ホーム > テレビ紹介情報 > フジテレビ > ライオンのグータッチ
テレビ紹介情報

「ライオンのグータッチ」で紹介された情報

「ライオンのグータッチ」で紹介されたすべての情報 ( 127 / 127 ページ )

ライオンのグータッチ


川口ジャイアンツ

3回裏で倉楽くんは3塁へ進んだが、三振でチェンジとなった。4回表では1塁ランナーに本能されホームインを許してしまった。5回ではキャッチミスで相手に追加点を許したが、歩睦くんは集中力を切らさず最小失点に抑えた。

5回裏、ツーアウトランナーなしで6年生のゆりかちゃんが打席に入った。ボールへの恐怖心を乗り越え毎日バットを振り続けて、その努力は実を結んで鮮やかなヒットで出塁に成功した。6回で、疲れを見せ始めた歩睦くんに相手打線が襲いかかった。6点差となったところでピッチャー交代。相手の勢いを止められずこの回では8失点となった。11対0で赤井少年野球クラブの勝利となった。

川口ジャイアンツの横田監督は、今回の試合にはいいところがたくさんあった、本当に成長した、みんなの野球人生はこれからだと話した。歩睦くんのお母さんは、一番いい試合を見せてもらった、チームの気持ちは負けてなかった、次に繋げてほしいと話した。試合を見た元木大介さんは、本当に伸びた、意識が変わってきたのを感じた、頑張ってほしいと話した。


川口ジャイアンツ

大会当日の朝、キャプテンの歩睦くんは「絶対勝つ」と意気込んで家を出た。初戦の相手は赤井少年野球クラブ。川口ジャイアンツのスタメンは6年生が6人、5年生が2人、4年生の倉楽くんが1人。初回は無失点で、歩睦くんは落ち着いたピッチングを見せた。2回裏が終わり両チームともに強い守備で0点。

3回表でランナーを3塁に背負うピンチになり、相手に先制点を許した。それでも歩睦くんは調子を崩さず落ち着いたピッチングをした。3回裏で初ヒットを放ち、倉楽くんがバッターを務め、盗塁を成功させるなどして3塁まで進んだ。


川口ジャイアンツ

3年未勝利の野球チームを読売ジャイアンツ1軍コーチの元木大介が熱血指導した。いよいよ大会の日になった。


ライオンのグータッチ

番組のHPテロップ。

あなたのグータッチ動画を大募集中!詳しくは番組HPまで。


川口ジャイアンツ

2ヶ月後の大会での勝利目指す川口ジャイアンツを元木大介さんが指導。ボールの取り方や投げ方など野球の基本からしっかり見つめ直した。年内最後の練習では打撃練習をした。チーム唯一の女の子であるゆりかちゃんは恐怖心から前に踏み込めないという。元木さんは柔らかいテニスボールを使って恐怖心を無くすことから指導し、ゆりかちゃんは徐々にボールを打てるようになった。

元木さんは、ピッチャーの歩睦くんは1週間の練習を経て、球に勢いがついてきている、出会った頃とは全然変わったと話した。冬休みに入っても、ゆりかちゃんは毎日バットを振っていた。母も毎日応援メッセージを送っていて、ゆりかちゃんは勝ちたいという気持ちが大きくなってきたと話した。


ライオンのグータッチ


川口ジャイアンツ

3年未勝利の少年野球チーム「川口ジャイアンツ」。横田監督は「一生懸命練習している。なんとか1勝はさせてあげたい」などと話した。去年、世界少年野球大会でチームを監督として世界一に導いた、読売ジャイアンツの現役コーチ元木大介が、熱血指導に立ち上がった。まず始めたのは基本のキャッチボール。すぐ投げられるように両手で捕ることが重要だという。キャプテンの歩睦くんには体重移動の仕方を教えた。練習試合では好調にリードを奪ったが、1点を返されたとたんストライクが入らなくなり、逆転負けとなってしまった。メンタルの弱さが浮き彫りとなった。試合後、元木大介はチームの子供達と一緒に話しながらご飯を食べた。敗戦のショックも少し和らいだように見えた。元木大介はチームの弱点について「全員、動きが分かっていない。だから声も出せない」と指摘した。試合ではみんなが声を掛け合えば防げる失点もあった。そこで大きな声を出す練習をした。キャッチャーの道長くんは、元木大介と約束した宿題を毎日かかさずやり、練習ノートを書きとめていた。


「ライオンのグータッチ」で紹介されたイベント情報

世界少年野球大会

3年未勝利の少年野球チーム「川口ジャイアンツ」。横田監督は「一生懸命練習している。なんとか1勝はさせてあげたい」などと話した。去年、世界少年野球大会でチームを監督として世界一に導いた、読売ジャイアンツの現役コーチ元木大介が、熱血指導に立ち上がった。まず始めたのは基本のキャッチボール。すぐ投げられるように両手で捕ることが重要だという。キャプテンの歩睦くんには体重移動の仕方を教えた。練習試合では好調にリードを奪ったが、1点を返されたとたんストライクが入らなくなり、逆転負けとなってしまった。メンタルの弱さが浮き彫りとなった。試合後、元木大介はチームの子供達と一緒に話しながらご飯を食べた。敗戦のショックも少し和らいだように見えた。元木大介はチームの弱点について「全員、動きが分かっていない。だから声も出せない」と指摘した。試合ではみんなが声を掛け合えば防げる失点もあった。そこで大きな声を出す練習をした。キャッチャーの道長くんは、元木大介と約束した宿題を毎日かかさずやり、練習ノートを書きとめていた。


2019年01月 2019年02月 
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
  • 「ライオンのグータッチ」で紹介されたすべての情報
  • 「ライオンのグータッチ」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「ライオンのグータッチ」で紹介された音楽・CD
  • 「ライオンのグータッチ」で紹介された映画・DVD
  • 「ライオンのグータッチ」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「ライオンのグータッチ」で紹介されたグルメ情報
  • 「ライオンのグータッチ」で紹介された料理レシピ
  • 「ライオンのグータッチ」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「ライオンのグータッチ」で紹介された観光・地域情報
  • 「ライオンのグータッチ」で紹介されたイベント情報
  • 「ライオンのグータッチ」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する