テレビ紹介情報

「MATSUぼっち」で紹介された情報

「MATSUぼっち」で紹介されたすべての情報 ( 101 / 101 ページ )

FOD

「MATSUぼっち」の放送がFODにて配信中と告知した。


MATSUぼっち


「MATSUぼっち」で紹介されたレストラン・飲食店

「ぼっち芸の奥深さを学ぶ」と題し、松本は創業33年の都内では滅多に見られないせり上がり付特殊ステージが人気となっている「スナック松竹」を舞台に、孤高のパフォーマーからぼっちの崇高さを学。1番目のぼっちパフォーマーとして孤高のリズムネタ芸人「兜蟹」が登場。兜蟹は「沖縄の言葉遊び」と称したリズムネタを披露。松本は兜蟹のネタに挑戦した。

「ぼっち芸の奥深さを学ぶ」2番目のぼっちパフォーマーとしてプレイベートもぼっち芸人「ゆーびーむ☆」が登場。ゆーびーむ☆は「モテる気づかい」と称したネタを披露。ゆーびーむ☆は将来的に孫正義に成りたいと打ち明け、松本は歩む道を間違えているなどとツッコんだ。

「ぼっち芸の奥深さを学ぶ」3番目のぼっちパフォーマーとして、遊ぶ相手は相方のみなぼっち芸人「くるくる」が登場。くるくるは「鼻コイン」と称したネタを披露。松本は「鼻コイン」ネタでビンタする役に挑戦した。

「ぼっち芸の奥深さを学ぶ」4番目のぼっちパフォーマーとして書道歴20年、腕前は師範代芸人「小出あかり」が登場。小出あかりは「足書道」と称したネタを披露。松本は強烈な個性がありすぎて孤高のぼっちはコンビに成りづらいなどと語った。

「ぼっち芸の奥深さを学ぶ」5番目のぼっちパフォーマーとして芸人「ねこじゃらし」が登場。ねこじゃらしは「マッチョ漫才」と称したネタを披露。普段から体を鍛えている榎並もねこじゃらしに混じって筋肉を見せつけた。

「ぼっち芸の奥深さを学ぶ」6番目のぼっちパフォーマーとして、最新過ぎるメガネ芸芸人「ワールドヲーター」が登場。ワールドヲーターは「メガネ芸」と称したネタを披露。ワールドヲーターは基本的にアニメの主題歌などを使用してネタを構成しているなどと語った。

「ぼっち芸の奥深さを学ぶ」7番目のぼっちパフォーマーとして、今回の舞台となっている「スナック松竹」の主人の息子でダンサーの「齊藤康壽」が登場。齊藤が松本にダンスを披露した。

 (バー・お酒(その他))

FOD

「MATSUぼっち」の放送がFODにて配信中と告知した。


MATSUぼっち


BunBu学院Jr.中目黒園

「BunBu学院Jr.中目黒園」にて無事に絵本朗読を終えた松本は、「BunBu学院Jr.中目黒園」の先生ともハイタッチし、先生が誰よりもはしゃいでいた。


BunBu学院Jr.中目黒園

「BunBu学院Jr.中目黒園」にて松本は、子供たちに、世界に一冊だけの絵本「こいぼっくり」の朗読を披露した。子供たちは松本の絵本に笑顔を見せた。


BunBu学院Jr.中目黒園

「絵本づくり STEP2『絵本の基本構成』」と題し、松本は「絵本の物語の基本は起・承・承・承・転・結」などと教わった。「絵本づくり STEP3『ストーリー作り』」で松本は、「皆が思いつかないような発想の絵本を作れるか」などを教わり、物語の基盤となるプロットづくりに挑戦。松本は「松ぼっくり」を主人公に、絵を描きながらストーリーを創造した。またこの時点で、松本は本日中に絵本を完成させ、「BunBu学院Jr.中目黒園」の子供たちの前で朗読することを知らされた。

松本はプロット段階で掻き上げた8枚の下書きを基に絵本のキャラクターの絵の仕上げに取り掛かった。松本は制限時間2時間で見事世界に一冊だけの絵本を完成させた。そして「BunBu学院Jr.中目黒園」へ向かった。


「MATSUぼっち」で紹介された本・コミック・雑誌

あらしのよるに

「ぼっち部屋」にて松本は「Choo Choo TRAINを踊るマツ」をお題に画力を披露した。「大人もハマる絵本教室」と題し、松本は「あかちゃんのあそびえほん」シリーズ累計1000万部以上売り上げた大人気絵本作家の「きむらゆういち」が立ち上げた「ゆうゆう絵本講座」に訪れた。「ゆうゆう絵本講座」には200名以上jの生徒が在籍し、本格的な絵本教室で学んでいる。松本は「ゆうゆう絵本講座」にて講師も務め、現役絵本作家の宮本えつよし先生に「絵よりも大切なのは面白いお話を作ること」などとレクチャーを受けた。


ゆうゆう絵本講座

「ぼっち部屋」にて松本は「Choo Choo TRAINを踊るマツ」をお題に画力を披露した。「大人もハマる絵本教室」と題し、松本は「あかちゃんのあそびえほん」シリーズ累計1000万部以上売り上げた大人気絵本作家の「きむらゆういち」が立ち上げた「ゆうゆう絵本講座」に訪れた。「ゆうゆう絵本講座」には200名以上jの生徒が在籍し、本格的な絵本教室で学んでいる。松本は「ゆうゆう絵本講座」にて講師も務め、現役絵本作家の宮本えつよし先生に「絵よりも大切なのは面白いお話を作ること」などとレクチャーを受けた。

「絵本づくり STEP1『魅力的な主人公を創造する訓練。』」と題し、松本は人間以外のキャラになりきり、自己紹介のセリフを考える「なりきり転校生」を行った。松本は「面白いキャラが生まれたら絵本に活かす」などと教わり、トイレットペーパーの転校生になりきることに挑戦した。

「絵本づくり STEP2『絵本の基本構成』」と題し、松本は「絵本の物語の基本は起・承・承・承・転・結」などと教わった。「絵本づくり STEP3『ストーリー作り』」で松本は、「皆が思いつかないような発想の絵本を作れるか」などを教わり、物語の基盤となるプロットづくりに挑戦。松本は「松ぼっくり」を主人公に、絵を描きながらストーリーを創造した。またこの時点で、松本は本日中に絵本を完成させ、「BunBu学院Jr.中目黒園」の子供たちの前で朗読することを知らされた。

松本はプロット段階で掻き上げた8枚の下書きを基に絵本のキャラクターの絵の仕上げに取り掛かった。松本は制限時間2時間で見事世界に一冊だけの絵本を完成させた。そして「BunBu学院Jr.中目黒園」へ向かった。


2019年04月 2019年05月 
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
  • 「MATSUぼっち」で紹介されたすべての情報
  • 「MATSUぼっち」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「MATSUぼっち」で紹介された音楽・CD
  • 「MATSUぼっち」で紹介された映画・DVD
  • 「MATSUぼっち」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「MATSUぼっち」で紹介されたグルメ情報
  • 「MATSUぼっち」で紹介された料理レシピ
  • 「MATSUぼっち」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「MATSUぼっち」で紹介された観光・地域情報
  • 「MATSUぼっち」で紹介されたイベント情報
  • 「MATSUぼっち」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する