テレビ紹介情報

「情報プレゼンター とくダネ!」で紹介された情報

「情報プレゼンター とくダネ!」で紹介されたレストラン・飲食店 ( 258 / 258 ページ )

「情報プレゼンター とくダネ!」で紹介されたレストラン・飲食店

デニーズ

小倉さん「初めて会った時に天気予報の達人みたいな名前でねじりはちまきをして市場にでもいたら似合いそうな男だったから天達さんとは呼ばないよと言ってアマタツ!と呼ぶようになった。」とコメント。フジテレビ1階から中継。天達さん「小倉さんに呼ばれるまで僕の感じを見てアマタツと呼ぶ人はいなかった。」と話した。天達さんのオーディション映像が流された。当時の話を聞くと天達さんが出た時に可愛い、面白いとこの人しかいないとなったという。天達さんはとくダネ!に出るまでデニーズで働いていたという。


「情報プレゼンター とくダネ!」で紹介されたレストラン・飲食店

人気のお花見スポットでは各々が感染対策をしながら多くの人が花見を楽しんでいた。昨日の東京都の新規感染者数は394人だった。地方については昨日は愛媛県で59人、山形県で49人と1日の感染者数が過去最多となった。第4波への警戒が高まるなか東京調布駅前商店街では電気通信大学と共に二酸化炭素濃度を計測し密を可視化する実験を開始していた。センサーの数字が1500PPM以上になると換気が必要になるという。店が締め切った状態で満員状態だと700PPMになりすぐに換気した。測定器を開発した電気通信大学の教授は飲食店を中心に商店街と協力して3密対策を徹底的にやっていこうということで大々的に測定器の設置を初めているとのこと。そんななかふじみの救急病院の院長は感染者の増加に警戒感を示した。また国民は自粛疲れしているので個人の努力に頼るのはもう難しいと話す。そこで院長は大手旅行会社と協力し全員がPCR検査を受けることでコロナ禍でも楽しめるツアーを企画した。今月実験的に行われたツアーに212人が参加しツアー後も全員の陰性が確認されたとのこと。国人に我慢を強いるだけではなく対策をとった上でコロナ前の生活を取り戻していくのが大事だと院長は話した。また宇都宮市のインターパーク倉持呼吸器内科では新型コロナ患者を受け入れるためのプレハブ病棟がほぼ完成していた。各病棟がシャワーとトイレを完備した個室になっておりいつでも可動できる状態とのこと。いっぽう福島県をスタートした聖火リレーは沿道での密が懸念されたが静かな幕開けとなった。

 (焼鳥、もつ焼き、居酒屋)

「情報プレゼンター とくダネ!」で紹介されたレストラン・飲食店

鎌倉は急増172%で多くの人で賑わっている。緊急事態宣言解除後、繁華街が急変した。上野公園には多くの人。居酒屋などでも多くの人が楽しんでいる。Agoopによると、人出は増加しているとのこと。なぜ鎌倉で人出が増えたのか。新宿駅は前比124パーセント。新宿御苑は営業を再開した。1日の入場者を2万5000人以下に制限した。事前の予約が必要だとのこと。新橋駅は前週比126パーセント。鎌倉の小町通り・鶴岡八幡宮は、前週比172パーセント。鎌倉小町商店会の会長は、感染状況が下げ止まりになっているのが気になるという。きのうの東京都の新規感染者数は337人。東京都の時短要請は来月21日まで継続するという。リバウンド対策だとのこと。現在調整中だという。美味いもん処 手八の店長は趣旨には賛同するが、補償が足りないという。宮城県は、きのう過去2ばっっ目の多さとなる121人の感染を確認している。山形県の吉村美栄子知事は、感染者が急増しているという。山形市には独自の緊急事態宣言が出された。きのう山形県は20人の感染が発表された。沖縄では75人の新規感染者がきのう確認された。沖縄にも観光客の姿が確認されている。第4波への警戒が強められている。

 (居酒屋、魚介料理・海鮮料理、日本酒バー)

「情報プレゼンター とくダネ!」で紹介されたレストラン・飲食店

権八

緊急事態宣言が解除され、オリエンタルランドは東京ディズニーランドなどの入園制限を5000人以下から1万人以下に切り替えている。これでも人の姿はまばらであり、スプラッシュ・マウンテンも人は少ない形となっていた。一方で羽田空港では利用者の数が約5万5000人で先月2日の1万6000人から増加したと全日空は発表している。ビジネスマンはオンラインだと意思疎通に限界があると話していた。約3か月ぶりに営業を再開した焼き鳥屋は不安しか無いと話していて、持ち帰りの客も来店していたが、客足は厳しい形に。客からは仕事終わりには中々行けなかったとの声も聞かれたが、4人という形となった。客が来てくれたことへの安心も聞かれたが、5分の1まで売り上げは落ち込んでしまい、補助金のおかげでやれていると胸の内を明かした。そんな中、居酒屋・権八などを運営するグローバルダイニングは都の時短営業命令は違法と主張している。


「情報プレゼンター とくダネ!」で紹介されたレストラン・飲食店

NARUや

緊急事態宣言が解除され、オリエンタルランドは東京ディズニーランドなどの入園制限を5000人以下から1万人以下に切り替えている。これでも人の姿はまばらであり、スプラッシュ・マウンテンも人は少ない形となっていた。一方で羽田空港では利用者の数が約5万5000人で先月2日の1万6000人から増加したと全日空は発表している。ビジネスマンはオンラインだと意思疎通に限界があると話していた。約3か月ぶりに営業を再開した焼き鳥屋は不安しか無いと話していて、持ち帰りの客も来店していたが、客足は厳しい形に。客からは仕事終わりには中々行けなかったとの声も聞かれたが、4人という形となった。客が来てくれたことへの安心も聞かれたが、5分の1まで売り上げは落ち込んでしまい、補助金のおかげでやれていると胸の内を明かした。そんな中、居酒屋・権八などを運営するグローバルダイニングは都の時短営業命令は違法と主張している。


「情報プレゼンター とくダネ!」で紹介されたレストラン・飲食店

清香園

観光業界の状況について「はとバス」を取材。はとバスでは1月9日から東京観光や郊外へ行くバスツアーは運休していたが、22日から小さな範囲だが運行が再開できる。22日は17日現在で96名の予約があるという。一方渋谷の焼肉店では解除による時短要請と協力金の変更について批判。変更により21時まで、協力金は4万円としている。「営業時間は変わるが売上は変わらない」として苦しい状況を語った。また医療現場では「先週までの状況であれば解除は十分容認できる、しかし今週にかけての動きが若干潮目が変わってきている」と第4波を危惧する声が。この病院では先週からきのう時点までで重症患者と中等症患者の数が約2倍に。また、元オリンピック体操銅メダリストの小野清子さんが新型コロナにより死去したことが分かった。小野さんは今年1月自宅で転倒し骨折、その入院中に新型コロナ感染が判明したという。ワクチン接種について菅首相は「6月までに医療従事者、高齢者に行き渡る量のワクチンが確保できる」と説明。実際の状況を都立・公社病院を取材した。その結果14か所のうち8箇所でワクチン接種が始まっているが6箇所でまだ始まっていないことが分かった。接種が始まった病院でも「2回めについて正式な情報は来ていない」としている。このあと専門家に感染を再拡大させないための対策を聞いていく。


「情報プレゼンター とくダネ!」で紹介されたレストラン・飲食店

和ひろ

緊急事態宣言を解除する意向を表明した菅総理。きのうの夜、東京・新橋駅前では時短要請が出ている午後8時を過ぎても営業を続ける店に多くの客の姿があった。東京都は午後8時までの時短要請に応じていない飲食店に対し、このまま応じなければ時短営業を命令するとの事前通知を送っている。深夜0時閉店の通常営業を続ける居酒屋にこの罰則について聞いてみると「解除が近いのに罰則命令はあきらてしまう。ぎりぎりで何も準備できないところも多い。うちでも通知はまだ特に来ていない。」と話す。罰則命令が有効なのは緊急事態宣言下のため残り4日しかない。そこになんの意味があるのかと不満の声を上げていた。一方、緊急事態宣言解除後の営業再開に向けて動き出す飲食店もあった。現在休業中の千葉県にある「和ひろ」は宣言解除後の営業に向け準備を始めていた。店を閉めていたおよそ2ヶ月間、掃除を続けていたため床はピカピカ。今後については「フードデリバリーの方も頑張って試行錯誤していろんなメニューを考えて仕掛けて行こうと考えている。」と話す。営業再開後は激安メニューなども取り揃えて盛り上げていく計画だ。


「情報プレゼンター とくダネ!」で紹介されたレストラン・飲食店

梅田明月館 堂山店

大阪府・愛知県など6府県では緊急事態宣言解除から昨日で2週間となっているが、大村秀章知事は厳重警戒宣言解除にも言及している。名古屋・大須商店街は若者が商店街を歩き、その傾向は店側も感じ取っているといい複雑な心境があると話していた。一方でタクシーは減少していて、ドライバーは解除後も1割ほどであり、会社の移動を控えていることがあるのではないかと話していた。飲食店では解除されたばかりであり増えていないという。多くの人が自粛を行う中、愛知の昨日の感染者は15人とまだ増えていない。大阪では大阪市のみが9時まで営業を延長する形となっているが、飲食店には客が訪れていなかった。人の動きについて聞いてみると仕事が終わったらまっすぐ帰っているのではないかと話していた。一方吹田市では11時を過ぎても客が入るところもあり、大阪市内から訪れている人は開いているので来たと話していた。昨日の感染者は67人で微増傾向となっている。野党からは緊急事態宣言の解除について、横ばいの状況となっているので専門家の意見も聞きながら最終的に判断したいと話している。また、分科会の会長は感染者数が下げ止まっていることには原因があるので今までのやり方では難しいと言及し、見えない所でクラスターが起きているので、現状把握・調査は非常に重要だとしている。


「情報プレゼンター とくダネ!」で紹介されたレストラン・飲食店

大阪府・愛知県など6府県では緊急事態宣言解除から昨日で2週間となっているが、大村秀章知事は厳重警戒宣言解除にも言及している。名古屋・大須商店街は若者が商店街を歩き、その傾向は店側も感じ取っているといい複雑な心境があると話していた。一方でタクシーは減少していて、ドライバーは解除後も1割ほどであり、会社の移動を控えていることがあるのではないかと話していた。飲食店では解除されたばかりであり増えていないという。多くの人が自粛を行う中、愛知の昨日の感染者は15人とまだ増えていない。大阪では大阪市のみが9時まで営業を延長する形となっているが、飲食店には客が訪れていなかった。人の動きについて聞いてみると仕事が終わったらまっすぐ帰っているのではないかと話していた。一方吹田市では11時を過ぎても客が入るところもあり、大阪市内から訪れている人は開いているので来たと話していた。昨日の感染者は67人で微増傾向となっている。野党からは緊急事態宣言の解除について、横ばいの状況となっているので専門家の意見も聞きながら最終的に判断したいと話している。また、分科会の会長は感染者数が下げ止まっていることには原因があるので今までのやり方では難しいと言及し、見えない所でクラスターが起きているので、現状把握・調査は非常に重要だとしている。

 (居酒屋、お好み焼き、魚介料理・海鮮料理)

「情報プレゼンター とくダネ!」で紹介されたレストラン・飲食店

小倉キャスターが訪れたある場所。この場所にあったのは地元名物、浪江焼きそばの「杉乃屋」。2012年、小倉キャスターは二本松市で避難生活を送っていた店主の芹川輝男さんに出会った。芹川さんに変わって警戒区域内の店を訪れることになった。店はお客さんが食べている途中のまま止まっていた。震災から3ヶ月後、避難先で店を始めた芹川さんは「結局、浪江がこれからどうなるのかというのが見えない限りは動きようがない。あと何年ここで我慢しろっていう形が全然見えていない。」と話していた。出会いから9年。芹川さんは変わらず二本松市で浪江焼きそばの店を営んでいた。2017年、一部を除き浪江町の避難指示は解除された。しかしもう帰る気はないといい、「津波も大変だったんですけど、原因は原発ですから。原発がなければ浪江はもう再興してますよ。」と話す。浪江町が去年9月に実施した調査で「戻りたい人」がおよそ1割に対し、「戻らない」という人が5割を超えている。街の復興に重くのしかかるのは10年という長い時間と原発の存在だ。

 (カフェ・喫茶(その他)、洋菓子(その他))

2022年04月 2022年05月 
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
  • 「情報プレゼンター とくダネ!」で紹介されたすべての情報
  • 「情報プレゼンター とくダネ!」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「情報プレゼンター とくダネ!」で紹介された音楽・CD
  • 「情報プレゼンター とくダネ!」で紹介された映画・DVD
  • 「情報プレゼンター とくダネ!」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「情報プレゼンター とくダネ!」で紹介されたグルメ情報
  • 「情報プレゼンター とくダネ!」で紹介された料理レシピ
  • 「情報プレゼンター とくダネ!」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「情報プレゼンター とくダネ!」で紹介された観光・地域情報
  • 「情報プレゼンター とくダネ!」で紹介されたイベント情報
  • 「情報プレゼンター とくダネ!」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する

  • ※「価格com テレビ紹介情報」は株式会社ワイヤーアクションが提供するTV放送ログを掲載しています。