証”と書かれていた。自身の影響で一般の車の通行は制限されていたため、それを許可するものだった。しかし、結局氷の作戦は実行されることはなかった。


東京電力

混乱の現場は広がった。およそ200キロ離れた埼玉県熊谷市。2年前の3月13日、武州製氷工場長である塩崎誠は日課である製造ラインの点検を終え、帰ろうとしていたところだった。東京電力から電話がかかり、「50トン手配してほしい」という内容の電話だった。その電話のおよそ30分前、テレビ会議での作戦で“氷”があがっていた。塩崎は社員を集め出荷の準備に取り掛かると、1枚のファックスが届いた。警視庁からのもので、そこには“緊急交通証”と書かれていた。自身の影響で一般の車の通行は制限されていたため、それを許可するものだった。しかし、結局氷の作戦は実行されることはなかった。


東京電力

この頃、1号機の建屋爆発に続いて3号機の水位が下がり燃料棒が露出し始めていることがわかった。 その緊急事態にやってきたのが、中央特殊武器防護隊だった。隊長の岩熊真司は、地下鉄サリン事件で使用された防護マスクの開発にも関わったほどの人物だった。今回の任務は、暴走する原子炉への注水。

中央特殊武器防護隊が福島原発へ向かうために乗った隊長車両と水タンク車は、放射能への防護がなされていなかった。岩熊たちが現場に到着すると、すでに東電の職員が作業にあたっていた。そして3月14日、3号機建屋が水素爆発を起こした。その時、拡散する放射線の中に隊員たち居た。


突入!福島原発に挑んだ男たち〜激闘秘話!命と執念の12日間〜

放射線医学総合研究所

3号機爆発から3時間後、緊急会議室には東電の関係者、原子力安全委員会の面々が、翌日の予定を決めるため集まっていた。岩熊隊長は隊員らが放射能の恐怖にさらされたことに対して憤りを見せたが、それは現場に直行したものの給水もできず退避したことに対する自分に対する猪狩でもあった。岩熊を乗せた車のドライバーをつとめていた岩野隊員は、背中の骨を折る全治一ヶ月の重症を負った。彼は直ちに放射線医療施設にヘリで運ばれた。さらに3人が軽いケガを負った。


東京電力

3号機爆発から3時間後、緊急会議室には東電の関係者、原子力安全委員会の面々が、翌日の予定を決めるため集まっていた。岩熊隊長は隊員らが放射能の恐怖にさらされたことに対して憤りを見せたが、それは現場に直行したものの給水もできず退避したことに対する自分に対する猪狩でもあった。岩熊を乗せた車のドライバーをつとめていた岩野隊員は、背中の骨を折る全治一ヶ月の重症を負った。彼は直ちに放射線医療施設にヘリで運ばれた。さらに3人が軽いケガを負った。


東京電力

3号機の水素爆発によって、放射線量が上昇すると、新潟で原発関連会社に勤務する阿部芳郎氏は、新潟の原発関連会社の半谷敬氏に「お前には未来がある。もう外に出なくていい。自分は還暦を迎えたから行く」と話した。しかし半谷氏は福島の出身で両親は原発から15キロ圏内のところに住んでいる。止めようとする阿部氏に対し「自分の故郷は自分で守りたい」と語った。阿部氏と半谷氏ら作業員は、線量計を睨みながら作業を行った。

両隣の建屋が爆発したため、2号機もまた、格納容器の圧力が異常なほど上昇していた。本店は「最悪の事態も想定してほしい」と現場に指示を出した。「最悪の事態」とは東日本ほぼ全域の壊滅で、6000万人の避難を意味する。阿部氏らは第一原発から10数キロ離れた福島第二原発に避難した。半谷氏は、親戚の家に避難する父母に対し、心配をかけまいと、原発の作業を行うことは伏せた。その後、2号機は15日に損傷、4号機も同日に爆発し、危機は頂点に達したかに見えたが、幸いにも損傷によって給水を阻む圧力がなくなったため炉圧は下がった。この事態について、菅元総理はその著書「東電福島原発事故総理大臣として考えたこと」(幻冬舎刊)の中で、放射性物質を外に出したのは許せないとしながらも、大爆発に至らなかったのは神のご加護だと綴っている。

阿部氏のもとに東電の社員から電話がきた。原子炉への注水は、原発に残った福島50と呼ばれる社員らが行っていたが、消防車の詳しい方法がわかならかったため、阿部に相談を持ちかけてきたのだという。阿部は電話の相手が、現在1人でこの作業に取り掛かっていると聞き、「とても1人でできる仕事ではない」と声を荒げた。


免震重要棟

3号機の水素爆発によって、放射線量が上昇すると、新潟で原発関連会社に勤務する阿部芳郎氏は、新潟の原発関連会社の半谷敬氏に「お前には未来がある。もう外に出なくていい。自分は還暦を迎えたから行く」と話した。しかし半谷氏は福島の出身で両親は原発から15キロ圏内のところに住んでいる。止めようとする阿部氏に対し「自分の故郷は自分で守りたい」と語った。阿部氏と半谷氏ら作業員は、線量計を睨みながら作業を行った。

両隣の建屋が爆発したため、2号機もまた、格納容器の圧力が異常なほど上昇していた。本店は「最悪の事態も想定してほしい」と現場に指示を出した。「最悪の事態」とは東日本ほぼ全域の壊滅で、6000万人の避難を意味する。阿部氏らは第一原発から10数キロ離れた福島第二原発に避難した。半谷氏は、親戚の家に避難する父母に対し、心配をかけまいと、原発の作業を行うことは伏せた。その後、2号機は15日に損傷、4号機も同日に爆発し、危機は頂点に達したかに見えたが、幸いにも損傷によって給水を阻む圧力がなくなったため炉圧は下がった。この事態について、菅元総理はその著書「東電福島原発事故総理大臣として考えたこと」(幻冬舎刊)の中で、放射性物質を外に出したのは許せないとしながらも、大爆発に至らなかったのは神のご加護だと綴っている。

阿部氏のもとに東電の社員から電話がきた。原子炉への注水は、原発に残った福島50と呼ばれる社員らが行っていたが、消防車の詳しい方法がわかならかったため、阿部に相談を持ちかけてきたのだという。阿部は電話の相手が、現在1人でこの作業に取り掛かっていると聞き、「とても1人でできる仕事ではない」と声を荒げた。


東京電力

3号機の水素爆発によって、放射線量が上昇すると、新潟で原発関連会社に勤務する阿部芳郎氏は、新潟の原発関連会社の半谷敬氏に「お前には未来がある。もう外に出なくていい。自分は還暦を迎えたから行く」と話した。しかし半谷氏は福島の出身で両親は原発から15キロ圏内のところに住んでいる。止めようとする阿部氏に対し「自分の故郷は自分で守りたい」と語った。阿部氏と半谷氏ら作業員は、線量計を睨みながら作業を行った。

両隣の建屋が爆発したため、2号機もまた、格納容器の圧力が異常なほど上昇していた。本店は「最悪の事態も想定してほしい」と現場に指示を出した。「最悪の事態」とは東日本ほぼ全域の壊滅で、6000万人の避難を意味する。阿部氏らは第一原発から10数キロ離れた福島第二原発に避難した。半谷氏は、親戚の家に避難する父母に対し、心配をかけまいと、原発の作業を行うことは伏せた。その後、2号機は15日に損傷、4号機も同日に爆発し、危機は頂点に達したかに見えたが、幸いにも損傷によって給水を阻む圧力がなくなったため炉圧は下がった。この事態について、菅元総理はその著書「東電福島原発事故総理大臣として考えたこと」(幻冬舎刊)の中で、放射性物質を外に出したのは許せないとしながらも、大爆発に至らなかったのは神のご加護だと綴っている。

阿部氏のもとに東電の社員から電話がきた。原子炉への注水は、原発に残った福島50と呼ばれる社員らが行っていたが、消防車の詳しい方法がわかならかったため、阿部に相談を持ちかけてきたのだという。阿部は電話の相手が、現在1人でこの作業に取り掛かっていると聞き、「とても1人でできる仕事ではない」と声を荒げた。


幻冬舎

3号機の水素爆発によって、放射線量が上昇すると、新潟で原発関連会社に勤務する阿部芳郎氏は、新潟の原発関連会社の半谷敬氏に「お前には未来がある。もう外に出なくていい。自分は還暦を迎えたから行く」と話した。しかし半谷氏は福島の出身で両親は原発から15キロ圏内のところに住んでいる。止めようとする阿部氏に対し「自分の故郷は自分で守りたい」と語った。阿部氏と半谷氏ら作業員は、線量計を睨みながら作業を行った。

両隣の建屋が爆発したため、2号機もまた、格納容器の圧力が異常なほど上昇していた。本店は「最悪の事態も想定してほしい」と現場に指示を出した。「最悪の事態」とは東日本ほぼ全域の壊滅で、6000万人の避難を意味する。阿部氏らは第一原発から10数キロ離れた福島第二原発に避難した。半谷氏は、親戚の家に避難する父母に対し、心配をかけまいと、原発の作業を行うことは伏せた。その後、2号機は15日に損傷、4号機も同日に爆発し、危機は頂点に達したかに見えたが、幸いにも損傷によって給水を阻む圧力がなくなったため炉圧は下がった。この事態について、菅元総理はその著書「東電福島原発事故総理大臣として考えたこと」(幻冬舎刊)の中で、放射性物質を外に出したのは許せないとしながらも、大爆発に至らなかったのは神のご加護だと綴っている。

阿部氏のもとに東電の社員から電話がきた。原子炉への注水は、原発に残った福島50と呼ばれる社員らが行っていたが、消防車の詳しい方法がわかならかったため、阿部に相談を持ちかけてきたのだという。阿部は電話の相手が、現在1人でこの作業に取り掛かっていると聞き、「とても1人でできる仕事ではない」と声を荒げた。


福島第二原子力発電所

3号機の水素爆発によって、放射線量が上昇すると、新潟で原発関連会社に勤務する阿部芳郎氏は、新潟の原発関連会社の半谷敬氏に「お前には未来がある。もう外に出なくていい。自分は還暦を迎えたから行く」と話した。しかし半谷氏は福島の出身で両親は原発から15キロ圏内のところに住んでいる。止めようとする阿部氏に対し「自分の故郷は自分で守りたい」と語った。阿部氏と半谷氏ら作業員は、線量計を睨みながら作業を行った。

両隣の建屋が爆発したため、2号機もまた、格納容器の圧力が異常なほど上昇していた。本店は「最悪の事態も想定してほしい」と現場に指示を出した。「最悪の事態」とは東日本ほぼ全域の壊滅で、6000万人の避難を意味する。阿部氏らは第一原発から10数キロ離れた福島第二原発に避難した。半谷氏は、親戚の家に避難する父母に対し、心配をかけまいと、原発の作業を行うことは伏せた。その後、2号機は15日に損傷、4号機も同日に爆発し、危機は頂点に達したかに見えたが、幸いにも損傷によって給水を阻む圧力がなくなったため炉圧は下がった。この事態について、菅元総理はその著書「東電福島原発事故総理大臣として考えたこと」(幻冬舎刊)の中で、放射性物質を外に出したのは許せないとしながらも、大爆発に至らなかったのは神のご加護だと綴っている。

阿部氏のもとに東電の社員から電話がきた。原子炉への注水は、原発に残った福島50と呼ばれる社員らが行っていたが、消防車の詳しい方法がわかならかったため、阿部に相談を持ちかけてきたのだという。阿部は電話の相手が、現在1人でこの作業に取り掛かっていると聞き、「とても1人でできる仕事ではない」と声を荒げた。


「土曜プレミアム」で紹介された本・コミック・雑誌

東電福島原発事故総理大臣として考えたこと

3号機の水素爆発によって、放射線量が上昇すると、新潟で原発関連会社に勤務する阿部芳郎氏は、新潟の原発関連会社の半谷敬氏に「お前には未来がある。もう外に出なくていい。自分は還暦を迎えたから行く」と話した。しかし半谷氏は福島の出身で両親は原発から15キロ圏内のところに住んでいる。止めようとする阿部氏に対し「自分の故郷は自分で守りたい」と語った。阿部氏と半谷氏ら作業員は、線量計を睨みながら作業を行った。

両隣の建屋が爆発したため、2号機もまた、格納容器の圧力が異常なほど上昇していた。本店は「最悪の事態も想定してほしい」と現場に指示を出した。「最悪の事態」とは東日本ほぼ全域の壊滅で、6000万人の避難を意味する。阿部氏らは第一原発から10数キロ離れた福島第二原発に避難した。半谷氏は、親戚の家に避難する父母に対し、心配をかけまいと、原発の作業を行うことは伏せた。その後、2号機は15日に損傷、4号機も同日に爆発し、危機は頂点に達したかに見えたが、幸いにも損傷によって給水を阻む圧力がなくなったため炉圧は下がった。この事態について、菅元総理はその著書「東電福島原発事故総理大臣として考えたこと」(幻冬舎刊)の中で、放射性物質を外に出したのは許せないとしながらも、大爆発に至らなかったのは神のご加護だと綴っている。

阿部氏のもとに東電の社員から電話がきた。原子炉への注水は、原発に残った福島50と呼ばれる社員らが行っていたが、消防車の詳しい方法がわかならかったため、阿部に相談を持ちかけてきたのだという。阿部は電話の相手が、現在1人でこの作業に取り掛かっていると聞き、「とても1人でできる仕事ではない」と声を荒げた。


東京電力

3号機の水素爆発によって、放射線量が上昇すると、新潟で原発関連会社に勤務する阿部芳郎氏は、新潟の原発関連会社の半谷敬氏に「お前には未来がある。もう外に出なくていい。自分は還暦を迎えたから行く」と話した。しかし半谷氏は福島の出身で両親は原発から15キロ圏内のところに住んでいる。止めようとする阿部氏に対し「自分の故郷は自分で守りたい」と語った。阿部氏と半谷氏ら作業員は、線量計を睨みながら作業を行った。

両隣の建屋が爆発したため、2号機もまた、格納容器の圧力が異常なほど上昇していた。本店は「最悪の事態も想定してほしい」と現場に指示を出した。「最悪の事態」とは東日本ほぼ全域の壊滅で、6000万人の避難を意味する。阿部氏らは第一原発から10数キロ離れた福島第二原発に避難した。半谷氏は、親戚の家に避難する父母に対し、心配をかけまいと、原発の作業を行うことは伏せた。その後、2号機は15日に損傷、4号機も同日に爆発し、危機は頂点に達したかに見えたが、幸いにも損傷によって給水を阻む圧力がなくなったため炉圧は下がった。この事態について、菅元総理はその著書「東電福島原発事故総理大臣として考えたこと」(幻冬舎刊)の中で、放射性物質を外に出したのは許せないとしながらも、大爆発に至らなかったのは神のご加護だと綴っている。

阿部氏のもとに東電の社員から電話がきた。原子炉への注水は、原発に残った福島50と呼ばれる社員らが行っていたが、消防車の詳しい方法がわかならかったため、阿部に相談を持ちかけてきたのだという。阿部は電話の相手が、現在1人でこの作業に取り掛かっていると聞き、「とても1人でできる仕事ではない」と声を荒げた。


突入!福島原発に挑んだ男たち〜激闘秘話!命と執念の12日間〜

東京電力

阿部氏は、慣れない中1人で注水作業を行なっている東電の社員に、「自分のつとめる会社の社長に、 『阿部を行かせてくれ』と東電さんの方から連絡してくれないか」と涙ながらに頼んだ。関連会社の一社員であるため、自分の判断で動くことができなかったのである。阿部氏はその後も会社の社長を説得した。社長は阿部氏の体のことを考えて幾度も渋ったが、その熱意に折れ、最後は「お願いします。現場に行ってください」と許可を出した。放射能の現場の最前線に、阿部氏は再び飛び出した。

阿部氏は東電の社員のため、全ての消防車に使い方を記したメモを貼り付けた。当時原発周辺の積算被曝量は緊急時の限界値100ミリシーベルトを超えていた。3月16日、阿部氏は現場を去ったが、東電の社員らは「本当に有難うございます。後はこちらでがんばります」と深く頭を下げた。その阿部氏と入れ替わるようにして、福島第二原発に避難していた人々が続々福島第一原発での作業に復帰した。


福島第二原子力発電所

阿部氏は、慣れない中1人で注水作業を行なっている東電の社員に、「自分のつとめる会社の社長に、 『阿部を行かせてくれ』と東電さんの方から連絡してくれないか」と涙ながらに頼んだ。関連会社の一社員であるため、自分の判断で動くことができなかったのである。阿部氏はその後も会社の社長を説得した。社長は阿部氏の体のことを考えて幾度も渋ったが、その熱意に折れ、最後は「お願いします。現場に行ってください」と許可を出した。放射能の現場の最前線に、阿部氏は再び飛び出した。

阿部氏は東電の社員のため、全ての消防車に使い方を記したメモを貼り付けた。当時原発周辺の積算被曝量は緊急時の限界値100ミリシーベルトを超えていた。3月16日、阿部氏は現場を去ったが、東電の社員らは「本当に有難うございます。後はこちらでがんばります」と深く頭を下げた。その阿部氏と入れ替わるようにして、福島第二原発に避難していた人々が続々福島第一原発での作業に復帰した。


産経新聞

福島第一原発へ放水するまでの経緯を紹介。3月16日、ヘリが3号機建屋に水を落とす為に向かったが、上空の放射線量が高く放水は断念された。自衛隊の放水中止に落胆と失望が広がるも、同日23時に大西正浩さんは電話を受けて、時速37kmで高度91mの高さから放水する作戦を決めた。その作戦の行動は伊藤輝紀さんに委ねられる。(産経新聞)

3月17日の作戦決行の日に、木村努さんらが作戦の確認をしている時に電話で放水の命令がきた。そして隊員たちはペットボトルをみんなでまわしながらヨウ素剤を飲んだ。その後、ヘリで海で7.5トンの水を汲み上げて福島第一原発へ向かった。


(提供)

突入!福島原発に挑んだ男たち〜激闘秘話!命と執念の12日間〜

東京電力

福島第一原発に近づくに連れて放射線量が上がっていった。そして、7.5トンの水を原発3号機へと注ぎ、放水は成功した。その後、再び命令を受けてこの日、ヘリ2機で4回の放水を行った。しかし東京電力のテレビ会議でも声があがったように、大量の核燃料を冷やすには、水の量が圧倒的に足りなかった。


突入!福島原発に挑んだ男たち〜激闘秘話!命と執念の12日間〜

突入!福島原発に挑んだ男たち〜激闘秘話!命と執念の12日間〜

突入!福島原発に挑んだ男たち〜激闘秘話!命と執念の12日間〜

東京電力

東電の本店とその他一般人がテレビ会議する音声が流れた。自衛隊には東電職員救出作戦が下された。この集団は中央即応集団と名付けられ、その作戦とはJヴィレッジに進出し、福島第一原発を経て第二原発に行くいうものであった。


Jヴィレッジ

東電の本店とその他一般人がテレビ会議する音声が流れた。自衛隊には東電職員救出作戦が下された。この集団は中央即応集団と名付けられ、その作戦とはJヴィレッジに進出し、福島第一原発を経て第二原発に行くいうものであった。


東京電力

東京電力のテレビ会議の音声を紹介。福島第一原発の衛星写真は雲に邪魔され肝心なところがみえなかった。そこでエアフォートサービスは無人飛行機を飛ばし、その苦難を援助した。


日本アビオニクス

当時原発へと向かうヘリの中で、自衛官がサーモグラフィーカメラを所持していた。カメラで高度900mから原発の温度を計測すると福島第一原発の4号機で異常な熱を感知。


突入!福島原発に挑んだ男たち〜激闘秘話!命と執念の12日間〜

東京電力

3月20日の東京電力本店、海江田万里経済産業大臣、その他一般人のテレビ会議の模様を紹介。海江田万里経済産業大臣がキリンと称したプツマイスター ジャパンのコンクリートポンプ車が現場に派遣された。チェルノブイリ原発事故の際にはコンクリートポンプ車が原発の石棺作業を行ったことを紹介。

キリンが福島県いわき市に到着し、原発作業員はキリンの操作方法を教えられた。その指導期間はわずか2日だったが、キリンのターゲットとなる4号機の使用済核燃料プールへ放水のシュミレーションしたところ、目標に放水することが出来た。

キリンの首の下にカメラを取り付けて、福島第一原発4号機の使用済燃料プールへ昼夜問わずにキリンは水を注ぎ続けた。3カ月後、水で満たされたプールは静かな表情へ変わっていた。


コンクリートポンプ車

3月20日の東京電力本店、海江田万里経済産業大臣、その他一般人のテレビ会議の模様を紹介。海江田万里経済産業大臣がキリンと称したプツマイスター ジャパンのコンクリートポンプ車が現場に派遣された。チェルノブイリ原発事故の際にはコンクリートポンプ車が原発の石棺作業を行ったことを紹介。

キリンが福島県いわき市に到着し、原発作業員はキリンの操作方法を教えられた。その指導期間はわずか2日だったが、キリンのターゲットとなる4号機の使用済核燃料プールへ放水のシュミレーションしたところ、目標に放水することが出来た。

キリンの首の下にカメラを取り付けて、福島第一原発4号機の使用済燃料プールへ昼夜問わずにキリンは水を注ぎ続けた。3カ月後、水で満たされたプールは静かな表情へ変わっていた。


コンクリートポンプ車

3月20日の東京電力本店、海江田万里経済産業大臣、その他一般人のテレビ会議の模様を紹介。海江田万里経済産業大臣がキリンと称したプツマイスター ジャパンのコンクリートポンプ車が現場に派遣された。チェルノブイリ原発事故の際にはコンクリートポンプ車が原発の石棺作業を行ったことを紹介。

キリンが福島県いわき市に到着し、原発作業員はキリンの操作方法を教えられた。その指導期間はわずか2日だったが、キリンのターゲットとなる4号機の使用済核燃料プールへ放水のシュミレーションしたところ、目標に放水することが出来た。

キリンの首の下にカメラを取り付けて、福島第一原発4号機の使用済燃料プールへ昼夜問わずにキリンは水を注ぎ続けた。3カ月後、水で満たされたプールは静かな表情へ変わっていた。


コンクリートポンプ車

3月20日の東京電力本店、海江田万里経済産業大臣、その他一般人のテレビ会議の模様を紹介。海江田万里経済産業大臣がキリンと称したプツマイスター ジャパンのコンクリートポンプ車が現場に派遣された。チェルノブイリ原発事故の際にはコンクリートポンプ車が原発の石棺作業を行ったことを紹介。

キリンが福島県いわき市に到着し、原発作業員はキリンの操作方法を教えられた。その指導期間はわずか2日だったが、キリンのターゲットとなる4号機の使用済核燃料プールへ放水のシュミレーションしたところ、目標に放水することが出来た。

キリンの首の下にカメラを取り付けて、福島第一原発4号機の使用済燃料プールへ昼夜問わずにキリンは水を注ぎ続けた。3カ月後、水で満たされたプールは静かな表情へ変わっていた。


(エンディング)

東京電力 ホームページ

昨日撮影された福島第一原発の映像、福島第一原発のライブ映像を流した。伊藤利尋は、廃炉にするための技術を開発するところも工程表には織り込まれており、まさに途方も無い道のり。事故から12日間の様々な人たちの戦いは、廃炉が決して不可能ではないと感じさせてくれた」と話した。


(番組宣伝)

(番組宣伝)

「土曜プレミアム」で紹介されたイベント情報

世界フィギュアスケート選手権2013

3月14日(木)から開幕する「世界フィギュアスケート選手権2013」の告知


「土曜プレミアム 〜アンフェア the answer〜」 2013年3月2日(土)放送内容「土曜プレミアム 〜アリス イン ワンダーランド〜」 2013年3月16日(土)放送内容

2013年02月 2013年03月 2013年04月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
  • 「土曜プレミアム」で紹介されたすべての情報
  • 「土曜プレミアム」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「土曜プレミアム」で紹介された音楽・CD
  • 「土曜プレミアム」で紹介された映画・DVD
  • 「土曜プレミアム」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「土曜プレミアム」で紹介されたグルメ情報
  • 「土曜プレミアム」で紹介された料理レシピ
  • 「土曜プレミアム」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「土曜プレミアム」で紹介された観光・地域情報
  • 「土曜プレミアム」で紹介されたイベント情報
  • 「土曜プレミアム」で紹介された雑学・豆知識