テレビ紹介情報

「情報プレゼンター とくダネ!」で紹介された情報

「情報プレゼンター とくダネ!」で紹介されたレストラン・飲食店 ( 257 / 257 ページ )

「情報プレゼンター とくダネ!」で紹介されたレストラン・飲食店

人口約68万人、全国で2番目に人口が少ない島根県。スーパーや夕方の帰宅時間でも密になっている様子はない。だが人口が少ないことだけがコロナで死亡する人がいない理由なのかを取材。島根・雲南市の焼き肉店「さくら亭」では、店を訪れた4人家族はマスクをした状態で乾杯。マスクをずらし、飲み物を飲むとすぐにマスクを着用。政府の分科会の尾身会長が推奨している「マスク会食」を実行していた。マスクをしたまま会話も少なめで食べるときだけマスクを外していた。家族でもマスク会食をしている理由について聞くと「自分がなってもいけないし、持って帰ってもいけないし、周りに迷惑もかけてしまうのでそうならないように徹底している」と話した。島根県は県外から来た人に対し、家族以外とは2週間飲食をともにしないよう呼びかけている。高齢者が多いことも感染への意識を高めている様子。さらに県独自の取り組みとして、患者が発生した場合、濃厚接触者だけではなく幅広に接触者を検査。マニュアルでは発症2日前からの行動を調査するが島根では2週間前までさかのぼった調査を行い、陽性が判明した場合は無症状でも入院させているとのことだった。


「情報プレゼンター とくダネ!」で紹介されたレストラン・飲食店

きのうの東京都の新規感染者数は618人。月曜日は検査数が少ない傾向にあるが、東京で1日の感染者数が700人を下回るのは先月28日以来4週間ぶり。緊急事態宣言の効果があらわれてきたのか。午後8時をさかりに街から人が減っているようだった。小池都知事はさらなる警戒を呼びかけた。西村経済再生担当大臣も「変わらない対策を継続してほしい」と訴えた。政府の要請に従い時短要請している焼肉店では「減ってきているのはいい数字」などと話した。しかし経営は厳しい。東京の感染者はなぜ現象傾向に転じたのか?11都府県で最も現象したのはどこか?私達はどうすればいいのか?昭和大学、客員教授の一日を取材。徹底した感染対策を伝える。

 (焼肉、ホルモン、冷麺)

「情報プレゼンター とくダネ!」で紹介されたレストラン・飲食店

いくどん 赤羽店

午後8時以降の飲食店、時短営業に応じずひっそりと営業している。深夜の営業を続ける理由はなんなのか。土曜日に行われた食糧支援にスーツ姿の経営者の男性が並んでいた。2度目の緊急事態宣言から3回目の週末を迎えた東京。飲食店などに午後8時までの営業時間短縮などが要請されているが…。東京・赤羽では一部店舗で午後8時以降も営業していた。地元の名物店長マーシーさんの焼き肉ホルモン店。この店は都の時短要請に応じている。都の要請に従えば1日6万円の協力金が支給されるが、経営的には苦しい状況。1日に固定費が200万円を超えるという。それに人件費が350万円で5、600万円はかかるという。なじみの客が支えてくれる限り店をしめることはできない。赤羽では午後8時を過ぎるとほとんどの店の営業が終了。東京都によると時短要請に応じている飲食店は新宿など6つのエリアで9割を超える。しかし、なかには都の要請に応じず営業している店もある。都からの協力金を受け取っていないという店。従業員やアルバイトらの雇用を守るために通常営業を続けているという。時短要請に応じないという店がある一方で、表向き営業していないようにみせかけて午後8時以降も営業する店があるという。都内の飲食店では午後10時半を過ぎても営業する店があった。店の店長は「常連さんが来た場合は断りきれない」と話す。


「情報プレゼンター とくダネ!」で紹介されたレストラン・飲食店

今月14日午前2時半ごろ、仙台市にある居酒屋の裏口付近に設置された防犯カメラ映像。映っていたのは帽子をかぶり手袋をした2人の不審な人物。裏口に積まれたダンボールをあさっているように見える。画面奥の人物は辺りを気にしているのか振り返る素振りも確認できる。物色するような動きは5分ほど続き、2人組は何も持たずにその場から立ち去った。しかしすぐに戻ってくるとダンボールから何かを盗んでいった。盗まれたのは保管してあった日本酒18本とビールなど少なくとも計24本。被害総額は約5万円だという。店主によると、裏口にはダンボールが10箱おいてあり、そのうちの2箱が空に。中身が入ってない空箱が正面入口付近に置かれていたという。今回盗まれた日本酒の中には約20年熟成させた貴重なものも含まれていたという。新型コロナウイルスの影響で売り上げが半減している中での今回の盗難被害。店主は「悲惨は悲惨」と話した。店主は警察に被害届を提出済みだという。

 (居酒屋、日本酒バー、魚介料理・海鮮料理)

「情報プレゼンター とくダネ!」で紹介されたレストラン・飲食店

このあと店主悲痛…20年熟成の日本酒盗難。

 (居酒屋、日本酒バー、魚介料理・海鮮料理)

「情報プレゼンター とくダネ!」で紹介されたレストラン・飲食店

ANA機内食は26日から洋食と和食6種類が販売される。現在第1弾、第2弾と販売され完売が続いている人気の機内食だが、きょうからANAの公式ギフトショップの楽天市場店のみで第2弾の再販が開始される。また26日からは第3弾として洋食・和食の6種類の機内食が販売される。ANAは今後は寝具などの機内サービス品なども通販サイトで販売していく方針。JALでは機内食をレストランでメニューの一つとして販売していると問い合わせが倍近くになったとのことで、さらにラウンジの「特製ビーフカレー」もネット販売したところ4か月で完売となったという。

 (和食(その他)、カフェ、かき氷)

「情報プレゼンター とくダネ!」で紹介されたレストラン・飲食店

富山市内の居酒屋の従業員5人が新型コロナに感染したクラスター。原因はまかないだという。狭い場所で感染が広がったと見られる。厚生労働省によると新型コロナが国内で発見されてから1年間で約4000件のクラスターが発生したという。発生場所は医療機関で650件。企業など777件。飲食店は860件。去年の11月30日時点では2575件だったクラスターが最近の約1ヶ月半で1.5倍以上となった。クラスターの増加が急激な感染拡大の要因の一つだという。最もクラスターが発生する飲食店の従業員の感染対策を取材した。東京・新橋の居酒屋では入る前に消毒をしたあと石鹸を使い手を洗いとうがいをすることを義務付ける。厨房は密を避けるために中にはいるのは1人。調理を行うたびにまな板などの器具を熱湯と洗剤で洗浄する。当然マスクをしたまま作業をするが、料理をしているときにマスクをするとにおいなど感覚がにぶるというので集中しないと料理ができないと店の従業員は話す。

 (居酒屋、魚介料理・海鮮料理、立ち飲み居酒屋・バー)

「情報プレゼンター とくダネ!」で紹介されたレストラン・飲食店

福岡市内のカレー店が感染対策として店の前に張り出した「黙食」という言葉。店内では黙って食べる「黙食」という踏み込んだ表現は苦渋の決断だったという。三辻店長は「結局は黙って食えと言っていることになるので、若干お店側には嫌われる覚悟がどうしても必要になってしまうのとお店のスタイルとか都合とかによってはそれが難しい場合もあるかと思うのでやっているからいい、やっていないから悪いということはないと思う。」と話す。この張り紙の写真をツイッターに投稿したところ、「これこそまさに今必要なことだと感じる。」、「飲食店が危ないわけじゃない。マスクを外しての会話が危ない。」というコメントが寄せられ、「いいね」は7万5000件で批判よりむしろ賛同の声が広がっている。三辻店長は「13日に緊急事態宣言があって(客足に)急にブレーキがかかった感じ。感覚でいうと昼にサラリーマンの割合が9割減った気がする。たくさんのお客さんが来るに越したことはないがうちの場合は安全を取った。」と話す。全国の飲食店で黙食に対する賛同の声が広がっている。栃木県のラーメン店の店主は「(32)張り紙は)パッてみて目に入るのとお作りになった方の思いがよく伝わるので、夕方の営業中に始めたが全然違う。黙って食べる、もしくはマスクを外して話をするときに今までは普通に話されていた方が多かったが口元に手を当てて唾が飛ばないようにとか意識されているように見えた。」と話す。この黙食は感染対策の有効な手段となるのか。理化学研究所などのチームが発表した飲食店での会話のしぶきの広がり方のシュミレーションを見ると、正面の人に向かって話した場合、しぶきの5%程度が届きとなりの人との会話ではその5倍のしぶきが届く。シュミレーションを行った神戸大学の坪倉誠教授は黙食について「食事をしているだけでは飛沫はほとんど出ない。食事をしまがら会話をするとリスクは高くなる。黙食はいい取り組みだと思う。」と話した。こうした動きを前に、すでに去年4月の緊急事態宣言のときから店内での会話を禁止している店もある。東京・目黒区にあるつけ麺が自慢のラーメン店はカウンターだけの狭い店内のめだつところに「私語厳禁」という張り紙があった。池田店主は「感染を少しでも減らしたいなという気持ちがあって。飛沫がやっぱりね、原因だと思うので。うちは狭いので仕切りを付けるのもどうかなと思ったので、お客さんがしゃべれないことを協力してくれるのであればそれが一番いいのかなと思いまして。」と話した。感染防止のためにはじめた独自の取り組みについてお客さんに話を聞いてみると、「他でしゃべられるとちょっと嫌だなとか怖いなという感じはするんで黙って食べてくれたほうがいいかなとは思う。」、「1人で食べる分では良いと思う。むしろこっちの方が安心だと思う。」と今は多くの人が理解してくれている。しかし始めた当初は機嫌を損ねる客も多かったという。安全を考えれば黙って食事をしてほしいのが店側の本音。しかし街で聞いてみたが黙食には賛否が別れた。なかなか難しい無言での食事を実現するために無言で飲食をしていただいた方にサービスをするという店もある。通常1000円で提供しているホルモンの盛り合わせが無言で飲食すると無料になるというのだ。店を訪れたのは3人組の女子大学生。無言でおじぎをしてグラスを合わせ乾杯していた。普段ならにぎやかに食事するはずの女性がこのときばかりはアイコンタクトと身振り手振りでコミュニケーションをとっていた。時折携帯電話を使ってコミュニケーションを取っているようだった。初めて体験した無言での焼肉について「笑っちゃいけないというかゲームみたいでシュールで面白かった。これからこういう食事の仕方もありなのかなとちょっと思った。」と感想を述べた。このサービスを考えた店長は「店が対策をするのは当然のことだと思っているし、さらにリスクを抑えたいという意識ですかね。ただ無言で飲食をしてもらうには面白くないので、無言を貫き通せたらホルモンをサービスするというような楽しんでもらえるような企画にしたら良いかなと思う。」と話した。

 (ホルモン、焼肉)

「情報プレゼンター とくダネ!」で紹介されたレストラン・飲食店

福岡市内のカレー店が感染対策として店の前に張り出した「黙食」という言葉。店内では黙って食べる「黙食」という踏み込んだ表現は苦渋の決断だったという。三辻店長は「結局は黙って食えと言っていることになるので、若干お店側には嫌われる覚悟がどうしても必要になってしまうのとお店のスタイルとか都合とかによってはそれが難しい場合もあるかと思うのでやっているからいい、やっていないから悪いということはないと思う。」と話す。この張り紙の写真をツイッターに投稿したところ、「これこそまさに今必要なことだと感じる。」、「飲食店が危ないわけじゃない。マスクを外しての会話が危ない。」というコメントが寄せられ、「いいね」は7万5000件で批判よりむしろ賛同の声が広がっている。三辻店長は「13日に緊急事態宣言があって(客足に)急にブレーキがかかった感じ。感覚でいうと昼にサラリーマンの割合が9割減った気がする。たくさんのお客さんが来るに越したことはないがうちの場合は安全を取った。」と話す。全国の飲食店で黙食に対する賛同の声が広がっている。栃木県のラーメン店の店主は「(32)張り紙は)パッてみて目に入るのとお作りになった方の思いがよく伝わるので、夕方の営業中に始めたが全然違う。黙って食べる、もしくはマスクを外して話をするときに今までは普通に話されていた方が多かったが口元に手を当てて唾が飛ばないようにとか意識されているように見えた。」と話す。この黙食は感染対策の有効な手段となるのか。理化学研究所などのチームが発表した飲食店での会話のしぶきの広がり方のシュミレーションを見ると、正面の人に向かって話した場合、しぶきの5%程度が届きとなりの人との会話ではその5倍のしぶきが届く。シュミレーションを行った神戸大学の坪倉誠教授は黙食について「食事をしているだけでは飛沫はほとんど出ない。食事をしまがら会話をするとリスクは高くなる。黙食はいい取り組みだと思う。」と話した。こうした動きを前に、すでに去年4月の緊急事態宣言のときから店内での会話を禁止している店もある。東京・目黒区にあるつけ麺が自慢のラーメン店はカウンターだけの狭い店内のめだつところに「私語厳禁」という張り紙があった。池田店主は「感染を少しでも減らしたいなという気持ちがあって。飛沫がやっぱりね、原因だと思うので。うちは狭いので仕切りを付けるのもどうかなと思ったので、お客さんがしゃべれないことを協力してくれるのであればそれが一番いいのかなと思いまして。」と話した。感染防止のためにはじめた独自の取り組みについてお客さんに話を聞いてみると、「他でしゃべられるとちょっと嫌だなとか怖いなという感じはするんで黙って食べてくれたほうがいいかなとは思う。」、「1人で食べる分では良いと思う。むしろこっちの方が安心だと思う。」と今は多くの人が理解してくれている。しかし始めた当初は機嫌を損ねる客も多かったという。安全を考えれば黙って食事をしてほしいのが店側の本音。しかし街で聞いてみたが黙食には賛否が別れた。なかなか難しい無言での食事を実現するために無言で飲食をしていただいた方にサービスをするという店もある。通常1000円で提供しているホルモンの盛り合わせが無言で飲食すると無料になるというのだ。店を訪れたのは3人組の女子大学生。無言でおじぎをしてグラスを合わせ乾杯していた。普段ならにぎやかに食事するはずの女性がこのときばかりはアイコンタクトと身振り手振りでコミュニケーションをとっていた。時折携帯電話を使ってコミュニケーションを取っているようだった。初めて体験した無言での焼肉について「笑っちゃいけないというかゲームみたいでシュールで面白かった。これからこういう食事の仕方もありなのかなとちょっと思った。」と感想を述べた。このサービスを考えた店長は「店が対策をするのは当然のことだと思っているし、さらにリスクを抑えたいという意識ですかね。ただ無言で飲食をしてもらうには面白くないので、無言を貫き通せたらホルモンをサービスするというような楽しんでもらえるような企画にしたら良いかなと思う。」と話した。

 (つけ麺、ラーメン)

「情報プレゼンター とくダネ!」で紹介されたレストラン・飲食店

福岡市内のカレー店が感染対策として店の前に張り出した「黙食」という言葉。店内では黙って食べる「黙食」という踏み込んだ表現は苦渋の決断だったという。三辻店長は「結局は黙って食えと言っていることになるので、若干お店側には嫌われる覚悟がどうしても必要になってしまうのとお店のスタイルとか都合とかによってはそれが難しい場合もあるかと思うのでやっているからいい、やっていないから悪いということはないと思う。」と話す。この張り紙の写真をツイッターに投稿したところ、「これこそまさに今必要なことだと感じる。」、「飲食店が危ないわけじゃない。マスクを外しての会話が危ない。」というコメントが寄せられ、「いいね」は7万5000件で批判よりむしろ賛同の声が広がっている。三辻店長は「13日に緊急事態宣言があって(客足に)急にブレーキがかかった感じ。感覚でいうと昼にサラリーマンの割合が9割減った気がする。たくさんのお客さんが来るに越したことはないがうちの場合は安全を取った。」と話す。全国の飲食店で黙食に対する賛同の声が広がっている。栃木県のラーメン店の店主は「(32)張り紙は)パッてみて目に入るのとお作りになった方の思いがよく伝わるので、夕方の営業中に始めたが全然違う。黙って食べる、もしくはマスクを外して話をするときに今までは普通に話されていた方が多かったが口元に手を当てて唾が飛ばないようにとか意識されているように見えた。」と話す。この黙食は感染対策の有効な手段となるのか。理化学研究所などのチームが発表した飲食店での会話のしぶきの広がり方のシュミレーションを見ると、正面の人に向かって話した場合、しぶきの5%程度が届きとなりの人との会話ではその5倍のしぶきが届く。シュミレーションを行った神戸大学の坪倉誠教授は黙食について「食事をしているだけでは飛沫はほとんど出ない。食事をしまがら会話をするとリスクは高くなる。黙食はいい取り組みだと思う。」と話した。こうした動きを前に、すでに去年4月の緊急事態宣言のときから店内での会話を禁止している店もある。東京・目黒区にあるつけ麺が自慢のラーメン店はカウンターだけの狭い店内のめだつところに「私語厳禁」という張り紙があった。池田店主は「感染を少しでも減らしたいなという気持ちがあって。飛沫がやっぱりね、原因だと思うので。うちは狭いので仕切りを付けるのもどうかなと思ったので、お客さんがしゃべれないことを協力してくれるのであればそれが一番いいのかなと思いまして。」と話した。感染防止のためにはじめた独自の取り組みについてお客さんに話を聞いてみると、「他でしゃべられるとちょっと嫌だなとか怖いなという感じはするんで黙って食べてくれたほうがいいかなとは思う。」、「1人で食べる分では良いと思う。むしろこっちの方が安心だと思う。」と今は多くの人が理解してくれている。しかし始めた当初は機嫌を損ねる客も多かったという。安全を考えれば黙って食事をしてほしいのが店側の本音。しかし街で聞いてみたが黙食には賛否が別れた。なかなか難しい無言での食事を実現するために無言で飲食をしていただいた方にサービスをするという店もある。通常1000円で提供しているホルモンの盛り合わせが無言で飲食すると無料になるというのだ。店を訪れたのは3人組の女子大学生。無言でおじぎをしてグラスを合わせ乾杯していた。普段ならにぎやかに食事するはずの女性がこのときばかりはアイコンタクトと身振り手振りでコミュニケーションをとっていた。時折携帯電話を使ってコミュニケーションを取っているようだった。初めて体験した無言での焼肉について「笑っちゃいけないというかゲームみたいでシュールで面白かった。これからこういう食事の仕方もありなのかなとちょっと思った。」と感想を述べた。このサービスを考えた店長は「店が対策をするのは当然のことだと思っているし、さらにリスクを抑えたいという意識ですかね。ただ無言で飲食をしてもらうには面白くないので、無言を貫き通せたらホルモンをサービスするというような楽しんでもらえるような企画にしたら良いかなと思う。」と話した。

 (ラーメン、餃子)

2020年12月 2021年01月 
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
  • 「情報プレゼンター とくダネ!」で紹介されたすべての情報
  • 「情報プレゼンター とくダネ!」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「情報プレゼンター とくダネ!」で紹介された音楽・CD
  • 「情報プレゼンター とくダネ!」で紹介された映画・DVD
  • 「情報プレゼンター とくダネ!」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「情報プレゼンター とくダネ!」で紹介されたグルメ情報
  • 「情報プレゼンター とくダネ!」で紹介された料理レシピ
  • 「情報プレゼンター とくダネ!」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「情報プレゼンター とくダネ!」で紹介された観光・地域情報
  • 「情報プレゼンター とくダネ!」で紹介されたイベント情報
  • 「情報プレゼンター とくダネ!」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する