テレビ紹介情報

「ボクらの時代」で紹介された情報

「ボクらの時代」で紹介されたすべての情報 ( 512 / 517 ページ )

ぐんまちゃん家

今週は群馬県人会スペシャルとして中山秀征、JOY、井森美幸が対談した。中山秀征は1985年にABブラザーズとしてデビューし、マルチな活動で30年以上活躍している。井森美幸は、16歳の時に「瞳の誓い」で歌手デビュー。JOYは18歳の時にmen’s eggでモデルデビュー。群馬県民は誰もが知る上毛かるただが、JOYだけは言えず、JOYは俺はちゃんと習っていないなどと話した。


ツイッター

たかの友梨、高須克弥、デヴィ・スカルノの3人が対談した。デヴィ夫人は大統領夫人時代について、自殺したいと思うことがあったが、私が死んだらどれだけ大統領に迷惑がかかるかと思うとできなかったなどと話した。また、今の若者には愛国心がないことを指摘した。高須は僕たちの世代は死ぬのは怖くないなどと話した。


アーカンジェル代官山

たかの友梨、高須克弥、デヴィ・スカルノの3人が対談した。デヴィ夫人は大統領夫人時代について、自殺したいと思うことがあったが、私が死んだらどれだけ大統領に迷惑がかかるかと思うとできなかったなどと話した。また、今の若者には愛国心がないことを指摘した。高須は僕たちの世代は死ぬのは怖くないなどと話した。


アーカンジェル代官山

たかの友梨、高須克弥、デヴィ・スカルノの3人が対談した。高須は今の若者たちにみんな欲望がないなどと話し、格差があると指摘した。デヴィは今は何でもあるから、私達の時代は生きるためだったらなんでもと話した。たかのは家が複雑だったので親戚をたらい回しにされたことを話した。


たかの友梨ビューティクリニック

今季はたかの友梨、高須克弥、デヴィ・スカルノの3人が対談する。デヴィ・スカルノは19歳のときにインドネシアのスカルノ大統領と結婚。美貌から社交界で東洋の真珠と謳われた。高須は美容整形の第一人者として脂肪吸引、プチ整形を日本に普及させた。2018年にはSNSで全身がんを告白した。たかのは1978年たかの友梨ビューティクリニックを開設し今では全国で100店舗近く事業を展開している。


「ボクらの時代」で紹介されたレストラン・飲食店

CHIRIRI

吉行和子さんは母・あぐりさんとの関係を話した。父をはやくに亡くしてしまった。あぐりさんは、107歳まで生きたという。100歳までいい親子になれたという。おすぎさんとピーコさんの両親は、こわかったという。高校生になると何も言わなくなったという。両親は、おすぎさんとピーコさんのセクシャルなことについては何も言わなかったという。ピーコさんはLGBTも含めてどんな人がいてもいいという。上から認めなさいというものではない。おすぎさんとピーコさんは、主張したことはないという。美輪さんとピーターくらいしかいなかった。吉行和子さんは、お二人には勇気があったという。ピーコさんは、マツコは頭がいいという。差別はよくないと吉行和子さんはいう。差別されたと思ったことは、一度か二度だとおすぎさんがいう。タモリさん、笑福亭鶴瓶さんとは今でも話すというピーコさん。タモリさんから電話がかかってきたというおすぎさん。タモリさんはいろいろなことを知っているという。


「ボクらの時代」で紹介されたレストラン・飲食店

CHIRIRI

おすぎさん、吉行和子さん、ピーコさんが登場。三人は40年ものふるくからの友人関係だとのこと。こんなに長く続くと思わなかったという。無名のゲイの双子だったと吉行さんがいう。変わらないから、信用しているとのこと。吉行さんは、「愛の亡霊」で日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞。主演映画「雪子さんの足音」が公開中だ。おすぎさんは映画評論家、ピーコさんはファッション評論家。70代、80代の三人がトークを広げるという。三人では、レストランではじめて会ったという。吉行さんとおすぎさんは、撮影の現場で会ってから、すぐに仲良くなったという。芸能人は態度が変わる人が多いと吉行さんがいう。


スバルビル

おすぎさん、吉行和子さん、ピーコさんが登場。三人は40年ものふるくからの友人関係だとのこと。こんなに長く続くと思わなかったという。無名のゲイの双子だったと吉行さんがいう。変わらないから、信用しているとのこと。吉行さんは、「愛の亡霊」で日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞。主演映画「雪子さんの足音」が公開中だ。おすぎさんは映画評論家、ピーコさんはファッション評論家。70代、80代の三人がトークを広げるという。三人では、レストランではじめて会ったという。吉行さんとおすぎさんは、撮影の現場で会ってから、すぐに仲良くなったという。芸能人は態度が変わる人が多いと吉行さんがいう。


「ボクらの時代」で紹介された映画・DVD

雪子さんの足音

おすぎさん、吉行和子さん、ピーコさんが登場。三人は40年ものふるくからの友人関係だとのこと。こんなに長く続くと思わなかったという。無名のゲイの双子だったと吉行さんがいう。変わらないから、信用しているとのこと。吉行さんは、「愛の亡霊」で日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞。主演映画「雪子さんの足音」が公開中だ。おすぎさんは映画評論家、ピーコさんはファッション評論家。70代、80代の三人がトークを広げるという。三人では、レストランではじめて会ったという。吉行さんとおすぎさんは、撮影の現場で会ってから、すぐに仲良くなったという。芸能人は態度が変わる人が多いと吉行さんがいう。


「ボクらの時代」で紹介された映画・DVD

愛の亡霊

おすぎさん、吉行和子さん、ピーコさんが登場。三人は40年ものふるくからの友人関係だとのこと。こんなに長く続くと思わなかったという。無名のゲイの双子だったと吉行さんがいう。変わらないから、信用しているとのこと。吉行さんは、「愛の亡霊」で日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞。主演映画「雪子さんの足音」が公開中だ。おすぎさんは映画評論家、ピーコさんはファッション評論家。70代、80代の三人がトークを広げるという。三人では、レストランではじめて会ったという。吉行さんとおすぎさんは、撮影の現場で会ってから、すぐに仲良くなったという。芸能人は態度が変わる人が多いと吉行さんがいう。


2019年06月 2019年07月 
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
  • 「ボクらの時代」で紹介されたすべての情報
  • 「ボクらの時代」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「ボクらの時代」で紹介された音楽・CD
  • 「ボクらの時代」で紹介された映画・DVD
  • 「ボクらの時代」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「ボクらの時代」で紹介されたグルメ情報
  • 「ボクらの時代」で紹介された料理レシピ
  • 「ボクらの時代」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「ボクらの時代」で紹介された観光・地域情報
  • 「ボクらの時代」で紹介されたイベント情報
  • 「ボクらの時代」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する